アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 『 傷痕は眠らない・オンセ卓 』 1ページ ■
2017年10月12日/11月2日




 ●プリプレイ

 第1回セッション日、2017年10月12日。GMのマーサー水波きりくあきとぷぇにとに子が「どどんとふ むせる」にログインしました。
 『アナザーワールドSRS』のオンラインセッション、始まります。




 アナザーワールドSRS シナリオ『傷痕は眠らない』



【レギュレーション】
 キャラクターレベル5で開始。
 全員知り合い設定であること。PC1とPC2は、幼馴染 or 家族・親戚・身内設定とする。
 セッションは夏の1週間、NPC1の自宅(S市郊外の大屋敷)が舞台となる。

【ハンドアウト:PC1】
 コネクション:年下のイトコ  関係:信頼  推奨クラス:前線系

 君には年下のイトコがいた。幼い頃一緒に過ごしてきた仲の良いイトコだった。
 親の都合で会わなくなった後も、挨拶をしてくれる親切なイトコから呼び出しをされた。
 「父が交通事故で亡くなりました。葬式でまたお会いできませんか。
 色んな話がしたいです。夏休みの間、暫く我が家でご一緒できませんか」
▼セカイのイベント:年下のイトコと1週間を過ごす。
▼コネクションNPC1:年下のイトコ

 PC1のイトコ。PC1と仲が良かった。
 丸丸百貨店グループの総帥『朱井 巻夫(あかい・まきお)』の子。非常に優秀で将来を期待されている。
▼コネクション解説:丸丸百貨店
 ファッションビル大手の大型商業施設。
 NPC1の父が総帥だったが、現在は副社長だった人物が代表取締役に就任している。

【ハンドアウト:PC2】
 コネクション:年上のイトコ  関係:懐旧  推奨クラス:後衛系

 君には年上のイトコがいた。幼い頃一緒に過ごしてきた仲の良いイトコだった。
 君とPC1、NPC1、NPC2の4人でよく遊んだのも、もう数年前の話。
 PC1と共に葬式に出席した君は、NPC2とも再会するものだと思っていた。ある悲しい話を聞くまでは。
▼セカイのイベント:葬式にて、話を聞かされる。
▼コネクションNPC2:年上のイトコ

 NPC1『年下のイトコ』の兄。非常に誠実な性格で将来を期待されていた。

【ハンドアウト:PC3&PC4】
 コネクション:異端『ウルティオ』  関係:敵対  推奨クラス:聖職者 or 処刑人

 君は教会のエージェントだ。
 教会の仕事斡旋人 高坂から異端事件の調査を依頼された。
 「先日亡くなった丸丸百貨店の総帥。交通事故死と報道されたが……実は左胸に、牙が突き立てられた吸血痕があった。
 異端『ウルティオ』の仕業かもしれない。PC1達と一緒に、1週間の調査に行ってくれないか」
▼セカイのイベント:葬式にて、話を聞かされる。
▼コネクションNPC3:異端『ウルティオ』

 吸血種の悪魔。心臓の上に食らいつく特徴があるらしい。


【その他】
・追加クラス[アーティスト][イレギュラー]解禁。
・追加ライフパス「機関コネ」「組織コネ」解禁。


プレイヤー1・水波/PC1ハンドアウトを選択。
プレイヤー2・きりくあきと/PC2ハンドアウトを選択。
プレイヤー3・ぷぇ/PC3ハンドアウトを選択。
プレイヤー4・にとに子/PC3ハンドアウトを選択。

GM/さてさて、早速ですがプリプレイ開始ということで自己紹介を始めていきましょう。
プレイヤー1・水波(以降、凍夜)/はい! PC1の永倉 凍夜(ながくら・とうや)です。職業はニートです!
プレイヤー3・ぷぇ/「職業はニートです!」って一言が力強くて清々しい(笑)
凍夜/ニートと言っても親に閉め出されてから、三剣家の道場で週5は過ごしてます。段位を取ったら道場の先生になれるのかな?
プレイヤー2・きりくあきと/スポーツインストラクターとか?
凍夜/それや! クラス配分は[闘士1/異端者1/イレギュラー3]の前衛です。槍で戦います! 【回避値】が12もあるのでそこそこ避けられると思います。
プレイヤー3・ぷぇ/回避が12って、めっちゃ避けるやつだ。
プレイヤー4・にとに子/避ける前衛カッコイイ!
GM/避ける前線は良いぞ、スリリングで楽しい。ハンドアウトにあるNPCの朱井さんの家と名字が違うから、お母さんが嫁入りして永倉さんになったのかな。
凍夜/はい。あと異端者故に周囲と馴染みにくくて、結果ニートになってしまった感じで……イトコ達とはそこそこ上手くやってる感じですね。
GM/異端者に物凄く風評被害じゃねーか。
プレイヤー3・ぷぇ/孤立は寂しいものだから家族と上手くやれているの良いことだよー。
凍夜/馴染めなかった残念な異端者なんです! ≪偽りの太陽≫を取らなかったやつです! よろしくお願いします!

 永倉 凍夜(プレイヤー名:水波)
 クラス:[闘士1/異端者1/イレギュラー3]
  体力:12(+4)  反射:15(+5)  知覚:12(+4)
  理知:10(+3)  意志:10(+3)  幸運:13(+4)
  HP最大値:24  MP最大値:19  正気度:9
重要キーワード:孤独  背景:武道の達人の伝説を持つ(実際は勘違い)
特徴:自己嫌悪している  ボーナス効果:≪コネ「三剣家」≫
職業:ニート  性別:男  年齢:25
 スキルウェポン→≪デスブリンガー≫
 闘士→≪受芸≫ ≪希望の勇姿≫
 異端者→≪野獣の鼻≫ ≪俯瞰の誘惑≫
 イレギュラー→≪トイボックス≫ ≪ソウルデバイス≫ ≪クイックコート≫ ≪ヘル≫ ≪ハスター≫ ≪パミュートメモリ≫

プレイヤー2・きりくあきと(以降、和貴)/キャラクター名は、朱井 和貴(あかい・かずたか)です。元は……『クトゥルフ神話TRPG』でプレイしたキャラクターの、転生版をやらせていただきます。
GM/和貴先輩は、私・マーサーと、にとに子さんがご一緒したセッションの仲間キャラクターだったんですよー。
和貴/安斎 和貴という名前の、STRとSIZが高い肉壁兼攻撃役でした。にとに子さんとマーサーさんのキャラクターと一緒のお料理サークルに所属していて、和貴が年上だったので先輩と呼ばれていたんです。ですがある『クトゥルフ』のセッションで、臨床実習の合間の休みに旅行で行方不明……キャラロストしました。
GM/今回はその転生キャラクターをしてもらいます。こういう設定のキャラは『AW』では初めてなのでドキドキしますね……!
和貴/えっと、小6ですけど『クトゥルフ』でやってた前世の記憶があって、『AW』の世界にきました。よく判らないモノに殺されたので次は対抗するために教会へ所属した、ヘタレな元医大生です。今生は前線に出たくない。でもよく判らないモノに巻き込まれる人は助けたいし、守れるようになりたい。今度こそ、後悔のないように生きたい……。
GM/甦りがテーマの『AW』で転生キャラがいなかったので面白い試みですよね。今は朱井という名前ですが、NPC1のイトコのお家に転生したということで宜しいですか?
和貴/はい! イトコです! NPC1の子のことは呼び捨てで呼びます! 葬式ということで喪服を着ています。……めっちゃコナンくんみたいだなって思います(笑)

 朱井 和貴(プレイヤー名:きりくあきと)
 クラス:[魔術師1/霊媒師2/聖職者2]
  体力: 9(+4)  反射: 8(+4)  知覚:15(+5)
  理知:15(+5)  意志:14(+4)  幸運:12(+4)
  HP最大値:20  MP最大値:27  正気度:9
重要キーワード:宿命  背景:朱井の家に生まれた
特徴:世話焼きである  ボーナス効果:≪対人交渉力≫
職業:小学6年生  性別:男  年齢:11
 スキルウェポン→なし
 魔術師→≪越境の書≫ ≪仮初の創造主≫ ≪魔の寵児≫
 霊媒師→≪守護霊≫ ≪完視≫ ≪魂装支援≫ ≪清浄の使者≫
 聖職者→≪心霊医学知識≫ ≪聖者の友≫ ≪悔改めよ≫ ≪さきもりの声≫

プレイヤー3・ぷぇ(以降、リジー)/キャラクター名は、リジー=ボーデンです。英霊アヴェンジャーですー! 巨大斧使いの頭痛持ちおっとりお姉さんの使用人をやります!
GM/リジー=ボーデン! ちなみに『AW』のPC運用だと初アヴェンジャー運用です!
リジー/マザーグースの歌にもなった両親殺しの逸話を持つ青いドレスの女ですが、現在めちゃくちゃ後悔していて、それを払拭するために英霊になってます。どなたかにマスターになっていただけると嬉しいです、マスター宅の使用人やります!
和貴/……アヴェンジャーさん、うちで使用人しませんか?
リジー/ぜひぜひ! 和貴さんのお家の使用人をさせていただけると嬉しいです! 『クトゥルフ』で死亡記憶持ちで、助けたい、後悔なく生きたいと言うならばマスターを生かす刃になりたいですね!
凍夜/あ、そういえば触媒無しの召喚って自分に近いタイプの英霊が召喚されるんでしたっけ?
GM/なんか良い縁だね。設定がうまく反映されている偶然のキャラメって好き! てか、コナンくんと蘭姉ちゃんみたいだな(笑)
リジー/ある意味やり直したがってるアヴェンジャーなので、和貴さんと御縁が出来たんだなぁ……。あと、丸丸百貨店の紅茶屋「ラピシア」の紅茶が好きです! 荒事や前線はお任せを。何かあったら40倍にして返しますゆえー。

NO IMAGE リジー=ボーデン(プレイヤー名:ぷぇ)
 クラス:[狂戦士1/処刑人3/異端者1]
  体力:15(+5)  反射:15(+5)  知覚: 9(+3)
  理知:12(+4)  意志:12(+4)  幸運:12(+4)
  HP最大値:28  MP最大値:21  正気度:8
重要キーワード:抑圧  背景:本当は有罪だ
特徴:セクシーである  ボーナス効果:≪英霊「アヴェンジャー」≫
職業:アヴェンジャーの英霊  性別:女  年齢:30代前半
 スキルウェポン→≪凶々しき武器≫
 狂戦士→≪自己再生≫ ≪夢想劇≫
 処刑人→≪強力調合術≫ ≪血の媚薬≫ ≪薬物調合≫ ≪影の軍勢≫ ≪闇の衣≫ ≪闇の勇姿≫
 異端者→≪鬼の肌膚:物理≫ ≪負の感染≫
 一般特技→≪−50単独行動≫ ≪アヴェンジャー:連続攻撃≫

プレイヤー4・にとに子(以降、ルンバ)/キャラクター名は、神々のルンバ。欺く神が一柱「ドーマサキエル」の眷属にして神々の装具、「原初の渦」。ブラックホールの化身である「原初の渦」は「不要な命をお掃除しちゃおう」と地上に降り立つことにしました。
GM/「神々の装具」のPCを希望されていたのでやってもらうことになりましたー。
ルンバ/地上に降り立つ際に頭に隕石を受けたせいで記憶や人格の混濁が生じてしまいます。どの神の装具だったのか、自分の本当の名前は何だったのかを忘れた幼女が目にしたものは、家電量販店で試運転されている一台のルンバ。
リジー/るんばー!
ルンバ/「我はルンバになるために生まれてきたに違いない」と確信した幼女は自ら「神々のルンバ」と名乗り、今日も不要なゴミの掃除に使命感を燃やしています。
凍夜/わーいルンバルンバ!
GM/そしてこの大声援である。
ルンバ/ウィイイイーン(起動音)
リジー/機動音かわいい! ずるい!(笑)
GM/ウィーン(勤しむ音)
和貴/ずぽっ。
リジー/あっ。
凍夜/こらー! 今度は何を吸い込んだ!?(笑)
ルンバ/「あるじにとって不要なモノだろう!」って感じでお掃除しながら戦闘ではみなさんの支援をします! 達成値上げやクリティカル化もできます! 
凍夜/ルンバちゃん、ニートの部屋のお掃除を手伝ってもらますか?(笑)
ルンバ/ポンコツルンバですがお家に置かせてください!(笑) ……何かとても大事なことを忘れている気がしてならない。あるじ、充電の時間だ。
リジー/と言いながら断捨離してくれるのありがたい(笑)
凍夜/俺が集めてた食玩が全部吸い込まれそう!(笑) しかし「神々のルンバ」って凄いパワーワードだな……。
リジー/パワーワードどころかパワーセンテンス。入れるとしたらお茶じゃなくてコンセントなんだろうな……携帯式充電器とか(笑)
ルンバ/シュイイイイン(省エネモード) 欺く神サイドのPCですが、よろしくお願い致します。
GM/≪L:ドーマサキエル≫の代償は「愛情を得られない」だけど……ご自由な解釈でお願いします。キャラロール指定のあるPC運用は大変だけど楽しいよ!
和貴/ルンバ、既に凄く好き……プレイヤーとして愛情を注いでしまいそうだ(笑)

 神々のルンバ(プレイヤー名:にとに子)
 クラス:[霊媒師3/聖職者1/世界遣い1]
  体力: 9(+3)  反射: 9(+3)  知覚:15(+5)
  理知:15(+5)  意志:16(+5)  幸運:12(+4)
  HP最大値:21  MP最大値:29  正気度:10
重要キーワード:欺く神  背景:リサイクルができない
特徴:論理的である  ボーナス効果:≪L:「ドーマサキエル」≫
職業:ルンバ  性別:幼女  年齢:?
 スキルウェポン→なし
 霊媒師→≪清浄の使者≫ ≪誘いの御手≫ ≪気迫の盾≫ ≪御符≫ ≪断末魔の叫び≫ ≪霊的神経≫
 聖職者→≪逆転運命≫ ≪未来視≫ ≪電波受信≫
 世界遣い→≪叱咤激励≫ ≪戦闘聖衣≫ ≪ドーマ:逆さ落ち≫
 一般特技→≪強化手術:意志≫

GM/NPC達のご紹介に参りましょう。NPC1『年下のイトコ』の名前は、PC1に決めてもらったところ朱井 呼春(あかい・こはる)ちゃんになりました。
凍夜/17歳女子校生でお願いします!
GM/性格は……元気な清楚系を想定。イトコ兄妹に懐いて癒します。凍夜くん、彼女から何て呼ばれたい?
凍夜/凍夜お兄ちゃんで! すみません、中の人の欲望ダダ漏れで(笑)
GM/王道一番! 和貴リリィは何て呼ぼう? カズくんか、かーくんか。
和貴/カズくんにしてもらおうと思っていたけど、かーくんもいい……。(1D6ころころ)ダイスで決定したらカズくん呼びになりました!
GM/カズくんを抱っこしとうと両手を広げる攻撃をしていくJKにします。
リジー/ハグぎゅーの構えだ!(笑)
和貴/もうしなくていいよ!(笑)
GM/男の子は恥ずかしがるの早い!? 私は悲しい……。
ルンバ/呼春ちゃんカワイイの塊すぎる(笑)
リジー/凄い微笑ましくてニヤニヤしてしまう(笑)
和貴/でも為すが儘ぎゅーされるんだ……ご褒美ってやつでしょ、きりく知ってる……(笑)
GM/きりくさん知ってる(笑) ちなみに昔は凍夜お兄ちゃん抱っこ大好きっ子でした!
凍夜/呼春ちゃん可愛すぎかよ……こっちは大きくなるにつれてどんどん可愛くなるイトコにドキドキしちゃってしょうがなかったんだよ!(笑)
GM/次に、NPC2の名前はPC2に決めてもらったところ、朱井 秋南(あかい・あきな)くんになりました。
和貴/春と秋で対にしたかった。
GM/呼春の兄で、年は先ほどカズくんとご相談して21歳、現在大学3年生にさせていただきました。優等生で、カズくんと遊んであげてくれたお兄さん。カズくんのことは「わりと大人びた子だなー」と思ってます。昔からなんか年上みたいな感覚があるけど何故だろう……しかし秋南は考えるのをやめた。
リジー/滲み出る前世(笑)
和貴/おしゃべりとか本の話とか、たくさんしたね……(笑) 優等生ってことは、常に一番でなくてはいけなかったのかな。
GM/そんな優等生でも元医大生のINTには勝てんよ。医学とオカルトに長けた優秀なお子さんだと思っています……。凍夜くんのことは凍夜兄さんとでもお呼びしておりますね。
凍夜/兄さん……トゥンク(笑)
GM/そして、ハンドアウトに登場しているもう1人のNPCのご紹介。名前を、朱井 巻夫(あかい・まきお)と申します。凍夜と和貴の親戚のおじさまで、丸丸百貨店という超大型ショッピングモールの総裁を勤めておりました。お仕事のお忙しい人なので、PCは個人的なお付き合いは一切無いという設定です。なおかつオープニング段階で故人です。
凍夜/おお、おじさま……大おじ様って呼ばれてそう……。
和貴/大おじ様……なんか怖ぇ……。
リジー/凄い、こう、ダンディズムを感じる……ゴッドファーザー感ある故人だ。
GM/そんな感じの一同で始めていきますよ。準備はよろしいかな?
ルンバ/了解ですー。
凍夜/お願いします!
リジー/よろしくお願いします。
和貴/リジーに同じく!
GM/……なんか、カズくんの「リジーに同じく」って言い方に、ほっこりした(笑)
リジー/にふ。
和貴/な、なんだよ、なんかヘンか……って照れます(笑)
リジー/いいえ、嬉しかったので。ほわーってしますねー(笑)


 ●オープニングフェイズ1

GM/オープニングシーンは回想シーンから。カズくんが5歳、凍夜くんが20歳のときの、真夏のお盆時期……親戚一同遊びにくる、そういう日です。
和貴/美味しいご飯が食べられる日だ。
リジー/遠方からもあの世からも!
凍夜/めっちゃ人が来てそう!(笑)
GM/なお、リジーとルンバは「5年前からPC1とPC2と付き合っている」設定なら登場可能とします。いかがですか?
リジー/私はその頃からいたことにしましょう。和貴さんが5歳のときに召喚してもらえました!
GM/まさかの5歳にて召喚成功である。この少年……デキるぞ……!
和貴/ドヤァ!(笑)
ルンバ/ルンバは1〜2年前くらいに地球に来たので、このときはまだいなかったのかな。
GM/そうだね。ルンバは最新鋭だし保証期間内で大切に使わなきゃ。
凍夜/えっ、保証期間過ぎたらどうなるんですか!?(笑)
GM/欺く神の使者で世界の危機的な本番じゃない? では、にとに子さんは5年前に朱井家にあった箒役としてぜひ登場してください。
リジー/箒役。
ルンバ/使わない車庫の蜘蛛の巣取りに使われて玄関に無造作に置かれている箒です。
GM/ここはS市の郊外にある朱井家。会社の社長さんらしくお金持ちが住んでいる大きいお屋敷にて。時期はお盆、親御さんと一緒にお墓参りにきて、暑くて堅苦しい時間も終わって、イトコ兄妹だけの集合した縁側にて。今日は天気は良いけどそんなに暑くないから気持ち良くおしゃべりができる、そんな掃除の行き届いた庭です。
ルンバ/(箒になって)サッサッ。
凍夜/そして箒!(笑)
ルンバ/落葉1枚見逃さない箒!
和貴/独りでに動く箒……そんなものもあるのか(笑)
GM/中学生の呼春ちゃんがお手伝いさんにスイカを切ってもらって持ってきます。(呼春になって)「凍夜お兄ちゃん、カズくん! おばさんから頂き物のスイカ、みんなで食べていいってー」
凍夜/お、呼春ちゃんさすが気が利くじゃん! ありがとな。
和貴/合掌して、いただきます。
GM/「リジーさんも! リジーさんもいっしょに手伝ってー!」
リジー/はい、ただいま。冷たい紅茶を作ってておきましたので、良かったらご一緒にどうぞ。紅茶をお出ししたりしますね。
GM/「あっ、リジーさん。手伝いっていうのは一緒にスイカを食べるお手伝いだよ!」
リジー/あら、いいんですか? お盆時期だから人手は多い方が……。
和貴/そうだよ、リジーも食べなよ。美味しいよ。
凍夜/そうそう、食べなきゃ勿体ないって。
リジー/……そうですね、休憩も必要です。お言葉に甘えましょう。お二人に交じってスイカを食べますね!
GM/人手ならいっぱい、あっちの部屋にはおじさまおばさま方、名前も出てこないモブ親戚わんさかです。ですがこの縁側は我らが占領しています。「凍夜お兄ちゃん、いっちばん大きく切ったとこ食べていいからねー」
凍夜/サンキュー呼春ちゃん! 大きいのをもらってもぐもぐ。美味い!
リジー/安心して一休みできますね。マスターのお隣に座ってしゃくしゃく。
和貴/秋南兄さんは、どうしたのかな。……やっぱり忙しいんだろうか。
GM/ではそこへ秋南が「おっ、美味しそうなもの食べているな」とやって来る。15歳にして大人と混ざって色々お相手しなければならなかった秋南、後から参入です。
和貴/あ、秋南兄さん。
GM/カズくんの頭をぐしゃっと撫でてから、リジーさんとは逆隣に座ります。
和貴/お、お疲れ様ですっ。……撫でてもらって嬉しい(笑)
リジー/撫でられて嬉しそうにしているマスターに、思わずふふっと笑っちゃう。秋南さんもいらっしゃいましたのね、冷茶をどうぞ。
GM/「カズ、あっという間に大きくなったなぁ……」と言いながら、口元を拭ってあげたりする秋南。
和貴/そ、そこまでこぼしてないよ……!
凍夜/お、秋南。やっと解放されたか! お疲れさん。隣空いてるぞー。
GM/「失礼しますよ兄さんー。って、普通兄さんの方がおじさん達の挨拶行きでしょうがー」 さっきまで大人にまざって礼儀正しく相手をしていた秋南であった。そしてスイカの種をお庭にぴゅっぴゅっと飛ばしたりする。
ルンバ/ザッザッザッザッ。
リジー/箒の出番だ!(笑)
凍夜/箒グッジョブ!(笑)
和貴/箒目がけて種を発射だー!(笑)
凍夜/ほら俺は分家だし、お前は本家だし……って言いながら俺も負けないぞーと種飛ばしを始める!
ルンバ/スッ(種を避ける音) シュッシュッ(種を掃く音)
リジー/唐突に現れて仕事をしていくデキる箒!(一同笑)
和貴/箒の付喪神は、きっとルンバと仲良しになるんだ……(笑)
GM/出来る男、箒。
凍夜/この箒を見て育てば、ルンバが喋ったり幼女になっても気にしないようになるのかも……(笑)
GM/そんなことをやっていると凍夜くんのお父さんとお母さんがやって来て、「凍夜ー、ちゃんと粗相のないようしなさいなー! あんたももう今年で20歳なんだからねー!」と明るく怒ったりする。
凍夜/ギクッ。し、してませんよー!(笑)
GM/「カズくんの方がよっぽど出来てる子じゃない!」 お母さん、和貴リリィなでくりなでくる。
和貴/ありがとうございます。でも凍夜兄さんも良い人ですよ。
GM/「まー! やだー! カズくんたら良い子ねー!」 なでくりなでなで。
凍夜/カズくん……お前本当に良い奴だな! 頭なでなで!(笑)
和貴/ぐぐええぇぇぇたすけてリジー…!(笑) 可愛がられ慣れてないんだオレは!
リジー/マスターがなでなでに挟まれてる! やんわりと照れてらっしゃるので、そのくらいでってカバーリング!(笑) 年頃の男の子ですから、あまり撫でると面映ゆいかと……!
GM/リジーさんの華麗なるカバーリングにお母さん感激。「和貴くんは来年小学校お受験でしょう?きっと良いクラスに入れるわね! そういや秋南くんは県で一番優秀な高校に行ったんですって? あーらーお母さんに似て呼春ちゃん美人になったわねー」
ルンバ/仕事を終えて静かに立てかけられている箒。
GM/毎度その稼働音に吹いちゃうんだけど(笑) ではそんな騒々しさを一刀両断するかのように、朱井 巻夫が現れる。
和貴/おっ。
GM/秋南と呼春は背筋を伸ばす。凍夜のご両親も騒ぎ立てはしない。
和貴/秋南兄さんにつられて、背筋ぴーん!
凍夜/大おじ様…! こちらもたたずまいを正す!
リジー/スイカを置いて、そっとかしこまる。
GM/決して和貴くんや凍夜くんには叱ったりはしないよ、他人の子だからね。しかし秋南にはダラけていたら、ギロッと睨んで「シャンとしなさい」と目で訴えてくる。声は無い、もうその視線だけでどんだけ秋南がプレッシャーの中で生きているかが判る。女の子で2人目である呼春にもその緊張感は伝わるようだった。
凍夜/お……おお……。
GM/巻夫、シーン退散します。……張り詰めた空気、おわり。
和貴/……秋南兄さんの服の裾を、ぎゅって握ります。
GM/「おっ……あ、なんだなんだー?」
和貴/……何でもない、ただオレが怖かっただけだ。
GM/カズくんに「さっきのシーンは何てことないよ」と言うかのように、「気遣いは不要だぜ」と言うかのように撫でます。
リジー/……抑圧の強いご家庭なんだろうな。静かに席を立って、和らげるように落ち着く香りのハーブティーを持ってきます。
GM/「カズ、おかわりを飲んであげなよ!」
和貴/……飲む。
リジー/秋南さん。お代わりに、どうぞ。ご無理はなさらないでくださいね。
GM/「……ありがとう」 リジーさんから貰ったお茶をごくごく飲む秋南。
凍夜/秋南。……はっはっは、今の内にお兄さんの胸に甘えておけ! 頭わしゃわしゃする!
GM/凍夜くんに頭を撫でられて「あー、そうやって髪の毛を乱してたの見つかったらまた怒られるんですけどー?」と笑いながら茶化す。
凍夜/その時は俺がやったんですよーって言うから安心しとけ! あとリジーさんが綺麗に整えてくれる!
リジー/ええ。髪を整えるのも任せてくださいな。
ルンバ/ザッ……ザッ……(環境音)
和貴/……秋南兄さん。オレが大人になったら、一緒にお酒を飲もう。
GM/「は? カズ、いくらなんでもそりゃ早ぇぞ。……でも忘れずにしておくよ。お前の方が忘れるんじゃないぞ?」
和貴/忘れないよ。凍夜兄さんの奢りで、たくさん飲もう。
リジー/ふふ、15年後が楽しみな約束ですね。
GM/それを聞いた呼春も、「私も呼んでね! 凍夜お兄ちゃんならオシャレなレストランとか連れていってくれそう!」とニッコリ。
凍夜/おいっ!(笑) まあ俺が一番年上だしな! 俺が汗水たらして稼いだ金でお酒くらいどーんと奢ってやるさ!
GM/フラグをコツコツ積み立てる運動。
リジー/そういうフラグは悪くない、良い(笑)
GM/(呼春になって)「あ、カズくんのお酒デビューもいいけど……それより先に私の20歳お酒デビューのときに付き合ってもらおっかなー?」
凍夜/そうだなぁ、じゃあ呼春ちゃんのためにオシャレなレストランでも探しておくか!
リジー/お酒の美味しいお店が良いですね。
和貴/オレも入れそうなところがいい。
GM/「そうだね、みんな入れるみんなのお食事会ねー!」 ……そんな話を昔にした。過去シーンは以上です。
和貴/……精神は大人な和貴としては、お酒を一緒に飲んで秋南の愚痴とか聞きたいんですよ。一人で抱え込むなって言いたい……。
GM/うわ、それ凄く良い。精神的大人だからこその飲みニケーションに誘おうとするの……。
和貴/でも5歳児にそんなこと言われたらしんどい。だから言えない。
凍夜/せやった、見た目は5歳児だった……切ない。でもカズくん優しい!
和貴/だからそのうち奢ってね、凍夜兄さん!(笑)
凍夜/しょうがないね、年上だもん! だが現在はニート!(笑)
GM/そんな現在ニートの凍夜くんの単独オープニングシーンに参ります。……今年の、8月13日の夜。凍夜くんのお家にて。25歳になった凍夜くんは、日課の道場から自宅に帰ってくるとお母さんが電話を受けているのを発見します。
凍夜/ただいまーとヘロヘロになりながら玄関をくぐって……居間を覗くと、母さんが電話をしているって感じでしょうか。
ルンバ/シュィイイイイイン(駆動音)
凍夜/早速ルンバが仕事してる!(笑)
リジー/もうその駆動音が本当にずるい!(一同爆笑)
和貴/凍夜兄さんの家、いつも片付いてるんだね! ルンバがいるから!(笑)
GM/くっ、掃除の音で毎回吹くのが悔しい(笑) 「はい……はい、判りました、主人と息子にも、はい……」 電話を切ったお母さんは、真剣な顔でお話をします。「巻夫おじさんがお亡くなりになったそうよ。交通事故ですって」
凍夜/へっ……? えっと、巻夫おじさんって、あの大おじ様が…交通事故!? 持ってた槍をがらがらがっしゃーんと落とします!
GM/あまりに突然のことでお母さんも動揺しているね。「車を運転していてハンドル操作を誤っての事故らしいの。……巻夫おじさんって大企業の社長さんでしょう、きっとニュースでも報道されるわ。お通夜とお葬式は明後日の8月15日ですって」
凍夜/なんか……もう、突然の事でぽかーんとしてる……。
GM/「暫く朱井さんのご自宅でお手伝いをしようと思うの。1週間ぐらいお世話になるって約束したけど、貴方達もついて来てくれる?」
ルンバ/キュインキュイン(近寄ってくるルンバの駆動音)
和貴/ルンバずるい! かわいい!(一同笑)
リジー/めっちゃかわいい!(笑)
ルンバ/あるじが行くなら我はそのご自宅とやらを掃除するのみだ……シュイイイーン。
凍夜/あ、うん、どうせ暇だし行くよイッテェ! 小指の先にルンバぶつけちゃった!(一同爆笑)
ルンバ/どこを見て歩いている≪清浄の使者≫!(笑)
GM/「きっと本家は大変なことになってるだろうから、呼春ちゃん達を元気づけてあげてね」……ってアレ? 今、GMはPC扱いだから間違っていないけどこのお母さん……ナチュラルにルンバをつれていこうとしたよね?(一同爆笑)
ルンバ/お母さん優しい!(笑)
GM/「明後日は充電器も朱井家に持っていかないとね!」 前向きなお母さんはルンバの充電部分を開けてあげる。
ルンバ/ルンバおやすみモードになっちゃう!(笑) この姿が不適当ならあるじらの姿に似せることもできるが?
GM/帰宅したお父さんは「最近のルンバは変形するから平成も侮れないな」と言います。
凍夜/待って! 待ってお父さん、アンタもかよ!?(一同笑)
リジー/お父さんの発言で腹筋が死ぬかと!(笑)
和貴/永倉家、最高かよ……!(笑)


 ●オープニングフェイズ2

GM/続きまして、教会で依頼を受けるシーンになります。翌日8月14日、教会の仕事斡旋人・高坂が「依頼を渡したいから礼拝堂に来てくれ」という連絡がありました。
リジー/高坂さーん!
GM/明日8月15日はお葬式がある朱井家へ向かいます。その前日に呼び出しをされましたが、高坂は 凍夜くんと和貴くん達に「ぜひ来てほしい」と念押しをしていたよ。というわけで、凍夜&ルンバ、和貴&リジーは礼拝堂に来てください。
凍夜/おお、高坂さんからの呼び出し! ルンバをリュックに詰めて向かいます。
ルンバ/リュックに入れて連れてきてくれるあるじ、優しい(笑)
和貴/凍夜兄さん、ルンバさん。お久しぶりです。
GM/リュックに詰まったルンバにお久しぶりと挨拶するカズくん。ルンバに居心地の良いリュックを買った凍夜くんであった。
リジー/皆さん、お久しぶりです。和貴さんの斜め後ろで一礼。
凍夜/おお、久しぶり―! そしてルンバを出す。
ルンバ/キュインキュイン(起動音) 久しいな、春以来か。
凍夜/リジーさんも! あのときはお世話になりました。ぺこり。
リジー/こちらこそ。凍夜さんもお元気そうで。
和貴/そして、高坂さんもお久しぶりです。
GM/(高坂になって)「暑いとこよく来てくれたな、和貴くん。麦茶用意してるから飲みなよー」と挨拶してくれた子に椅子を用意。礼拝堂の中は冷房がそこそこ効いてます。
和貴/ありがとうございます。麦茶ごくごく。
リジー/珍しくお茶を汲んでもらった側になりつつ、いただきますね。
凍夜/あ、お邪魔します。お久しぶりです高坂さん。
ルンバ/あるじの脚にぶつからないようにちょっと距離を置きます(シュイイイン)
凍夜/ルンバ、優しい……!(笑)
GM/「凍夜くんと和貴くんは……忙しいところによく来てくれたね」 人当たり良く高坂は君達を招くけど、すぐに真面目な顔になって話をするよ。「麦茶を飲みながらでいいから、ゆっくり聞いてもらいたい」
凍夜/はい……? 真面目な顔になります。
GM/「すまないが、凍夜くん達のお家……先に君達ご家族の事情を少しだけ調べさせてもらった。これから話す依頼は……君のご親戚、朱井巻夫さんが関わっていることなんだ」
凍夜/大おじ様が…!?
リジー/「あの方が、ですか」
和貴/何も言わずに顔をしかめる和貴。大おじ様にあまり良い印象をもってないから……。
ルンバ/シィ……ン(エコモード)(静かに聞いている)
凍夜/静かにしててもずるい!(笑)
和貴/つくづくルンバは真面目な空気に愛されてないね! すごーい!
GM/そういう「代償:愛情を得られない」なのか!(笑) 「8月13日に丸丸百貨店の総帥・朱井巻夫が交通事故死した。表向きにはそう報道されたな」
リジー/……存しております。
GM/「事故に遭った車の中にいた朱井巻夫の遺体を確認したところ、左胸に血を吸われた痕があった。運転する前に吸われたか、もしくは運転中に吸われて動転してハンドル操作を見誤ったか……現状では判っていない」
和貴/事故ではなく……異端の関わる殺人事件。
リジー/……吸血鬼や人狼のよう、ですね。
GM/「車が炎上して焼死体として発見されたが、人間ではないものに血を吸われているというのは疑いようもない事実。だから教会が調査することになった
凍夜/簡単に死ぬような人じゃないと思っていたけど、そういうことか……。でもなんで大おじ様だったんだろう。他に似たような事件はあったんですか?
GM/「特命課は朱井巻夫周辺に『犯人として思い当たる人物がいないか』聞き込みをしてみたところ……実は既に、朱井巻夫の周りでは2件も傷害事件が起きていた。お客の評判が運営を左右するということで、大々的な報道を恐れた朱井巻夫自身が揉み消した事件がな」
和貴/大おじ様への評価が暴落してストップ安。……その2件では、誰が被害に遭っているんですか?
GM/「どちらも朱井一族の役員だった。基本会社経営は親族内で行なっているからな。そしてその2件とも犯人は捕まっていないが……昨夜で3件目。しかも吸血痕という異端らしき影がある。3件とも異端事件だと思われる。出来れば朱井家の事情を知っている者に調査してもらいたくて君達を呼んだんだ」
ルンバ/なるほど、であれば我らの出番だろうな。
リジー/……確かに、調査には私たちが適任ですね。揉み消しと被害が身内間という話に、少し俯く。
凍夜/うう、しかし一族の人間がもしかしたら加害者って考えると……うーむ。
ルンバ/朱井巻夫以外の事件でも同様の吸血痕があったのか? シュイイイイン。
GM/「あったね。同一犯じゃないかと思われる。特徴からして『ウルティオ』と呼ばれる異端ではないかと推測されている。この辺りはもう少し深く調べてみないとだな。……とはいえ、かなりデリケートな問題だ。凍夜くん達だってショックだろうし、これからお葬式とか忙しいだろう? もし任務を受けなくても警戒しておいてほしい」
リジー/静かに、マスターの方へ視線を向ける。如何しますか、和貴さん。
和貴/俯きつつ……。オレは……受けようと思う。一族の中に『ウルティオ』はいるかもしれないけれど、無関係の可能性もあるんだ。守らないと。
リジー/ならば、私もご一緒します。身内絡みの事件には、とても思うところもある。
凍夜/受けさせてください。俺は一族の人間とはいえ分家の血筋ですし。全く外部の、人間が調べるよりは身内の方がすんなり調べられると思います。何があったのか、気になるところもありますし、同じ一族の人間として、それを知る権利がある。
ルンバ/当然、我も依頼を受けよう。
GM/しっかりとした受け答えに、高坂は真剣にこたえるように頷く。「リジーちゃん、ルンバちゃん。凍夜くんや和貴くんは身内だから判ることもあるだろうけど、親族だからこそ見えないこともあるかもしれない。身近な存在である君達が守ってあげてくれよ」
ルンバ/あるじらの邪魔をする不要物は掃除する、心配は無用だ。まだ見ぬ不要物を発見して張り切るルンバ。キュインキュイン。
和貴/待ってルンバ、何をしたの。
ルンバ/おそうじ強モードに入った。
貴/気合を入れたのか(笑)
凍夜/やだもうルンバが男前!(笑) ルンバありがとう、なでなで!
リジー/……マスターが、皆さんが無関係の人間を守るというなら、私はその身をお護りしたいです。無関係で、守るべき相手である事を、願いたい。
GM/「ありがとう、よろしく頼むよ!」 そんな感じで依頼承諾シーンを終わりにします。

 『NPC1:朱井呼春』
 朱井巻夫の長女。現在17歳。秋南の妹で、凍夜を実兄のように慕っていた。

 『NPC2:朱井秋南』
 朱井巻夫の長男。現在21歳。呼春の兄で、和貴を実弟のように可愛がっていた。

 『NPC3:朱井巻夫』
 丸丸百貨店の総帥(故人。8月13日に事故死)。50代ぐらいの男性。

 『NPC4:永倉夫妻』
 凍夜の両親。お父さんが朱井家の出。婿養子。



 ●オープニングフェイズ3

GM/お葬式当日になりますインの登場人物は、和貴くんとリジーさんの2名でお願いします。
和貴/はい! 喪服が活躍する!(笑)
リジー/おお、主従! 了解ですー! サスペンダーほんと良いですよね(笑)
和貴/サスペンダーは趣味です。ソックスガーターもしてる筈です。
リジー/ソックス! ガーター!
凍夜/ソックスガーター……だと……!?
ルンバ/ソックスガーターは良いぞ!
GM/みんなソックスガーターにガタンッてしてる(笑) 8月15日、4人は久々にS市郊外にある大屋敷・朱井家にやってきます。葬儀には親族として参加する和貴くん、そのおつきとしてリジーさんも、凍夜くんとご両親+ルンバも来訪しました。
リジー/付き添いって感じでおりますね。細々したお手伝いしつつ、基本はマスターの傍かな!
GM/そうだね。リジーちゃんはお家のお手伝いよりもベビーシッターとして和貴くんのご両親から「和貴の面倒をお願い」って言われる。
リジー/お任せください、お傍に付いていますので! キリッ!
和貴/……ベビーか。……ショック(笑)
リジー/あっ、マスターがショックを!(笑) マスター、世話係的な存在ということです!
和貴/だ、大丈夫だよ、リジー……大丈夫(笑)
リジー/だいじょばない感じじゃないですか。さっすさっす(笑)
GM/リジーが和貴くんをさすさすしていると、学校の制服姿の呼春がやって来る。「カズくん……久しぶり。お正月ぶりかな?」
リジー/はい、お久しぶりです。呼春さん。
和貴/お久しぶりです……この度は、ご愁傷様でした。
GM/「ご、ごしゅうしょうしゃまでした……」って慣れない言い方に躓く女子高校生(一同笑) 彼女はこの8月の参列席の前、喪主であるお母さんの隣でお手伝いをしたようです。
リジー/そう気を張らずとも大丈夫ですよ。一呼吸置くようにアドバイズしますね。
GM/「あ、ありがとうございますリジーさん……えっとえっと……」
和貴/呼春、頑張って。
GM/「が、頑張るー!」 そう言ってると、呼春の隣のお母さん……朱井夫人が発言をします。「呼春。和貴くんといっしょに凍夜くん達のところに行ってらっしゃいな」 朱井夫人はとても綺麗な女性ですね。

 『NPC5:朱井夫人』
 亡くなった朱井巻夫の妻。50代の女性。喪主。


凍夜/美人だー。
和貴/美魔女ってやつでしょうか……良いですね(笑)
リジー/未亡人、くらくらしますね!(笑)
GM/喪服の黒い着物姿の朱井夫人は声を掛けると、またで喪主として色んな親戚や役員達との挨拶に戻ります。その顔はやや疲れ気味。まさに未亡人。大企業のトップが亡くなってバタバタしているから明らかに疲れてますね。
リジー/色々しんどいだろうになぁ。やることある方が心のしんどさは紛れるだろうけど、それでもそれでも……。
凍夜/急な話だったもんな……そりゃあ心労も人一倍だ。
和貴/特技でどうにかできないかなって思ったけど、どうなんだろう?
凍夜/良い子だな、カズくん。
和貴/≪さきもりの声≫と≪魂装支援≫で、どうにか……。ミスなく、つつがなく終われるように頑張っておばさん!
GM/お母さんのクリティカルを強化してあげるカズくん! お母さんがクリティカルすると参列客への未亡人パワーが炸裂する。
リジー/未亡人パワー、とは?(一同笑)
GM/カズくんがお母さんを応援していたのが届いたのか、朱井夫人は「和貴くん。ありがとね。呼春も元気づけてあげて」とフワッと笑って見送ってくれました。疲れた真面目顔じゃなくて、優しいおばさんの顔でね。
和貴/これには和貴もにっこり! 精一杯のあどけなさで、うんっ!(笑)
リジー/かわいい!(笑) お隣で、流石ですマスターって顔をしてます!
GM/呼春はお母さんに言われた通り、「じゃあカズくん、先いこうか」と手を引いてその場を離れようとします。
和貴/ねぇ呼春。秋南兄さんはいつ頃着くの?
GM/「えっ!?」 めっちゃ驚く。
リジー/そういえばいらっしゃらない? まだいらしてないのですか?
GM/「えっ……!? え? カズくん、リジーさん……えっ、知らない……知らされてない……?」
リジー/何を、でしょう?
和貴/なに? 何の話?
GM/動揺、焦り、どう言ったらいいか、呼春は滅茶苦茶あうあうします。「えっと……2年前ぐらいに……」 そのとき、ある男性がやって来ます。50〜60歳ぐらいの年老いた喪服姿の男性です。動揺している彼女に「呼春さん、どうぞ水分補給に行ってください。今日は比較的涼しいですが夏場ですから、脱水症状に気を付けてくださいね」と、さりげなく気遣うように声を掛けます。
リジー/おお、かっこいい。
GM/明らかにドモっていた呼春ちゃん「……わ、判りました。すみません!」と……先にその場を、逃げるように去ります。
和貴/呼春……?
リジー/……貴方は?
GM/去っていく呼春を見送った男性は、リジーちゃんの言葉に「初めまして、丸山琥介(まるやま・こすけ)と申します」と自己紹介をします。「亡くなった巻夫さんの秘書をやっていました」

 『NPC6:丸山琥介』
 50〜60代の男性。朱井巻夫の側近・秘書。


和貴/大おじ様の、秘書……? 初めまして、朱井 和貴です。
リジー/琥介さん、ですか。初めまして。私は和貴さんの使用人のリジーと申します。……すみませんが、2年前に何があったのでしょう? 彼女の口からは言わせ難いことですか?
GM/その問いかけに対し、一呼吸入れた後、「秋南さんは2年ほど前に行方不明になられました」と話します。
リジー/えっ。
GM/「巻夫さんは報道をするなと言っていましたから一部しか知らないようにされていました。知らなくても仕方ありません。ただでさえ2件の傷害事件すら揉み消すぐらい権力を持った人だからね。騒ぎにならないように近しい身内にも教えなかったのでしょう」
和貴/秋南兄さんが……? どうして?
GM/どうして、には「判りません」と答えます。「表向きには秋南さんは海外へ長期出張していることになっています。……このことはあまり公言はなさらないでください」
和貴/捜索は、してないんですか?
GM/「……すみませんが私も詳しいことは」 そんなことを話す丸山さんですが、「言うなよ!」と怖く言いつけるのではなく、「皆さん疲れてますので騒がないでやってください……」と穏やかにお願いしている雰囲気です。
リジー/すみません、聞いてしまって……でも、突然の話ですから気になって。
和貴/びっくりしすぎて……呆然としてますが、ゆっくりと頷きます……。
GM/頷いてくれた和貴くんに対し、「……大きくなったね」と小さく呟きます。
和貴/え?
GM/「いえ、失礼しました」 その態度からして、小さい頃からカズくんのことを知っているかもしれません。
リジー/……ご存じなのですか?
GM/「……私もお盆時期によく朱井家に来ていましたから」と、昔からいる人っぽいアピールをしておきます。丸山さんは「ささ、おふたりも……」と凍夜くん達のいる部屋へと進めてくれます。
和貴/はい、あ、ありがとうございます。……あの。このことを知っているのは?
GM/「知っているのは、巻夫さんと夫人と、呼春さんと一緒に暮らしていた使用人と……私と、ほんの一部です」 呼春ちゃんは知っているものだと思っていたような態度ですが、全部お父さん達に任せていたようです。そして自分から大きな声で「お兄さんいなくなったよ!」とは2年の間、言いませんでした。なので「知らないカズくん達に焦っちゃった」のです。
和貴/そりゃあ言えないよな……ごめん、呼春。
リジー/……でも。仲が良かった凍夜さんに知ってもらうのは、悪くないと思います。伏せてもこのようにいつかは知れることだと思いますから。
和貴/うん……誰にも言わないようにします。でもオレ、正直凍夜兄さんに隠し通せそうにない……ごめんなさい。
GM/丸山さんは「……どうぞ、お入りください」と静かに部屋に通すだけにしておきますね。あまり口出ししないでおくよ。
リジー/明確には止められなかった。いい人だ……。感謝しますと深々と喪服のドレスの端を摘んで一礼しておきます。
GM/きゃっ、エレガンツ。……それでは一方その頃。凍夜くんとルンバちゃんのシーンになりますが。
凍夜/お葬式の席で、ルンバを膝の上に乗せる!
ルンバ/シュン(エコモード) ピピピッ(タイマーセット音)
リジー/タイマー音かわいい!(一同笑)
凍夜/ダメだ笑う!(笑) って喪服を着てルンバを膝に乗せるって凄いカオスだな……(笑)
ルンバ/あるじさまは見た目ルンバでもこうして対等に扱ってくれて本当に出来たあるじさまよな。キュインキュイン。
GM/ご両親と一緒に大きな畳部屋の式場なう、お坊さんが来るまでちょっと色んな人と挨拶をしている時間です。もう暫くしたらカズくんやリジーちゃんが来るだろうね。
凍夜/大勢の親戚に圧倒させられつつ、挨拶してるんだろうなぁ……。
ルンバ/ルンバは掃除をしたいのを堪えている。
リジー/ルンバちゃん我慢してる! ウズウズしてる!(笑)
凍夜/掃除したそうにウズウズしているルンバをぎゅっと抱いている(笑)
GM/掃除ダメゼッタイ!(笑) その大勢の親戚の1人、石丸総帥が息子さんを連れてやってきます。丸丸百貨店の現代表取締役社長。巻夫が生きていた頃のナンバー2。40〜50代の女性ですね。

 『NPC7:石丸総帥』
 丸丸百貨店の現代表取締役社長。巻夫が生きていた頃のナンバー2。40〜50代の女性。

 『NPC8:石丸聡』
 石丸総帥の息子。13歳、中学1年生。


凍夜/おおお、女性総帥カッコイイ!
GM/先日、丸丸百貨店ナンバー1の地位になりました。巻夫さんが生きていた頃からトップの一人として働いていたバリバリのキャリアウーマンです。立場が変わっても動揺することなく、いかにも仕事が出来そうな働く女性の顔をしていて、きっと巻夫さんよりも現場で働く実質トップだった人でしょう。
リジー/素敵よなぁ。デキる女って感じだ。
和貴/素敵な女性だ……きっと百貨店も安泰で安心。
ルンバ/ふん、あれがこの度の事件で上になった者か。シュイイイイン(我慢の省エネモード)
GM/事件の上になった者、というルンバちゃんは……こうも思えるでしょう、「一番得した人」ともね。
凍夜/この度はご愁傷様でした、と両親に倣って頭を下げます。
GM/「凍夜くんもお盆時期でお仕事大変でしょう? 本家に来てくれてありがとね」 凍夜くんと遠い親戚であるため、こんな青少年がニートであることなんて知りません。
凍夜/なけなしの良心にグサッとくる。
リジー/総帥の気遣いが角度をつけて凍夜さんに刺さった!(笑)
GM/「どうしても年末年始とお盆は繁忙期だからなかなか来られなくって こんなときじゃないと大きくなった凍夜くんとご挨拶できないなんて……。また違う機会におじさま達とお仕事の会食でもしましょう」 セレブな言動を続けてやる。
和貴/もうやめて! 凍夜兄さんのライフはゼロよ!(一同爆笑)
ルンバ/あるじさまは事件の調査となつこみという夏の戦で忙しいのだ! 判っておらんな、このニンゲン!
リジー/夏の戦って……(笑)
GM/凄く堂々とした動きをする石丸総帥は、「聡、凍夜くんにもご挨拶を」と息子に言う。「こんにちは……」と中学1年生の男の子・石丸聡が挨拶をします。なかなか石丸総帥は実家に顔を出さないため、「こんな子いたなー」程度にしか会ってない子ですね。
凍夜/こんにちは、聡くん。
GM/絶対なんでこの人ルンバを抱いてるんだろって思っているが聡はしっかりと挨拶してくれたから何も言わぬ。
凍夜/ですよね!(一同爆笑)
ルンバ/ピッ(声に反応して光るムーブ)
和貴/大丈夫だよ。この屋敷には今も勝手に動ける箒がいるんだろうし。
GM/箒はお葬式には出ないよザッザッザ。
リジー/でも音がする!(笑)
GM/石丸親子と挨拶が終わります。そのとき、「まーったく! こんな忙しい時期に交通事故だなんて、どんだけ迷惑な人ザマしょ! あーんな刺しても死なないような肝っ玉の人が呆気ないザマスねぇ! それよりここ暑くありませんザマス!?」って声がします。
凍夜/おや?
GM/「お化粧が落ちちゃうザマス、来客の気遣いの出来てないお家ザマスねぇ!」 おばさまが来ます。

 『NPC9:朱井様子』
 朱井巻夫の妹。様子と書いてザマスと読む。


リジー/パワーネームすぎませんか!?(笑)
GM/「今ザマスのことパワーネームって言った失礼チャンは誰ザマス!?」 キョロキョロ。
リジー/キョロキョロからスッと身を潜める!(笑)
和貴/自分の名前を語尾につけているなんて、斬新……(笑)
ルンバ/いそうでいない名前だ。
GM/「いそうでいない名前って言ったオバカタレは誰ザマス!? ここにいるザマスよ!」
ルンバ/ピッピッ(音に合わせて光る)
GM/「なんだルンバザマス。幻聴ザマス」(一同爆笑) ではザマスは苛め甲斐のありそうな凍夜くんを見つけるザマス。「あーら? アナタどこのお坊ちゃんザマスか?」
凍夜/わ。
GM/今からこのNPCは凍夜くんを虐める!
凍夜/酷い!(一同笑)
リジー/なんという宣言でしょう!?(笑)
GM/なおカズくんがザマスに虐められる可能性もあったのですが、先ほど丸山さん登場シーンを受け持ってくれたため、凍夜兄さんが犠牲になったのである。
ルンバ/避けて通れないイベントだった。
和貴/凍夜兄さん、ごめん!(笑)
GM/「ドコの子ザマス? アンタ達みたいなお猿サンなんて知らないザマスよ!」
凍夜/こういう嫌な役回りをいたいけな少年にさせるくらいなら自分が受け持つわ!(笑) 俺は永倉家の長男、凍夜です。いわゆる分家の人間なので、大おば様のような本家筋の方にとっては居ても居なくても変わりないでしょう?
GM/偶数が出たら気に入る、奇数が出たら気に食わない。(1D6ころころ)……6だ。
凍夜/おう!?(笑)
ルンバ/キュイーン(さすがあるじさま)
GM/「まぁー! よくまあそんな失礼なこと言ってくれるザマスね! 度胸あるザマス!」 気に入ったので凍夜くんの隣に座ります。
凍夜/ええええ!?
GM/気に入ったので隣で虐めます。
凍夜/どっちにしろいじめるんじゃないかー!(笑)
リジー/ザマスさんめっちゃ良いキャラだなぁ!(笑)
GM/そこにザマスの旦那様が現れます。「いやいやすまんやで〜。そっちも大変やな〜、気を落とさんといてな〜」

 『NPC10:朱井のりお』
 朱井巻夫の義弟。朱井様子の夫。60代。ハゲ親父。


GM/「若い子のエキス吸いたい年頃なんや〜、あんまオバサンいじめんといてくれな〜。アッハハハ〜!」
凍夜/さすが葬式……どんどん人が増えていく!(笑)
ルンバ/ニンゲンが多すぎる! こんなに多いとは聞いていないぞ!(の意思を込めて適当に光る)
GM/適当に光った(笑) という訳でそろそろカズくんやリジーさんが到着し、お坊さんも到着する。お葬式が始まるのでした。凍夜くんの隣でネチネチネチネチ。
凍夜/おじさん!? アンタ旦那だったらしっかり手綱握っといて下さいよ!
GM/「あの坊さん、しょうもない話しかせんな〜〜」 完全スルーの構え。
和貴/朱井家、ろくな人間いないな……ショック(笑)
リジー/マスターの顔色がどんどん悪くなってしまうので、ちょっとおてて握っておきますね!
ルンバ/幼心(二度目の人生)に現実が刻まれていく……(笑)
凍夜/早く終わってくれ……と能面のような表情で嫌みを右から左へスルーしつつ、ルンバを膝で抱える25歳ニートの図。
ルンバ/あるじさまもこのニンゲンのたわごとなど聞き流すがいい。我でも撫でておけ。
GM/ザマスの手なら空いてるから凍夜くんとぎゅっぎゅしてもいいよ。
和貴/もうやめて! 凍夜兄さんのライフはマイナスよ!(一同爆笑)
ルンバ/ルンバがそうはさせない!(笑)
GM/お葬式は進んでいきます。お経が終わったら、火葬場につれていき、お食事があったりお骨を拾ったり、壺に入れたりお墓に入れたり……。あっという間に1日は過ぎていき、夜になっていくのでした。
凍夜/終わった……。
GM/凍夜くんの家も、和貴くんの家も、本日から1週間ほど朱井家にお泊まり。いっぱいお部屋があるのでそれぞれお部屋を貰って、みんなでお泊まりすることになりました。凍夜くん、ちゃんとザマスさんの部屋もあるから安心してね。
リジー/安心してね!
凍夜/よりによってそこですか!?(笑)
和貴/えっ、夜這いに行くの!?
凍夜/絶対近寄らないからな! 絶対近寄らないからな!
リジー/凄い。何かの前フリのようだ。
ルンバ/あるじさまがどうしてもというならルンバは止めない……。
凍夜/だから行かないっつーの! 俺はずっと部屋に引きこもるぞ!(笑)
GM/ルンバは大広間を掃除しまくるといい。きっと楽しいぞ。……そうして1日目が終わる……。


 ●オープニングフェイズ4

GM/朝のシーンしましょう。(1D4ころころ)2……だったので、PC2のカズくんの朝でも演出しようか。カズくーん、8月16日の朝だよー。今日も良い天気だよー。
和貴/もうすこし、寝る……むにゃむにゃ。
凍夜/可愛いぞ、この11歳児(笑)
GM/リジーはカズくんと同室で寝たいなら登場してもいいし、起こしに行ってもいいよ。
リジー/マスターの中身が医大生なので抵抗あるかなって!(笑) お目ざのお茶もって、「マスター朝ですよ、起きましょ?」ってしに行きますよ!
GM/お目ざのお茶だ。2人の日課っぽいね。
ルンバ/2人の普段の生活が垣間見えてとても良い。
リジー/お泊り先でも日課は欠かさない。今日はミントティーですよ。ねむねむさんに爽やかな香りをどうぞ。
和貴/んん……ありがと。あちっ。熱さに目が覚めてふーふーと冷ましつつ飲んでいる。
GM/眠る場所は変わっても、ほっと和やか。普段通り、そんな風にこころがけて挨拶をしていると……ある部屋で騒ぎが起きてみんながバタバタと集まっていることが判ります。
リジー/……マスター。あの騒ぎ、なんでしょうか?
和貴/……着替えたらすぐに行こう。
リジー/ええ。
GM/カズくんは着替えて部屋を出ます。どこの部屋で騒ぎが起きているか、君達はすぐに見つけることができる。ザマスの部屋ザマス。
リジー/ザマスさん?
GM/おはようございます、ザマスが無惨な姿で発見されました。

和貴/あああああ!? 吸血痕は!?
GM/あります。ザマスの真っ赤に染まった胸にね。部屋自体も赤く染まっているけど。
リジー/ざ、ザマスさん! これは……ウルティオ!?
和貴/大人の足元をすり抜けて、ザマスさんのお部屋に入りたい!
GM/本当にコナンみたいなムーブができるな(笑) 騒がれている部屋に入ると、のりおさんが「妻の容態は!?」と慌て、石丸総帥が「大丈夫です! 息はあります!」と宥めている。永倉夫妻が「様子さん、大丈夫ですかー!」と声を掛け、朱井夫人が「救急車は今向かっています!」と応対。丸山さんはやって来た救急隊員に状況を説明する……大人達の行動はこんな感じです。
リジー/あっ……生きて、る? 息はある!?
GM/ええ、かろうじて。しかし能力者である4名にはザマスさんの容態は「これはアカン」と思える状況だと察せます。凍夜くんとルンバちゃんも登場OKです。
凍夜/着替えてルンバを抱えて部屋へ駆けつける!
ルンバ/キュイン!(起動音)
リジー/虫の息、でしょうか……?
和貴/……≪心霊医学知識≫で何か手がかりを掴めないかな!?
GM/OK、手掛かりを探しましょう。【理知】で判定をお願いします。難易度は10。
和貴/特技の効果で+3があるので……(ころころ)達成値15ですね。成功!
ルンバ/おおー、順調な滑り出し!
リジー/たっかい! マスター凄い!

 ≪心霊医学知識≫で判明する情報。
(1)この吸血、,間違いなく教会の資料で見た「朱井巻夫と他2名と同じ傷痕」だと判る。間違いない、同一犯だ。
(2)普通の治療では助かる見込みは無いと確信する。救急車で病院に行っても朱井様子は助からないだろう。
(3)普通の病院では難しい。では、そうでない所なら? これは異端による怪我というより,異端による呪いによる傷だ。普通の医者には治せない! なら?


GM/以上です。
和貴/えっ、呪いなの!? えっどうしようまってちょっとえっ!
リジー/教会!
和貴/……教会関係の、異端専門の病院にしなきゃ!
GM/心霊治療医院会ってやつだね。現場復旧委員会に並ぶ教会の部署です。
リジー/ではそちらに連絡入れますね! お電話します!
GM/リジーちゃんが即座に教会にお電話してくださった。
和貴/丸山さんと話していた救急隊員へお願いしなきゃ!
凍夜/じゃあ……俺が運ぼうとする救急隊員に専門の病院に運んでもらう事を説明する!
GM/完璧ですね。教会に連絡してくれてありがとうございます。ザマスは一命を取りとめたでザマス。ここは『PCが何か提案をしなければ救えない展開』として用意しておりました。ザマス生存エンド確定です。
リジー/良かった! アイゲットコトナキ!
凍夜/おおっ! 嫌味な人でも死ぬのは後味が悪いから、良かった……。
GM/普通のお医者さんでも傷の手当はできますが、異端による損傷や呪いは≪心霊治療≫が適切です。今回はそれがフラグというイベントでした。連絡を受けた高坂はザマスに心霊医師を派遣すると宣言し、君達に「異端が現れたその屋敷周辺での調査を」と要請します。
ルンバ/みんな凄い。……GM、≪霊的神経≫で調べることは可能ですか?
GM/OKです。【意志】判定で、特技の+3ボーナス付きでどうぞ。難易度はちょっと高めの12です。……他3人がザマスさんを助けにまわっている間、ルンバは周囲をチェックしていたのでしょう。
ルンバ/(ころころ)達成値16。ルンバのナノセンサーでどんな微粒子も見逃さない!
和貴/高い! 凄い!(笑)
GM/ナノセンサーが働いた(笑) 達成値が高いことだし、ボーナスの情報もあげちゃおう。

 ≪霊的神経≫で判明する情報。
(1)異端がこの付近にいる。屋敷の中にいることは確かだ。そう確信する。
(2)しかし異端は夜間にしか姿を現さず、隠れている住処を直接叩かなければ攻撃をすることができないだろう。一刻も早く『生態』を調べることが急がれる。
(3)達成値15以上の場合→1ラウンド経過したら(2ラウンド目に移行したら)、異端は動きを変えてしまうかもしれない……?


ルンバ/なるほど……限られた時間で情報をより多く集めて叩かねばな。
GM/さて、今回のシナリオは1シーン1日換算で進んでいきます。毎晩異端が誰かを襲い、キャラクターが1人ずつ減っていきます。
リジー/『人狼』だ!

【タイムスケジュール】
▼3月16日:1ラウンド目ミドルフェイズ1→夜間トリガーイベント
▼3月17日:1ラウンド目ミドルフェイズ2→夜間トリガーイベント
▼3月18日:1ラウンド目ミドルフェイズ3→夜間トリガーイベント
▼3月19日:1ラウンド目ミドルフェイズ4→夜間トリガーイベント
▼3月20日:2ラウンド目ミドルフェイズ5→夜間トリガーイベント
▼3月21日:2ラウンド目ミドルフェイズ6→夜間トリガーイベント

 『異端ウルティオの襲撃』
 真夜中に現れる異端ウルティオの襲撃から備える判定。1日が終了した後の『夜間トリガーイベント』に発生する。
 4人中2人以上が【反射】か【知覚】判定難易度11に成功すれば、異端ウルティオの襲撃を食い止めることができる。
 成功したPCは「特定のキャラクター」を1人選択して集中的に護衛すること。もし異端ウルティオと鉢合わせになった場合、特別イベントが発生する。


GM/ミドルフェイズと夜を交互にシーン展開していき、PCの手番が4人全員まわったら1ラウンドが終了します。
和貴/2ラウンド目で何かが変わる……つまり、5シーン目には何か変化するってことか。
GM/ミドルフェイズにできることは、情報収集です。AWのいつものAF判定を1人1つやっていきます。夜になると、『人狼』よろしく襲撃ターンの始まりです。夜が来るたび1人ずつ減らすように異端は襲撃してきますが、PCが判定に成功すれば被害者0人で朝を迎えます。異端は「ある法則」に従ってキャラクターを襲撃します。なのでその法則さえ判れば「今夜は○○さんを襲う!」と先読みして鉢合わせイベントを発生させることができます。
リジー/ほほう、法則。
GM/夜になったら判定! 成功したら誰を守るか相談! 夜を越したら守れたか守れなかったかを見る! 相談あり、ダイスロールありの『人狼』ですね。
凍夜/なるほど!
リジー/スリルで楽しいね、ハラハラしちゃう。
和貴/ドキドキするね、マジで。
ルンバ/ふむふむ。≪未来視≫などの特技は判定にプラスできますか?
GM/特技はキャラロールでからめて演出してくれるなら、1回のみ達成値のボーナスを考えています。色んな演出をしてみてね。
凍夜/はーい。わくわくしてきたぞー!

【AF判定リスト&ルール】
・『契約』はミドルフェイズ前に可能。それ以外はマイナーアクション換算。
・『供給』はシーンの終わりに可能。1シナリオに1回まで。

1『AF判定:調査「異端ウルティオ」』
 ・使用能力値:【知覚】【理知】
 ・難易度:15
 ・ラウンド制限:なし

※「異端ウルティオについて調べる」演出に成功すること。成功した場合、異端ウルティオについての詳細を得ることができる。

2『AF判定:捜索「異端ウルティオ」』
 ・使用能力値:【体力】【知覚】
 ・難易度:25
 ・ラウンド制限:なし

※「どこかに潜んでいる異端ウルティオを捜索する」演出に成功すること。成功した場合、異端ウルティオの居場所の情報を得ることができる。

3『AF判定:故人を探る』
 ・使用能力値:【理知】【幸運】
 ・難易度:25
 ・ラウンド制限:なし

※「亡くなった総帥の過去や背景を調べる」演出に成功すること。成功した場合、総帥の事情について情報を得ることができる。

4『AF判定:朱井一族』
 ・使用能力値:【理知】【意志】
 ・難易度:15
 ・ラウンド制限:なし

※「朱井一族の人間と交流する、または一族について調べる」演出に成功すること。成功した場合、朱井一族について情報を得ることができる。

EX『AF判定:???』
 ・使用能力値:【??】【??】
 ・難易度:??
 ・ラウンド制限:???

※「?????」演出に成功すること。成功した場合、?????。
※条件:PCが特定の行動を行なったら開示される。このAF判定は開示されなくてもシナリオクリアーできるものである。

GM/さて、「EX判定とは何か?」の説明をしましょう。『AF判定:???』は開示されなくてもシナリオクリアーできますが、どっかのシーンでPCが放った言動で開示されるボーナスアクションです。
凍夜/ほう?
GM/例えば……解放条件が「アイスを買いに行く」だった場合、凍夜くんが「よし! コンビニにアイスを買いに行くよ!」と言ってくれたシーンでAF判定挑戦ができます。シナリオに関係ある行動を条件解放として設定しています。突拍子もない言動じゃないからいくらでも出現する可能性はあります。エンディングが分岐するだけでシナリオクリアーには問題無いコマンドだから、安心してね。
凍夜/やってみたいな、EX判定。
GM/けどEXはクリアーしなくてもシナリオ終了できるものです。クリアーするとまた味が変わりますが。
和貴/どうせなら狙いたいよ、EX……。
リジー/違うお味に挑戦したいね。
GM/違う味に挑戦したい人は、どんな描写でもしまくるとGMはなるべくキャラロールを拾ってEXを出現させようとします。ただしPCの皆さんが描写してくれない限り出現しないからお気をつけを!
ルンバ/トリガーって何だろう……? 謎解き要素が多くてドキドキわくわくですね。まずは全員で相談できるように、誰かの部屋で集合しませんか?
GM/ザマスさんの無事を確認できた後、凍夜くんのお部屋で集合がいいかな?
凍夜/じゃあ、俺の部屋へ行こっか!
ルンバ/シュイイン(後ろからついてくる音)
リジー/お邪魔します。凄い、チリ一つおちてないです、この部屋。
和貴/失礼します。……綺麗すぎて汚すのが怖くなる部屋だね(笑)
ルンバ/埃一つない部屋だドヤァ! 存分に汚せ。不要物はすべて我が掃除しよう! 褒められてピカピカ光る。
凍夜/ティッシュ一枚でも落としたらその瞬間に消えるからな。
和貴/汚したらその瞬間綺麗になるのか……凄いなルンバ。
リジー/散らかる暇がないのは凄いことですね。私も見習わなくては(笑)

 全員で『契約』の相談をした結果、
 凍夜がルンバのマスターに、ルンバが和貴のマスターに、和貴がリジーのマスターに、リジーが凍夜のマスターとなった。

凍夜/俺は契約しているPCを飛行状態にできる≪俯瞰の誘惑≫を持っているので、「そーらを自由に飛びたいなー」って人はどうぞー。
GM/ルンバが空飛ぶルンバになれたな。
リジー/それはUFOでは。
和貴/キャトルなんとか……さよならモツ?(笑)
GM/牛の内臓まで掃除しちゃうのか(笑) 次に、誰がどこの情報収集に行きたいかを決めてね。
和貴/オレは『AF判定:朱井一族』が、気になっています……朱井の人間として。
ルンバ/『AF判定:調査「異端ウルティオ」』をルンバがやりますよ! 掃除しながら調べる!
リジー/能力値的には『AF判定:捜索「異端ウルティオ」』かなぁ。
凍夜/『AF判定:故人を探る』かな、能力値的に。あとAF判定抜きにして秋南の行方がめっちゃ気になる……。
和貴/うん、秋南兄さんが気になるね……。
GM/ではそんな感じで進めていきます。トップバッターは、掃除しながらと宣言してくれたルンバちゃんでいこうかと!
ルンバ/はい、ほかの方がよろしければ、トップバッター行きます! ギュインギュイイイン(掃除モード強)
凍夜/ルンバのやる気スイッチオン!(笑)