アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 『 だれかのねがいがかなうところ 』 3ページ ■
2013年4月20日




 ●クライマックスフェイズ 〜決戦〜

GM/君達は逃げ出したなずなちゃんを追いかけることができます。それでは、AF判定を始めましょう!

 『AF判定:「異端の行方」』
  ・使用能力値:【体力】【知覚】【幸運】
  ・難易度:220
  ・ラウンド制限:1ラウンド

※異端の行方を追いかける判定演出に成功すること。
※『イベントキー:占いサイト』『イベントキー:令呪』『イベントキー:メモ』『イベントキー:携帯電話』を持っているPCが同マップにいる場合、1つにつき難易度が−50される。


朋月/「難易度:220」? ……いや、イベントキーの数で難易度が減少するのか!
恵夢/そっか! じゃあ来て! みんな来てぇー!
GM/えーと……恵夢ちゃんが咄嗟に電話をしてくれたので、【幸運】判定難易度10に成功したら、みかげ先生と椿くんも登場していいよ。
みかげ椿/(ころころ)成功しました!
GM/それなら全員参加していい。ラウンド換算なので【行動値】順にAF判定に挑戦することができます。
朋月/おお、全員集合なら……『イベントキー:占いサイト』は朋月が、『イベントキー:令呪』は恵夢が、『イベントキー:メモ』はみかげ先生が、『イベントキー:携帯電話』は椿先輩が持っているので、難易度は20まで下がります。
恵夢/ちょうど全員イベントキーを1つずつ持っていますね! よーし、これならイケる!
GM/……実は今回のシナリオでイベントキーがたくさんあるのは、これがやりたかったんだよ。ちなみになずなちゃんを無視してクライマックスフェイズに移行していると、難易度プラス50だったんだ。
椿/あ、危ねーっ!(笑)
みかげ/クライマックスフェイズでも「ラウンド制限:1ラウンド」は変わらないんですよね? キャラクターレベル5の4人プレイだとギリギリですよね……(笑)
GM/では……一番【行動値】が早い椿くんからどうぞ。
椿/「難易度:20」なら簡単だ! ≪バベルの唄い手≫で動物達に「こんな子を見つけて!」と頼みます。
朋月/鳥がピーチク行きまーす!(笑)
椿/≪風霊操作≫≪水霊操作≫を使います。幽霊達、お前らも行けー!
恵夢/はーい、れっつごー! わぁー!(笑)
椿/≪+50ナンパ≫で、学校の周辺にいる女の子達に「君、可愛いね! ちょっと教えてくれないかな!」って情報収集します!
朋月/学校の周りだもの、女の子なんていっぱいいるよ……(笑)
GM/これで特技を4つ使用。難易度は8減少。現在難易度は12になりました。
椿/【知覚】でOK! いきます。(ころころ)よし、ピッタリ達成値12で成功しました!
GM/おっ、一発成功か。椿くんは、自分のコネを尽くして超頑張った結果……なずなちゃんがビジネス街に向かったことに気付く。
椿/……本拠地のビルに行ったか!
みかげ/どちらかというと……自爆したとき街中の人達みんなを生贄に使えるように、人の多いところに行ったんじゃない?
朋月/確かに、公園で自爆するより街中の方が被害がでかそうだ。
恵夢/街一個ぶっ放すつもりか……そうはさせないっ!
GM/……椿くんがみんなを先導しつつ、ビジネス街の交差点の真ん中。フラフラしているなずなちゃんを捕まえました。
椿/ぱしっとなずなちゃんの腕を掴む! ちょっと待て!
恵夢/先輩ー! なずなを逃がさないで!
椿/ああっ! ……この状態で≪還り名≫を使います。クラス指定は[狂戦士]

 ≪還り名≫
 シーンに能力者以外の人間が自然と立ち寄らなくなる結界を作り出す[感応力師]の副特技。
 結界を作成する際にクラスを1つ選択する。結界内に指定したクラスのキャラクターがいる場合、そのキャラクターはクリンナッププロセスの度に1D6÷2(切捨)の【防御点】無視ダメージ(軽減不可)を受ける。


朋月/おお。さすが先輩、的確に[狂戦士]にダメージを入れていく姿勢だ(笑)
GM/人避けの結界を張られたことで、交差点だというのに周りの人が君達以外はいなくなっていきます。まるで通行止めされたみたいな感じになるよ。
みかげ/なんでかみんな、あっちに行く……。車が走ってもいい時間なのに、ガランとしていくんですね。
GM/なずなは「放せ、放せ」とずっと抵抗しているけど?
椿/放す訳にはいかないんだよ!
朋月/なずな。駆け寄ってなずなに呼びかけます。声は届かないのか?
恵夢/なずなの中に入っているお前、出ていけーっ!
GM/では……なずなの【意志】は3なので、2D6で10以上が出れば反応することにしよう。せーの。(ころころ)2D6で5でした……。
椿/なずなに≪逆転運命≫使えますか!?
GM/OKだよ。GMはもう一回振るぜ。
朋月/……ここに、恵夢の≪幻想式≫を使えないかな?
恵夢/まだ使用回数はあるよ! ≪幻想式≫をなずなに使用します!
GM/(ころころ)……はい、オッケ。成功です。なずなは君達の呼びかけに意識をふっと取り戻します。
みかげ/なずなちゃんの中から出ていきなさい、藤堂賢三!
GM/その言葉を受けて、なずなはガクンと崩れ落ちる。盛大に崩れ落ちた瞬間に、携帯電話が地面にからんからんと落ちていく。
朋月/なずなを受け留める!
GM/携帯電話が転がっていき……バチバチバチと火花を散らす。
恵夢/うわっ!
GM/そうして、響くような声が聞こえてくる。「……やれやれ、良いところで邪魔をしおって。令呪を発動させる前になんてことを。何故わしの邪魔をする、なんだお前らは……」 携帯電話から老人の声が聞こえ始めます。
朋月/……俺達は、教会の人間だ。
恵夢/そして、なずなの友達よ!
みかげ/ついに正体を現したわね、藤堂 賢三。私達は、貴方が殺した箱辺 せりの仲間よ!
GM/携帯電話のディスプレイから光が発せられ、そこから……頬のこけた老人のホログラム映像が現れます。「箱辺せり? ああ、あの死んだエージェントのか」
みかげ/そう、貴方と一緒に死んだエージェントのね。
GM/「だが、わしはこの姿となった。そのエージェントは無駄死にをしたな」
恵夢/そんなこと言うなっ! ウズマキから……フランベルジュを取り出して、投げつけるよ!
GM/威嚇攻撃だから当たらなかったね。「……何を怒る必要がある? お嬢さんとその死んだエージェントは親しかったのか?」
恵夢/せり兄ちゃんは……あたしの友達のお兄ちゃんだよ! お母さん達がいないなずなに、小さい頃から一緒にいてくれた人だった……!
GM/「それはお前が親しかったのとは違うだろう?」
恵夢/そういう問題じゃないっ!
GM/「激昂するな、お嬢さん。やれやれ、これだから頭の弱い下等な人間は。そうやって一時の感情に突き動かされ……」
朋月/お前も同じくせにまるで自分は違うと言いたそうだな。
GM/「何が言いたい」
朋月/姿を現して調子に乗っているお前のどこが下等じゃないと言うんだ。
GM/「調子に乗るなどそんな下等な行為などしていない。これは経験に基づく自信である」
朋月/大勢と契約して令呪で支配するとか人工の神を造るとかしていたようだが、感情を剥き出しにしている時点で完全無欠の神には程遠い。姿形を失って世界に立てないほど惨めなお前は下等以下の存在だろうよ。
GM/「わしが下等な生き物だと? 聞き捨てならんな。この存在であるわしが下等な生き物だと? いいだろう。わしが下等な存在ではないことを証明してやろうか。お前達もあいつらと同じように無能に死ぬがいいさ」
椿/……携帯電話をパカッと開きます。せり兄ちゃんが飛ばしてくれたメールを見せます。
GM/それには何も反応を示さないよ。
椿/……まだあの人は生きている。俺達の中に。あんたはその下等な生き物の絆の力に負けるんだよ!
GM/「面白い。いずれ儀式は完成する。お前達を先に血祭りにしてやろう!」
みかげ/……行くわよ、みんな。こんな人の絆を馬鹿にするような人に絶対負けたくないわ!
恵夢/絶対に倒してやるっ!
朋月/抱いていたなずなの体を下ろします。持っていた空のギターケースの中から……斧を抜きます。
GM/携帯電話がバチバチと光を放つと、4体のモブを作成しました。ちなみに携帯電話が本体ですが、ホログラム映像の藤堂 賢三が攻撃してくる形になります。
椿/ホログラムに当たれば携帯電話が損傷していく感じかな?
GM/そうだね。それでは、戦闘に入ります!

【マップ】
エンゲージ1:賢三
エンゲージ2:モブA、モブB、モブC、モブD
 (↑5メートル離れている↓)
エンゲージ3:朋月、恵夢、みかげ、椿

【行動値】
 モブA:16
 椿:13
 賢三:13
 朋月、恵夢:11
 モブB:11
 みかげ:10
 モブC、モブD:10


GM/第1ラウンド、セットアッププロセス開始します。最速のモブAは≪瞬足≫を賢三に使います。(ころころ)賢三の【行動値】をプラス7しました。
朋月/【行動値】が20になったぞ。椿先輩より上の【行動値】になった。
GM/その賢三は、射程を伸ばして全体攻撃ができるようになる≪傲慢なる檻≫を使用。
恵夢/先手を取って何か大きな攻撃をしたいんだね。それなら……恵夢も≪瞬足≫を椿先輩に使います!(ころころ)椿先輩、【行動値】を6点追加してくだ……。
椿/【行動値】19だと賢三を抜かせないよ!
朋月/……令呪を使おう。最初から全員倒れる恐れがあるよりは、少しでもパワーダウンさせた方が良い。
椿/そうだな、恵夢ちゃんの≪瞬足≫に令呪を使用!
恵夢/妖怪1たりないだったけど、令呪を使った結果、椿先輩の【行動値】が39になります! 先に動いて妨害をしてください!

 みかげは全員を守るために≪空間知識≫を使用。
 モブCは、賢三に対して≪大地の使徒≫を使用。賢三のダメージを+6D6し、行動済になった。


椿/なんと【行動値】39な椿が攻撃をします! ≪朽ちゆく魂≫≪アンドショック≫≪魂を纏う腕≫で4体対象!
朋月/椿先輩の攻撃は代償が大きいですけどダメージも大きいですので、初っ端からやっちゃってください。
椿/賢三とモブA、モブB、モブCに攻撃!(ころころ)……命中は18!
GM/4体分の回避判定をします。(ころころ)1体だけ、モブBが避けました。
椿/よし、賢三に当たればいい! ダメージロールいくよ!(ころころ)全員に霊力ダメージ12点! 代償は【MP】8点も使ったけど……≪アンドショック≫の効果を決定します!

 ≪アンドショック≫
 感応力によって、対象の身体の一部を硬直させる[感応力師]の副特技。
 対象に1点でもHPダメージを与えた場合、1D6を振り、1・2なら腕を束縛し【スキルウェポン】使用不可(マイナー消費で回復)、3・4なら脚を束縛し『転倒』、5なら目を傷め『麻痺』、6なら口が動かなくなり『重圧』のバッドステータスを与える。とても強力なバステ付与特技だが、「代償:2D6MP」なので運用がとても難しい。


椿/(ころころ)2……よっし、スキルウェポン使用不可だ! 3体のスキルウェポンを使えなくさせたぞ!
恵夢/やった! 先輩グッジョブです!(笑) ≪還り名≫≪朽ちゆく魂≫の効果で、クリンナップに二重のバステ攻撃が入るようになりましたね!
GM/マジかー! しかも≪朽ちゆく魂≫の効果で毒も食らって痛いな! ……それでは賢三さんがいくよー。マイナーアクションでスキルウェポン使用回復。そのままPC4人全員に攻撃させます。(ころころ)こちら、命中13。
恵夢/(ころころ)回避15! 成功!
朋月/(ころころ)13、避けた!
みかげ/(ころころ)12で失敗でした。
椿/(ころころ)10で失敗でーす。
GM/2人避けたか。なら、命中判定に令呪を使用。
みかげ/賢三に令呪?
GM/うん。
朋月/……マスターじゃないの?
GM/誰がマスターだと言った。賢三はサーヴァントだよ。
恵夢/えっ、そうなの!?
朋月/……前向きに考えよう。全員当たったけれど、貴重な令呪を命中判定に使わせたと。という訳で朋月は≪カバー≫を回復役のみかげ先生に使用。2倍ダメージを受けるけど庇います。
GM/全員にダメージいっくよー。(ころころ)ダメージに令呪を使用して、全員に霊力ダメージ48点!
みかげ/≪念動障壁≫を使用します!
椿/先生に令呪使用! マジでお願いしますー!
朋月/≪大地の勅命≫を使用。みかげ先生の≪念動障壁≫の効果にプラス10させます。
みかげ/それだと……(ころころ)41点ダメージ軽減してください!
朋月/先生を庇って2倍ダメージを受けても、【HP】2点で生き残れました。
みかげ/おおお!? あぶねーっ!(笑)
恵夢/41点も軽減してくれたおかげでこっちは余裕で生き残れますー!
GM/さすがだなぁ。それでは……モブAはマイナーでスキルウェポン回復、メジャーアクションで全力移動で後ろへ20メートル逃げます。
朋月/えっ、逃げた?
椿/我々から25メートル先に行った……? そっか、モブAがマスターだ!
恵夢/それなら恵夢は、令呪を延々と使われないようにモブAを倒そう! 全力移動でモブAに接敵します! それで手番終了。
みかげ/延々と令呪を使われるよりはいい!

【マップ】
エンゲージ4:モブA、恵夢
 (↑20メートル離れている↓)
エンゲージ1:賢三
エンゲージ2:モブB、モブC、モブD
 (↑5メートル離れている↓)
エンゲージ3:朋月、みかげ、椿


朋月/朋月のターンですが、待機を選択します。
GM/では……モブBは、≪力強き隣人≫≪上級聖奥義≫≪無の射撃≫を使って攻撃!ダイスで誰に当たるか決めよう。(ころころ)朋月に当たることになった。
みかげ/一番良いところに来た!
GM/ちくしょう。命中判定いっくよ!(ころころ)あ、クリった。
朋月/(ころころ)回避無理、ダメージください。どうぞ8D6+毒+クリティカル1D6をください。でも今の俺の【HP】は2だぞ(笑)
GM/(ころころ)物理ダメージ、42点!
みかげ/≪念動障壁≫を使用!
椿/その≪念動障壁≫に令呪を使用! 先生、頑張って! プラス20点!
朋月/同じくその≪念動障壁≫≪大地の勅命≫を使用。プラス10点!
みかげ/(ころころ)ダメージ軽減は……42点です!
朋月/全カッキンです。
GM/……さすがだねぇ。
みかげ/ひえー。マイナーアクションで≪興奮剤≫を使用します。(ころころ)【MP】を4点回復。メジャーアクションで全員を≪肉体復元≫で回復します。(ころころ)【HP】17点回復してください。
GM/モブCは行動済だから省略して……。モブDはマイナーアクションで移動、メジャーアクションは≪乱舞≫≪巨大武器≫で範囲攻撃します。エンゲージにいる朋月、みかげ、椿に(ころころ)命中12です。
朋月/全員で避けるよー。(ころころ)12、受動側優先だから回避!
みかげ/(ころころ)15でした、回避!
椿/(ころころ)9です。当たるのは椿だけかな?
朋月/なら、椿先輩を≪カバー≫します!
GM/ダメージをいきます、せいよっ!(ころころ)≪特攻≫を使って、32点の物理ダメージ!
朋月/6点ダメージ軽減してくれれば生きています!
みかげ/それなら普通に≪念動障壁≫を使用!(ころころ)13点弾いてください!
朋月/生きてます! 待機していた朋月は、≪特攻≫をしてきたモブDに≪強化術式≫≪鋼神の鉄槌≫で攻撃!(ころころ)命中15です!
GM/(ころころ)回避13なので受けます。
朋月/(ころころ)お、良い出目! 22点の物理ダメージを与えます!
GM/……モブD、倒れます。
恵夢/やったー、1体撃破ー!

【マップ】
エンゲージ4:モブA、恵夢
 (↑20メートル離れている↓)
エンゲージ1:賢三
エンゲージ2:モブB、モブC
 (↑5メートル離れている↓)
エンゲージ3:朋月、みかげ、椿

 クリンナッププロセスに、≪朽ちゆく魂≫の毒と≪還り名≫の【防御点】無視ダメージが発生。それぞれ敵に1〜2点のダメージを与えた。


GM/第2ラウンドセットアッププロセスで、モブAが≪瞬足≫を賢三に使用します。(ころころ)10点上昇して、【行動値】23になったよ。
恵夢/椿先輩に≪瞬足≫を使います。(ころころ)9点プラス……!
椿/それだと俺の【行動値】は22……賢三には1点足りない。
恵夢/ああっ!? さっきから妖怪1たりないが憑いてる! しっしっ!(笑)
朋月/フォイがそこでもっちゃもっちゃ1を食べてるフォイ。
恵夢/返せ! あたしの1ぃ!(笑)

 賢三は≪傲慢なる檻≫で射程延長&範囲化。みかげは【MP】不足のため≪空間知識≫の使用をを取りやめた。

GM/モブCは、マスターであるモブAを≪繰り糸≫を使って逃がします。モブCから30メートルの任意の場所に移動させる特技で、この移動でエンゲージから離脱し、封鎖の影響も受けません。
恵夢/お、お前ぇー!?(笑)

【マップ】
エンゲージ5:モブA
 (↑5メートル離れている↓)

エンゲージ4:恵夢
 (↑20メートル離れている↓)
エンゲージ1:賢三
エンゲージ2:モブB、モブC
 (↑5メートル離れている↓)
エンゲージ3:朋月、みかげ、椿


GM/賢三は、≪毒の魔弾≫を使用して攻撃。(ころころ)命中は12だ。
椿/頑張ろう、みんな!(ころころ)9です。
朋月/(ころころ)8です。
恵夢/(ころころ)13! 回避成功!
みかげ/(ころころ)14、避けた! 今、1人にしか≪念動障壁≫を使えないから助かった!
椿/それなら自分に≪逆転運命≫!(ころころ)ほらきた、回避13! 避けたー!
GM/あらら、それじゃあ朋月くん1人にだけダメージロールを参ります。(ころころ)そこに≪禍福のさざなみ≫使用、5で成功して、26点ダメージ!
朋月/18点以上ダメージ軽減しないと無理。なので……朋月はバターンと倒れます。戦闘不能になりました。
みかげ/ご、ごめん……!
朋月/逆に考えるんだ、1人しか倒れなかったしマスターが生き残ったと考えるんだー。

 椿はマイナーアクションでみかげに≪興奮剤≫を使用。
 【MP】を3点回復させ、メジャーアクションでエンゲージから離脱。朋月やみかげのいるエンゲージから5メートル移動した。


恵夢/恵夢は……賢三のいるエンゲージに戻って移動します。移動でターン終了です。
GM/では、モブBがみかげ先生に攻撃。(ころころ)命中14。
みかげ/(ころころ)回避14でした、受動優先で避けた! その後みかげのマイナーアクションは自分に≪興奮剤≫を使用!
椿/それに令呪を使用します! プラス20点して!
みかげ/(ころころ)24点、マックスまで回復でました! メジャーアクションは≪創まりの熱≫で戦闘不能の朋月くんを【HP】1点まで回復します!
朋月/ありがとうございます、【HP】1で起き上がります。
恵夢/先生、さっすがー!

 その後、モブCがみかげに攻撃をするが、無事回避成功。
 クリンナッププロセスに移行し、バッドステータス:毒の効果が発動。賢三に2点、モブAに6点、そしてなんとモブBが6点のダメージを受け、戦闘不能となった。


GM/第3ラウンドセットアッププロセスです。モブAは、賢三に≪瞬足≫を使用。(ころころ)賢三の【行動値】にプラス4します。
朋月/それだと【行動値】17だ。これなら……追い抜けないか?
椿/ごめん、俺はもう【MP】不足で行動できない……。
恵夢/それなら……恵夢は、自分に≪瞬足≫を使用!(ころころ)6だったので……【行動値】17! PC優先で抜いた!
みかげ/やった、これでバステの方が先に当てられる!

 賢三は≪傲慢なる檻≫を、みかげは≪空間知識≫を使用した。
 そうして一番最初にターンを迎えたのは、PC優先でついに動く恵夢の番……。


恵夢/さーて、やっと攻撃だよ! 賢三に≪幻惑の衣≫≪パスアウト≫≪魔法剣≫で攻撃します!
朋月/先に≪幻惑の衣≫の発動判定をしなきゃだね。
恵夢/隠密状態になる【幸運】判定に≪幻想式≫に使います!(ころころ)達成値15!
GM/(ころころ)こちら、10。失敗です
恵夢/やったー! 隠密化したので、ダメージが6点上昇します!(ころころ)命中は14……。
GM/(ころころ)回避14だ。
椿/恵夢ちゃんの命中判定に、令呪を使用!
恵夢/命中34で当てます! ≪パスアウト≫で選択するバッドステータスは、重圧にします! ≪魔法剣≫だから【防御点】無視ダメージだよ!(ころころ)17点ダメージです!
GM/おお、結構いったね……しかも重圧になります。
朋月/重圧はマイナーで回復しないと、全特技が使用不可ですよ。
GM/だから賢三は自分のターンでまず重圧を回復して……何の強化もせずに、範囲攻撃!(ころころ)命中は11……。
一同/(ころころ)避けた!
朋月/全員避けた。マイナーで≪毒の魔弾≫を使われたら当たってたな。
椿/恵夢ちゃん、≪パスアウト≫ありがとう!(笑)

 モブAは、行動放棄を選択。
 椿はマイナーアクションで≪興奮剤≫を使用、【MP】を4点回復した。


椿/メジャーアクションは≪魂を纏う腕≫で、賢三とモブAをまとめて攻撃する!(ころころ)命中は15!
GM/(ころころ)賢三はファンブルだ。モブAはクリティカル。
みかげ/両極端ですね!(笑)
椿/でも4D6点のダメージいくよー!(ころころ)14点の霊力ダメージ!
GM/ガッツリ食らったよ。まだ生きているけど結構必死だよ。
恵夢/……トモ! やっつけちゃえ、あんな奴!
朋月/ああ。マイナーアクションで賢三のいるエンゲージへ移動。賢三に命中判定!(ころころ)良い出目、17だったよ。
GM/(ころころ)回避は10だ。
朋月/ダメージロールに令呪ください。
椿/ダメージに令呪を使用! トモ、頑張れ!
朋月/それと、≪鋼神の鉄槌≫の効果に≪大地の勅命≫を使用します。≪大地の勅命≫に令呪ください。
みかげ/……さらに!?
椿/令呪使用! 限界まで、ゴー!(笑)
朋月/≪鋼神の鉄槌≫の代償を倍にして、ダメージをプラス30。なので合計2D6+50点のダメージです。(ころころ)55点の物理ダメージです。斧で携帯電話を叩き割る!
椿/携帯パカー!(笑)
GM/ムリムリ!(笑) 断末魔の悲鳴を上げるよ。ホログラムが「馬鹿な! 馬鹿なぁ……!?」と叫びながら崩れ落ちていく。モブも同時に光となって消えていきました。
みかげ/そうして残されたのは粉々になった携帯電話のみ……。これで戦闘は終わりね。
GM/はい。全ての敵が消え去り、コンクリートの上にはバラバラに崩れた携帯電話が残るだけ。≪還り名≫の結界を切れば周囲はいつもの喧騒が蘇る。
みかげ/なずなちゃんに対して≪肉体復元≫を使います。必死に応急処置をしますよ!
椿/それだと周りの人達は「あら、ひき逃げかしら!?」って騒ぎ出すよね。
朋月/ではそれを装ってすぐに教会に電話します。救急車が来てくれるように手配するよ。
恵夢/あたしはなずなを介抱してますね!
GM/みかげ先生の迅速な対応、朋月くんの連絡のおかげで救急車は無事到着。辺りは騒然となる中、君達は病院に運ばれます……。


 ●エンディングフェイズ/みかげ&椿 〜2人〜

GM/君達は戦闘で傷を負っていたので、病院で手当を受けます。
朋月/待合室で、なずなの治療を待っています。
恵夢/あたしも待合室で、ずっとそわそわしてます……。
GM/そんなとき、見覚えのある姿が現れます。金髪ツインテールの女の子です。
恵夢/あ、貴方は、龍の聖剣……だっけ?
GM/(龍の聖剣になって)「ありがとう。これで悲劇を回避することができたわ。占いサイトに登録してサーヴァント化されてしまった人達も、マスターである藤堂 賢三が消滅したことで全て契約解除になったわ」
朋月/これで誰も傷つかない世界になるんだな。
GM/「ええ。この後、世界はループをせずに進むようになる」
恵夢/よ、良かった〜……。
GM/「本当に良かったわ。頼まれていたことが、ようやく終わった」
みかげ/頼まれごと?
椿/……せり兄ちゃんの頼まれごとだな。
みかげ/えっ!? そ、そうなの!?
恵夢/そうなの!? 龍の聖剣っ!?
GM/「……一番最初の世界で、箱辺 なずなは死んだわ。それを、箱辺 せりが≪未来視≫で見たの」

 ≪未来視≫
 未来を覗く未来視を所有している[世界遣い]の副特技。
 「この場でこれから何が起こるのか」を客観的に視聴することができる。


椿/せり兄ちゃんは……[世界遣い]だから。
GM/「本当は一番最初の悲劇のとき、箱辺 せりを一回ループしようとしたの。でも、彼はループをしなかった。貴方達との絆……羽磨岸みかげと小鳥遊椿の絆を失いたくなかったから
朋月/……代償が払えなかったんだ……。
GM/「彼はこう言ったわ。『あいつらがこの事件を解決することを信じよう。俺の自慢の仲間だから絶対大丈夫』」 PC達にとっての最初のループ、あれは箱辺 せりが起こした奇跡です。
朋月/PC達を無条件でループさせて、なおかつ≪越境の書≫のようなヒントをPC達に与えるという……。
GM/「彼は自分がループするのではなく、自分が死ぬことによって貴方達を信じてフラグを立てたの」
みかげ/そ、そんな……みかげはせりを代償に払ったというのに……!
GM/「……さあ、物語はもうおしまい。これからは通常の時間に戻るわ。ありがとう。彼に代わって私が礼を言うわ」 頭を下げて、そのままロリは去って行くよ。
朋月/ちょっと待ってくれないか。
GM/朋月を見ます。
恵夢/……朋月……?
朋月/スキルウェポンの斧を取り出して左腕を斬ります。
みかげ/えっ!?
恵夢/何やってんの!?
朋月/手首ごと斬りました。綺麗にストンと落ちた腕からボタボタと血が流れてます。
みかげ/あっ、慌てて≪肉体復元≫をする!
恵夢/な、なんで……!? 朋月、どうしてそんな……!?
朋月/左腕を代償にするから、お願いしていいかな。
GM/「……何を願うの?」
朋月/君が時間を少しだけ跳躍して、せりが遺書を残したときに「できたよ」って伝えに行ってくれないか。
恵夢/あっ……メッセージを……?
朋月/うん。「どうか未来の皆さん頑張ってください、信じています」って不安な気持ちで遺言を残したと思う。だから死ぬ間際に、「大丈夫でした。無事終わりました」って返事を聞かせてあげたいんだ。死んでいく彼を安心して逝かせてやってくれ。彼には未来のある状態で死んでほしい。
椿/……「信じてる」の一方通行で終わっているからか。
GM/それにロリはふっと笑って、「届けるわ。必ず。安心して」と言いましょう。
朋月/じゃあ俺の声を届けてくれ……と≪彼方の音≫を使います。
GM/龍の聖剣が頷いた瞬間に、彼女はもうそこから消えている。
朋月/……そして、ポタポタと流れる血。
みかげ/し、止血! あ、でも代償だから……手が無くなってる!? な、なんてことしたのよ!?
椿/そっか、ロリが代償で持っていったから「朋月には左手がないもの」って世界が書き替わるのか(笑)
朋月/なるほど。これじゃあギターが弾けないから軽音の先輩にも誘われませんね。良い改変だし、納得です。
恵夢/ぺしっ。朋月を軽く叩きます。
朋月/いてっ。
恵夢/無茶ばっかりして! ……叱ります!
朋月/でも、あまりに前の世界でなずなに何もしてやれなかっただろ。だからせめてお兄さんの心だけは救おうと思って。
恵夢/それで腕一本でしょ!? 気持ちは判るけど、でも……! ホントに馬鹿だよっ!
朋月/なんで恵夢が泣く。
恵夢/ううっ……!
朋月/遠い世界にいる人に声を届けるなんてプロのアーティストでもできない凄いことができたぞ。いいだろ。と言って、再び待合室の椅子に座ります。
恵夢/……朋月の隣に座ります!
GM/では、暫くすると処置室のランプが消えるよ。そこから白衣の先生……教会の息がかかった医者が出てくる。
恵夢/立ち上がります。な、なずなは!?
GM/安心していい。【MP】0で気絶しただけだし1点回復して目が覚めたよと言われます。
椿/具体的だなぁ(笑)
みかげ/なずなちゃんに会ってきなさいよ、2人とも。
恵夢/うん、そうだね……!
朋月/すみません、行ってきます。先生達も休んでいてくださいね。
みかげ/判ったわ。……椿くんは行かないの?
椿/俺は遠慮しますよ。幼馴染は幼馴染同士の方がいいでしょうし。
みかげ/じゃあ、病院の待合室でぼんやり……くたびれてしまったのでゆったりしていましょうか。……椿くん。
椿/なんですか。
みかげ/供給しよっか。
椿/しますか。手を握ります。
みかげ/隣にいる椿くんの手をぎゅっと握って、そのまま彼の肩に頭をコテンと乗せます。
椿/えっ? ちょ、羽磨岸先生……。
みかげ/……凄いわ、あの子達。恵夢ちゃんは自分の想いよりも2人のことを優先させちゃう子だし、朋月くんはせりのためにあんなことまで。なずなちゃんも恵夢ちゃんも好きになる理由が判るわ。
椿/……そうですね。
みかげ/……本当はあそこで腕を差し出さなければならなかったのは私だったのに。ぶわっと泣きます。
椿/……先生。
みかげ/私……ほんと最低だわ。だって、せりが捨てられなかった繋がりを……捨てたのよ……。
椿/……とりあえず、ハンカチを出します。
みかげ/……椿くんは優しいね。変わらないね、この優しさは。……ごめんね、椿くんからしたら年上すぎるっていうのに……と言って離れます。
椿/離れようとするならば、肩ぐいっと掴みます。
みかげ/わっ?
椿/……みかげさん。俺は年上の人って嫌いじゃないです。ずっとある人を見てましたから。
みかげ/ある人……?
椿/真面目な性格で、ある男の人の隣で幸せそうに笑う人を見ていました。……俺、今年で高3です。もう18です。あと2年で大人になれます。それまで待っててください。
みかげ/…………。クスッと笑います。椿くん、大学生になったらモテそうだからちょっと不安だな。逆に、待っててもいいの?
椿/必ず迎えに行きます。
みかげ/泣き笑いみたいな顔で、待ってます……って言います。


 ●エンディングフェイズ/朋月&恵夢 〜3人〜

GM/処置が終わった後の病室のシーンにいきましょう。貧血で倒れたことになっているなずなは、ベッドに駆け寄る恵夢ちゃん達を見て「そ、そんな大袈裟じゃなくていいのに……」と困惑しています。
恵夢/だって心配したのよー! もうー! これからレバーとかホウレンソウとかいっぱい食べなきゃだね!
朋月/貧血で倒れて頭を打って亡くなる人もいるんだ。気を付けなきゃな。
GM/「う、うん……」 なずなは君達を見て、時計を見て、トモくんを見て、ションボリする。貧血で倒れたせいで約束の時間に行けなかったからね。
恵夢/あっ。……あたし、ちょっとお手洗いに行ってくるね!
GM/「め、恵夢ちゃん、待って!」 ……なずなは、19日に恵夢ちゃんから貰ったペンダントを出します。
恵夢/あ、お母さんのペンダント……。
GM/「これ、恵夢ちゃんにとって大事な物だよね。お守りのペンダント……返すよ」
恵夢/え? でもこれ、あげたのに……。
GM/「……お兄ちゃんが夢に出てきたの。『頑張れ』って言ってくれた。だから誰かの力を借りるんじゃなくて、自分で頑張ってみたいの」
恵夢/……そっか。余計なことしちゃったね。
GM/「ううん。昨日、恵夢ちゃんからペンダントを貰ったから一晩ずっと考えられたんだ。……元気づけてくれてありがとう」
恵夢/…………。あたし、そろそろ行くね。
朋月/恵夢。
恵夢/足を止めて……。何?
朋月/2人きりにしてくれてありがとう。
恵夢/……まったく。何よもう! 壁を叩きます! すると朋月の上にカラーボールがポンッと落ちてきます!
朋月/ポンッ。いてっ。
恵夢/病室のドアを閉めたときには、泣いていて……そのまま走って行きます。
朋月/……なずなと向き直ります。何か話があるんだっけ。ここ、公園じゃないけどいいか?
GM/「うん。……まずその前に、一個だけ確認させてくれる? トモくん、つらいこととかなかった? 大丈夫?」
朋月/お前が死んだ夢を見た。
GM/「……奇遇だね、私もだよ」
朋月/夢の中で、失って気付く愛ってやつを知ったよ。まるでどっかの歌で唄ったことがあるような感情がな。なんだか今なら愛のある歌も唄えそうだ。
GM/「……そっかぁ。私、トモくんのギターが好きだったけど、トモくんの歌も好きだったよ。それで元気づけられたんだから」
朋月/で、話って何だっけな。
GM/「……私、トモくんがどんな答えをしてもトモくんのことは大好きだし、恵夢ちゃんのことは友達だよ」
朋月/ああ。
GM/「トモくん。好きです」
朋月/知ってる。俺もだ。
GM/「…………。へ……?」 あれ、もっと違う反応すると思ったんだけどなー、うそーっていう顔。
朋月/だって前に「好きです」って言ってたし。
GM/「言ってないよ!?」(笑)
椿/前のループで朋月は告白を聞いたから「あー、きっと誕生日に告白するんだなー」って判ってましたって顔をしてる!(笑)
朋月/慌てるなずなに病室で騒ぐんじゃないって言っておこう。……恵夢はこの後、どうしてる?
恵夢/暫くしたら……朋月に「どうだった?」と敢えて軽い感じで訊いてみます。その後の話を聞かせてよ。
朋月/普通。
恵夢/そっか……って「普通」!?(笑) だから、何か言われたんじゃないの!?
朋月/好きですって言われたよ。
恵夢/……で。あんたそれどう返したの?
朋月/知ってるって言った。だって前のループで聞いたじゃないか。
恵夢/そういうことじゃなくてぇ!(笑)
朋月/だから、好きだよ。今なら愛の歌を唄えるぐらいには。
恵夢/まーたそんな気取った言い回しして! ぺしって殴る! ……もしあんた達が付き合うならさ、もう3人でいっしょってのも無くなっちゃうのかなぁ。
朋月/右手で恵夢の頭ガシガシ。
恵夢/な、なによーっ?
朋月/頼れる人間て言ったら俺だろ? だから頼れ。同じアパートに住んでいる家族だし。
恵夢/……ああっ、そうねぇっ、あんたは幼馴染で親戚みたいなもんだからねぇ! 判ったわよ、頼ることがあったら頼るからぁ! なんか無性に悔しくなって「バカぁ!」と言いながら朋月の頭の上に金ダライを落としてシーンを締めます!
朋月/良い女だなぁ。好きだよ。こんなに良い幼馴染を嫌いと言う訳がないだろう。
恵夢/サイアクだ! サイテーだ! バカぁ!(一同笑)
GM/賑やかな2人が歩く病室の廊下。そこに、一人の男性の足音が響く。その人は心配そうな顔をしていたけど、笑い合う人達を見て大丈夫そうだと思い、手を振って、「ありがとう」と呟いて去って行く……。
朋月/……声は届いたと思いたいな。


 アナザーワールドSRS
   『 だれかのねがいがかなうころ 』   END





END