アナザーワールドSRS・リプレイ・シナリオクラフト
■ 『 ウズマキ美化委員会 』 2ページ ■
2013年12月14日




※これからのプレイ風景は、チャートに従って次々ダイスロールを行なっていくものになります。
 なので、PDFデータでダウンロードできる『シナリオクラフト〜ウズマキ美化委員会』を同時にご覧になりながらお楽しみください。



 ●ミドルフェイズ1 〜ルドルフ1回目(シーン1)〜

GM/ウズマキは基本的には渦を巻いた真っ暗闇ではあるが、何が起きてもおかしくない異空間です。そう、何があっても、どんな形をしていても何もおかしくない。君達がどんな空間に出たかを『空間状況チャート』で決定していきます。(ころころ)ルドルフは、2D6と3D6をそれぞれ振ってください。
ルドルフ/ルドルフがウズマキ内を先導して歩きますよ。そいや!(ころころ)8と9でした。
GM/[清廉な気配が立ちこめる、海岸]にやってきました。まるで海岸のような場所です。
ルドルフ/トンネルを開けたら、そこは海でした……。ざばぁ。
恭介/海岸。おお、良い感じの場所だ。
GM/その綺麗な海には……なんということでしょう、ゴミが流れついています。
ルドルフ/せ、清廉な気配だったのに!?
明虎/これはひでーわ。早くゴミ拾いをしないと!
まどか/わー! 昆布が光ってるー! 光る昆布だよー!?
明虎/お、おい! 昆布が引いても引いてもズルズル出てくるんだが!? 昆布の先には……!?
泰明/めかぶ。
明虎/めかぶ!?(笑)
GM/ではルドルフさん。このシーンで何が起きるか『イベントチャート』を振ってみましょう。1D6をどうぞ。
ルドルフ/そいやー。(ころころ)5です!
GM/何かが起きた。『サプライズチャート』を1D6で決定お願いします。
ルドルフ/(ころころ)3。
GM/[ゴミ拾いもいいが休憩しよう! 供給を行なうことができる]。
ルドルフ/はえーよ!(一同爆笑)
泰明/まだ何もしてねーよ!(笑)
明虎/……と、とりあえず、何かメシでも食うか?(笑)
まどか/ここに昆布とめかぶがありますけど?
泰明/いやいや、それは食べちゃいけないから。
ルドルフ/……さっさと行こうか、次(笑)
GM/シーンが終わるとプライズポイントを獲得できるかの判定ができます。『判定能力決定チャート』で、何の能力値で成功すれば獲得できるかを1D6で決定してください。
ルドルフ/(ころころ)5でした。
GM/ルドルフは【意志】判定で難易度12に成功すれば、プライズポイントが1点獲得できるようになります。なお、[達成値−難易度]の差だけの獲得が貰えるので、達成値は高ければ高いほどいっぱいポイントが稼げます。

 【判定難易度:12の場合】
 達成値:11以下→0点
 達成値:12→1点獲得、達成値:13→2点獲得、達成値:14→3点獲得、以下+1ずつ上昇。


ルドルフ/なるほど、そんな感じでプライズポイントをゲットしていけばいいんだ。でもルドルフは【意志】が一番低い……(ころころ)おお、凄い出目! 達成値14! 真っ赤なお鼻は頑張りました!
まどか/しゅごーい! 一気に3点も獲得だー!
GM/てな感じで、全体の流れは『空間状況チャート』でどんな場所か決定→『イベントチャート』で何をするか決定→『判定能力決定チャート』で何で判定するかを決定して、プライズポイントを獲得していきます。ルドルフは海岸のゴミに対し強い意志で、休憩しながら増えるワカメを次々袋に入れていくのでした。
ルドルフ/……誰がウズマキにワカメなんて入れたんだろう(笑)

 現在プライズポイント:3点



 ●ミドルフェイズ2 〜泰明1回目(シーン2)〜

GM/次はヤスさんのシーン。まずは『空間状況チャート』で場所を決めましょう。
泰明/(ころころ)2D6は7、3D6は5でした。
GM/[足元が泥のように重くぬかるんでいる、大きな屋敷の中]……という場所に出ます。
まどか/これはあかん屋敷やー。
泰明/ま、まるで廃墟だな。
ルドルフ/ぬかるんだ泥を、クイックルワイパーでザザザーっと片付けます!
まどか/掃除機でズモーッ!
GM/だんだん掃除がこなれてきたね。ではシーン中に何が起きたか『イベントチャート』を1D6で振りましょう。
泰明/1D6で(ころころ)1です。
GM/NPCが現れた。『NPCチャート』を1D6で振ってください。
泰明/(ころころ)3。
GM/[シーンプレイヤーのヒロインが現れる]。
ルドルフ/おっ? ヤスさんのヒロインというと……結繰ちゃんだ!
明虎/あ、お掃除を手伝いに来てくれたの!?
泰明/えっ!? ゆ、結繰! なんでこんな所に居るんだ!?(笑)
GM/そうだな、結繰ちゃんは[稀人]でロリとも知り合いなので……ロリが彼女を連れてきてくれたことにしよう。(結繰になって)「ダイジョウブですか、ヤスアキサマ〜。クリスマスツリーにオソわれたとキきました〜!」と、割烹着を着たカラクリの女の子が現れました。
恭介/か、可愛い!(笑)
ルドルフ/ああ〜、カワイイ〜! 抱きしめたい〜!(笑)
泰明/ゆ、結繰……。リア充を目の敵にするモミの木に襲われちゃったよ。異端の脅威を排除するためにこうして掃除をすることになったんだ。脈絡はよく判らないんだけど!(笑)
GM/「デモ、ごブジでナニヨリです〜」 NPCが現れたので、『NPC行動チャート』を振ります。結繰ちゃんが何かをするかを1D6を振って決めてください。
泰明/(ころころ)2です。
GM/『プライズチャート』を振ります。1D6を振ってください。
泰明/(ころころ)4でした。
GM/[ボスの真相が判る。ボスは君達を支配下におくつもりのようだ]。
まどか/……わーお?
GM/(結繰になって)「ヤスアキサマ〜! どうやらあの『リアジュウシネー!』とイっていたあのクリスマスツリーは、ヤスアキサマたちのタマシイをネラっているようです〜」
泰明/な、なんと!? 僕達の魂を奪って何をするつもりなんだ、あのクリスマスツリーは……?
GM/「そ、そればっかりは……まだGMにもわかりません!」(一同笑)
まどか/リア充ポイントを溜めたいんじゃないんですか?
泰明/「リア充ポイントを溜めて、私もリア充になる! 世界のリア充王に、私はなる!」……とか?
ルドルフ/……これがホントの、リア王(一同笑)
GM/ヤスさん、1D6を振ってください。判定する能力値を決定しましょう。
泰明/(ころころ)4だったので、【理知】判定で難易度12に挑戦ですね。【理知】なら高いぞ。(ころころ)達成値13です!
GM/プライズポイントを2点獲得しました。合計プライズポイントが5点になり、4の倍数になりましたので『プライズチャート』を1回振ることができます。今のシーンプレイヤーのヤスさんは1D6をお願いします。
泰明/(ころころ)5です。
GM/[ボスは、誰かのヒロインのもう一つの顔のようだ]。
まどか/な、なんと!?
GM/GMがクローズドでダイスを振ります。(ころころ)……とあるキャラクターのヒロインがラスボスに関わっていることが確定しました。(結繰になって)「おそらくミナサマのおしりあいかと……。ヤスアキサマがごブジであったことを、たまきサマやティナサマにおツタエしてきます〜! 結繰はウズマキのソトをケイカイしておきますので、ガンバってくださいませ〜!」
泰明/手伝ってくれてありがとう、助かったよ。
ルドルフ/……一体誰のヒロインがラスボスなんだ?(笑)
泰明/ヒロインの誰かか……。今はまだ情報が少ないから、ここを片付けていくしかないんだな。
恭介/そうですね、出来ることをしていきましょう!
GM/結繰ちゃんは頭を下げ、シーン退場します。これでヤスさんのシーンはおしまいだね。
ルドルフ/……『NPCチャート』って、他に誰が出てくるんですか?
GM/1が出ると青森さん、5が出るとルージィル、6が出ると何故か高坂が現れるよ。
明虎/た、高坂さんがウズマキに巻き込まれてる……(笑)
まどか/ルージィルさんもロリと同じでウズマキの中で住んでいる人なんですよね? ロリはルージィルさんと一緒に食事をしてるんですか?
GM/仕方ないでしょ、一緒にいるんだから。
ルドルフ/そんな、休憩室が一つしかないみたいなテンションで言わなくても(笑)
まどか/もしルージィルさんが登場したらお弁当を渡してあげたいです! そして甘すぎる玉子焼きを食べたときの反応が見たいです!
GM/(突然ルージィルになって)「…………んっ」
ルドルフ/(←ルージィルのことが大好きな中の人) ンンンンンン!?
恭介/一言しか喋ってないのに大ダメージだ!?(一同爆笑)

 現在プライズポイント:5点


 ●ミドルフェイズ3 〜明虎1回目(シーン3)〜

GM/次は明虎くんのターンにしよう。
明虎/はーい。(ころころ)2D6は7、3D6は11でした。
GM/[足元が泥のようにぬかるんでいる、学校]です。
明虎/さっきの引き続きかーい!(笑)
まどか/この学校、汚れすぎ!(笑)
ルドルフ/このぬかるみを袋に詰めなくてはな(笑) 学校だから水道からホースを使って一気に片付けてやるぞー!
恭介/ホースでバシャー(笑) 学校ならロッカーにスキルウェポンも詰め込み放題ですね。
まどか/こ、これは……皆さん、ロッカーの中からダジャレ全集が出てきましたよ!? しかも手書きだ!
GM/しかもそれ、青白く光ってないんでしょ。
泰明/だ、誰かが使う気なんだ……(笑)
GM/では、そろそろ明虎くんは『イベントチャート』を振りましょう。
明虎/てやっ。(ころころ)1です。
GM/『NPCチャート』を1D6で決定してください。
明虎/(ころころ)3ですね。
GM/シーンプレイヤーのヒロインが登場します。
明虎/あっ。さ、さみどりちゃんが来た!?
GM/さみどりちゃんがウズマキに入ってきたってことは、外でクリスマスツリーと交戦中だったのかな?
ルドルフ/だってさみどりちゃんって花屋さんですよ。木を伐採するのは得意でしょう(笑)
まどか/ハサミでジャキンジャキンですね! さみどり先輩チィーッス!(笑)
GM/いきなり大きなハサミを手に全身を青色の樹液で纏わせた女性が登場します。
明虎/怖いよ!?(一同笑)
恭介/しかもここ、学校ですよね。
明虎/ホラーだよぉ!? 超帰ってください!(笑) 異端と交戦中なら、若干興奮気味のさみどりちゃんですよね……い、一体どうしたの?
GM/(さみどりになって)「わ、私、今、クリスマスツリーと戦っていた筈なんです! でも突然こんな所に飛ばされて……早く戻らないと、レニさんが大変なことに!
まどか/レニさんがどうしたの!?(笑)
明虎/は、早く帰ってあげてぇー! レニさんは後衛キャラなんだから早く行ってあげてー!(笑)
GM/「じゃあ明虎さん、レニさんのために1D6を振ってください! NPC行動を決定してください!」
明虎/はい!(ころころ)1です!
GM/レベルアップしていいですよ。
明虎/ええええぇー!?(一同笑) ワッツ!? 俺のレベルが上がったぁ!? かなりビックリだよ、それぇ!?(笑)
GM/君はレベル5からレベル6にアップできます。
恭介/……さみどりちゃんによる恐怖に晒されたことで、魂が経験を積んでしまったようだ(笑)
GM/(さみどりになって)「あっ、まどかちゃん! こっちでも大変みたいだね……が、頑張ってね〜!」と、さみどりちゃんは知り合いに手を振りながらもロリに先導されながら、急いでウズマキの外に出て行きました。ぽよん。
ルドルフ/無駄に乳揺れの音がした。
明虎/……外も大変なことになっているんだなぁ(笑) 1D6を振って能力決定しますね。(ころころ)5。
GM/【意志】判定です。難易度12、頑張って。
明虎/(ころころ)くぅ、失敗だ。≪逆転運命≫を使って振り直します。(ころころ)……ダメ、8で失敗しました。
GM/残念ながら、このシーンでプライズポイントを獲得することはできませんでした。さみどりちゃんに驚いて掃除どころじゃなかったらしい。
明虎/……あー、怖かった。でも良かった、さみどりちゃんがボスじゃなくって……(笑)
GM/レベルアップ作業だけど、好きにクラスレベルを1つ上昇させてね。
明虎/では……(暫くルールブックを読んで)[魔術師]のレベルを上げます。特技は≪本のクチ≫≪魔導書≫を取得しました。
GM/喋る本をゲットしたね、明虎くん。本を開くと……。
まどか/(いきなりイケボになって)「お前が私のマスターか」
明虎/本を閉じる!
GM/本を開くと。
まどか/(いきなりイケボになって)「お前が私のマスタ」
明虎/閉じる!
まどか/言わせろよッ!(一同笑) 「フッ、まったく、手荒なマスターに拾われちまったぜ。だが悪くない……
明虎/うわー! こいつ、投げ捨てたーい!(笑)
泰明/だ、ダメだよ、ゴミ拾いをしているんだから!
GM/明虎くんは、そんなCV:子安武人ぽく喋る本をゲットしてしまいましたとさ。

 現在プライズポイント:5点



 ●ミドルフェイズ4 〜まどか1回目(シーン4)〜

GM/次は、まどかちゃんのターンにしようか。
まどか/あいさ! どんなシーンかな〜。(ころころ)2D6は10、3D6は11です!
GM/[カサカサと何かの音がする、学校]です。
泰明/また学校、引き続きかよ(笑)
恭介/さっき西校舎を掃除したから、今度は東校舎を掃除することにしたんですよ(笑)
ルドルフ/ううっ、しかも……この学校、絶対何かいる!(笑)
GM/……このステージの前提からして、このカサカサするものも誰かが何かを入れたということだ。
明虎/誰だよ、カサカサしたやつ入れたのー!?(笑)
GM/きっと誰かが倒せなかった何をウズマキに入れて封印エンドにしちゃったんじゃない? さて、何をするか『イベントチャート』で1D6を振ろうか。
まどか/(ころころ)6です!
GM/外に影響が出た! 『ウズマキ外チャート』にいきます。1D6を2回振ってください。
まどか/おやっ?(ころころ)1と6でした。
GM/[世界中の人達の存在が消えていった]。
恭介/ええっ!? 失踪事件が成功していますよ!?(笑)
明虎/ほ、本当だ!? 世界滅亡ビームが成功してる!(笑)
GM/まどかちゃんの前に、ロリと手を繋いだ結繰ちゃんが現れます。(結繰になって)「た、タイヘンです〜! ヤスアキサマ、タイヘンです〜!」
まどか/まどかは突然ぴょーんと現れた結繰ちゃんに潰されます。ぎゅむっ!
泰明/ど、どうしたんだ、結繰!?(笑)
GM/「セカイジュウのミナサマが、トウメイになってタイヘンなんです〜!」
まどか/こ、これは……世界中がリア充だったってことですね!
ルドルフ/案外悪くない世界だな。
GM/結繰ちゃんは[稀人]なので、外と中との伝達役をしてくれているようですね。ではまどかちゃん、1D6を振って能力決定をしましょう。
まどか/はーい。(ころころ)6です! 【幸運】だって!(ころころ)あ、2足りない……。もうちょっと私、頑張って! ≪血の媚薬≫ブシャーッ! 【HP】をマイナス8して、達成値を12にします!
恭介/え、絵面がヒドイ!(笑)
GM/まどかちゃんがちょっと無茶をしたおかげで、プライズポイントが1点獲得できました。これで現在プライズポイントは6点だね。

 現在プライズポイント:6点


 ●ミドルフェイズ5 〜恭介1回目(シーン5)〜

GM/それでは最後に、恭介くんのシーンだ。『空間状況チャート』を振ろうか。ここはどこかな?
恭介/(ころころ)3と、10でした。
GM/[異臭が立ち込める、美術館]です。
泰明/何かヤバイ物を材料に使った美術品とかありません……?(笑)
ルドルフ/絵の具が変質しちゃった感じかなぁ……鼻がシューンとなる(笑)
GM/絵からヌルヌル何かが出てきたり、バサバサ動いたりする美術館だよ。『イヴ』って感じだね。さて、『イベントチャート』を振ってみようか。
恭介/はい。(ころころ)2です。
GM/[襲撃された! 『エネミーチャート』へ]! 1D6を振ってください。
恭介/えっ!?(ころころ)4です。
GM/[ボスに襲撃されて戦闘開始]だ!
ルドルフ/ま、マジで!?
GM/美術館を掃除しようとすると、恭介くんはとある音を聞いてしまいます。ズシーン、ズシーンという大きな足音を……。
恭介/な、何かが近づいてきています!
明虎/ま、マジかよ……!
まどか/BGM、スタート! ズィーズィダッゼンズィズィー、イェーガー!(一同笑)
GM/どんな戦闘にするか『カスタマイズチャート』で決定します。2D6を振ってください。
恭介/(ころころ)おう、6・6が出てしまったので……12です。
GM/[AF判定をクリアーするまで毎ラウンドエネミーが追加。AF判定チャートへ」。1D6をお願いします。
恭介/うえ、怒涛ですね!? 『AF判定チャート』の結果は(ころころ)3です。
GM/[爆弾を解除する]。
恭介/……爆弾っ!?(笑)
GM/ここはミドルフェイズなので、このAF判定に成功すればこのシーンを終えることにしましょう。AF判定の難易度を決めます。1D6を振ってください。
恭介/うわー!?(ころころ)5です!

 『AF判定:「爆弾を解除する」』
  ・使用能力値:【理知】
  ・難易度:50
  ・ラウンド制限:2ラウンド

※「爆弾を解除する」演出に成功すること。


恭介/難易度50! 結構でかいー!?(笑)
まどか/き、恭介くん! なんかでっかいの来たよー! カサカサいってないよー!
ルドルフ/ドロドロからの、カサカサからの、ズシンズシンだよー!(笑)
GM/巨人は……(ころころ)3メートル級の大きさでした。美術館の中で現れた巨人と、美術館で発見してしまった爆弾。そこでAF判定を始めます。戦闘アクションなので【行動値】順の行動でいきましょう!
恭介/このAF判定を成功させて、巨人を倒すような演出をすればいいんですね!
GM/そういうことだね。では……【行動値】が一番高いのはルドルフ。ルドルフが最初に動けるよ。
まどか/こんなときでもルドルフさんは先導してくれる!(笑)
ルドルフ/トナカイだからね! では……まず≪獣の外套≫でバッとトナカイの姿に戻ります。
明虎/おおっ!?
ルドルフ/戻った姿で、≪彼方の音≫……「トナァー!」と遠吠えします。
まどか/な、鳴いたー!(笑)
ルドルフ/トナァー、トナァー、トナァー……と鳴くと、どこからかパカラッパカラッとトナカイの仲間達が現れます。
GM/トナカイの群れが来た!(笑)
ルドルフ/押し寄せるトナ! こっちだよーと鳴きながら、来てくれる仲間達の数を≪見通す眼≫で把握。かつ暗闇の中を先導します!
泰明/おおー、トナカイ凄い!(笑)
ルドルフ/あの巨人を退けてぇー! トナカイの大群でドドドドドと轢けば巨人を倒せる筈!
GM/「トナァー!」「トナァー!」「ドドドドトナァー!」
ルドルフ/大群で押し寄せたら足払いぐらいにはなるよね、≪却奪:足≫で足止めの演出をしました! 久々に会うトナカイがいたら≪太古の縁≫で「よぉ、久しぶり!」って言っておきます。
GM/「トナァー!」「トナァー!」「よっ。トナァー!」
まどか/同窓会みたいになってる!(笑)
ルドルフ/自分は≪籠脱け≫でパッと爆弾の側まで歩み寄ります。もう一回人間の姿になって、服の下から色んな物を出します。
GM/色んな物?
ルドルフ/≪原子の楼閣≫≪盟約の痕≫で、爆弾を解除できそうな物を取り出します! 誰だよ、ウズマキの中に爆弾を置いたのは! でも、あっしはウズマキに強いんです! これでイケる筈、おりゃー! ≪大地の一撃≫で大雑把に殴ります。
明虎/ひどい!?(一同爆笑)
GM/道具を取り出して、でも殴った!(笑) 特技を8つ使ったので、難易度が16減少します。現在難易度は34だね。
ルドルフ/あとは次の恭介くんに任せるトナァー!(笑・ころころ)うわー、低い。達成値7です!
GM/『現在難易度:34分の7』です。……他のトナカイ達は思った。「そりゃ、道具を出して……殴っちゃあなぁ……」
ルドルフ/うるさいやいっ!(笑)
GM/現在の状況を確認します。美術館に巨人とトナカイ大群の大混乱が起きています。恭介くん、どうぞ。
恭介/え、えーと……(笑) 自分は敵と同じエンゲージにいたら攻撃ができないので、本来であれば戦闘が始まったらすぐに後方に逃げるべき。ですが、敢えてここに留まります。そんなギャンブル染みた行動は≪絶対の自信≫のなせる業です。
まどか/おおっ。イケメンだ!(笑)
恭介/足を崩した巨人が腕を振るって攻撃してくる! でも、≪狩人の心得≫≪狩人の根性≫≪狩人の生き様≫で華麗に避ける!
ルドルフ/狩人フルセットだ!
恭介/攻撃を避けきって、爆弾へ近づきます。まどかちゃんが攻撃をしようとしている、だが巨人が避けてしまう! ≪零力射撃≫で援護射撃をします! 巨人の回避をファンブル化!
明虎/おー、カッコイイー!(笑)
恭介/巨人がダメージを食らったことで、一瞬の時間稼ぎをする。この戦略を義人様が見てくれたら「将来はきっと良い軍師になれるだろう……」と言ってくれるに違いないという、≪+50将来性≫!
GM/義人さんは恭介くんに何をさせたいんだ。
恭介/自分は≪闇纏い≫で隠密化します。そこからいつも通り。≪一射絶命≫で標準を合わせ、≪覇魔矢≫≪弱点把握≫を乗せた≪無の射撃≫を撃つ。それは爆弾のとある場所を目がけて……! ドンッと銃弾を撃ちこんだ瞬間、その爆弾はちょうど巨人の頭にクリーンヒット!
GM/おおっ! 特技を11個使ったので、難易度が22減ります。なので現在難易度は12!
恭介/【理知】判定いきます!(ころころ)ヨッシャ、達成値14です!
GM/成功だね。ヤスさんとタケトラくんは「爆弾が撃たれた!」と判ったから頭を伏せて爆風に備えるだろう。
泰明/ああ、伏せる!
明虎/ま、まどかちゃんも伏せてーっ!
まどか/あにゃー!? タケトラさんに頭を伏せられますー!
ルドルフ/と、トナカイ達、避けてぇー!
恭介/大丈夫です、爆弾を宙に投げつけた後に撃ちました! なので爆発したのは巨人の頭がある3メートル上です!
GM/なるほど、うまいなー。ドカーン! 巨人は爆弾を食らい、フラフラした足取りで……渦の中へ巻き込まれていきました。シーン退場します。戦闘に勝利したのでプライズポイント1点獲得です。
恭介/やった! 大変だったけどポイントが稼げて良かったー。
GM/それと、『能力決定チャート』に移行しましょう。1D6を振って。
恭介/(ころころ)2……なので【反射】判定ですね。(ころころ)達成値14です!
GM/それだとプライズポイントが3点も獲得できました。なので、このシーンだけで恭介くんは4点も獲得したよ。
ルドルフ/おお、凄い。これで合計10点ですね、やったー!
GM/合計が8以上、4の倍数になったので『プライズチャート』が発生します。シーンプレイヤーの恭介くんは1D6を振ってください。
恭介/はい。(ころころ)4でした。
GM/[ボスは君達を支配下におくつもりようだ]。……さっきの結繰ちゃんが教えてくれたことと同じだね。それは恭介くんも感じてしまった。やっぱりあの巨人は君達を狙っているのかもしれないと。
恭介/お、恐ろしい……早く奴を倒さなくては!
まどか/あれはリア充を食べて成長する巨人なのかもしれません! リア充を食べてリア充になったら「カノジョの手料理サイコーっ!」とか言いますよ!
明虎/うわ、すげぇムカつく!(一同笑)
ルドルフ/しっかし、苦しい戦いであった……トナァ。はい、トナカイ解散ー!
GM/「トナァー」「トナァー」「トナァー!」 それでは、一周まわってルドルフのシーンにいきましょうか。

 現在プライズポイント:10点



 ●ミドルフェイズ6 〜ルドルフ2回目(シーン6)〜

ルドルフ/『空間状況チャート』を振ります。がらぽん!(ころころ)3と、10でした。
GM/[異臭が立ち込める、美術館]です。
ルドルフ/やーだー!完全にいっしょじゃないですかー!(笑)
恭介/巨人がいなくなったので……掃除を再開しましょうか(笑)
泰明/ですよねー、まだ全然掃除してませんもん(笑)
GM/ようやくお掃除が再開できたんだよ。ルドルフは『イベントチャート』を1D6振ってください。
ルドルフ/片付けようー、んにゃっ!(ころころ)1です。
GM/『NPCチャート』です。1D6をどうぞ。
ルドルフ/誰が出るかなー。(ころころ)3
GM/シーンプレイヤーのヒロインが現れます。……なんか、ヒロインばっか登場してるね? ルドルフの場合は「パーティー内に関係ある子供をランダムに決定」だったっけ。
ルドルフ/わお、誰に関する子供を出そう?(ころころ)ダイスロールの結果、恭介くん。
恭介/僕の?
ルドルフ/……恭介くんに関わる子供だから……フランちゃん?
恭介/フランちゃん、ですかね。

 フランゼリカ=シュタイン
 恭介の仲間で、『アポクリズモス ピリア』に登場する外見年齢12歳ぐらいのフランケンシュタイン少女。中の人:ピロ。
 ロリの友人で、小森アコ(中の人:すずか)といつも一緒にいる。120センチのチビッコで一見可愛らしい女の子だが、一人称は「オレ」であり男口調で喋る。回復役なのに、なんかとっても手が早い。


GM/フランちゃんもウズマキに入れる[稀人]です。ロリの友人でもあるので、ゴミの分別をしているロリのところにやって来て、慌てた様子で「大変なことになってるぞ!」と騒いでいるのを発見します。
ルドルフ/子供はカワイイなぁスローモーションで突撃してカーワーイーイー!
GM/(フランになって)「うわああああオレをどうする気だぁー!?」(一同笑) デュクシッ!
ルドルフ/で、デュクされた!(笑) み、みぞおちにヒットした!
恭介/フランちゃんのいつ見てもキレのあるデュクシだ……さすが(笑)
GM/いきなりルドルフに抱きつかれたフランはハァハァと抵抗しながら、あることを話し出します。『NPC行動チャート』を1D6で振ってください。
ルドルフ/フランちゃんって言うのか、フランちゃんは可愛いなー!(ころころ)4です!
GM/……[ボスの正体を推理してくれる]
ルドルフ/えっ、偉い。非常に偉い!
GM/さすがピロ先輩だぜ。「……ハッ! いきなり抱きつかれたから言いたいことを忘れていた!」 フランちゃんは、恭介くんの方に向き直ります。
恭介/ど、どうしたの?
GM/「保が大変なことになった! またあいつ、変なことに巻き込まれたぞ!」
恭介/保が!? またか! まあヒロインだからな!(笑)
GM/「カガハラ、覚悟をしておくんだ。もしかしたら保と戦うことになるかもしれない! ムチャぶりに気を付けろよ!」
恭介/あ、ああ……(笑) 僕達はこっちの仕事をなんとかしなくちゃいけない。外のことは頼んだよ。そっちも気を付けて!
ルドルフ/危ないから気を付けて帰るんだよ、カワイイ子〜!(笑) いい子にしてればサンタさんが行くからねー!
GM/「オレ、クリスマスプレゼントは異端の腕がいい」
ルドルフ/…………。
GM/「もしくはドラゴンのシッポ」
ルドルフ/かぐや姫かッ!(一同笑) 『能力決定チャート』を振って何で判定するか決定しますね。(ころころ)2!
GM/お、【反射】判定だ。
ルドルフ/【反射】か、やった!(ころころ)あれ、9……失敗だ。
明虎/≪逆転運命≫で振り直そう!
ルドルフ/ありがとう!(ころころ)ああ、振り直したけど失敗……もう美術館は飽きた〜!(笑)
GM/フランちゃんと遊びすぎたんじゃね?(笑) 「オレはもう帰るー!」とフランちゃんはウズマキの外へ出ていってしまいました。
ルドルフ/ションボリ……子供が減ってしまった……(笑)

 現在プライズポイント:10点



 ●ミドルフェイズ7 〜泰明2回目(シーン7)〜

GM/次はヤスさんのシーンだ。そろそろこの美術館から出るのだ!
ルドルフ/異臭からも逃れたい!
泰明/はーい。『空間状況チャート』を振りますね。(ころころ)10と、16でした。
GM/[カサカサと何かの音がする、吊り橋の上]。
泰明/吊り橋の上!? ……落ちる!?(笑)
まどか/ほーら揺れますよー! ゆーらゆーら!
明虎/揺らすなよぉ!?(笑)
恭介/ま、まどかちゃんは僕と手を繋ごうか?(笑)
まどか/カサカサですからね、もしかしたら橋の上にカニがいるかもしれません! カーニカーニターラバガーニ!
ルドルフ/誰だよ、カニをスキルウェポンとして戦ってる奴は!?(笑)
GM/吊り橋を掃除かー。カサカサとした橋をキュッキュと拭き掃除でもしていくのかな? では『イベントチャート』を1D6で振ってみよう。
泰明/はい。(ころころ)3でした。
GM/ゴミが落ちている。『ゴミ拾いチャート』を1D6でどうぞ。
泰明/(ころころ)2です。
GM/[見たことのない神秘的なものを発見した。気分が良くなった君は、楽しかったことを話し始めた。周囲に共感を得られたならプライズポイントが1点上昇]。
泰明/……はい?
ルドルフ/ヤスさん、カニを片付けながら楽しい話をするんだ! トナカイが飽きたって顔をしてるよ!(笑)
泰明/た、楽しい話? 泰明に楽しい話なんてできるのか!?(笑)
明虎/子供の頃に見ていた恐竜図鑑の思い出とかでもいいんですよ? あとは、結繰ちゃん可愛いの話とか!
まどか/まどかはヤスさんのクリスマスの話とか聞きたいです〜!
泰明/…………じゃあ、結繰がさ。
恭介/はいっ。
泰明/あいつ、カラクリなんだけど。歌が巧くてさ。
まどか/ボーカロイドですか?
泰明/うん、時代が結繰に追いついた感はある(一同笑) でも、ゆっくりボイスだから音程がちょっとおかしなところがあるんだよ。
GM/ボーカロイドと違ってゆっくりボイスは歌を唄うソフトじゃないからな。
まどか/どんなお歌を唄うんですか!?
泰明/童謡だよ。最近はクリスマスのイルミネーションが綺麗だから『きらきらぼし』とか歌ってるな。僕が少しずつ音程を正してあげているんだ。
恭介/へー!
ルドルフ/うん、可愛い。
GM/そして面白い。
ルドルフGM/だがオチが壮絶に弱い。
泰明/す、すみませんっ!(一同爆笑) き、共感していただけるでしょうか!?
明虎/はい、スーパー結繰ちゃんカワイイタイムでしたね!(笑)
GM/みんなが和んだ顔をしてくれたので、プライズポイントが1点獲得できます。そして『判定能力決定チャート』を1D6振って何で判定するか決めましょう。
泰明/(ころころ)3……【知覚】判定か。そんなに高くない!(ころころ)あ、駄目だ……11で足りない。
まどか/1点だけ達成値が足りないだけですか? ならまどかの≪血の媚薬≫の水鉄砲ブシャー! もうちょっと頑張って頑張ってくださーい!
泰明/うわぁー!? ビチャー!? た、達成値12で成功しましたー!?(笑)
GM/成功したので1点プライズポイントが1点獲得。だからこのシーンで合計2点獲得できたね。
明虎/やったー。現在ポイントは……12点ですね。
GM/プライズポイントが4の倍数になったのでイベントが発生します。シーンプレイヤーのヤスさんは『プライズチャート』の1D6を振ってください。
泰明/はい。(ころころ)2でした。
GM/[ボスはウズマキから出て街を破壊するつもりのようだ]。先程の巨人が何やら変な動きをしていたことにヤスさんは気付いたね。
まどか/(いきなり巨人になって)「リア充の手料理を食べにきましたぁー!」
明虎/帰れよッ!(笑)
泰明/……早くあの異端を止めに行ってやろう(笑)
ルドルフ/……なんか、異端を見ているのがいたたまれなくなってきた(笑)

 現在プライズポイント:12点



 ●ミドルフェイズ8 〜明虎2回目(シーン8)〜

明虎/次は俺の番だな。『空間状況チャート』を振ります。(ころころ)2と、13でした。
GM/[誰かに見られているような気がする、遊園地]にやって来ました。
明虎/……超怖い!(笑)
ルドルフ/誰もいない遊園地ってだけで怖い!
まどか/ほら、幽霊だよ、幽霊! あ、あんなところに血まみれの女の人が!
明虎/幽霊なんていない! いーなーい!(笑)
まどか/女の人、3メートルぐらいある!
明虎/それ巨人だよぉ!?(一同笑)
GM/まずはゴミ拾いをしようよ。『イベントチャート』の1D6を振ろうか。
明虎/(ころころ)3でした。
GM/『ゴミ拾いチャート』だ。1D6を振ってください。
明虎/血まみれの女の人を無視してゴミ拾いを始めた。(ころころ)4です。
GM/[カサカサと動き回るゴミを発見した。判定に失敗すると体力消耗により【HP】を1D6点消費]。難易度は12です、何で振るかを1D6で振ってください。
明虎/(ころころ)3……【知覚】か。難易度12の判定を(ころころ)し、失敗です。
GM/シーンプレイヤーの明虎くんは1D6点のダメージを受けてください。
明虎/(ころころ)【HP】が5点も減りましたよ! 出目が良いよ! お化けなんていないー! おこですよー!?(笑) これさ、お化け系の何かを見ちゃったんだよね……。
ルドルフ/なんかタケトラくん向きのシーンになったね。ほらタケトラくん、お兄ちゃんでしょ! 泣かないでっ!(一同笑)
恭介/あ、明虎さん……。「お化けなんてないさ、お化けなんて嘘さ」って唄いましょうか(笑)
GM/では今度はシーン終了間際の『能力決定チャート』を振ろうね。
明虎/(ころころ)3……また【知覚】反映か。(ころころ)うーん、失敗。いいかげん成功したいので≪逆転運命≫使います。(ころころ)あ、良い出目。達成値13でした!
GM/おめでとう、それならプライズポイントが2点も獲得できます。
明虎/プライズポイントが合計14点。あと1人成功すればクリアーできますね!

 現在プライズポイント:14点



 ●ミドルフェイズ9 〜まどか2回目(シーン9)〜

まどか/まどかがシーンを振るのじゃー!(ころころ)7と、9でした!
GM/[足元が泥のように重くぬかるんでいる、海岸]に着ました。
まどか/戻ってきたなう!
ルドルフ/さっきは清廉な気配が漂っていたのに……別の海岸に出ちゃったのかなぁ?
まどか/一周まわってダメな所に来ちゃいましたね。吊り橋のカニを放牧しましょう! 海にお帰り!(一同笑)
泰明/さあ、母なる海へー!(笑)
恭介/で、でも……カニは川のものだと海に放つと死んじゃう可能性が(笑)
まどか/あぁー!? 回収ー! ワカメごと回収ぅー!
恭介/一気に綺麗になったなー(笑)
まどか/カニを放って、カニを捕獲して、『イベントチャート』を振ります!(ころころ)5でした!
GM/何かが起きた。『サプライズチャート』を1D6で振ってください。
まどか/あれ?(ころころ)1です。
GM/[何かの襲撃だ]!
まどか/あれれー!? 沢蟹の逆襲ー!?

 ダイスロールの結果、まどか達の前にキャラクターレベル3のカニが6体出現する戦闘が発生した。
 ……弱い。でも数が多い。殴る。殴る。ひたする殴る。という訳でこの戦闘シーンはカットさせていただこう。


ルドルフ/は、範囲攻撃いないのにー!
まどか/はーい、全部のカニを袋に入れちゃいまーす!(笑)
GM/わりと長めの戦闘になったね、これだからランダムイベントは難しい……(笑) ミドル戦闘に勝利したので、プライズポイントを1点獲得できます。この時点でプライズポイントが15点に到達したので、クライマックスフェイズに移行します!

 現在プライズポイント:15点



 ●クライマックスフェイズ 〜ラストバトル、そして〜

GM/恭介くん、クライマックスシーンの演出をしたいので『空間状況チャート』を振ってください。
恭介/(ころころ)3と、14でした。
GM/[異臭が立ち込める、シーンプレイヤーの自宅]に来ました。
恭介/また異臭だよ!(笑)
ルドルフ/自宅って……恭介くんの家が、とても汚れてるってこと?(笑)
GM/あ、ここはウズマキ内だから「恭介くんの自宅にとても似た空間」だから安心して!(笑) 何故かウズマキの中が恭介くんにとって見慣れた景色に変わっていきます。
恭介/合流したときにルドルフさんが、僕の家は小高い丘にある屋敷って言ってくれましたね……。
GM/そうだね、とても良いお屋敷だ。そこには誰かが立っていた。君のとても親しい人の後ろ姿が見えた。……彼が誰なのかは、フランちゃんから聞いた話で検討がつく筈だ。
恭介/はい……。まさかとは思いながらも、名前を叫んでしまいます。保っ!
GM/あくまでここはウズマキの中。彼がここにいる訳が無い。でも……恭介の親友・薪谷 保は確かにそこに居ます。
恭介/保、どうしてお前こんな所に!?
GM/振り返りながら彼は言います。「……リア充、死ねぇ……」(一同爆笑)
泰明/ここに来てその台詞ですか!?(笑)
GM/だってオープニングフェイズからの出来事を総括するとそう言うしかないよね。
ルドルフ/そんなことになったのは間違いなくまどかの中の人のせいですけどね。
まどか/あああー、すみませーん!(笑)
恭介/お、お前……またとんでもないことに巻き込まれて!(笑) 一体どうしてこうなったんだ!?
明虎/か、彼は異端に憑りつかれてしまったんだ……。
泰明/きっと【意志】判定にファンブルして、リア充に怨恨のある異端に体を乗っ取られてしまったんだ!
GM/「フェイスブックが何だ! ラインとかやるでない! 許さないっ!」
まどか/いいじゃん、ラインぐらいやっても!(一同笑)
GM/「俺は本当に『イイネ!』と思ったものにしかイイネを押さないっ!」
恭介/もういい! 判ったから! 大人しく助けられてろ!(笑)
GM/保は手を噛み千切って巨人になります。
泰明/やっぱりぃー!?(一同爆笑)
恭介/これは、BGMに『紅蓮の弓矢』が流れますね!(笑)
ルドルフ/……保くん、クリスマスに遊びに来てたし最近流行りの『進撃』読んでたし、超リア充っぽいな(笑)
GM/保が巨人になったことで、ガラガラと崩れていく恭介くんの自宅によく似た屋敷。次々と渦を巻いた異空間が状況を変えていく中、巨人が君達に襲いかかります! どんな戦闘になるか『カスタマイズチャート』にいきます。これで戦略が大きく変更されるよ! ルドルフとヤスさんは1D6ずつ振って。
ルドルフ/あいやー。(ころころ)3です。
泰明/(ころころ)3です。
GM/3+3は……特になしです。
ルドルフ/やったー、平和が一番! 特にない保だよ!(笑)
GM/次にタケトラくんとまどかちゃん、1D6ずつ振って。
明虎/はーい。(ころころ)3でした。
まどか/(ころころ)3です!
GM/3+3で、特になしです!
明虎/盛るねぇ!?(一同笑)
ルドルフ/今日は天丼の多いセッションだな!?(笑)
GM/で、では恭介くんは『追加エネミーチャート』を1D6振って決めましょう……。
恭介/(ころころ)2です。3じゃなかった、惜しい!
GM/[PC達と同一エンゲージにエネミーを追加]。……追加するエネミーがいないので、PC達5人と巨人が1つのエンゲージにいる状態で戦闘を始めることにします。
泰明/追加エネミーが出現しなかったのはラッキーだね、頑張ろう!(笑)
まどか/はーい、チェーンソーをブルンブルンしますよー!

 こうして、5人と巨人が密集した戦闘は開始された。

 ルドルフが≪大地の一撃≫で突撃したり、さっき拾ったばかりのCV:子安武人の≪魔導書≫を持った明虎が活躍したり、大きなダメージを叩きつける恭介が巨人を蜂の巣にしたり……。
 巨人も負けず、火力の高い[狩人]とトリッキーな[世界遣い]を組み合わせた即興攻撃によりルドルフと泰明が吹っ飛ばされる(令呪持ちだったが戦闘不能)ハプニングが起きたり……。

 だが最後には、ルドルフの≪却奪:足≫、明虎の≪タナトスの足枷≫、恭介の≪覇魔矢≫のバッドステータス特技が組み合わさることにより……
まどかの≪堕い討ち≫が完成。
 ≪処刑時刻≫も合わさって、
まどかは巨人に9D6点のダメージを与える大必殺技を繰り出すことができたのだった。

GM/巨人は、まどかちゃんの9D6点ダメージを受けて……綺麗にうなじを削ぎ落とされました! 戦闘、終わりまーす!
まどか/わー! 大丈夫ですかー!? ってまどかは皆さんをジェイソンのお面を着けて血まみれのまま助けに行きます!
明虎/うわー!? ホラー!?(一同笑)
ルドルフ/戦闘不能から回復するトナァ……むくりー。
泰明/僕も【HP】1になって蘇ります。むくりなう……ま、まどかちゃん、ありがとう(笑)
まどか/巨人はグシャーって上手に削げましたー! 中にいるヒロインである保を救出してあげなくては!
恭介/そ、そうだ! 保をうなじから、ぞりぞりぞり!(笑)
GM/保は無事です。エレンみたいな綺麗な寝顔のような保を、恭介くんはミカサみたいに抱えることができます。うなじを削がれた巨人の体は跡形もなく消え、それと同時にぬかるみや異臭は無くなっていきます。
明虎/保が原因だったのかよ!?(笑)
まどか/良かったね、終わったよー!
GM/すると、保の体のどっかから……コロンと何かが出てきます。赤い石……梅干しの種みたいな物が零れ落ちます。
泰明/なんだこれ?
GM/大量のゴミ袋を結んでいるロリが言います。「それが異端の核よ。シワシワになったのは貴方達がさっきの巨人を倒してくれたからね。もう反応しないわ。薪谷 保のことも心配しなくて大丈夫」
ルドルフ/よ、良かった。保くんは、何がどうしてこうなったんだ……?(笑)
恭介/恭介は考え込んでしまいます。保の奴、もしかして……僕と一緒に勉強会に参加したり、義人様達お偉いさんのパーティーに参加していたから、それよりかは女の子とデートしたかったのではないか……?
明虎/そ、それか! 深刻な悩みを抱えていたんだな!?(笑)
ルドルフ/まあ、スペックからして保くんってモテない訳ないもんね。女の子からの誘いが来ない訳ないし、でもそれを断っていて、自分の時間が無くなって……?
泰明/そのストレスを溜めていたところに異端の介入があって、【意志】判定にファンブルした保くんは異端に乗っ取られて……ってところでしょうか?
GM/「負の感情を抱き始めていたところに悪いモノが入り込んだのね」 オチ、ありがとう(一同爆笑)
まどか/これでなんとかオチがつきましたー!(笑)
GM/「ウズマキを拠点にした核が無くなった今、外で暴れ回る異端も弱体化していくことでしょう。貴方達はウズマキの外に出て目を覚ましても、死んだのではなく、異端に轢かれて気を失っていた程度に世界が改変されている筈よ」
泰明/異端によって起こされた不運な死は、回避されたってことかい?
GM/「ええ。お疲れ様。この集めたゴミを捨てれば、また変なものがウズマキに生じることも当分無いでしょう」
まどか/わー、良かったー! 死ななくて良かったですね、生きてて良かった公文式!
恭介/これでモミの木が暴れたり、トラックに轢かれずに済むんだ。
明虎/「遅刻遅刻ぅ〜!」って言いながらトラック走らせてるオッサンもいなくなるんだ……。
まどか/でもタケトラくんが遅刻しているのには変わらないからね!?(笑)
GM/「これにて一件落着、ね。でもとりあえずこれでみんな判ってくれたわね? ウズマキは汚さないこと! お願いよ!」
泰明/は、はーい。みんなにも伝えておきまーす(笑)
恭介/高坂さんにこのことをお伝えして、ちゃんとエージェント達にも注意喚起しておきましょう。
まどか/お、お弁当はもうウズマキに入れっぱなしにしちゃいけないんですね……。
恭介/だってお弁当は食べさせたい人に持っていく物でしょう?
まどか/ハッ! そうでした! 今日中にお弁当を届けなきゃー!(笑)
GM/それではここで清掃活動を終わらせた皆さんにご褒美ということで、『報酬チャート』を振ります。1人ずつ1D6を振ってください。
ルドルフ/おお、報酬があるんだ! やったー。そいやっさ!(ころころ)1です。
泰明/(ころころ)僕も1だ。
GM/ルドルフとヤスさんは、新たな才能に目覚めます。新規クラスの追加か、4つの目のクラス取得に目覚めてください。
明虎/わあ、すげぇー!
ルドルフ/新しいクラスが生えちゃった。ありがとうございます!
明虎/俺の報酬は……(ころころ)2だ。
GM/明虎くんは、何の変哲も無い平和な日常を送れるという報酬が与えられます。
明虎/良かったー! 俺にとっては最高の報酬だよ!(一同笑) 凄い幸せだ……お化けとか見なくて済む!
GM/でも子安武人の本はお持ち帰りください。
明虎/これ、一緒にゴミ袋に入れていいかな!?(笑)
まどか/(ころころ)まどかは、4でした!
恭介/(ころころ)恭介も4です。
GM/教会からの特別ボーナスが支給されます。高坂さんにプレゼントを貰えるかもよ。
まどか/やったー! 高坂さんからのクリスマスプレゼントじゃないですかー! 嬉しいー!(笑)
恭介/高坂さんは子供キャラクターにプレゼントを用意しそうですしね(笑)
GM/さて、全員それぞれ何の報酬を貰えるか決定したところで……お別れの時間がやって参りました。(ロリになって)「本当に今日はありがとう。さあ、貴方達の日常に戻るためのゲイトをそれぞれ用意しておいたわ」 ロリはそれぞれの前にピンクのドアを置きます。
泰明/ピンクのドアって、どこでもド……げふげふっ(笑)
明虎/えっと……。とりあえずみんな、ありがとな。
まどか/ありがとうございました! またお会いしましょうね!
恭介/はい、本当にお世話になりました。
ルドルフ/掃除は日ごろからマメにやっておこうね!
泰明/そもそもウズマキに物を増やしちゃいけないよな。
恭介/そうだ! ポケットから招待状を取り出します。実はクリスマスの時期に我が家でホームパーティーをする予定なんです。よろしかったら皆さんもいらしてくださいね。
ルドルフ/わあ、シリアルナンバー入りのチケットだ。きっと政治家とか何人か来るタイプのパーティーだぞ!(笑)
明虎/こ、この子、セレブだ!(笑)
まどか/わーい! アックンと一緒に行くねー!(笑)
GM/良かったね、トナカイさん。君はあげる側だけどプレゼントを貰えるなんて滅多に無いじゃん。
ルドルフ/嬉しいけど……多分仕事で行けない。でも、屋敷の上空を通ることにしよっと!
明虎/恭介くんのお屋敷の夜空に、シャンシャンってベルの音が鳴るんですよね。サンタのソリを引くトナカイ達のシルエットが見えるやつだ!(笑)
ルドルフ/それじゃ、トナはそろそろ行くトナ。みんな、ありがとう。……ヤスさん、そちらのお嬢さんにも良い子にしているように伝えておいてね!
泰明/ああ! 君も気を付けてね。
まどか/トナカイさん! クリスマス、待ってるねー!
ルドルフ/うん! それではまた、いつかどこかの機会に。皆さん、良いクリスマスをー! 足早に、ピンクのドアの先にピョーンと行きます!
泰明/じゃあ、僕も行きます。皆さん、お元気で。また。ドアをバタン!
明虎/またいつかどこかでお会いできたら。
まどか/後ろにいる女の人も連れて行くんですか?
明虎/女の人なんていないよ! 俺には平和な日常が報酬で待っているからね! 約束された報酬が!(笑) 良いクリスマスを! ドアをバターン!
恭介/良いクリスマスを。それじゃ……僕も倒れている保をよいしょっと背負います(笑) そのままピンクのドアへ、ばたん。
まどか/みんな、バイバーイ! ……そうだ! ピンクのドアに入る前に、くるっとロリさんの方に振り返ります!
GM/(ロリになって)「どうしたの?」
まどか/実はまどかはもう一つお弁当を用意していたのです。自分用のお弁当だったんですが、頑張っていたロリさんにあげちゃうのです!
GM/「あら……ありがと。ちゃんと食べられる物よね?」
まどか/それはまどかじゃないメイドさんが作ったので大丈夫ですっ! 玉子焼きが凄く甘いだけです!
GM/「……じゃあ、貴方のご要望通り同僚と一緒に食べちゃおうかしら」
まどか/はいっ! 今日はありがとうございました! でもおにぎりは置かせてくださいね!
GM/「少しは自重しなさいっ!」 ロリはぷんっとしながらも笑って、まどかちゃんを見送るのでした。


 ●エンディングフェイズ 〜それぞれのクリスマスへ〜

GM/最後に、1人ずつ『エンディング演出チャート』を1D6振っていきます。最初は……恭介くんから。
恭介/(ころころ)5でした。
GM/[ヒロインから嬉しいプレゼント]だ。
ルドルフ/ありゃあ……最後まで恭介くん達はリア充だったね(笑)
GM/恭介くんは目を覚ますと、そこは駅前だった。君達は駅前にある花壇のレールあたりに腰掛けていたんじゃないかな。
恭介/周りの様子は?
GM/どうやら戦闘をし終えたらしいエージェント達が「あー、疲れたなー!」と笑いながら駅前から散っていく。全てが終わった後のようだ。駅前は普通の賑わいに戻っている。世の中は何事もなく進んでいるようです。
恭介/……良かった。なんとかなったんだ。予定通り、駅のイルミネーションを眺めながらホッとします。
GM/保も目を覚まして、頭をポリポリと掻きます。(保になって)「あー……立ったまま居眠りしちまった。なんかよく判んねぇけど、すっげぇ疲れた……」
恭介/そうか。……保。クリスマスの時期に25日にうちでホームパーティーをする訳だけど。
GM/「うん? もちろん俺もそのパーティーには行くよ。母さんも出席するし」
恭介/……前日の24日は何にも予定が無いから、お前が好きなことをしていていいんだからな。
GM/「じゃあ一緒にどっか遊びに行くか? クリスマスプレゼントを何か用意してやるぜ?」 けろっと、当然のことように保は提案しちゃいます。
恭介/お、お前、それで良いのか?
GM/「は? 恭介に悪いって言われたら逆に俺、泣くぞ?」
恭介/……はぁ……。ま、いっか!
GM/「ま、いっか!」でオチをつけるとか、ラノベの主人公ぽいぞ(一同笑)
恭介/『アポクリズモス ピリア』のエンディングでは、一緒に遊園地に行って終わったんですよ。なので今回は……別のアミューズメント施設に行ってみたいと提案します!
GM/「あ、そこ行きたかったのか? いいな! 俺も行ってみたかったんだ!」
恭介/クリスマスのイルミネーション、そこも凄いらしいぞ!
GM/……そんな中、恭介くんの携帯電話にはもう一つの報酬、高坂からのクリスマスプレゼントということで「教会でもパーティーをするからおいでよ」という招待状が届きます。あっちもこっちもみんな平和、それを実感しながらイルミネーションを眺めることができたのでした……。

GM/次に明虎くんの『エンディング演出チャート』を振ろう。1D6をどうぞ。
明虎/何が出るかな。(ころころ)1だ!
GM/[ボスは倒した。だが新たな敵が]。
明虎/おいいいいっ!?(一同笑)
泰明/あれ!? 平穏な日常は!?(笑)
明虎/俺の心休まる日常は!?(笑)
GM/まずは遅刻しながらも職場である大学に向かった明虎くん。平和な日常がやっと帰ってきたんだ、やったー!
明虎/あ、ああ……。研究室にギリギリ間に合った! すみません、遅刻しましたー!
まどか/研究室の中から子安の声がする。「お前が私のサーヴァントか?」
ルドルフ/今こいつ、サーヴァントかって言ったよ!?(笑)
恭介/下剋上されたよ!? 違くない!?(笑)
まどか/(いきなり翼になって)「いやー、タケトラくん! さっき面白い本を拾ったよ! こいつ凄いよ、子安武人の声で喋るんだよ!」
明虎/それ拾っちゃいけない本だからね!? 捨てよ!?(笑) お、俺の報酬……他の人に持っていかれちゃったんだな!?
GM/じゃあ、一方その頃……フランちゃんがとある喫茶店にて、「コモリコモリー! よく判んないけどオレ、『何の変哲も無い平和な日常』っていう報酬を貰ったぞー!」と言ってます。
ルドルフ/(アコになって)私、それ凄く欲しい! きわめて欲しい!(笑)
GM/(フランになって)「何言ってるの、オレとコモリは同じハンドアウトのPCなんだからこれはいっしょの報酬だぞー」
ルドルフ/(アコになって)やったー、今年のクリスマスは平和に過ごせそうだねー(笑) 
明虎/……良かった、欲しい人のところにいって本当に良かった! 他の人に持っていかれちゃったなら仕方ないよね、≪+50不運≫だから!(笑)

GM/次は、ヤスさんのエンディングにいこう。
泰明/はい。(ころころ)5でした。
GM/おや、[ヒロインからの嬉しいプレゼント]だね。
ルドルフ/これは間違いなく結繰ちゃんですよね!(笑) リア充だ!
GM/……ヤスさんは目を覚まします。そこは異端のいなくなった、平和な駅前。目の前には異端クリスマスツリーと戦っていたらしい結繰ちゃんがいる。「ヤスアキサマ、よくぞごブジで」
泰明/結繰の方も大丈夫だったかい?
GM/「エージェントのさみどりサマたちがクリスマスツリーからミナサマをマモってくれました。とてもステキなタタカイでした〜!」
泰明/なら良かった。怪我も無いようだね?
GM/「ヤスアキサマのホウがヘトヘトですね?」
泰明/うん、【HP】が0になっちゃったよ。僕の判断ミスでヘマしちまってさ。
GM/「結繰のおムネでナきますか」 ウイィーン。
ルドルフ/ウイィーンって胸から何を開いたの!?(一同笑)
GM/オープンマイハートです。中はメロンパン入れになっております。
泰明/え、駅前でそんなことしちゃいけない! か、帰ろ! 早く帰ろう!(笑)
GM/いつの間にかヤスさんの右手には、結繰ちゃんと一緒に食べようと買ったケーキが入った袋があります。
泰明/あっ……。じゃあ、アパートに帰ったらお茶を淹れてくれるかな?
GM/「かしこまりました! ガンバったヤスアキサマのタメに、ユイクリがゴチソウというプレゼントをします!」 キリッと彼女は宣言します。
泰明/うん、嬉しいな。そういえばルドルフの奴がね……と話をしながら2人で帰ります。
GM/カラカラとカラクリが歩く音と、ゆっくりと彼女と一緒に歩くヤスさんなのでした……。

まどか/まどかの『エンディング演出チャート』は(ころころ)1でしたー!
GM/[ボスは倒した。だが新たな敵が]!
まどか/な、なんだってー!? ここは教会に寄って高坂さんにクリスマスプレゼントとして新しいチェーンソーを貰って……!
GM/(いきなり高坂になって)そんな危険なものあげないよ!(笑)
まどか/いつでも敵と戦えるようになりました! さあ、アックンのところにお弁当を届けに行きます!
恭介/(←篤史の中の人)えーと、篤史は……心配そうな顔で、学校の校門前に立っています。
まどか/タタタッ! まどかは走ってお弁当を届けに行きます! お待たせ致しました、例のブツでございますー!
恭介/(篤史になって)「まどかちゃん、わざわざありがとう。危険なことは無かった?」
まどか/たくさんありましたねぇ! まどか、実は世界の平和を救ってましたよ! アックンにお弁当を渡しながら、凄い物を貰ったんですよと懐から恭介くんに貰った招待状を見せます!
恭介/(篤史になって)「これって……?」
GM/鏡原家のホームパーティーの招待状だ。伊賀崎の執事をしている篤史なら絶対見たことある名前だ。恭介くんは主である万里様のお友達だからな。
恭介/(篤史になって)「これ、鏡原家の……?」 一体何があったんだっていう顔をします(笑)
まどか/はい! 頂いてしまいました! 激しい戦闘の末に固い友情を結んできたのです! まどかにとってはとても楽しい一日でした! ……だからアックンも一緒にパーティーに行くのです!
恭介/(篤史になって)「……うん。ありがとう。今更なんだけどさ、まどかちゃん、学校は?
まどか/……そうだった!(一同爆笑)

GM/エンディングシーンもダイスで順番を決めていたんですが、その結果……トナカイでオチとなりました。ルドルフ、『エンディング演出チャート』を振ってください。
ルドルフ/となぁ!(ころころ)2トナ。
GM/[ひとときの日常を楽しむ]だって。
ルドルフ/わお。……仕事だよー!(一同笑) ウズマキから出る。ハッと目が覚める。するとそこは職場の倉庫なんですよね。け、決戦のクリスマスまであと1週間……!
まどか/(フォークリフトのオッチャンになって)「邪魔だ邪魔だ、どけどけー!」(笑)
ルドルフ/お前がどけどけぇー!
泰明/フォークリフトのオッサンが轢かれたー!?(一同爆笑)
GM/……そうしてオッサンは、渦の巻いた空間に落ちていくのだった。(いきなりオッサンになって)「ハッ、ここは一体!?」
ルドルフ/無限ループって怖くね!?(一同笑)
GM/じゃあ……ルドルフのエンディングシーンは時間を飛ばして、12月24日クリスマス本番にしようか。さあ、決戦の日です。でも君は社畜で疲れたーっていう雰囲気ではないよね?
ルドルフ/むしろ、楽しくって仕方ない12月24日ですね!
GM/うんうん。……夜。子供達はあったかいお布団の中でスヤスヤと寝息を立てています。
ルドルフ/カワイイなぁ〜。枕元にそっとプレゼントを置いて……ウズマキを駆使しながら次々と仕事をこなしていくのです。行きますよサンタさん、次はロシアです!(一同笑)
まどか/(いきなり他のトナカイになって)ちょっと待て、スタットレスタイヤの準備が!
明虎/(他のトナカイになって)チェーンが巻いてないよ、まだ!
恭介/(他のトナカイになって)キャー!滑るー!(笑)
ルドルフ/あとは気合で補うんですよッ!(一同笑) 途中で日本に立ち寄って、スピーと寝ているカラクリちゃんの枕元にそっとプレゼントを置いたりします。まどかちゃんのところにもプレゼントを置いていくよ。何が欲しい?
まどか/まどかはパンケーキが欲しいです。
明虎/ナマモノ!?(笑)
ルドルフ/袋をあさったサンタさんが……ホカホカのパンケーキが出て来て困惑してるよ!?(笑)
まどか/ムニャムニャ、パンケーキのおいしいニオイです〜! 口を大きく開けながら寝ているので入れちゃってください〜! ムニャムニャ〜!
ルドルフ/ち、ちゃんと歯磨きをするんだよー(笑) という訳で……トナは色んな子供キャラクターのところにプレゼントを届けに行くよー!
GM/トナカイは笑顔でサンタさんと一緒に世界中の子供達のもとへ。平和に眠る子供達へと笑顔を届けに向かうのでした……綺麗な夜空を駆けていくソリをシルエットにして、『ウズマキ美化委員会』、終わりにしたいと思います。皆さん、お疲れ様でーす!
一同/お疲れ様でーす!

 アナザーワールドSRS
   『 ウズマキ美化委員会 』   END





GM/あー……笑い疲れた。シナリオクラフトは2時間以上プレイすると息切れするので、注意してください(笑)

第2回に続く