アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 『 可能性の卵 』 3ページ ■
2016年11月6日




 ●トリガーイベント2 〜町内会祭り〜

GM/さて……2シーンが経過してしまったので夜になります。資料館を出ると、ピーヒャラピーヒャラと笛の音が聞こえてきます。
つぐみ/そうだ、お祭りがあったんだ。
GM/郷土資料館から旅館への帰り道に、青子ちゃんとバッタリ会います。(青子になって)「あ、どうも! 今日も良い天気でしたね!」
つぐみ/深水さん。こんにちは。
GM/「あの……川の近くの集落センターでお祭りがあります。あまり華やかなお祭りじゃないんですけど……良かったら一緒にどうですか?」 青子ちゃんは、つぐみちゃんとその保護者さん達を誘ってきます。
日与子/あら、お誘いしてくれるの? ありがとう。
つぐみ/せっかくだから行ってみたい、です。
間宮/そうだね。行ってみよう。青子ちゃんについて行きます。
GM/昨日間宮さん達が見た提灯には電気が灯り、川沿いを綺麗にライトアップしているお祭りにやって来ます。大々的に屋台が並んでいることはないけど、町の人達がテントを張って揚げたての唐揚げを振る舞ったり、お菓子を出し合ったり、お酒を飲んでワイワイしているような小ぢんまりしたお祭りです。「青子ちゃん、そっちはお客さんかい?」「そうです、昨日できたお友達ですー!」と終始和やかムード。
日与子/良い雰囲気ねー。
GM/たこ焼きや綿あめみたいな縁日定番メニューは無いけど、季節の果物が食べ放題のように並んでいるよ。あっちではおじさんやおじいちゃん達がビールをカンパイしている。
日与子/ああ、役員の人達がもう出来上がっちゃってるわね(笑)
真知/はい、お箸をどうぞ。唐揚げをいただきます!
つぐみ/お菓子をモシャモシャ!
間宮/ラフランスをモグモグ!
GM/青子ちゃんが「これウチの庭で獲れたビワなんですよ! すっごく甘いですよ! 食べてください!」とワイワイ話し掛けてきます。
日与子/わあ、ありがとう! ビワいただきまーす。
GM/町内会のおじちゃんが声を大きくして叫びます。「あー、もうビール乾杯しちゃいましたよ! どうぞどうぞこっちです、立木間さんー!」
真知/おっ?
GM/そちらを見ると、50代ぐらいのお金を持っていそうな男性がいます。
日与子/金色のネックレスを着けていたり?
つぐみ/ルイヴィトンの鞄を持っていたり?
GM/絵に描いたような金持ちだな(笑) 彼が噂の立木間さんです。観光化反対派といっても、町内会の集会は参加する人のようだ。仲の良い近所さんと「今年もブドウが大収穫ですなー」「おかげさまで。●●さんの果樹園も今日はお客の入りが良かったようで」「景気はボチボチですよー」と和やかに話をしている。
真知/あくまで「外から人を呼びたくない」ってだけですもんね。商売はしなきゃだもの……。
GM/ではここで、全員は【知覚】判定難易度11に挑戦可能です。
真知/【知覚】? ……GM。≪コネ「裏社会」≫を持っているんですけど、裏社会に精通していそうな人に対する【知覚】判定に使えませんか?
GM/……良いですね、真知くんはプラス2のボーナスをどうぞ。
真知/(ころころ)達成値18。
つぐみ/高い! さすがだね!(笑)
間宮/ただでさえ【知覚】が高いのに特技があるから、凄い数値になった(笑)
GM/真知くんは、。町内会の人達と話をしていた立木間さんと目が遭う。
真知/うん。
GM/立木間さんは声に出さず、こんなことを思っていそうな顔をします。「やっべー!? あいつらいるー!? なんで教会の連中がいるのー!?」 君達を見て、慌てます。「あ、あの、今日は挨拶しにきただけだから帰るわ!」と立木間さんは何も口にせず去って行きます。
つぐみ/あ。
間宮/あ、逃げた! ……俺達のことを知ってる!?
真知/これは……追跡し甲斐がある感じ?
日与子/え、えっと……追いかける?
GM/立木間さんはスタコラサッサと逃げていきます。ここで追うこともできますが、追わなくても構いません。特にPCが何も行動しない場合は3日目のミドルフェイズになり、まだ選択してないAF判定に挑戦することができます。
日与子/そうだ、まだクリアーしてないAF判定が1つあるんだった。
真知/……でも、あっちは僕らのことを知っている。何か行動をされるかもしれない。なら……ワンパン接触しておいて、「こっちは度胸あるぜ」って顔をしましょう!
GM/なるほど(笑) じゃあ立木間さんは逃げようとする訳だが……。
真知/バシャ! ああっ!? よりにもよってコーラを立木間さんの素敵なスーツに掛けちゃった!?(一同爆笑)
つぐみ/ご、ごめんなさいおじさんー!?(笑)
日与子/す、すみませんうちの子達が!(笑) お洗濯しましょうか!?
GM/「いやいや、洗濯なんてそんなことしなくていいから! 俺すぐ自宅に帰るし!」 逃げていく立木間さんを追いかけるなら【反射】か【幸運】判定かな?
真知/(ころころ)クリティカル成功!
日与子/真知くん、今日は凄いね!?(一同笑)
GM/クリティカル成功のお客様がいらっしゃいました……。平和的に引きとめることも、無理に羽交い絞めにすることもどっちも可能とするよ。
真知/こういうときは本人ではなく現場を抑えるんだ! そうウチに来たお客さんが言ってた!(笑)
日与子/逃がすまじ!(笑)
GM/了解だよ(笑) 立木間さんがベンツに乗って帰っていく後を、君達は確実に追いかけることができます。コーラを掛けられた彼は、大きな果樹園のあるご自宅に向かうではなく……何故か家屋の無い山道へと車を走らせている。
間宮/おや、おやおやぁ……?
つぐみ/そっちじゃ洗濯はできないぞ。
GM/川でジャブジャブ洗濯するしかできないね。……山道に入ると、カーブが多くなり「事故注意!」の看板が立っています。何故このような看板があるかというと、皆さんはお判りの筈。
日与子/例の交通事故があったからね……。
GM/ベンツは、断崖絶壁の前のカーブ付近に取り付けられた「事故注意!」の看板に向かって走っていきます。すると……スピードを緩めない車は、シュッと看板の前で消えました。
間宮/おっ!?
つぐみ/……車って消えるっけ?
真知/消えないよ。未来の車じゃないんだから(笑)
GM/能力者が調べてみれば簡単に判ります。カーブ注意喚起する看板に≪クリエイトゲイト≫が設置されているだけです。異能力によってワープゲイトを設置されていました。

 ≪クリエイトゲイト≫
 空間をねじ曲げて、遠く離れた自分が知っている場所に繋がるゲイトを作り出す[世界遣い]の主特技。


真知/おっ、あいつ[世界遣い]か?
GM/普通の人なら崖前のカーブ注意看板に向けて車を走らせる人はいません、大抵はハンドルを切ります。だけどもし看板目掛けて車を走らせたなら、違う場所へ転移することができるのでしょう。
つぐみ/看板に突っ込めば、どっち違う場所に行っちゃうと……?
日与子/このまま行っちゃう?
つぐみ/……行こう。このまま放置しておくと……逃げられちゃう気がする。
真知/僕達が教会の人間だってバレているみたいだから、何かの証拠を消されるか判らない。ゴー!
間宮/じゃあ、行こうか!
GM/どうぞそのまま看板に向かって崖へ突き進んでください。
日与子/なんか怖い!(一同笑) ……運転手の真知くん、よろしく。
真知/アクセルを踏みます! 気休め程度にシートベルトはしっかり着けておいてください! ……この台詞、一回言ってみたかったんだよね!(笑)


 ●クライマックスフェイズ 〜元凶〜

GM/崖からワープした君達は、いつの間にか洞窟内にいます。
間宮/な、なんで……?(笑)
GM/ここはヒンヤリした洞窟内。わりと広く、遠くまで道が続いています。……ベンツの横に、駐車できます。
真知/僕、縦列駐車って苦手なんだけどな……(笑) ここって元の場所に戻れるの?
GM/そのままバックすればワープゲイトまで戻れるよ。
真知/判った。ここで待ってろよ、デロリアン!
間宮/パパの車、デロリアンかよ(笑)
GM/嫌な名前だなぁ……いや、『AW』的には良い名前かもしれないけど(笑) この辺りは車が停められるけど、洞窟の奥は車が通れないぐらい狭いです。……まさかPC達が車で突入するとは思わなかったので今、狭くしました!
日与子/判った、そういう設定なら車を出ましょう(笑) シートベルトを外して車外に出ます。
真知/GMも「あ、立木間さんだ! 轢いちゃえ!」ってプレイヤーにされたくないですもんね(笑) 大人しく車外に出ます。
GM/洞窟の奥に進んで行くと、魔力が奥に行くほどこもっていくのが判ります。[稀人]や[異端者]の人外設定のキャラクターは霊的な存在がいるのを感じ、あまりの神々しさに身震いしてしまいます。
日与子/て、テンションアゲアゲでしょうか?
GM/「有名人に会えるかも!? わくわく!」みたいな感じです。
つぐみ/握手会の直前みたいになってる!?(笑)
真知/ライブ開場前みたいだ(笑)
日与子/そわそわ、浮足が立っちゃう(笑)
GM/そして中は一層綺麗な天然鍾乳洞が見えてきます。壁面は水のような綺麗な銀色をしていて、まるで鏡のようにキラキラと反射して光っている。……ニュルニュル、ペショペショという水が跳ねるような、ヌルッとしたものが動いている音がしてきます。
真知/あ、あぶねえ……?
日与子/水神様、眠っていていいのよ……(笑)
GM/奥を見上げれば、そこには巨大すぎる水蜥蜴が眠っています。奥の壁にミッチリと詰まった大きな蜥蜴さんです。
日与子/あっ、あれは……! 今はまだ寝てるのね?
GM/壁沿いにミッチリと、大きな猫が小さな段ボールに収まって気持ち良く寝ている水神様の近くに……50代ぐらいの男性がいます。
間宮/あ、立木間さん……?
GM/立木間さんは、近くにあった段ボールの中身とか書類とか魔道具とか、教会とか特命課に発見されたら困る物をまとめて鞄に詰め込んでいます。
日与子/一体何を……。まあ、取っ捕まえればすぐ判る!
つぐみ/どっちにしろ、ゲイトまで戻らなければ立木間さんだって帰れない。ここで逃げ道を塞げば……!
GM/鞄に見つかったらヤバイ物を詰め込んだ立木間さんは、近くにいる水蜥蜴さんを起こさないように駆け足で逃げようとします。
つぐみ/ザッと前に出ます! ……その手に持っている資料を置いていけ!
GM/(立木間になって)「き、貴様ら何故こんな所まで!? 教会の連中はもうこの事務所を把握していたのか!?」
間宮/その通り、神妙にお縄につけ。お前のやっていることは全部お見通しだ!
真知/ハッタリだ!(一同笑)
GM/それではGMは小物っぽいロールをします。
真知/あ、小物なんだ?(笑)
GM/「クッソー! 例の店が突入捜査されたと聞いていたが、ここまで1ヶ月でここを発見するとは!? しかし……ここで大人しく捕まるものか!」 彼はウズマキから魔導書を出します。
つぐみ/へえ、魔導書で攻撃……。
GM/≪落下する光≫を使用。
間宮/え?
真知/……さっき≪クリエイトゲイト≫があったし、[世界遣い]だよね。
GM/立木間さんは、≪落下する光≫の対象を決定する1D6を振ります。その結果……。
日与子/あっ、もしかして……!?(笑)

 ≪落下する光≫
 無数の光が周囲を取り囲み対象を消し去る[世界遣い]のスキルウェポン。
 命中判定前に1D6を振り、1が出たらシーン内の味方全員に、2〜5が出たら敵全員に、6が出たら使用者のみに物理ダメージを与える。


GM/なんということでしょう、立木間さんの出目は1。彼のビームのような魔術は「味方全員」に当たります。
間宮/あ、ああっ!?(笑)
GM/ビームは鏡の壁にガンガンと当たり、ついには……全長10メートルぐらいある壁ミッチリの水神様にピョコンと直撃。(トーウスになって)「むにゃむにゃ……? なーにー……痛いー……」
日与子/おはよう……ございます?(笑)
真知/おはよう、ございませんっ!(笑)
GM/「むにゃむにゃ、ふわあああぁ……かーっペッ!」 朝イチのタンを吐きつける水神様。その弾丸のようなタンによって立木間さんは押し潰されます。
真知/うえっ!?
GM/立木間さんは水神様の大ダメージを受け、戦闘不能になります。
日与子/い、嫌な死因だ……!
GM/死んでないよ、戦闘不能だよ。(トーウスに)「むにゃあ……起こしたってことはまた出番ー……? お腹減ったー……最近ご飯くれなかったよね、ちょうだいー……?」
つぐみ/え、えっと……我々、地元民じゃないんで……(笑)
GM/「お腹減ったー……あ、とりあえず動いているの4ついる……お腹ぐううううううう
日与子/ら、ラフランスをどうぞ!
GM/「いただきまーす」
つぐみ/ラフランスごといただかれるよ!?(笑) これは……逃げるも選択肢の一つでは!?
GM/そうロリも忠告していたよ。さて君達は……水神様の後ろにある鏡のような壁に、小さな子供がネバネバした粘液で貼りついているような形で捕えられている。その子供は、つぐみちゃんに似ている。
真知/えっ?
つぐみ/ええっ……まさか、あれがこの世界の私!?
GM/さて、今回の戦闘ルールを説明します!

【戦闘マップ】
 エンゲージ1:通路入口(戦闘離脱宣言区域)
 (↑40メートル離れている↓)
 エンゲージ2:間宮、つぐみ、日与子、真知
 (↑10メートル離れている↓)
 エンゲージ3:トーウス、鏡の子供


【クライマックス戦闘ルール】
(1)「鏡の子供」のいるエンゲージ内で、「タイミング:メジャー」による【体力】判定難易度15に成功した場合、子供を救出することができる。救出したPCが戦闘不能にならない限り、「鏡の子供」に危害は加わらない。また、子供を救出する(抱えたり背負って行動する)ことによるペナルティは発生しない。
(2)「通路入口」があるエンゲージ内で、「タイミング:オート」による「逃走」を宣言した場合、戦闘離脱することができる。
(3)この洞窟の出口付近の通路はとても狭く、トーウスが侵入することはできない。全員戦闘離脱すればトーウスは戦闘放棄する。


GM/あ、戦闘不能になった立木間さんを救出したい場合は「タイミング:オート」で連れていけるよ。彼は戦闘とは関係無いオブジェクトだから何のペナルティも無いです。
真知/はーい、一応重要参考人だから連れて行こう(笑)
間宮/資料は持ち帰った方が良さそうだしな!

【行動値】
 トーウス:27
 つぐみ:17
 日与子:13
 真知:13
 間宮:12


日与子/やっぱり水神様は【行動値】高いな。
真知/我々も全体的に【行動値】が高いパーティーだ。早いということは、全力移動で逃げられる。
GM/そうだね、うまく行動してくださいな。……それでは、第1ラウンドセットアッププロセス。トーウスは≪真の遣い手≫を使用。シーン間、クリティカル値が8になります。
日与子/ひいっ、8出るな!(笑)
つぐみ/つぐみは≪アポピス≫を使います。【反射】で対決です、トーウス様にバステ:放心が入ったら良いな……せーの!(ころころ)達成値13。
GM/(ころころ)6・6でクリティカル。
真知/うっそぉ!? 普通にクリティカルかよ!(笑)
GM/……なんか、すみません。次のお客様どうぞ!

 日与子はセットアッププロセスに≪本能の拐引≫を、間宮は≪封印の角≫を使用を宣言した。

GM/トゥース! トーウスのメインプロセスです。≪EP:範囲攻撃≫+≪英気の法力≫+≪EP:死の宣告≫+≪ツールマスタリー≫による攻撃です。まずは全員【意志】対決してね、失敗すると1D6ラウンドに【HP】が0になるよ。(ころころ)難易度は15で!
真知/……死ぬ!(笑)
間宮/≪異端審問≫を使用! 【意志】判定の難易度を13まで減らします!
GM/了解です。それでは全員、難易度13の【意志】判定をしてください。
つぐみ/いきます。(ころころ)やった、クリティカルで成功です!
真知/(ころころ)うそん、出た! 成功です。
日与子/2人とも凄い! せーの……(ころころ)9で失敗です。
間宮/(ころころ)達成値10で失敗。≪逆転運命≫を使用して振り直します。
GM/間宮さんが使う≪逆転運命≫は『ヘルプイベントキー:龍の聖剣』による効果なので、自分にしか使えないものです。
間宮/おロリ様ー、頼むー!(ころころ)お、達成値11……。
日与子/間宮さんに≪血の媚薬≫を使用! 【HP】を8点削って達成値+2して、回避させます! 日与子は達成値9で当たってしまうので、自分に≪ミネルヴァ≫を使用します。
GM/≪ミネルヴァ≫は達成値に+1D6する特技だけど、1D6でいくつ以上が出れば成功?
日与子/4が出れば成功です。(ころころ)……あ、1足りない。
真知/そこに≪叱咤激励≫を使えば助かる!
GM/『ヘルプイベントキー:青森』の使い道だ。青森さんの顔を思い出すんだ!
日与子/死にかけの青森さんの顔を思い出す……。
つぐみ/青森さん、死んだの!?(笑)
日与子/死にかけのときはこうするんだって言ってくれた青森さんの顔を思い出す、です!(笑)
GM/お見事、全員≪EP:死の宣告≫回避には成功だね。次にトーウス様の普通の攻撃のターンです、命中判定をするので全員避けてね!(ころころ)命中クリティカルは出ませんでした。命中16です。水神様は起き抜けということでかなり低い命中値になってます。
つぐみ/(ころころ)回避失敗、当たります。
間宮/(ころころ)ぴー!? ファンブル! 燦々と輝く1と1!(笑)
日与子/(ころころ)回避失敗です。
真知/(ころころ)はい、避けました。僕だけ回避成功ですね……。この命中は全力で避けていいんじゃない?
間宮/そうだね、日与子さんに令呪を使います! 回避成功させてください!
つぐみ/つぐみは……自身の回避判定に『イベントキー:鶴瀬』の≪交わる矢≫を使います。鶴瀬さんはこういうときこう避けろと教えてくれたー!(ころころ)やった、避けたー! 達成値18!
真知/的確な教育をしてくれた鶴瀬総支配人だった。……間宮さん、ファンブルに令呪は使えないね。ファンブルに付ける薬無し。
間宮/そ、そうだな……(笑)
GM/ではトーウスは間宮さんだけにダメージロールします。(ころころ)まあまあ、物理ダメージ44点だよ。
つぐみ/そのダメージに≪気迫の盾≫で全力で軽減させるよ! 【MP】を20点消費して、ダメージを20点軽減させます!
間宮/現在【HP】1点です。
真知/うわーい、ギリギリ!?(笑)

 つぐみはマイナーアクションに≪興奮剤≫+令呪で【MP】を23点回復。
 メジャーアクションで≪清浄の使者≫+≪トリックカーズ≫でSDを3つ使用、全員の【HP】を18点回復した。


真知/川で拾った綺麗な石で回復だー(笑)
日与子/真知くんから貰った綺麗な石で回復! ……私のターンでは、【体力】で子供を引っぺがす判定をしようと思うんだ。
真知/実は体力があるお母さん。孤児院での子供の世話は体力勝負だもんね(笑)
日与子/そうそう、体が資本だから(笑) 先に日与子が行動します。マイナーアクションで戦闘移動、子供のいるエンゲージまで移動します。
GM/エンゲージまで移動完了しました。メジャーアクションはどうする?
日与子/もちろん【体力】判定をします。せーの!(ころころ)んー……達成値14だ。1足りない。でも1足りないぐらいなら……。
真知/血を吐く?(笑)
日与子/血を吐きます! ≪血の媚薬≫を使用で達成値+1で、ピッタリ成功させます!
GM/日与子さんは壁にヌメヌメと貼り付けになっていた子供に触れ、無事回収することができました。君は子供を抱いた瞬間に「間違いない、彼女もつぐみちゃんだ」と思います。
日与子/ああっ、やっぱり……。でもこれで回収、無事成功!
真知/……GM。同一存在って認識し合っちゃいけないんじゃなかったっけ?
間宮/そうロリは言ってたね。
真知/同一存在は、1つの世界に複数いたらどっちか消える……って言ってたけど、詳しいことは判らない?
GM/ロリが昨夜言っていたこと以上は判らないよ。もしその知識を知っていることにしたいなら、【理知】判定難易度12に成功してほしい。
真知/能力者が集まる店をやっているから、そういう話を聞いたことがあるんじゃないかなー……。≪ヒストリアー≫の効果でプラスはできませんか?
GM/んー……[世界遣い]じゃないし、神話的な話ではないなぁ。でも真知くんって今まで情報通としてのキャラに徹していたし、OKしてあげたいところではある……。
真知/≪コネ「裏社会」≫もありますよ。
GM/コネの使用はそれっぽいロールをしてくれると嬉しいな。
真知/…………。うちのお客さんに、椚さんって人がいたよな? あの人、同一存在の話をしてたよ。
GM/(←爆笑している)
つぐみ/あ、GMが何故か爆笑してる(笑)
GM/べ、別卓の話なので他のPCの皆さんにご説明しますね……(笑) すずかが以前ハンターのキャラクターで参加した卓で、「同一存在が鉢合わせしたときに消滅する」という経験をしたことあるんですよ。これ、キャラロストが関わってくるギミックなんです。
真知/そうです。それがちょっと怖くて、どうにかできないかって思って……プレイヤー発言で申し訳無いんですけど(笑)
GM/このことに関しては、クリアーしていないAF判定を調べれば出てくる情報なのでシークレットにしたかったんですが……。真知くんは「ハンターが集まるようなお店のキャラクター」なんだよね。絶対に真知くんとレニさんは会ったことがあるし、内容も合致しているのでOKとします!
真知/ありがとうございます、情報で殴り殺す!(笑) レニはシャノアールじゃなくてアリスに行きますよ。(ころころ)よし、めっちゃ出目が良い! 最終的に達成値26です。
つぐみ/本当にめっちゃ出目が良い!(笑)
GM/……本来なら違うシーンで説明するつもりだったけど、ここで説明していいかな?
日与子/お願いしまーす!
GM/世界というものは、辻褄合わせがとても得意です。もし同一存在が同じ世界にいると「本人同士が自覚した瞬間」、世界は異変に気付いて都合の良い改変を始めます。
間宮/都合良く改変……?
GM/「つぐみAとつぐみB、2人が『私達が複数いる!』と自覚し合った瞬間、とある判定が発生します。世界は「判定に勝利した方を優先」し、「判定に敗北した方を消滅」させます。消滅させるといっても「元の世界に戻す」だけだけどね。
真知/……その判定方法って、どういうものでしたっけ?
GM/具体的には「とあるパラメータが一定以上あるか否か」です。戦闘終了時に、つぐみちゃんの某数値がGMの設定した数値以上だったらつぐみちゃんの都合の良い世界に改変、数値以下だったらGMが指定した世界に改変されます。
日与子/あるパラメータって……?
つぐみ/……【MP】か【正気度】かな?
GM/現在、日与子さんに抱えられた子供は眠っています。戦闘終了したらその子は目を覚ますでしょう。ゲーム的には、戦闘終了するまでつぐみちゃんは消滅する危険性はありません。
真知/とりあえずは戦闘が終わるまで問題無いんだな? ……おもむろに戦闘に戻ります(笑) 真知はマイナーアクションで18メートル下がります!
つぐみ/バッと下がった。
真知/メジャーアクションで≪大地の一撃≫+≪大地の勅命≫のコンボで、ダメージアップして殴ります。
GM/アコちゃんも使っていたコンボだな。
真知/そう! これは小森さんっていうお客さんが使っていたコンボだよ!
つぐみ/(←かつてアコがいた卓の参加者)アコちゃんも確かにアリスに行きそうだわ……判るわー(笑)
真知/≪ヘル≫と≪ヤマトノオロチ≫も使用します。SDを3個消費して至近の≪大地の一撃≫を30メートル射程に伸ばして、命中判定をします。(ころころ)命中15です。
GM/(ころころ)クリティカルは出ませんでした、回避13で当たります。トーウス様、寝坊助さんだな。
つぐみ/やったー、当たった。≪インドラ≫+令呪を使用! ダメージ+38点!
真知/ダメージロールに自前の≪インドラ≫を使います。(ころころ)霊力ダメージ85点+バステ:麻痺を与えます!
GM/初めてのダメージが入りました。……起き抜けなのに痛い。ぷんすこ、ぷんすこ!
真知/すまんやで(笑)
つぐみ/起き抜けにいきなりビンタかまされたら怒るよな……(笑)
間宮/神を大人しくさせよう! 間宮もマイナーアクションで移動。≪死神の赤≫+≪凶々しき武器≫でトーウスに攻撃!(ころころ)命中16です。
GM/トーウスはバステ:麻痺になっているので【回避値】−5されているよ。(ころころ)うわぁ、クリティカルはしない。回避9です。
間宮/ダメージロールをいきます! ≪堕い討ち≫の効果でダメージ+1D6!
つぐみ/そのダメージロールに≪インドラ≫! ダメージ+18点して!
真知/真知も≪インドラ≫+≪大地の勅命≫を使用! ダメージ+26点! あと令呪使用!
間宮/(ころころ)86点の物理ダメージです!
GM/トーウス様が「なんなのお前ら〜」ってバッテンおめめになります。
日与子/だよねー! めっちゃ痛いの2発きた!(笑)
GM/トーウス様は≪EP:二回行動≫を使用し、もう一回動きます。では2回まで使用できる≪EP:死の宣告≫を、もう一回全員に使うよ!(ころころ)難易度13です。
つぐみ/さっき避けたのにー!(ころころ)よし、17で成功!
日与子/(ころころ)15で回避成功!
真知/(ころころ)14で成功。
間宮/(ころころ)10で失敗です……。
真知/……令呪を使っておきましょう! 間宮さん、パチーン!
間宮/避けられた! ありがとうー!
GM/≪EP:死の宣告≫の次は、普通の攻撃です。全員に範囲攻撃は……エンゲージが分けられたので無理か。トーウス様のいるエンゲージ内には間宮さんと日与子さんがいるので、2人命中判定をします。(ころころ)今日はクリティカルしないな、命中13!?
日与子/せーの!(ころころ)回避14で成功!
間宮/(ころころ)14で成功! ≪蛇の罠≫の使用を宣言、バステ:毒を受けてください!
GM/ぐあっ、毒だー! これからクリンナッププロセスなので毒ダメージが入るよ!(ころころ)毒によって6点ダメージ!
つぐみ/毒で殺せてる!(笑)
GM/次のラウンドに移行する前に、トーウスは子供を抱えた日与子さんを診ます。「非常食、盗っちゃヤだー!」
つぐみ/非常食かよ!?(笑)
日与子/渡さないもん!(笑)
真知/お二人とも、ダッシュで全力移動をしてきて! 逃げよう!(笑)

 第2ラウンド、セットアッププロセスに移行。日与子は≪闇の衣≫を、間宮は≪封印の角≫を使用した。
 本気を出したトーウスは間宮と日与子に≪EP:範囲攻撃≫+≪EP:連続攻撃≫をするが、同値回避や令呪による回避で、全て避けきることに成功した。
 つぐみのターンは、行動待機を選択。日与子は戦闘離脱区域まで撤退しようと、トーウスがいるエンゲージから逃れようとするが……。


GM/エンゲージから出さないぞー! トーウスが≪オーバーパワー≫を発動。これでエンゲージは封鎖状態です。トーウスのいるエンゲージから離脱する場合、GMの2D6+27による【行動値】対決に勝利してください。(ころころ)日与子さんは、達成値34以上を出せば逃げられます。
真知/ひええ、【行動値】対決!?
日与子/ま、まだ私には令呪がある!(ころころ)達成値は18だから……令呪ください!
間宮/令呪を使用します! ……日与子さんっ!
日与子/達成値38になったので、エンゲージ離脱が可能です。全力移動して36メートル下がりますー!

 真知は2メートル後方に下がり、トーウスに攻撃。
 ≪インドラ≫と令呪のダメージアップの効果で、物理ダメージ56点+バステ:麻痺を与えた。


GM/ひええ、だいぶ削れてきたな……でもまだトーウスは生きてます。次は間宮さんのターンだよ。
間宮/俺もエンゲージを離脱しようとします!

 トーウスとの【行動値】対決は、トーウス達成値33 VS 間宮令呪付きの達成値38で、間宮が勝利。エンゲージ離脱に成功した。
 無事全力移動で後方まで移動する間宮。
 待機していたつぐみも後方へ戦闘移動し、移動してきた間宮に≪清浄の使者≫+≪トリックカーズ≫でSD3つを使用、【HP】を16点回復した。


GM/≪EP:二回行動≫で、非常食を背負った日与子を狙う!

 トーウスは日与子を攻撃するが、ギリギリ回避成功。2回目の攻撃は間宮を狙ったが、間宮も回避成功。
 クリンナッププロセスに毒のダメージを2点受けるトーウスであった。
 第3ラウンドに突入するが、トーウスの攻撃を避け……全員のターンで戦闘離脱区域まで移動が完了。なんとか全員は、逃げきることができた――。


GM/……全員、離脱成功。これにてクライマックス戦闘はおしまいです。お疲れ様でした。
日与子/よ、良かったー……令呪を残しておいたから逃げられた。良かったー!(笑)
真知/だけど……戦いはまだまだ終わらないんじゃ。トーウス様が襲ってくるかもしれない。みんな、デロリアンに乗って! バックするよ!
間宮/あ、立木間さんは回収していきますねー(笑)
GM/子供と立木間さんを回収した君達は、その場を去ることができます。
日与子/……このタイミングで、回復してもいいですか?
GM/駄目です。……と言いたいところなんだけど、真知くんがやたら平行世界知識のあるレニさんのお友達だと発覚してしまったので、少しは考慮しましょう(笑) 【幸運】判定で4人中2人以上が難易度15の『難しい行為』に成功したら、特別に『供給』をしていいことにします。
真知/(ころころ)クリティカル成功!
GM/今日は本当に真知くんが輝いてるなぁ!?(一同笑)
日与子/(ころころ)やったー、私も成功した! みんなお疲れー、『供給』しよー!

 全員は『供給』を行ない、【HP】と【MP】を3D6点ずつ回復した。

GM/ではここで、世界に寄る『同一存在の鉢合わせ判定』が発生します。つぐみちゃんの現在【MP】は……15点以上ですか? 15点以下ですか?
つぐみ/15点以上です。
GM/……世界は「このつぐみの方が強い」と判定を下しました。つぐみちゃんの都合の良い世界改変が行なわれます。
つぐみ/……私の都合の良い世界になる?
GM/つぐみちゃんは日与子さんが抱きかかえているつぐみちゃんを改めて見ました。つぐみが2人以上いると自覚した時点で、世界が改変が始まります。もしつぐみちゃんの中の人が、キャラクターシートで動かしているつぐみちゃんを「この世界の子にした」と願うなら、その通りになります。
つぐみ/そう願わなかった場合は……?
GM/違う願いが叶います。つぐみちゃんの中の人が何も願わない場合、次点のつぐみちゃん……日与子さんに抱きかかえているつぐみちゃんことGMの願いが叶います。
間宮/あっ……オープニングで登場した六つ子っぽい女性達はどうなるんですか?
GM/あれも違う世界線のつぐみちゃんです。この場で一番強いつぐみが決定したので、残りのつぐみは例外なく消滅し、元の世界へ還ることになります。このシーンが終わったら隔離されていた6人の女性は消えていることでしょう。
間宮/なるほど……。
つぐみ/……えっと、えっと……? あの、助けたこの子はどうなるんですか?
GM/どうなるとは?
つぐみ/私がこの世界のつぐみになる場合……このつぐみはどうなるんですか?
GM/別世界のつぐみがこの世界のつぐみになる。つまり別世界につぐみがいない。だから『行く宛ての無いあぶれたつぐみ』が別世界のつぐみとして飛ばされます。
つぐみ/じゃあ……私が、「私はこの世界の子でない」と願ったら?
GM/この世界のつぐみを探し出し、それをつぐみとします。君が「この世界のつぐみでない」という願いを優先し、一番優先度の高いつぐみを探した結果、日与子さんに抱かれているつぐみがこの世界のつぐみになります。
間宮/あ……なんか判ってきたような……。
真知/……龍の聖剣! 来て! つぐみちゃんは、元の世界に戻れるの?
GM/「元の世界に戻ろうとすれば戻れるわ」 龍の聖剣が現れます。「戻ろうと願うならその願いが叶う。今、あらゆる世界で願いを叶えることができる『一番優先度の高いつぐみ』は、そこにいるつぐみだもの」
つぐみ/えっと……元の世界に戻ったら、お父さんとお母さんはいるの?
日与子/元の世界に戻っても、つぐみちゃんは滞りない生活ができるの?
GM/「判らないわ」
つぐみ/戻ってみないと判らない?
GM/「ええ。今の貴方達には知ることもできないことよ」
間宮/未知の世界なのか……。
真知/【MP】が15点以上あるから、悪いようにはならないと思うけど……。
日与子/……つぐみちゃんは、戻るつもりなの?
つぐみ/……えっと……。
GM/「緑屋 つぐみが1ヶ月間過ごしたこの世界にいたいと願うなら、この世界に残れる。その場合、小晴日 日与子の胸で抱かれているつぐみが違う世界のつぐみになるのよ」
つぐみ/……う……。私は、この世界の人じゃなかったのよね?
GM/その事実はハッキリと言おうか。「ええ、貴方はこの世界線の人間ではなかったわ。でもこの世界線の人間になれる」
つぐみ/……帰りたくないけど、「帰らなければならない」というせめぎ合いが……。
GM/間宮さんはこの状況、どう思う?
間宮/ど、どう思うって……。別れるのは寂しいよ。だって自分の中で1ヶ月一緒に過ごしてくれたつぐみちゃんと、眠っているつぐみちゃんは違うんだから。さよならはしたくないよ。
つぐみ/……うん……。
間宮/……だけど、衰弱しているつぐみちゃんも巻き込まれた被害者だから、無碍にしたくはない。
つぐみ/…………。
GM/日与子さんはどう思う?
日与子/つぐみちゃんが「この世界の人間じゃない、向こうの世界の人間だから」で考えているのなら、そこは貴方自身の意思を選んでほしいと思うわ。……欲張りなことを言うなら引き取りたいぐらいよ。
つぐみ/…………。
真知/どっちを選ぼうと2人が消滅することはないんだ、2人が損になる選択肢は無いよ。となると、本人の意思次第だ。
つぐみ/……本人の意思……。
真知/僕的には、たとえ世界が離れていてもここにいた真実は変わらないんだから……離れるのもやぶさかではない。肯定的な意見を言います。
つぐみ/…………。
GM/つぐみちゃんがこの世界にいたいか、そうでないか。それで選択してほしい。
つぐみ/…………。
GM/そろそろ結論を聞かせてくれますか。
つぐみ/…………。この世界に残るという選択肢を選ぶと、言い方は悪いけど……眠っているつぐみが犠牲になってしまうと思う。それは、本意ではない……。
間宮/うん……。
つぐみ/だから……私は……みんなが私のことを覚えてくれていれば、それでいいかな……。
日与子/……そう。私達は、貴方の意見を尊重するつもりよ。
つぐみ/そうだ。残っているSDが4つあるので……GM、≪パミュートメモリ≫で自分の記憶を入れることは可能ですか?

 ≪パミュートメモリ≫
 譲渡可能のソウルデバイスに記憶を付ける[イレギュラー]の副特技。
 SDを1つ消費する。そのSDに特定の記憶や記録を保存する。SDに触れた者はビデオテープを再生するように脳裏に記録した声、映像などの思い出を見ることができる。


GM/可能です。つぐみちゃんは自分のSDに自分の記憶を入れて、誰かに渡すことができます。
つぐみ/自分の1ヶ月間の記憶をSDに入れます。……間宮さん、日与子お母さん、真知お兄さん、それと眠っているつぐみの全員に渡します。
日与子/これは……。
つぐみ/……お兄さんも、お父さんも、お世話になりました。これを見て、私がいたということ、忘れないでください……。
間宮/……受け取ります。つぐみちゃん、今眠っている彼女を犠牲にしないという選択をしてくれてありがとう。初めて会った頃よりずっと強くなったね。
つぐみ/……はい。
真知/よしよしと頭を撫でます。本当に強くて賢い子だな。なに、きっとあっちの世界ってやつに戻っても大丈夫だよ。
つぐみ/……この世界のつぐみが起きたら、今まで私にしてくれたみたいに優しくしてあげてください。
日与子/ええ……!
間宮/もちろんだよ。
つぐみ/……龍の聖剣に向き直ります。……自分は、自分の世界に戻ります。
GM/そう宣言すると、日与子さんに抱かれていたつぐみちゃんが……人の話し声に反応したのか、目を開きます。その瞬間、つぐみちゃんの体がパァっと蒼い光に包まれて消滅しました。強い意思により「この世界にいるべきではない」と判断された存在は、この世界から消え、相応しい世界に戻っていきます。
日与子/……ああっ……。
間宮/……消えた……。
GM/日与子さんに抱かれていたつぐみちゃんが「ここは……?」と動き始めます。どうやら完全に目を覚ましたようです。……エンディングフェイズに移行します。


 ●エンディングフェイズ1 〜その後の鏡寄〜

GM/最初に、任務を受け持ったPC3ハンドアウトなエンディングシーンをしましょう。間宮さんが立木間さんとその資料を回収したのでその処理についてです。
真知/車の中で資料を見ちゃうぞー!
GM/なんということでしょう、立木間が回収しようとした資料は人身売買の記録ではありませんか!
真知/マメな人でありがたい! 犯人は几帳面でなくっちゃ!(一同笑)
GM/さて、『ザグレウス』という業者の全容が判ります。これも残りのAF判定で洞窟内に突入し、中の事務所もどきを発見すれば判った情報なのですが……。
日与子/2日目でミドルフェイズが終わったからね。
GM/『ザグレウス』というのは立木間 貴明という男性1人でやっていた組織です。他に仲間はいません。
間宮/1人で収益ガッポガッポだったのかな……。
GM/この鏡寄にはトーウス様という水神様が、湖から繋がる洞窟の中で眠っていました。トーウス様は年老いた守り主様で、年の影響か普通の超越的存在より【意志基本値】が大幅に減少しています。立木間さんは[魔術師]であり【意志】の能力値が高かったため、「ジジィになったトーウス様を≪紅蓮の指≫で操れるのでは?」と考えました。

 ≪紅蓮の指≫
 魔法で操り強制的に行動をとらせる[魔術師]の主特技。
 【意志】での対抗判定に成功した場合、対象にメジャーアクションを1つ行なわせることができる。


間宮/あー、それで水神様を操ったのか……!
GM/実際やってみたら出来ちゃいました。「なんてこった成功しちゃった! そういやヤの付く自由業をやってた俺、人身売買でお金儲けを考えたこともあったけど……どっかから女の子を誘拐するより『トーウス様の力で別世界の女の子を誘拐すれば』誰にもバレずに稼げるんじゃね!?
真知/酷い話だ! 悪いことする奴だ!(笑)
GM/「どんな女の子を別の世界線から連れてこようかなー?」と考えていた立木間ですが、トーウス様はこう返します。「代償くれよー、生贄くれよー」
間宮/あ、やっぱ代償は必要なんだ……(笑)
GM/「適当にどっかから女の子を攫って資本にするかー」 そう立木間が考えていた矢先、敷地内で事故が起きます。なんとそこには両親が死に、本人も死んだと世間に思われた女の子! ゲットだぜ!
日与子/う、うわぁ……(笑)
GM/「トーウス様ー! この女の子を生贄にするので、この子の色んな可能性の姿をいっぱい召喚してくださーい!」 これにより、20歳のおっぱいの大きいつぐみちゃんとか、ボーイッシュなつぐみちゃんとか、お淑やかなつぐみちゃんとか、成人してるけどロリ体型のつぐみちゃんとかを違う世界線から誘拐し放題!
真知/プリンセスメーカー?(笑)
間宮/様々なニーズにお応えしたトーウス様であった(笑)
GM/こうしてタダの資本で女の子大量ゲット、大量出荷できるお金儲けができました。
つぐみ/つぐみ果樹園を開いてるんじゃないよ!(一同笑)
GM/暫くは好調でした。ですが、10年前に教会の現総支配人が大きな事件を起こしました。これのおかげで裏の組織は一斉摘発。立木間さんもお得意様を変更し……ちょっと下賤な一般層にまで手を出してしまうようになりました。
真知/客層の質が悪くなったのね(笑)
GM/それまでのお得意様と違って、自衛セキュリティが甘いところに女の子を売った結果……この3年で数件も特命課に「この女の子、おかしくね?」と目をつけられてしまいました。その質の悪い客というのが、例の風俗店の経営者であり……。
間宮/今回のセッションになる、と。
真知/全部日記に書いてありますね。マネな犯人はありがたいなー。立木間さん、面白い犯人だった……(笑) 
日与子/GMが「小物ロールをする」と言ってたけど、本当に良い小物キャラクターだったわね(笑)
GM/こうして君達は、立木間さんを異端刑務所へと突き出すことができました。トーウス様はあくまで「邪神寄りの力を持った」大人しいおじいちゃん守り主なので、生贄をあげたり刺激しなければ悪さなんてしません。
日与子/あら、人間が敢えて悪さをしなければ大丈夫なのね。良かった!
GM/クライマックス戦闘も「立木間さんが≪落下する光≫で変な起こし方をした」から暴れただけなので、騒ぐ人がいなくなったらまたスヤスヤ眠り始めましたとさ。
間宮/なるほど……。でも危険なのは変わりない。後で高坂さんや狛さんに討伐や封印について進言しておきます(笑)


 ●エンディングフェイズ2 〜新しい家族〜

GM/眠っていた「この世界の」つぐみちゃんが目覚めるシーンをします。病室にて、つぐみちゃんは目を覚まします。……どうぞ、目覚めたつぐみちゃんのロールをしていいですよ。
つぐみ/……では、目を覚まします。
間宮/病室で、目覚めたつぐみちゃんを見ています。
真知/あ、起きたね……。
日与子/つぐみちゃん、大丈夫……?
つぐみ/……貴方達は? お父さんとお母さんは……どこ? 確か私、お父さん達とドライブに行って……。
間宮/えっと……説明が難しいな。
日与子/つぐみちゃんから貰ったSDを渡せば、記憶を得ることはできるけど……。
真知/それは止めようか。まずはこの世界の彼女を落ち着かせる必要がある。
間宮/そうだな、まずは……このことだけは話しておこう。君はね、山中で交通事故に遭ったんだ。酷い事故があったんだけど、ようやく目覚められたんだよ。
つぐみ/……お父さんとお母さんを探します。
GM/つぐみのお父さんとお母さんはいません。10年以上前に死んでいます。
つぐみ/…………。お父さんとお母さんには、もう会えないの?
日与子/……それは……。
間宮/そのものズバリの真実を言うしかないと思う。……つぐみちゃん、君にはとてもつらいことだけど、残念ながらお父さんとお母さんはもうこの世にはいないんだ。
つぐみ/…………。
間宮/たまたま君は運良く生きることができたんだ。だから……お父さんとお母さんの分まで生きなきゃいけないよ。
つぐみ/……お父さんとお母さん……死んじゃったの?
間宮/……ああ。
つぐみ/……私は、これから、どうなるの?
間宮/様子を見ながら経過観察になるだろうな。
GM/目覚めたつぐみちゃんの前には知らない3人がいます。ですが、その3人には何故か敵愾心は抱けませんね。……違う世界の自分が得た心が少しだけでも繋がっててもいいじゃん?
つぐみ/そうですね!(笑) 中の人的には、そのまま日与子お母さんにお母さんになってもらいたいです。
日与子/はいっ! ……ねえ、つぐみちゃん。私の働いている孤児院に来ない?
つぐみ/孤児院?
日与子/そこで一緒に暮らしましょう。貴方が良ければ私が貴方のお母さんになるわ。
つぐみ/……貴方が……私の新しいお母さん……?
日与子/そう。私の名前は小晴日 日与子……よろしくね。
つぐみ/日与子……お母さん……。日与子お母さん、だね。
日与子/うん、そうよ!
つぐみ/……じゃあ……(間宮の方を見て)そっちは、お父さん?
間宮/お、お願い、そこはお兄さんで(笑)
つぐみ/じゃあ……(真知の方を見て)そっちが、お父さん?
真知/それで良いなら!
GM/真知くんはお父さん認定されてもOKなんだ?(笑)
真知/うそうそ冗談!(笑) 僕は真知お兄さんだよー。
間宮/呼び方はどうでもいいや(笑) なあ、つぐみちゃん、退院したら……ご飯一緒に食べたいな。好きなカレーでも一緒に食べようよ。……つぐみちゃんがくれた≪パミュートメモリ≫は、彼女がもう少し大人になってから渡しますね。


 ●エンディングフェイズ3 〜可能性〜

真知/GM、元の世界に戻ったつぐみちゃんはどのように暮らしているんですか?
GM/ぶっちゃけGMは決めてません。なので、全てダイスロールで決めていただきます。
間宮/今からどんな世界なのか全部決まるのか……。
GM/最初に、つぐみちゃんの両親がいるのかのダイスロールです。偶数が出たら両親は生きている、奇数なら死んでいる。
つぐみ/(ころころ)奇数……両親は、いないです。
GM/お父さんお母さんは死んでいるという世界になりました。次に、つぐみが幸せか不幸なのかのダイスロールです。
間宮/怖いなぁ!?
つぐみ/幸せは4だから……偶数が出たら幸せ!(ころころ)3……奇数なので、不幸せです。
GM/残念ながら、元の世界はつぐみちゃんにとってつらい世界でした。好きなように演出をしてください。
つぐみ/そうですね……。親もいない、頼れる身内もいない。あまり良くない孤児院に行くことになって、死なないだけマシかなと思えるような生活をしています。
日与子/……ああ、そうなっちゃうんだ……。
つぐみ/ボロい服を着て、冷たい水で雑巾掛けをさせられているような厳しい場所で生きてます……。でも少なくとも自分は死んでない。向こうの世界の同じつぐみも死んでない。何より……一緒に戦ってくれた3人の記憶があるので、それだけで大丈夫かな。この3人の記憶がある以上、私はまだ強く生きていくことができるよ。
日与子/……うん、うん……!
つぐみ/それに……もしこの孤児院が本当にどうしようもないような場所だったら、私が小さな妹や弟達を連れて、孤児院を出ていけばいい……。そう考えられるぐらいには強くなっていると思います。
間宮/本当に強くなったなぁ……。
つぐみ/そう考えていたら孤児院の職員から「いつまでチンタラやってるんだ!」と怒鳴られたりする。けど、「今行きます!」と気丈に立って戻って行きます。
GM/……という世界線に、つぐみちゃんは行ったそうです。
真知/では……。つぐみちゃんの部屋のテーブルに、ふと見ると見覚えのある綺麗な石があります。
つぐみ/え?
真知/自前のSDを2個残しておいたんだよ。その1個をつぐみちゃんの手元に忍ばせておきました。
日与子/あーっ!?
真知/そのSDには、こんな手紙が添えてあります。

 『もしもそちらの世界でつらいことがあったら、そっちの世界の僕にこれを渡してください。僕の記憶を全部入れました。
 何かあったら僕のもとへ。カフェ・アリスは誰の頼りも受け入れます』


間宮/な、なるほど……!
つぐみ/…………。夜中に人目を忍んで孤児院の電話を勝手に借りて、カフェ・アリスに電話をします。
GM/真夜中にコールすると、すぐにマスターが受話器を取ってくれました。電話先から聞こえてくるのは、ピアノの音色と女性の歌声。そして、マスターの近くで注文をしている男性の声……間宮さんの声だ。
間宮/ナポリタン美味い。
つぐみ/既に注文の感想じゃん!? それちゃんとケチャップ混ざってる!?(笑)
日与子/むーすーんでー、ひーらーいーて〜♪
つぐみ/夜のバーでその歌を唄うの!?(笑)
真知/日与子さん、そういう歌はやめてくださいよー(笑)
日与子/ごめんなさい、ついっ!(笑)
GM/そんな3人の横で、「間宮くん、ちょっと待っててね。おい真知、オーダーだぞ! ……もしもし、こちらカフェ・アリスですが?」というマスターの声が聞こえてきて……。


 アナザーワールドSRS
   『 可能性の卵 』   END





GM/という訳で、『アナザーワールドSRS〜可能性の卵』終わりにしたいと思います。お疲れ様でしたー!
一同/お疲れ様でしたー!
日与子/わあぁ……綺麗なエンディングだった!
間宮/ありがてえ! 良いエンディングだった!
GM/……間宮さんが、プリプレイに話していた『自分で付けるケチャップ』のくだりを話してくれた。伏線回収してくれた!(笑)
真知/ケチャップでも塩でもコショウでも混ぜればみんな美味しいから。
間宮/殆ど料理されてねーじゃねーか!?(笑)
真知/[領域遣い]のメシだから何故か美味いよ。何故美味いのか僕にも判らないけど。
つぐみ/無責任!(笑)
GM/このハンドアウト……PCが記憶喪失ポジションですると、なかなか重いでしょう?
つぐみ/いやー、凄く悩んだよ。だいぶ悩んだ時間も長くなっちゃったね。でも楽しかった! ……私は、この世界に残れなかったな。あの状況だと残りたいけど残れないな!
GM/でもPC1の「残りたい」という意思は絶対に尊重します。あっちの世界に行っても幸せになる可能性はある、絶対に幸せになれないとは言えませんからどんな選択をしてもOKなんだよ……というセッションでした。
間宮/ふ、深い……!
つぐみ/悩んだけど、記憶喪失ロール楽しかったよ!
日与子/うう……つぐみちゃん、強く生きて……。
つぐみ/大丈夫だよ、お母さん。……正直、孤児院の悪い職員はつぐみの≪インドラ≫付きパンチで殴れば勝てる気がするよ(一同笑)
GM/ラストシーンでカフェ・アリスを出してもらえて良かったなー! キャラメの段階で凄く使いやすそうな喫茶店の設定を作ってもらえたのにGMは「旅行をしに行くセッションだから出番が無い!」と悲しんでたのよ。だから、エンディングに出してもらって嬉しかった!
真知/楽しかったです! ≪ソウルデバイス≫と≪パミュートメモリ≫を持ってて良かった〜! 情報収集に特化すると楽しいですね!
GM/……ちなみに、PC1−ZがNPCヒロインだった場合、「実は私はこの世界の子じゃなかったのよ! PC1さん、私はここにいていいの?」というシナリオになっていました。そして【MP】の問題は、NPCとPC1は共有している設定になってました。
つぐみ/つまり、それって……。
GM/クライマックス戦闘後にPC1の【MP】が15以下だったら、問答無用でNPCヒロインが消滅します。PC番号が同じ理由なのも、そういうことです。
間宮/なんだと……そうだったら危なかった! 戦闘終わったとき俺【MP】15点以下だったよ!(笑)
真知/そのルールについて、事前に思い出すことができて良かったよ……(笑) あと、協調行動じゃないとできないAF判定の演出ができて楽しかったな〜!
日与子/水切り勝負! あれ面白かったね(笑)
GM/確かに、膝カックンの≪拷問術≫とか歴史に名が残る演出だったよ(笑) 『シナリオタイプ:パラレル』のセッションはいつかやりたいと考えていたんですが、わりと重くてやれなかったシナリオでした。心置きなくGMができて、素晴らしいエンディングを迎えることができました。皆さん、本当にありがとうございました!




END