アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 『 実家に帰省したら残念な英霊と暮らすことになってしまったんだが 』 2ページ ■
2018年5月19日




 ●オープニングフェイズ3/一&澄華 〜葬式〜

GM/PC2はシーン登場不可の、百恵の葬式のシーンをします。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/はい……。
GM/4月27日。一と澄華は実家で行なわれる葬式に出席するため、27日金曜日から29日日曜日までの3日間を実家で過ごすことになった。
呉用/正月とかに会ってなければ、2人は久しぶりに会うことになるのかな。
一/お互い忙しくて会えなかった気もする。
澄華/ですね、お兄さまに会うのもお久しぶりな気がします。でも時々ラインはしてました。
呉用/澄華お嬢様は……4月から大学生になった18歳だっけ? シーンが4月27日だから入学式を終えてすぐだし、忙しかっただろうね。
澄華/4月に入ってからはご無沙汰してたけど、入学式の写真とかお兄さまにもラインをしてましたよ。
GM/実際に会うのは久々、しかもお互いの格好は喪服スーツだ。仏壇のある部屋に親戚一同が集まっている。お坊さんが来るまで待機しているシーンをしよう。
澄華/澄華は黒いワンピースに黒のヒールのある靴、華美でないパールのネックレスを着けて髪もまとめています。……お久しぶりです、お兄さま。力なく笑いながら近寄ります。
一/はー! 我が妹が美しすぎてつらい! 眉間をぐっと押さえ天を仰ぐ。
GM/美しすぎてつらい!(一同笑)
澄華/お兄さま、お気を確かに!(笑)
一/久しいな、我が妹よ……一層美しくなって俺は、いま眩暈が激しい。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/眩暈が激しい(笑)
一/喪服でなければ喜んでいたところだ。……お祖母さまにも見せてやりたかった。眉をハの字にして笑いながら、頭をぽふぽふと撫でる。
澄華/お兄さまったら……。頭ぽふぽふされて肩の力が抜けます。私も……お祖母さまがご存命のうちにもう一度お会いしたかった。ぽつりと零して、うるうるっと……。
一/存分に泣くといい、今日はそういう日だ。お祖母さまを弔うための日なのだから……誰も責めはしない。隠すように軽く抱きしめよう。
GM/百恵は多くの人に愛されていたのだろう、周囲には涙を呑んでいる人も多い。
一/一も、心の中では、存命のうちに会いたかったという気持ちを抑えて……澄華ちゃんの背中をさすります。
澄華/うぅ……お祖母さま! お兄さまにしがみついてぽろぽろ泣きます。
GM/お坊さんが到着した。皆に礼をして、百恵が入っている棺桶の前に着席。お経が始まる。暫くしてぽくぽくと木魚を叩く中、次々に近しい親族から焼香をする。百恵にとって孫にあたる、君達の親が焼香をしてから……曾孫の君達の番になる。
一/この様子だと澄華ちゃんと一緒に焼香する感じかな?
GM/そう。焼香を行なう君達は、棺桶の中にいる百恵を見ることもできる。
一/一緒に立ち上がって、焼香を終えて、棺桶の前に立つと……綺麗な顔で眠っているようなお祖母さまがいるんですね。
澄華/泣きながらお焼香しました。お祖母さまの顔を見るまではまだ堪えるように泣いてるんですけど……お祖母さまの安らかなお顔を見て、泣き崩れます。
GM/ガタッと泣き崩れてしまう澄華。誰も咎めたりもしない。そんな音を立ててもみんな許してくれる。
一/澄華……。その肩を抱いて、寄り添う。
澄華/お祖母さま……どうして澄華を置いていってしまわれるのですか、もっと立派になった澄華を見てほしかったのに! 途切れ途切れに、嗚咽混じりに……。
GM/ガタ。
澄華/お兄さまに支えられて、なんとか立ってる……。
GM/ガタガタ。ガタガタガタ。
一/え。
GM/ガタン。揺れてる。
澄華/えっ?
GM/地震かな? そう思ったが、地面は揺れてない。
一/な、なんだ?
澄華/白いハンカチで涙を拭いて、仕舞います。
GM/木魚が浮いた。
澄華/ポルターガイスト!?
GM/そう、ポルターガイスト、その言葉が頭に思いつく。木魚がぴょーんと飛びます。
澄華/フライング木魚!?(笑)
一/こらー! 危ないではないか!(笑)
GM/2人とも【反射】で判定をお願いします。難易度は8。あ、ついでに花瓶も飛びます。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/いっぱい飛んでる!?
呉用/範囲攻撃だからってついでに飛ばすな!(一同笑)
一/こらこらこらー!(ころころ)12で成功!
澄華/(ころころ)達成値7……あっ、妖怪いちたりない!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/あっ、危ない!
GM/判定に失敗するとダメージを受けるよ。どうする?
澄華/なら1シナリオに5回まで使える≪ミネルヴァ≫を使用して成功に……!
一/一が澄華ちゃんを庇いたい! まだ供給のチャンスもあると思うし、特技を温存したいなら庇うよ!
呉用/一は未行動状態だよね、だから≪他人をかばう≫を使用できないかな。一は回避成功しているからダメージは1回分でさ。それに重要なことだが、庇うとお兄さまがカッコイイ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/それ重要!(笑) 絵的にお兄さまが庇うのカッコイイよ!
澄華/データ的には庇ってもらうのが一番効率が良いし……。お兄さまのカッコイイところ見たいという欲に屈します!(笑)
一/ありがてー!(笑) 澄華、危ない! 咄嗟に覆い被さるように庇います!
GM/(1D6ころころ)一は防御無視2点のダメージを受ける。
澄華/キャー木魚がー! お兄さまカッコイイ!(笑)
一/ちょっとコブができるぞ!(笑) 軽傷だ、大事ない。それより怪我はないか……?
澄華/私は平気です、ピンピンしてますわ! そして周りを見ます。
GM/周囲も騒然だ。「なんだなんだ!?」「地震か!?」「きゃー! 怖い!」など騒ぎ声を上げる親戚一同。わーわー、きゃーきゃー……だが、そんな慌ただしい中に女性の声が響く。「落ち着け! 地震があったときどうしたらいいか小学生でも判ることだろう!」 周囲をピシャンと叱りつける女性がいた。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/おおっ?
一/なんかカッコイイ人が出てきた……?

 神木 麗子(かみき・れいこ)
 古川財閥の一つ・出版会社を営む神木家の代表者の女性。神木出版の女社長。『悔いなきセレクシオン』に登場(中の人:しゅうら)。
 魔術師としても高名な腕を持ち、教会でも重要な任務を受け持つエージェントとして活躍している。百恵とは旧知の仲。
 なお、契約しているサーヴァント・ハルカ(中の人:MUMA)と彼女の息子・ナツメ(中の人:しゅうらは高坂からの依頼で現在グランドキャニオンでの異端退治に轟剛と行ってるとかでこのセッションに登場しない。コロラド高原で頑張れ。


呉用/神木麗子!? 英霊召喚の説明の際に名前が出てきたのは伏線だったのか!(笑)
一/我がPCであったかー!? って、ナツメ達がコロラド高原に行ってる!?(一同爆笑)
澄華/(←ハルカの中の人)ママン! 世界一綺麗だよ! ってハルカもグランドキャニオンに行ってる!?(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/わー、クール系美女だー。べっぴんさんだー! 姫とはお知り合いであらせられた!
GM/彼女は≪ヒュプノスの枝≫を使用。一時的に全員を催眠状態に陥らせた。本来は眠らせる効果の特技だが、一同を落ち着かせるために使用したことにする。地震とは思えないような異常事態だったが麗子の巧みな催眠により、周囲は強制的に落ち着いていく。
一/うおおイケメンだ! GMが演じる麗子がイケメンだ……(笑)
呉用/このGMは気の強い女が好きだしな。
GM/おうよ。なお、もし一と澄華が教会のエージェントとして登録していて、【理知】判定で難易度6に成功したなら、麗子のことを知っていてもいい。
呉用/麗子さんは表の顔である社長としても、裏の顔である禁書を管理するほどの高レベルエージェントとしても有名人だからね。
澄華/澄華は「お祖母さまのような立派な能力者になる!」が目標なので、退魔組織には身を置いているに違いない。【理知】判定します。(ころころ)達成値12で成功!
一/一は[イレギュラー]でキャラメした理由が「教会に所属してなさそう」だったので、静かに澄華ちゃんの判定を見守りますよ。
GM/では澄華は「彼女が教会のエージェントであり、高位の魔術師で霊媒師でもあり、こういったトラブル対応に長けた人物である」と説明できる。
澄華/麗子さんに圧倒的な手腕に信頼の眼差し……!(笑) お兄さまに耳打ちします。あの日とは教会の、凄く強い能力者のお方よ。
一/おお、なるほど。知識も豊富で気遣いもできる我が妹は最高か。
GM/そして何故か上がる澄華への好感度。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/とどまるところを知らない好感度(笑)
澄華/澄華は麗子さんの著書で普段からエージェントとしての対応をお勉強しておりますの! 混乱が収まってほっとします。あのままパニックになっていたらと思うと恐ろしいし……。
一/強制的でもこの場が落ち着いて良かった……ほっと胸を撫でおろすぞ。
GM/麗子が魔法を使うとポルターガイストが落ち着いていく。一時的催眠状態も解き、葬式は何事も無く続いていく。火葬場へ行き、故人を偲んで会食をし、お骨を拾い、お墓に骨壺を埋めにいく……普通の流れに戻っていった。
一/一時期の混乱はあれど、何事もなかったように葬儀が進んでいく……。お祖母さまが火葬されていくのをただ見守ります。
澄華/はい……。お祖母さまから貰ったプリザーブドフラワーのお花と同じお花を折り紙で折ったものを持参しました。それをお祖母さまの棺に入れます。……澄華との思い出も持っていってくださいましね。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ふぇ、贈り物のお花と同じお花を持ってきたんだ……。
澄華/先程の混乱があって冷静になれたので、澄華は落ち着いてお別れの言葉をお祖母さまに掛けられました。やっぱり泣きながらですが……取り乱すことなくしめやかにつつがなくお葬式に参加します。
一/澄華ちゃんがお祖母さまに声を掛ける姿を横で見守りながら、小さくなったお祖母さま、もとい骨壺を眺めて……目を伏せる。
GM/君達の親が中心に進め、百恵は一族の墓へ入っていく。100歳という長い時間ずっとこの家で住んでいた百恵は、永遠の眠りについた。お墓には、実の息子娘、そして彼女の旦那の名前も刻まれている。安らかに眠れることだろう……。特に意見が無ければ、これにてオープニングフェイズ3は終了です。
呉用/……波乱の葬式だったが、つつがなく終わった。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/一部トラブルはあれども……。
澄華/木魚のダジャレをひねり出せなかったことに悔いが残ります。
GM/≪−50シリアス≫は休暇に出たんだよ!(笑)
呉用/きっと有休とったんだよ、≪−50シリアス≫さん。
一/まさかナツメ達と一緒にコロラドまで行ったとか?(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/お葬式のシーンだもの、仕方ないよ。≪−50シリアス≫さんのコロラド土産を待とう。
澄華/≪−50シリアス≫がコロラドに着いたころだぞ〜。
呉用/審議中。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/シーン外で回収した!?(笑)
GM/結局ダジャレ言っちゃうし! ノルマセーフしてるし! 「審議中」もノルマになってるじゃねーかよ!?(笑)
呉用/フッ……さすがですよお嬢様。呉用は吐いた血が付いた唇を拭います。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/呉用どの、ケチャップ拭いて拭いて。
澄華/ちょっと強引だったので審議の結果これは敗訴ですね。
GM/判定が難しいな!?(一同爆笑) あ、最後にこのシーンのイベントキーを全員に配布します。

 『イベントキー:第一のポルターガイスト』
 4月27日、18時に起きたポルターガイスト。
 飾っていた大きな花瓶が飛び、親戚一同が襲われ、怪我を負うところだった。 幸いその場にいた神木麗子によって騒ぎが落ち着いた。


一/第一の……。第二第三のもある予感?


 ●オープニングフェイズ4/全員 〜出会い〜

GM/翌日、4月28日土曜日。本家で一晩を過ごした一と澄華は次の日の昼を迎えた。12時過ぎ、2人だけでいるシーンを作りたい。場所は工房以外でどこに居そう?
一/中庭とかに居たら美しいかな。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/いい感じの綺麗な日本庭園がありそうだね。
澄華/では昼食を食べた後、お母様達に気遣われて後片付けを免除された澄華は中庭に向かいました。
一/父母や親戚に混じって話をしてたけれど、中庭に向かう澄華ちゃんの後ろ姿を見かけて、その後を追います。
GM/葬式から一晩経った訳だが、澄華の心境はいかに。
澄華/腰を下ろして立派な本蔵の中庭を眺めていますが、心ここにあらず……。まるで心にぽっかり穴が空いたみたいな気持ちでぼーっとしています。
一/美しい中庭がさらに美しい妹と相まって一枚の絵画のようだ……と心の底で感嘆しますが顔には出さずに、隣に腰を下ろします。
澄華/お兄さま、心情ロールが激しい(笑)
一/澄華。少し、目が腫れているな。……目の下に触れます。
澄華/……隠したつもりだったのですけれど、お見通しですのね。澄華のお化粧はいつもよりちょっと厚い。
一/大事な我が妹の一挙手一投足、たとえ肌の変化に至るまで見逃すものか。
GM/ガチだな、お兄さま。
一/ロールしてたらガチになってきました(笑) ……お祖母さまがいなくなって心に穴が空いたかのよう、そんな顔をしているぞ。
澄華/本当にお見通しですのね、お兄さま。心情を言い当てられてビックリ澄華。まだ受け止められませんの、お祖母さまにもう会えないなんて……とションボリ澄華。
一/可愛いが過ぎてノーベル平和賞を授けたい。
澄華/ノーベル平和賞を授けたいと述ーべるお兄さま。
呉用/スライディング滑り込み審議中。
GM/シリアスでもダジャレは忘れぬ澄華。あと審議中にバリエーションつけるな!(笑)
一/おかえり≪−50シリアス≫(笑) 受け入れらずとも、それは自然なことだ。あんなに元気だったお祖母さまが急に亡くなるだなんて誰も想像だにしなかっただろうよ。
澄華/お祖母さま、きっと120歳まで生きてらっしゃるってみんな思ってたに違いありませんわね。
一/……今もまだ、あの工房で笑いながら書を読んでいる、そんな気さえするものだ。
澄華/懐かしい……。あの工房も、暫く遠退いておりましたわ。
GM/そんな2人のもとに、神木麗子が現れる。(麗子になって)「兄妹水入らずのところ、すまないな。昨日はお疲れ様」
澄華/ハッ、麗子さん!? ごきげんようでございます!
GM/「加古。君はうちの息子と以前仕事を一緒にしてくれたな。息子から話を聞いていたから覚えているよ」
呉用/澄華お嬢様、ナツメくんと一緒にセッションしてたのか(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/キャラクターレベル7だしレベル的に納得だよ(笑)
GM/「そして加古とその兄も優秀な能力者だったと、百恵さんから聞いている」
澄華/まさか「神木さんなら噛み切れる♪」というダジャレの犠牲にした思い出話を?
GM/なぜそうもダジャレ連発できるんだ?(笑)
一/麗子はダジャレに弱そうなのでそれを聞いたら腹抱えて笑って帰ってこなくなりそう。
GM/麗子さん、ダジャレに弱いのか(笑)
一/頭を下げます。……昨日はお世話になりました。
GM/「ああ、そうだ。私は……昨日の話をしにきたんだ」
澄華/あの……麗子さんはお祖母さまと知り合いだったんですか?
GM/「百恵さんは優秀な魔術師だった。たくさんの魔導書を集め、特に召喚魔法についての研究者だ。私がまだ召喚に関してヒヨッコだった頃、彼女が執筆した論文を読んだ。感銘を受けた私は彼女と会い、意気投合して年賀状を送り合う仲になった」
澄華/麗子さんにぶれいこう♪ しません?
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/追い打ちは基本。
一/麗子ならブハッて笑いますよ! 座布団を複数枚あげねば!(笑)
GM/「百恵さんはww優秀なww魔術師でwwwww」 正しくキャラロールするなら こうすか。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/めっちゃ笑ってる!(一同笑)
GM/「……私はあのときのポルターガイスト、良くないものに思えた」
一/良くないもの、とは……?
GM/良くないもの……。いや、違う。
澄華/ダジャレがウケて気を良くしますが、忠告に身を引き締めます。
GM/「私はwwwあのときのwwwwポルターガイストwww良くwwwないものにww思えwwたwwww」 こうだな。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/そこ訂正するの!?(一同爆笑)
一/なかなか草原から帰ってこれない麗子!(笑)
GM/草生やして話すの大変だから普通に話していい?
呉用/普通に話していいよ! なんでわざわざ草を生やしたの!?(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/芝刈り機ウィーンするし! 除草剤を撒いときますね!(笑) お庭は吾輩に任せろー!
GM/ドルタが大草原を刈る仕事をしてくれた。「……召喚術について研究を続けていた彼女だ。だからこそ判る。彼女は多くの霊を使役していたし、きっと多くの従者を持っていた筈だ」
一/はい……。
GM/「そんな彼女が死んだ後に起きたポルターガイスト。もし悲しんでいる霊が彼女の死を嘆き起こしたという可愛いものなら、その場で霊媒師の私が捕まえて慰めてやったさ」
澄華/確かにお祖母さまはたくさんのサーヴァントを従えていました……。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ハーイ。
GM/「しかし、姿すら見せなかった。それどころか攻撃的な動きだった……私にはあれが直感的に良くないものに思えてしまった」
呉用/「おばあちゃんー! 死んじゃったのー! エーン!」で暴れていた霊である可能性……と、そうじゃない可能性があるのか。
GM/「このまま帰っては気が済まない。あのポルターガイストの原因を探りたい」
一/……なるほど、昨日の騒ぎの要因はお祖母さまの召喚した霊によるもの。あの方を思っての攻撃であるならば、なおさら捨て置けぬ。そうでなくても、だ。その原因を探るのに協力させてはいただけないだろうか?
GM/「むっ。協力しろとこちらから言う前に言ってくれるのだな」
澄華/私も! お手伝いさせてくださいまし! あの可愛い使い魔ちゃん達が暴れていたのだとしたら困る……そうでないものだとしたら、もっと困る! 間髪入れずに澄華も名乗りを上げます。
GM/「……百恵さんの曾孫は良い子だと知っていたが、なるほど、これは自慢したくなる」
澄華/お祖母さまの使い魔達とは、私達も幾らか面識がありますわ。……放っておけません。
一/きっと、お祖母さまの餞にもなるだろう。即決で頷く我が妹が可愛すぎて頭をなでなでしながら言います。副特技で≪+50妹がめんこい≫を取るべきだった。
澄華/撫でられながらキリリと言います(笑)
GM/「実は……数十分前にも、さっきと似たようなことが起きた。連続しているんだ、あの突如として物が動きだす事件がな。だからこそ早く解決したい」

 『イベントキー:第四のポルターガイスト』
 4月28日、12時に起きたポルターガイスト。
 百恵の寝室を片付けていた親戚一同が怪我を負うところだった。


ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ん? 第二と第三を飛ばして、第四?
GM/うん。誤字ではなく、第四です。どうやら今までに複数回あったらしいよ。
澄華/な、なんですってー!? 私が離れている間にそんなことが!? ますます放っておけませんわね!
一/このままでは死傷者が出かねん。速やかに解決せねば。
GM/「お前達は、この本蔵家で霊が居そうなところ……どこか百恵と従者達に縁がある場所に心当たりはあるか?」
澄華/……あ。お兄さまを見ます。
一/澄華ちゃんと目を見合わせて、ゆっくり頷きます。……工房がある。
澄華/工房へ行ってみましょう! ご案内しますわ!
GM/「あるのか、では……」 そのとき、麗子の携帯電話が鳴る。社長である麗子は多忙のため普通に仕事の電話だ。「すまない、先に行ってみてくれないか」という訳で、PC1だけでPC2のいる工房に行こう。麗子はシーン退場します。
澄華/そりゃ麗子さんはご多忙ですよね!(笑) 了解でーす!
GM/一と澄華は工房へ向かう。本宅から少し離れたところにある、百恵の趣味の小屋へ足を運んだ。
澄華/お兄さま……。お祖母さまが亡くなって、工房の使い魔ちゃん達はどうしているのでしょう?
一/契約が切れて時間が経っていれば消滅の危機に晒されている筈だが、いかにしているか……。
澄華/24日の夜に亡くなって次の日に通夜、お葬式、そしてさらに翌日の今日……結構ギリギリのギリですね。
GM/アーチャーの英霊が持つ≪+50単独行動≫が無ければ、マスターからの魔力が切れているため3日で消滅してしまうだろう。英霊2人はそのような状態で工房にいる演出をしてくれ。
呉用/草刈りしてる場合じゃないな?
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/魔力切れの心配はあるけれども……も自分達しかいないので工房の周囲のお掃除をしてるかも。そんな感じで草刈りしてます。
一/本当に草刈ってた!(笑)
GM/では……魔力が切れかけでお腹がぐーぐー鳴らした幼女が、工房の前でお掃除をしている。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/さすがに鼻歌まじりとはいかないけれど無心でやってれば気が紛れるもの! 気分転換にもなる!
一/ギリギリのギリの状況下で鼻歌を歌いながら草狩りとは、なんと豪胆な!(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/焦っていても仕方なし! いつものことをして気分を落ち着けてます。呉用どのも誘えば良かったかなー……ぐーぐーなるお腹を摩りながらお庭の草を毟ったり刈ったり!
GM/いつものことをしているドルタ。一達の目には、そんな……見たことのない女の子の姿が映った。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/む? ……そなたたちは何者だ? 首を傾げて、武器である草刈り鎌をすっと置く。礼儀なので。
澄華/ああっ、騎士様! 好き!(笑)
一/かわいいオブかわいいが天元突破って感じだな!(笑) 我々は百恵お祖母さまの曾孫にあたる者。……君は、彼女の英霊か?
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/曾孫と聞いてパァッと表情を明るくする!
澄華/かわいい!(笑) 曾孫の一と澄華です。貴方とお会いするのは初めてね?
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/うむ! 姫の曾孫とな!? そうかそうかぁ、話には聞いていたぞ! 我が名はドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ……のオルタでリリィだ! どやーん!
GM/どやーん(笑)
澄華/まあ! あの高名なドン・キホーテの! ……オルタでリリィ? 理解するのに3秒かかります。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/姫の英霊だぞ!
一/ほう! 愛い! 愛いぞ!(笑) ドルタ、ドルタと呼ぼうではないか!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/3秒で理解してくれるスミカどのと、縮めてドルタって愛称つけてくれたハジメどの嬉しい(笑) ちなみに工房の中にもう一人いる!
一/他にも英霊がいるのか、それはお会いしたい!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/他にも色々チョコボとかスライムとかラビとかジャックフロストとか、使い魔も盛りだくさんだ!
澄華/まぁ、チョコボさんにスライムさんもお元気にしてらっしゃる!? 懐かしさで興奮気味(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/うむっ、皆元気にしてるぞ! ここで立ち話もなんだから工房に案内しよう!
澄華/私達が顔を出さない間に人が増えて賑やかになりましたのね〜。
GM/呉用は工房の中で何をしてるんだ? ドルタみたいにいつものことをしてるのか?
呉用/いつものこと、いつものこと……? えーと、ユーチューブに投稿してます。
GM/なんで!?(一同笑)
呉用/「ハローユーチューブ! どうも〜呉先生です〜! 今回は〜『エリート騎士の心を折る方法パート3完結編』講座です! 最近オフが多忙で更新できなくてごめんね〜!」
GM/パート3!?(笑)
一/この軍師、滑らかに喋る!(笑)
呉用/いやだって魔力切れで昇華されるかもしれないし、ニコ動で「うp主失踪シリーズ」タグを貼られたくないのでシリーズもの動画完結編を作ってます。動画投稿者の鑑でしょう?
澄華/確かに動画投稿者の鑑ですけども!?(笑)
一/今わの際でやるのが動画投稿か!(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/思ったより元気じゃねえかよ!(笑)
呉用/エリート騎士の心を折って拾い上げて我が物にするのは得意技だからな。オークとか飼うよ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/そしてうっかり逃がす。
澄華/オークを多く飼う。
一/ダジャレが……加速する……ッ!(笑)
呉用/なお何もしてないと落ち込んで首吊りしたくなるから、いつもやってる動画投稿で虚勢を張る呉用です。
GM/強がりかよ……こいつ、主人の墓の目の前で首吊るからな(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/それは……なんか、やってて(笑) 呉用どの、客人だぞぉー!
澄華/お祖母さまの工房……なんて懐かしい! 椅子もあのときのままですわね! 工房にログインしました。
一/ふむ、ふむふむ! 懐かしき工房よ! ニコニコとドルタちゃんを抱えて工房に大股でイン!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/わぁ、大儀であるー。抱えられて入りますね!(笑)
呉用/おや? 録画スイッチオフ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/呉用どの! 姫の曾孫さん2人だ!
呉用/……お会いできて嬉しいです。お噂はかねがね、一様に澄華様ですね。
一/なんと、こちらも既知であったとは恐れ入る。
澄華/おっしゃる通り、一と澄華にございますわ。スカートを摘んでお辞儀。
呉用/これはこれは……なるほど。魔力の質があの御方と同じだ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ほむー。呉用どのはそういう感覚が聡いよな。ドルタは魔力の質を見るという器用なことができない〜。
一/名は、なんと?
呉用/失礼。かつては智多星と呼ばれておりましたが、ここでは呉用とお呼びください。右手を左手で隠して中国式のお辞儀。
一/ほう! 『水滸伝』で読み聞いたことのある名ではないか!
澄華/呉用さん達にご用があって参りました♪
一/毎シーンきちんとノルマをこなす我が妹の健気さに目頭を押さえて声を詰まらす。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ハジメどの、どうした? 目が痛むのか? 目頭押さえた姿に心配げ。
一/なに、案ずるな……この世界において揺るぎない妹の可愛さに感謝を捧げたまでのこと。そしてドルタも愛いな……お小遣いの代わりにマーブルチョコをあげよう!(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ハジメどのお菓子くれるのか? ありがたい! もぐぅ!
呉用/…………。澄華様……今、何と?
澄華/呉用さんにご用♪ 自信満々意気揚々お目々きらきら。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/スミカどのはなかなか洒落の聞いた御仁ではないか!
呉用/…………。
GM/ダジャレとノルマに厳しい呉用。
澄華/追いダジャレします。ドルタさんを捕まえておくのは手間どるた〜♪
呉用/チョコボとラビとスライムとジャックフロストを呼んで「どう思います?」「いやあれは……」「この場で現行犯逮捕……」「採点は500点満点中……」「可愛いから良くね?」と澄華様のダジャレに真剣議論開始します。
一/全員で議論してる!?(笑)
澄華/スライム発すライムを♪ 審議中にダジャレを思いつくまま追加します!
呉用/そして頭を使い過ぎて魔力が切れて全員で消えかかります。
澄華/えっ。
GM/勝手に消えたぁ!?(笑) い、いや魔力切れを起こしているから何とかしないと全員消えるというハンドアウトではあるけど!?
呉用/ダジャレの議論に疲れて昇華されていく英霊達。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/マーブルチョコを頬張っていたら同僚が消えてた。
澄華/お待ちになってぇー!?(笑)
一/ええい! さっさと契約だ! 消えかけた呉用たちに手を伸ばし咄嗟に掴む!
呉用/おっ、特に何も悩まず手を掴まれた。
一/契約の意志は!?
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/咄嗟に掴まれるとさ。
呉用/掴み返しちゃうよね。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ね。
呉用/ね。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/はっし!
一/なんかのんびりしてるな!?(笑)
澄華/ぎゅー!(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/此度の現世で最後に食べたのはマーブルチョコになるところだったが……そなたら、吾輩達の新たなマスターになってくれるのか?
澄華/なります! なるわ! あっ、マスターになりますたー。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/この極限の状況でもダジャレを言う!(一同笑) 吾輩は……ある! 契約の意志、あるぞ!
澄華/咄嗟に契約します!
呉用/ぎゅっと手を掴まれただけでも一様から魔力が流れ込んでくる。……百恵様はもういない。僕はここにいる必要は無く百恵様と共に死ぬ、それが当然だと思っていましたが。百恵様と同じ魔力、心地良いですね……。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/縁は、巡るか。早速だな。にへ。
呉用/……懐かしさに物欲しくなってしまって、ぎゅっと掴み直して、契約の意思表示をします。
一/その意気や良し! 我が曾祖母の意志を継ぎ、契約者とならん! 手に力をこめる!
澄華/契約台詞の対比がヒドイ2018。
GM/ドルタ、呉用、どちらもオーケーサインと見た。PC2は、PC1と契約を行なった。契約完了。PC2は昇華の危険性は無くなりました。
呉用/……おや、うっかり契約完了しちゃいましたね。突然の契約で申し訳ございません。以後貴方達をマスターと認めますので、どうぞ今後ともよろしく。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/よろしく頼む、新たなマスター。騎士として、誠心こめて、そなたたちに仕えよう……なにせ、まだ草刈り済んでないしな!
一/プレゼントボックスから出てきた鯖みたいなセリフだ! きゅんきゅんくる!(笑)
澄華/呉用さんにご用(周回につれていく)ですね、これは!
呉用/魔力充分な状態なので審議中ができますね。ダジャレに負けたら昇華の光を纏いそう。毎度ラビがいち早く笑って毎度昇華されそう!
澄華/ラビさんがひかラビる前に回復しなきゃ。
呉用/ねえ先生! ラビが息をしてないの! 笑い過ぎて!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ラビがんばれ。AEDをスッと用意。
澄華/AED? え〜いいで〜。≪ミューズ≫があるもの!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/追いの追いダジャレが来たぞー! 防空壕に駆けこめ〜!(笑)

    ◆

GM/呉用とドルタが契約し、昇華の可能性は無くなりました。他のスライム達も契約シーンを省略しますが昇華の可能性が無くなったことにします。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/やったー!
澄華/ヤッタネ! 昇華しようか? いいえ、させません。
呉用/スライム達が怯える瞳で審議中。
一/瞬時にダジャレが出るとはさすがすぎる……!(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/秒だったよな!(笑) 呉用どのも木槌カーンカーンで開廷してるし……。みんな良かったなー、マーブルチョコをお裾分けだ!
GM/「ぽりぽりぴきー!」「がりがりくぇー!」「ちまちまぴー」「びゅおおおおお」 吹雪でマーブルチョコを凍らすヒーホー。
呉用/1匹だけアイスにしやがりましたね。
一/マーブルチョコアイスとはまた美味そうな!?(笑)
GM/「ばーちゃんの食べてたあずきバーより硬度は低いヒホ」
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/あずきバーの硬さは武器だ(笑)
澄華/あずきバーより柔らかいなら安心ね!(笑) スライムさん達が消えずに済んで良かったわ。ふーっと額の汗を拭います。
GM/さて咄嗟に全員契約をしたが、落ち着いた後に何故ここに来たかなどを説明することだろう。
一/かくかくしかじか。
澄華/ということなんですの!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/まるまるうまうま。……おーい、そなたらー。イタズラしたものはいるかー?
GM/ドルタの問いかけに一同は首を振る。首が無い奴も首を振る。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/概念で首を振った。

呉用/皆さんやってないんですね。そもそも我々は基本的に工房から出られません。
GM/そう、出られない。判定をしなければ基本的に。オープニングシーンのドルタは気合で出たぐらいだ。
一/……では契約していない、何者かが事件を起こしていると?
呉用/契約していない霊……。英霊である我々に心当たりは?
GM/呉用、ドルタには無い。ここにいる4匹と2人が百恵の配下だった。全員この3日間もずっと工房にいたぞ。
澄華/みんな3日間はここにいたのですね? でしたら互いのアリバイは証明できる……契約外の何者かが……一体何が? 名探偵ムーヴをします。
呉用/ダジャレ探偵。深夜番組臭がする。
澄華/番組時間は30分しかないのにダジャレで15分尺を取るダジャレ探偵澄華。
GM/主演はMUMAさんしか考えられないやつだ(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ふむ、良からぬものが迷い込んできたのかな……。不届きにも程がある!
呉用/百恵様の眠りの前を騒がすなんていただけません。純粋に腹が立ちます。立った腹の代償に腹パンしなければ気が済まない。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/呉用どの、吾輩の分も残しておいてくれるとありがたい!
呉用/もちろんですとも。軍師の僕の本業ではないですし、腹パンのクリティカル値下げならお任せください。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/騎士道で思い知らせるためにも探索に入ろう! 騎士には冒険が付き物だからな! ふんす尻尾ばふばふばふっ!
澄華/英霊のお2人、なかなか過激派でいらっしゃるのね……(笑)
一/元気なのは良いことだぞ!(笑) 上げて上げていくぞ! からっとな!
呉用/……審議中……?
澄華/うまい座布団1枚! さすがですお兄さま!
一/ふははダジャレの師である我が妹に褒められるとは恐れ多いなあ!(笑) 高速で頭を撫でてドルタの尻尾もモフる!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/くるしゅうないー!
GM/百恵の葬式に起こったポルターガイストの謎を解決するべく、4人は協力することを誓い合う。ミドルフェイズの説明にいき……。
澄華/出会った日は今日だとしてもお祖母さまを想う心は同じ、なんとしても解決致しましょう! くよくよしてちゃ供養になりませんもの!
呉用/シンギチュウッッッ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ダジャレの切れ味も審議中のバリエーションも凄いよな。
一/ダジャレと審議中の掛け合いがたまらんですね!(笑)

【ミドルフェイズのルール】
 目的は、ポルターガイストの原因究明と発生原因の処理。じゃないと怪我人が多発する。
 協調行動は無し。供給は1シナリオ1回まで、シーンの最後に行なえる。

【タイムチャート】
 4月28日の12時すぎから情報収集がスタートする。
 2シーンが経過すると4月28日18時になる。さらに2シーンが経過すると4月29日0時。1シーン3時間、2シーンで6時間経過という計算。
・1シーン目:28日12時以降
・2シーン目:28日12時以降
・トリガーイベント1
・3シーン目:28日18時以降
・4シーン目:28日18時以降
・トリガーイベント2
 PC2の英霊達は基本的に工房からの外出は禁じられている。『イベントキー:百恵の令呪』がある限り、【意志】判定難易度8に成功しなければ行動できない。
 シーンの最初に判定を行ない、もし失敗したら、そのターンは何もできない。出ようとしたけど体が重くて使い物にならなかったというシーンになる。別の行動を選択することもできない。

【AF判定リスト】

『AF判定:本宅にて「私室の捜索」』
 ・使用能力値:【知覚】【幸運】
 ・難易度:25

※「百恵が寝泊まりしていた私室の捜索する」演出に成功すること。成功した場合、百恵の私室であるものを発見する。

『AF判定:本宅にて「親戚との会話」』
 ・使用能力値:【理知】【幸運】
 ・難易度:20

※「親戚と話をして百恵の情報を得る」演出に成功すること。成功した場合、百恵の過去が判明する。

『AF判定:工房にて「工房の捜索」』
 ・使用能力値:【知覚】【意志】
 ・難易度:25

※「工房の中を捜索する」演出に成功すること。成功した場合、工房で英霊達が知らなかったあるものを発見する。

『AF判定:工房にて「魔導書の検索」』
 ・使用能力値:【理知】【意志】
 ・難易度:50

 ・クラスが魔術師なら難易度:25
※「百恵の研究について調べる」演出に成功すること。成功した場合、研究成果が判明する。


呉用/AF判定は場所ごとに設定されているのですね。英霊が工房以外に出るためには【意志】判定で難易度8に成功しなければいけない、でしたっけ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ドルタの【意志】は5ある。
一/意志の強い騎士だ。
呉用/幼女は強い。呉用の【意志】はなんと4です。ドン・キホーテより低い。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/呉用どのはインテリ執事だから【理知】とか【知覚】が高そう!
呉用/ふふふご存知ですか、僕の一番高い能力値は【体力】5です。この呉用は過労死しない程度に寝ないで戦術練って寝ないで戦場立ってなおかつ寝ません!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/寝て!
GM/寝ろ!
澄華/寝ましょう!
一/寝てほしいなぁ〜!
呉用/ふふふ、もう皆さん仲良しになりましたね。ホッコリ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/呉用どのだけ満場一致してないんだけどなぁ!?(笑)
澄華/呉用さん、ギャップの男……お布団かけなきゃ(笑)
呉用/お嬢様にお布団をかけられたからには、大事に保管しないと。
一/保管しないで使ってくれ!(笑)
澄華/この布団、呉用さんが寝るまで呉用さんの方に吹っ飛んでふわりとかかる言霊を仕込んでおきました。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/布団が吹っ飛んだだ!(笑)
呉用/封印されし布団が吹っ飛んだを今こそ使う時!?(笑)
一/スタンダードなダジャレにこんなに優しい思いやりを仕込むとは、我が妹の才能たるや恐ろしい……(笑) 無難にいけばマスター組が本邸、英霊組が工房探索をした方がいいかな。
呉用/いや、1つだけ工房のAF判定で「[魔術師]クラスなら難易度半減」というものがあります。この卓では[魔術師]は一お坊ちゃまだけなので、出来れば貴方に行っていただきたい。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/うむ……ハジメどの、姫の魔法書を頼みたい! 調べ終わったら一緒にお掃除の続きも頼む!
一/任せてくれ、ドルタも期待している!
呉用/呉用は本宅の私室捜索に向かいましょう。親戚をあたるのは澄華お嬢様にお任せしたいです。
澄華/ですよね。澄華が親戚との会話の判定にいきます。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ドルタは工房探索で! 場所は違えど探索おそろ、吾輩の名に掛けてきっちりこなしてくれよう!


 ●ミドルフェイズ1/一 〜謎〜

一/頼まれたならば断わる理由はあるまい。一番最初のシーンは俺からいきます。
澄華/桶持ってオッケー♪ お兄さまお願いします♪
GM/桶どこから出てきた。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ウズマキかな?
呉用/ウズマキなら仕方ないな。呉用も審議中の看板をウズマキから出します。
澄華/ウズマキに審議中看板が!(笑)

『AF判定:工房にて「魔導書の検索」』
 ・使用能力値:【理知】【意志】
 ・難易度:50

 ・クラスが魔術師なら難易度:25
※「百恵の研究について調べる」演出に成功すること。成功した場合、研究成果が判明する。


呉用/一お坊ちゃまは百恵様の血を引いた魔術師ですから魔導書の知識は完璧でしょう、すぐさま探してきてくれると信じています。まあなに、大勢がサポートしてくれる筈ですよ、最強の英霊集団がおりますからね。あ、フラグ立てておきました。
GM/流れるようにフラグを立てられた。
一/一級フラグ建築士の名は伊達ではないな……!?(笑)
澄華/ここは残念卓ではなく完璧卓ですよ!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/言霊が強い。我ら完璧卓の英霊! +50めげない!(笑)
澄華/カンペ見て完璧に解決しましょ♪
呉用/みんなでオーイェスと円陣を組んだ後に「よーし! みんな! 審議中ー!」
澄華/あっ、カンペ気にして完璧に事件解決♪ 審議するならこっちにしてください。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/指定が入った!?
呉用/この番組は審議中の提供でお送りしております。
GM/さらっとダジャレが入って、変化球の審議中がくる……この卓テンポ、凄いな?(笑)
澄華/もっと字数を重ねられると言ってから気が付きました。精進が足りませんね。
呉用/私もすぐ審議中ができるようにしないとですね。精進が足りません。
一/2人とも日々研鑽を積んでいる!?(笑)
GM/お前ら何の対決してる……ダジャレと審議中の猛攻は止まらない(笑)
澄華/ダジャレのストックはもうこーんなに! 猛攻だけに!
呉用/八嶋智人「猛攻だけにもうこーんなに。これって審議中になりませんか?」 高橋克実「実際にやってみた」
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/追いダジャレと迎撃ぢから、凄くない?(一同笑)
一/と、とりあえず! 一はお祖母さまが日々研究し書をしたためていたことを思い出すぞ、≪賢者の脳髄≫!
GM/ありがとう、シーンを一が始めてくれた。
澄華/ダジャレですねッ!?
GM/ちがっ!?(一同爆笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/やべえ、GMもダジャレに侵食されてる。
一/このセッションはどんどんダジャレにまみれていく!(笑) 確かこの辺りに……と、色々な雑貨でごった返す部屋の奥までするする反射で進んでいく、≪ヘル≫。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/壁いっぱいに本棚、書物や文献がぎっしりしてそう。一角が簡易の書庫みたいになってるかも。
一/異国の言葉や魔術に関連した内容……タイトルから読めるものや全く判らないものもあるな。頭を悩ませるが知識や根気で本をカテゴリー別に選り分けるなどしてみるぞ、≪オールラウンド≫。本が本当に多い、でもめげない。澄華のダジャレがうつったな。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/妹さんの影響が出てる。
一/影響力も人一倍あるとは我が妹がこの世界を席巻する日も遠くはなかろう、≪強化手術:意志≫。
澄華/ふぁぼ。
呉用/妹愛が激しい(笑)
一/何故なら妹は天才で可愛くてウィットに富んでいてとにかく可愛いのだ! 聞いてもいないであろうスライムに語り掛けます、そして納得させておきます! ≪+50人を納得させる≫!
澄華/スライムちゃんが洗脳されていく(笑)
一/本棚はこの一角だけではあるまいな。才能に溢れたお祖母さまのことだ、大切な本は素人には判らないよう隠しているだろう……。魔術の痕跡を用いて本が隠されていないかを探します。すると巧妙に隠された本棚を発見するのだ、≪幻惑の衣≫!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/隠し本棚だ!
一/隠されていた本棚、重要な文献がたくさん隠されており、中には歴史の裏側に関連する本もぎっしり詰まっているではないか。これは期待が持てるな、≪ヒストリアー≫! ここで一服……先ほど呉用さんが淹れてタンブラーに詰めてくれた紅茶を飲んで一息入れます。休憩は重要だぞ、≪興奮剤≫!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/呉用どのの紅茶はとっても美味しい。
呉用/ふふふふふ、どこかで褒められている気がする。さすが僕!
一/先は長いが終わりは見える! 意志を体力に変えてお祖母さまの研究分野を書籍の内容から絞り上げていくぞ、≪心身置換≫!
GM/うまい描写だな。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ハジメどののAF判定は堅実さや真面目さが窺えるよな。
一/む、さすがに天井に近い本棚は届きにくいな……。あの本を取ってはくれないだろうかとチョコボにお願いします。ちょっとくらい飛べるだろ! チョコボだし! ≪ネゴシエイト≫+≪紅蓮の指≫!
呉用/はじめ知ってるか。黄色いチョコボは、ちょっとしか飛べない。
一/マジか。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ちょっとならいける。頑張って!
澄華/チョコボだけにチョコっと飛べるかも!?
呉用/チョコボが「シンギチュウ」と書かれた葉っぱを咥えてプレゼント。プレゼントは獲得チェックの基本です。
一/羽があるのだ! 飛べるぞチョコボ! チョコっとで良い! その才能を超越してみせよ! スーパーチョコボとなるのだ、≪幻想式≫!
GM/「くぇー!」 ぱたぱたぱた! じたばた!
一/特技を10個使って『現在難易度:5』になりましたかね。一の【意志】は5あるので、このまま振れば成功する筈!(ころころ)達成値11、スーパーチョコボが良い本を持ってきてくれた!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/おみごと!
澄華/さすがです、お兄さま!
GM/おめでとう。ではスーパーチョコボになった結果、情報が判ります。

 『AF判定:工房にて「魔導書の検索」』で判明する情報。
(1)工房には百恵が調べていた魔法の研究が大量に発見できる。やはり百恵は召喚に関する研究を重点的に置いていた。その研究は30代頃から始めており、50年分が溜まっている。
(2)彼女は5〜7年に1度は召喚儀式を行なっている。呉用とドルタが召喚されたのはここ10年だが、もっとも古い召喚は50年ぐらい前からされていた。そもそも英霊召喚は生涯できて1〜2回の魔力や条件が整わなければならないもの。彼女は日々召喚に関する準備を怠らず、精度の高い術を研究していた。

GM/繰り返しになるが、この世界『ゼフィロス』の大前提として、英霊召喚を2回も3回も成功させた能力者はまずいないとされています。『Fate』の大人数召喚のカルデアや、複数体の所有者になったことがある言峰綺礼はヤバすぎるので基準にしないでください。
一/ですよね!(笑) カルデアはヤバい!
呉用/それな。超高難易度セッション参加の麗子さんすら、サラマンダー1体しか召喚できていないもの。

(3)彼女のメモから精度の高い英霊召喚の詠唱が発見される。この詠唱をすれば思うが儘、高位の召喚も可能だと書かれている。詠唱→「魔の理に従い、鼓動のいくつかを我が身のために。虚栄の闇を払い、真実なる姿あるがままに現せ。」
(4)もしこのシーンに呉用かドルタがいたなら(同じ工房での情報収集をしていたなら)、【理知】か【意志】で思い出し判定難易度10をすることができる。英霊が成功したら、あることを思い出す。失敗した場合、何も思いつかない。


GM/えーと、工房を選んでいたのはドルタだな。ドルタはお好きな能力値で判定をしてください。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/したらば【意志】で判定しますね。(ころころ)達成値13。むふーんと髭を撫でる。
一/素晴らしい!(笑)
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ハジメどの、何か見つけたのか? チョコボのバサバサに気付いてそっちに寄って行って……気付きました。

 成功した場合→百恵がそんな詠唱を使ったシーンなんて無い。彼女はその詠唱を唱えていない。
 高位の召喚方法があると判っていながら、どうしてわざわざ正しい呪文を唱えずにいた……?


呉用/百恵様が唱えていた呪文は「魔のに従い、鼓動のいくらかを我が身のために。虚栄のを払い、真実なるあるがままに現せ」です。「魔のに従い、鼓動のいくつかを我が身のために。虚栄のを払い、真実なる姿あるがままに現せ」とは違いますね。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ぴょこぴょこ覗き込んで、はてな……と首を傾げる。そういえば姫には何か呼び出したい特定のものがあるみたいだったぞ。
一/気付いてくれるドルタちゃん偉い! ……これは意図して下級の英霊を呼び出していた、可能性があるのだろうか。

(5)もしかして彼女は、わざと間違えた詠唱をしていたのではないか。
 わざと失敗したら思い通りの召喚はできないことはもちろん、爆発して大怪我を負ったり大事故が起きるかもしれない危険性があることぐらい、魔術師が魔術を行使しているのだから知っている筈。魔法は間違えば危険なものなのだ。

 『イベントキー:百恵の謎』を入手する。

一/事故のリスクを追ってまで呼び出したいものとは何だったのか……。首を傾げるなぁ。とても偉いドルタにはチロルチョコをあげよう。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/わーいチロルチョコ! うむうむプレゼントだな、ありがたく! ……高位の英霊ではなく、なんというか、未だ途上にあり未来ある英霊か何かを呼び出したかったのかな? まぁ我らは未だ途上にあり未来ある完璧な英霊なんだけどな!
呉用/判っておりますね、さすがドルタ殿。
一/実にその通りだな! この工房にいる英霊はみな素晴らしい!
澄華/謎が深まったなぁ。まさに『百恵の謎』。
一/……いずれにせよ、目的を推測するにも情報が十分ではないな。呉用と澄華は素晴らしく頭の冴えている、これをもとに良い情報と結びつけてくれるだろう。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/うむ、機知に富んだものが揃えば道の先が見えてこよう! そしてラビちゃん達が庭で見つけたピカピカ小石をプレゼントアターック!
呉用/小石を頭に乗せてるラビが「ピー!」
一/小石! なんと! 煌びやかに磨かれた宝石のような石ではないか!
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/口に木の実のついた小枝を咥えたがスライムも「ピキー!」
澄華/プレゼントは獲得チェックの基本!(笑)
一/これは皆に自慢するより他ないな! ではみんなのもとに戻るとするか。ひょいとドルタちゃんを肩車しつつ、スライムを抱えつつ……。
GM/……可愛い。良いシーンなのだが、ここでGMは心を鬼にしてプレイヤーに言わなければいけないことがある。
一/お?
澄華/は、はい?
GM/このシナリオは、「悪意を多く込めた物語」である。心を強くもって生きてほしい。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ふむ……? 大丈夫だ、めげないぞ!
GM/ここで、ランダムイベントが発生します。

『イベントキー:残念英霊ランダム行動タイム』
 工房にいる英霊がランダムで行動を起こすことを表わすイベントキー。1D6を振り、出目に総じて軽く演出をする。
 また、ダイスロールがある出目になった場合、このイベントが発生したシーンのシーンプレイヤーが振って数値を決定すること。この数値はシナリオ間、蓄積する。
 ※『AF判定:工房にて「魔導書の検索」』で判明する情報のシーンの場合、特別に固定値+3する。
・1→全員が寄り添い合って百恵の昔話や一と澄華の思い出話を語って賑やか。『英霊限定パラメータ:感情』に−1する。
・2→ラビがふるふる泣いている。悲しんでいるっぽい。『英霊限定パラメータ:感情』に+[1D6]する。
・3→スライムがぷるぷる震えている。何か考えがまとまらないようだ。『英霊限定パラメータ:感情』に+[1D6+1]する。
・4→チョコボが毛繕いをひっきりなしにしている。不安らしい。『英霊限定パラメータ:感情』に+[1D6+2]する。
・5→ジャックフロストがイライラして周りを涼しくさせてしまう。4月なのに寒い。『英霊限定パラメータ:感情』に+[1D6+3]する。
・6→全員の百恵に対する不安、不審感が募る。『英霊限定パラメータ:感情』に+[2D6]する。


ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ほわっ!?
一/英霊限定パラメータ!?
GM/シーンの最後にNPCの残念英霊達が行動を行なう。このシーンのシーンプレイヤーの一は、まず1D6を振ってほしい。
一/はーい!(1D6ころころ)……2だ!
GM/2→「ラビがふるふる泣いている。悲しんでいるっぽい。『英霊限定パラメータ:感情』に+[1D6]する」。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/あっあっ! ラビちゃんが!?
GM/続いて、シーンプレイヤーは『英霊限定パラメータ:感情』に1D6を追加してほしい。数値が大きければ大きいほどラビは泣く。
一/なんか、英霊も色々大変なんだな?(ころころ)2だ……。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ほんのり涙ぐんでる?
GM/ラビは小石を一にプレゼントした。それは慰めなのか応援なのか。背後にはスライムがプレゼントを渡そうと待っていたので交代したラビ。だがラビは……何か思うところがあるのか、堪えきれず隠れて泣いていた。その姿を気付いていいし、気付かなくてもいい。気付けるのはシーンプレイヤーだけだ。
一/せっかくプレゼントしてくれたんだ、そこは気付きたいな! ラビの様子の変化に気付いて、スライムの頭を一撫でしてからラビを抱き上げるよ!
GM/抱き上げられた。「ピー」
一/あやすように、やさしくぽふぽふ。……何かと思うところはある中で、ずっと堪えていたのだな。本当に強く、優秀な英霊よ。人や仲間も思いやれる素晴らしい英霊だ。我慢せずに存分に泣いていいのだぞ。
GM/「ピー、ピー! ピーピー」
一/ここには仲間がたくさんいる。俺も、澄華も……必ずやお前の不安を受け止めよう。お祖母さまの代わりを果たせるかは、自信はないのだけどな。笑いつつ、その涙を拭いてあげる。
GM/「ピー……ピー」 とのことです。
呉用/泣かせる会話ですね。
一/何を言っているかは判らないのでいつか≪バベルの唄い手≫を取得しような!(笑)
澄華/お兄さまが格好良く、ラビさんがいじらしいシーンでしたね!(笑)
GM/兄は相変わらずイケメンだった。……せっかく英霊達がPCにプレゼントをしてくれるという楽しいシーンを作ってくれたのに、台無しにして申し訳ない。
呉用/いいのだ。時にGMは心を鬼にするのだ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/むしろ面白い試みだなって思いましたよ! ……気配が変わったのに気付いてチラチラとラビの方を見るけど、ハジメどのが落ち着かせてると信じて託した! ハジメどのは本当に魂の徳が高い。
GM/徳が高い、それだな。……さて、次のシーンは誰がするか?
澄華/うーん、私はお祖母さまのお部屋が気になります。
呉用/百恵様の謎が深まってしまいましたしね。では呉用が次のシーンをいただきます。大丈夫ですよ、全て僕のファンブルという名の想定内です。
一/ファンブルしてるじゃん!?(笑)
澄華/呉用さんの有能さYou know!?
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/ついにダジャレに英語まで!?(笑)
呉用/有能! You know! アイムPerfect human(首を捻って審議中のポーズ)。
GM/突然のオリラジやめろ。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/どっちも何なのその引き出しは!?(笑)
GM/なんで豪速球でボールを投げるんだよ。しかも何故すぐ打ち返す。
ドン・キホーテ・オルタ・リリィ/この卓には剛速球を投げるピッチャーと、それを迎撃してめっちゃ良い安打するバッターがいるんですよ。ピッチャーとバッターどっちもすげぇんですよ。
一/ほんと毎回クオリティが下がらないから凄いですよね!?(笑)