アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 2016年度OG誌『アトラクト・ミラージュ』 ■
2016年7月10日




 ●プリプレイ

マーサー(以降、GM)/OG誌掲載用セッション『アナザーワールドSRS』を始めます。
プレイヤー1・すずかプレイヤー2・しゅうらプレイヤー3・ピロ/わー! よろしくお願いしますー!
GM/今年もマーサーが製作したオリジナルTRPG『アナザーワールドSRS(以降、AW)』をやらせていただきます。このメンバーでのリプレイ収録は今年で3年目かな?
プレイヤー1・すずか/ですね。OG誌は5年目で、思えば遠くに来たもんだ……。
GM/いつもありがとうございます。さて今回の3つのお題は、「アイドル」「今世紀最大のモテ期」「645」です。
プレイヤー3・ピロ/面白系のお題が揃ったね。どれか1つでもセッションのネタになりそう!
GM/まずはハンドアウトを公開します。どうぞお読みください。



 『アナザーワールドSRS・シナリオ〜アトラクト・ミラージュ』



【レギュレーション】
 キャラクターレベル5で開始。
 舞台は1999年7月。平成11年。ユーロが通貨として導入され、だんご3兄弟が流行し、ノストラダムスの大予言に湧いた世紀末とする。
 ただし、PC2とPC3は2016年に生きる人物とする。

【ハンドアウト:PC1】
 コネクション:『今世紀最大のモテ期』  関係:自由  推奨クラス:前線系

 1999年。君はモテる。
 道行く人に振り向かれ、いつも注目の的だ。親友からもいつも羨ましがられる。
 家庭も勉強も何もかも絶好調、アイドルのような18歳、そろそろ身の振り方を考えるべきか。
 そう思っていたある日、君と親友の前に未来人が現れた。
(※年齢は1999年の段階で18歳以上であること。高校3年生〜大学生推奨)
▼セカイのイベント:女性にモテる
▼初期配布イベントキー:『今世紀最大のモテ期』

 いつも女の子に熱い視線を向けられ、愛情を受けている状態を表わすイベントキー。
▼コネクションNPC1:同性の親友
 女の子の情報を教えてくれたり、茶化したり、相談に乗ってくれる同性の親友。PC2と同じ名字である。

【ハンドアウト:PC2】
 コネクション:実父  関係:自由  推奨クラス:後衛系

 2016年。君は消えかけていた。
 いきなりウズマキの中に呼び出された君は、龍の聖剣に「自分は生まれなかったことになる」と告げられてしまう。
 このまま何もしなかったら、自分の父親が異端によって殺されてしまう!
 自分が生まれる正規の歴史に戻さなくては。君は1999年へ飛んだ。
(※年齢は2016年段階15歳以下であること)
▼セカイのイベント:1999年へタイムスリップする
▼コネクションNPC2:実父

 PC2の父親。PC2と同じく能力者で、子供が教会のエージェントをしていることに理解がある。

【ハンドアウト:PC3】
 コネクション:異端『ルミエルコロイド』  関係:敵対  推奨クラス:世界遣い or 稀人

 2016年。君はPC2の付き人だ。
 PC2は消えようとしている。PC2が生まれる世界が異端によって歪められてしまいかけているらしい。
 龍の聖剣が提案した時間跳躍を受け入れた君は、事件の手掛かりを聞いた。
 「異端ルミエルコロイド。それが、父親を殺すモノよ」
(※年齢は2016年段階15歳以下であることが望ましい。PC1とNPC1と接点が無ければ、15歳以上であっても構わない)
▼セカイのイベント:PC2とその父親を救う
▼コネクションNPC2:異端『ルミエルコロイド』

 PC2が生まれる世界を歪めようとする異端。

【その他】
・[アーティスト][イレギュラー]解禁。
・追加ライフパス『組織コネ』『英霊ルール』『異端堕ちルール』解禁。


プレイヤー1・すずか/舞台は1999年7月!? 世紀末だ!
プレイヤー2・しゅうら/タイムスリップもの! だんご3兄弟、懐かしいですね!(笑)
GM/今回はPC2とPC3がPC1のいる1999年にタイムスリップするセッションをやります。1999年に18歳以上の青年であるPC1ですが、2016年現在、彼がどうしているのかは考えないでください。1999年が舞台なので2016年のことは考えなくて良いのです。
プレイヤー3・ピロ/はー……確かに。
プレイヤー1・すずか/……「君はモテる」。力強いハンドアウトだ(笑) NPC1の「同性の親友」って、女の子キャラからフラれたら親友とのエンディングにいける系?(笑)
GM/そうです、ギャルゲのお助け男キャラです(笑) 1999年に流行ったものをネットで調べてみようか。(パソコンで検索をかける)……あ、『To Heart』のアニメ版がやってるよ!
プレイヤー1・すずか/おっと、今まさにその話をしてたところに!(笑)
GM/他にも『ゾイド』、『ターンAガンダム』、『神風怪盗ジャンヌ』、『デジキャラット』が放映中。初代『H×H』と『ワンピース』のアニメが放映開始するね。
プレイヤー3・ピロ/おお、だいぶ当時のことを想い出してきたぞ(笑)
プレイヤー1・すずか/1999年のイメージって、世紀末ものと電脳SF系が混ざり合っている時期ですね。
GM/そうだね。電化製品といえば携帯電話はちょっと裕福な高校生が持てるぐらいだ。ちなみに音楽のヒットは宇多田 ヒカルの『Automatic』。モー娘の『LOVEマシーン』、嵐がデビュー、ラルクとグレイ最盛期。ただし売り上げ第1位は『だんご3兄弟』です。
プレイヤー2・しゅうら/だんご強すぎだろー!(笑)
プレイヤー3・ピロ/スーパーに行くと30分に1回は『だんご3兄弟』が流れていたね!(笑)
プレイヤー1・すずか/……あ、1999年だと平成ライダーが放送してないですね。「イケメン」って言葉が無い。
プレイヤー3・ピロ/あ、本当だ! 敢えて言うなら「ハンサム」?
GM/そういや音楽ヒットを見ても……宇多田ヒカルにモー娘、globe、ZARD、浜崎あゆみって、女性ばっかだ。1999年の「モテる男」と言えば誰なんだろう?
プレイヤー1・すずか/良い男のモデルケースっていったら、キムタクかな?
GM/(ネットで流行を調べて)……茶髪、ピアス、裏原系がブームだな。反町が主演の『GTO』、織田裕二の『踊る大捜査線』、キムタクの『ラブジェネ』がヒットしてるね。ダンレボやビートマニアのような体感ゲームも人気が出始めたんだって。
プレイヤー1・すずか/厚底ブーツの女の子や、仕事帰りのスーツのおじさんが軽快に踊るのをテレビで見ました。ゲーセンが不良の溜まり場ってイメージじゃなくなってきたんですよね。
GM/近代タイムスリップセッションは下調べが楽しいな!

 ハンドアウトを選択すること数十分。
 PC1→すずか、PC2→しゅうら、PC3→ピロに配分は決定し、キャラクターメイキングが行われた。


GM/キャラクターメイキングが終わったので、PC1から自己紹介をしていきましょう。
プレイヤー1・すずか(以降、由希緒)/PC1のキャラクター名は、南 由希緒(みなみ・ゆきお)。18歳の高校3年生です。男の[狂戦士]レベル5! 【HP】は凄く高くて、カウンター持ち。以上!
プレイヤー3・ピロ/シンプルに強い! カッコイイ!(笑)
プレイヤー2・しゅうら/【反射】7って凄いですね。足が早いのかな?
由希緒/運動神経は良いです。ライフパスは『重要キーワード』が「記憶」。『背景』は「平凡」。『特徴』が「朴念仁である」です。
GM/平凡なんだ?
由希緒/平凡だと自分は思っているけど、周囲はどう思っているか知らない朴念仁です。「記憶」のライフパスは……由希緒の小さい頃に両親が離婚して、そのときお母さんが凄く泣いていたのを覚えています。「俺は女の子を泣かせない男になろう」と決めたので、女の子の涙に弱い設定です。
プレイヤー2・しゅうら/わー、イケメンだ!(笑)
由希緒/≪精神緊縛術≫に「女の子が泣いている」を設定しました。目の前で女の子が落ち込んでいると声を掛けて仲良くしちゃうし、自分に言い寄ってくる女の子達が喧嘩になるのは嫌なので全員平等に親しくするというモテ男です。
GM/こ、これは……モテるわ(笑)
由希緒/本人としては、男の友達と一緒にいる方が気楽です。趣味はゲーセンでゲームすること。ダンレボがめっちゃうまいです!



GM/次に、PC2の自己紹介どうぞ。
プレイヤー2・しゅうら(以降、まり)/名前は、上峰 まり(かみね・まり)。小学生9歳の女の子です。クラス配分は[魔術師]1レベル、[アーティスト]4レベル。巫女のお仕事をしている魔法少女だよ!
GM/ライフパス特技の≪魔法少女≫を取ったんだね。
まり/ライフパスの『背景』は「遠くにいる神と通信することができる」。[アーティスト]の特技には神様の名前が入ってるから、その神様達のお力を借りながら魔法を使うのです。『特徴』は「世間知らずである」。1999年なんてまったく判りません!
由希緒/産まれる前だもんね。ヤマンバギャルなんて見たら泣いちゃうんじゃないかな(笑)



GM/最後に、PC3の自己紹介どうぞ。
プレイヤー3・ピロ(以降、夘月)/名前は、望月 夘月(もちづき・うづき)です。[感応力師]1レベル、[処刑人]3レベル、[世界遣い]1レベルの、回復支援系です。月からやって来た兎で、餅をこねている方です。
GM/月の兎さんなんだ。餅を突いてる方の兎は?
夘月/月に置いてきました(笑) 『重要キーワード』は「罪人」。月で餅を摘み食いしていたところ、「反省してこい」と地球に送られ……。
まり/まりが英霊召喚10連ガチャを回したら出ました。
夘月/だからまりの住んでる神社に居候しています!(笑) ≪薬物調合≫で作った霊薬の餅をみんなに振る舞うよ!



GM/NPC1「同性の親友」の名前は、まりちゃんと同じ名字の上峰くんです。PC1の由希緒くん、どんな親友が欲しい?
由希緒/PC1は明るい系なので、NPC1は眼鏡を掛けた真面目系がいいかな。一人称はオレで!
GM/落ち着いた真面目な男の子に見えますが、女の子の相談をしてくれる情報通な子です。名前はプレイヤーが決めていいよ。何にする?
まり/2文字がいいなー。……「リク」とかどうでしょう?
由希緒/ウィッス、「上峰 リク」でお願いします!


 ●オープニングフェイズ1

GM/まずPC1の由希緒くんのオープニングシーンからしましょう。……登場しないPC2とPC3には重要なお仕事があります。
夘月/はい?
GM/由希緒くんのファンのキャラロールをやってください。
まり/はいっ、私のモブロールが火を噴きますよ!(笑)
GM/舞台は1999年7月。夏休みに突入する前、由希緒くんにとって一番青春が謳歌できる日。今日は期末試験が終わった直後、金曜日のお昼です。
夘月/一番解放感溢れる瞬間だね!
GM/試験が終わり、これから夏が待っているという清々しい快晴の日。そんな由希緒くんの周囲には……。
夘月/(女子Aになって)「ねぇねぇ南くん、夏休みどうする?」
由希緒/どうしよっかなぁ! もしかしたら夏休みの前に世界滅ぶかもってノストラダムスが言ってるんだよね!
まり/(女子Bになって)「それならユックンが何とかしてくれるって言ってたでしょ!」
由希緒/俺そんなこと言ってたの!?(笑)
GM/(複数の女子になって)「ユキくん怖いよぉ〜」「ユッキー、テストどうだった?」「あのさ南、これから一緒に遊びに!」「南さん、私ねー!」
由希緒/うん、うん。
GM/由希緒くんに言い寄ってくる女の子達。その数、645人。
由希緒/なんでぇ!?(一同爆笑)
まり/クラスにみっちり!?(笑)
夘月/ま、待って! この教室、どういうことになってるの!? 50人が限界だと思うよ! 廊下にまでいっぱいいるの!?
GM/(←自分で言った台詞に笑い潰れている)
由希緒/GM! その数は百万人にも及んだじゃないんだから!(一同爆笑) 645人は多いわ! 背景を描く人も大変だわ! って、645人の会話を聞き分けている俺って凄くない!?(笑)
夘月/(女子Cになって)「聖徳太子を越えたね! ユーくん!」
まり/(女子Dになって)「凄いわ、さすがだわ! 南ったら天才ね!」
GM/と、645人が言います。
由希緒/もっと俺の【意志】高くて良くないですか!?(一同笑)
まり/(女子Eになって)「夏休みの前にこの後の放課後どうする!?」
夘月/(女子Fになって)「補講があったら私が教えてあげる!」
まり/(女子Gになって)「もうっ、抜け駆けしないで! アタシが先よ、アタシ!」
GM/「チュンチュン! チュンチュン!」 スズメですら君に話し掛けてきます。
由希緒/待って! この学校、何なの!?
GM/女教師が「南には2人っきりの授業が必要ね」と言い寄ってきたり、近所の女性が「あらあら試験で疲れちゃったの? お姉さんが癒してあげようかしら」とお色気アピールしてきたり、おばあちゃんが黒飴をプレゼントしてきたり、小学生の女子達が「ゆきおセンパイのいるガッコー、あたし達も行きたーい!」と言ってきたり。
夘月/学校にまで部外者が!(一同笑)
由希緒/あまりにもリアリティの無いモテ方!(笑)
GM/ちなみに男子は1クラス20人ぐらいです。
由希緒/少ない。
まり/女子が645人いる方がおかしいんですよ! 人口のバランスがヤバいです!(笑)
GM/そんな由希緒くんのもとに「よっ、テストどうだった?」って話し掛けてくる男子、リクがいます。
由希緒/なんか救われた気分!(一同爆笑) リクちゃん、あのね……背景が狭いよ……。
GM/(リクになって)「いつも通りだろ? いやー、今回のテストはオレ、赤点かもしれないなー」
由希緒/そんなこと言って、いつも赤点ギリギリ回避してんじゃん。
GM/「ギリギリだよ。由希緒って凄いよな。女の子にモテるし、運動もできるし、なんだかんだ頭も悪くないし。オレもお前みたいになりたいよー」 その間にも女子が話しかけてきて由希緒くんは順調に会話イベントをこなしていく。
由希緒/やっぱり俺って聖徳太子を越えてるよね?(一同笑)
夘月/(女子Hになって)「ねぇねぇ南くんいっしょにプール行こうよー!」
由希緒/いいね、今度の休みにみんなでプールに行くのも!
まり/(女子Iになって)「はわわ! ぶつかっちゃいました! ごめんなさいですぅ〜。……キュンッ!」
由希緒/大丈夫? 怪我はない? 気をつけてね? ……リクちゃん、うちの学校ってこんなに女子多かったっけ?
GM/「いつも通りだろ?」
由希緒/……そっかぁ(笑)
GM/テストが終わって正午で終わる学校。太陽が真上にある時間に君達は校門を出ます。外に出たら立ちくらみをしちゃうような夏日。眩暈がしてしまうほど暑い……と思った瞬間、由希緒くんの目の前が歪む。
由希緒/うん?
GM/これは蜃気楼? いや……小さな女の子と兎が突然ウズマキの中から現れたんだ! というところで、PC1のオープニングを終わりにします。
由希緒/……凄いオープニングだった。女の子の数を645人って把握してるのも凄くない?(笑)
GM/リクが645人分の攻略キャラの情報を教えてくれるんだよ。
夘月/それだけ攻略情報を集めたらテスト勉強も身に入らないよね!(笑)
由希緒/携帯電話の無い時代で良かった……(笑)


 ●オープニングフェイズ2

GM/PC2とPC3のオープニングをやります。ここは2016年の世界です。
夘月/はーい。
まり/わーい。
GM/まりちゃんの体が透けてます。
まり/なんじゃこりゃあぁー!?(一同爆笑) う、うーちゃん! あたしの存在が希薄になってるよぉー!?
夘月/いきなりまりが消えていくぅー!?(笑) も、餅を食べて存在意義を高めるんだ!
まり/胃の中に餅が通っていくのが透けて見えるよぉー!?
GM/「R−18Gで規制される前にウズマキの中に入って!」 聞いたことのある女の子の声がします。6歳ぐらいの幼女の声、通称ロリこと龍の聖剣です。
夘月/と、とりあえずまりをウズマキへ押し込みます! えぇーいっ! どぉーん!(笑)
まり/ロリちゃーん!? 助けてぇー!(笑)
GM/2人は咄嗟に……上も下も右も左も判らぬ渦の巻いた異空間ウズマキに入ります。ここは時間の流れなど無く、ここにいればたとえキャラロストになっても体と存在を維持することができます。
まり/胃の中が圧迫されたけどあたし生きてるよ!
由希緒/そりゃ急いで餅を食べたからな(笑)
GM/いきなり消滅しかけたまり。そこに龍の聖剣が「異端の仕業と考えてくれて結構よ」と話し掛けてきます。「上峰 まり。貴方の運命は……ある異端によって捻じ曲げられてしまったわ」
まり/えっ!? あ、あまりにもホットスタート過ぎてまったくてんで判らないよ!
GM/「貴方が教会のエージェントとして戦っている異端のことを思い出して。異端は、人の運命を歪めるもの。どの時代にも現れるわ。そして上峰 まりの存在自体が無くなるということは……」
夘月/……まりの生まれる運命を捻じ曲げた異端が、どっかの時代に現れたってこと!?
GM/「そう。1999年に異端が現れた。そして異端は上峰 まりの父親を殺したわ。だから上峰 まりは消えようとしている」
まり/あたしの存在が無くなっちゃう!? このまま何もしなかったら……パパと結婚する運命が無くなっちゃう!
夘月/いや、元々パパとは結婚できないよ!?(一同笑) ……1999年って、まりがお母さんのお腹にもいないぐらい前だな?
GM/「そうね。捻じ曲げられた運命を変えるためにも、貴方達には1999年の世界に……」
まり/ママに会う前のパパに会える? これはパパと結婚できるチャンス!?
夘月/待て待て待てそしたらまりがいなくなるだろ!?(笑)
まり/1999年に行けば18歳ぐらいのパパに会えるんだよ! 若い頃のパパに会えるんだよ! それだけであたし生きてきた価値があると言える……!
夘月/9年しか生きてないくせに何言ってんだ、生きようよ!?(笑)
まり/うん、あたしは大きくなってパパと結婚するんだ! 必ず異端を倒してみせる! 1999年に飛ぶわよ!
GM/「……異端の名前は『ルミエルコロイド』。それが上峰まりの父親を殺すモノよ」 ルミエルは光、コロイドは微粒子、姿の見えない膜のことです。龍の聖剣は異端の名前を教えてくれます。
夘月/ほう? 光、微粒子、見えないか……。
GM/「貴方達は1999年にいない人間。タイムスリップをしたら頼れる人もいないわ。だからまず最初に……信頼できる人を探して。それが私からできる唯一のアドバイスよ」
夘月/とりあえずパパのところに行けばいいんじゃないかな?
まり/そうね、きっとパパの周りには優しくてカッコイイ美男子がいるに違いないから!
夘月/うん、イケメンパラダイスな感じだよね!
GM/実際はイケメンがパラダイスしてるんだけどね(笑)


 ●オープニングフェイズ3

GM/PC達合流のオープニングシーンです。真夏の校門を出た由希緒くんの目の前に、女の子と兎が現れます。教会のエージェントとして活動する能力者である由希緒くんは、「ワープ系の特技を使ったのかな?」と思ってくれて構わないよ。
由希緒/なるほど。ちょっと驚くけど、すぐ把握します。
まり/ここが1999年ね!
夘月/なんて判りやすい第一声!(笑) あ、兎はまりの肩に乗ってます。
GM/まりと夘月は1999年の世界に降り立った瞬間、嫌な感覚に襲われます。
夘月/うぐっ!?
まり/うっぷ! さっき食べた餅が出る……!(笑)
由希緒/おっと。よろつく女の子をキャッチした後、しゃがみ込んで目線を合わせて「大丈夫?」って言います。
夘月/イケメンだ!(笑)
まり/お、王子様……!?(笑)
GM/645人が「キャアアアアアアアァ南くんカッコイイイイイイイィ!」と歓声を上げる。
夘月/うるせぇ!?(一同爆笑)
由希緒/アリーナ席のみんなぁー!?
GM/「キャアアアアアアアアアアアアアァ!」(一同笑)
まり/い、イケメてるー! パパと同じぐらいカッコイイ人、初めて見た!
夘月/……この人、アイドルなのかな?(笑)
GM/由希緒くんの隣にいたリクは、突如現れた少女と兎にビックリしてる、けど……「由希緒、知り合いなのか?」と尋ねてきます。
由希緒/あ、ああ! ……ねえ君、教会の場所は判る?
夘月/じゃあ……2016年時点の教会の住所を言います! そこにありますか?
GM/同じN市内ということで、教会のある場所は変わってません。
由希緒/そこそこ! あそこのコンビニの先にある場所ね……と、2016年には潰れたコンビニの話をします。
まり/そこはもう潰れちゃったお店……やっぱりここって過去なんだ……。貴方は能力者なの?
由希緒/うん。俺で良ければ案内するけど……どうする?
まり/お願いしますー! イケメンだし良い人かもしれない。この人なら協力してくれるかも……!
GM/何か事情があると察したリクは、「用事ができたんだな? じゃあまたな」とシーン退場します。PC同士で相談タイムにしましょう。
由希緒/教会に行く間、どっから来たのって話をしようか。道すがら、冷たい飲み物を渡します。
まり/ああぁ〜、好感度上がるぅ〜!(笑) あ、コーラのデザインがちょっと古い! というか自動販売機が古い。パスモをピッてする場所が無い!
夘月/千円札のデザインが違う、硬貨の色も違うー!
GM/この会話から、由希緒くんにはこの少女と兎が未来から来たことが判ります。
由希緒/やっぱり2人って未来から来たんだね……? 俺は南 由希緒。よろしくね。
夘月/まずは自己紹介しよう。望月 夘月です!
まり/上峰 まり! 9歳です!
由希緒/あ、さっきの眼鏡も上峰っていう名字なんだ。上峰 リクって言うんだけど……。
まり/……パパの名前といっしょだわ!
由希緒/ってことはリクちゃんの娘か!?
GM/その瞬間、全員の頭に靄がかかります。どうやら現在と未来を照らし合わせようとすると眩暈がする。
夘月/うっ!? こ、これが禁則事項ってやつかぁ〜(笑)
由希緒/あ、あんまり聞いちゃいけないのかな? ……ねえ、プレステっていくつまで出るの?
夘月/3か4……ってううぅ〜、未来のことを話そうとすると頭がぁ〜(笑)
まり/そうだ! 由希緒くんはアイドルなんですか!?
由希緒/違うよ。でも未来ではアイドルになってるのかもしれないな。2016年にはマイケル・ジャクソンと共演してるかも!?
夘月/マイケル・ジャクソン……ううっ!(笑)
由希緒/えっ、マイケルどうかしたの!?(一同笑) と、とりあえずクーラーのきいた教会に行こう!
GM/まだ音楽の規制が緩やかなので、お店を通りすぎれば有線からヒット曲が流れてくる。耳に入る曲が懐メロ特集で流れる歌ばかりだ。テレビで放映されているのも当然、昔の番組ばかり。
まり/あっ、宇多田ヒカルだ! 若っ!
夘月/うわ、『笑っていいとも』がまだやってるー。
由希緒/もしかしてタモさんって死んじゃうの!?
まり/……ううっ……。
夘月/まだ死んでないよ! すぐに否定してあげて!(笑) 『いいとも』は終わったけど『タモリ倶楽部』はやってるからね!
まり/……そうだ。あたし達が1999年に来たそもそもの理由を言ってなかったわ。
夘月/そうだった。……僕達は、2016年17年後の未来から来たんだ。この時代で起きる異端事件を解決しないと、ここにいるまりが消えていなくなってしまうんだよ!
由希緒/そ、それは怖いね。
まり/きっとパパに何か悪いことが起きるんだわ。あたしはパパを殺す異端を探さないと!
夘月/異端の名前が『ルミエルコロイド』って言うんだけど、聞き覚えはない?
GM/由希緒くんは「どっかで聞いた名前だな。教会の書庫で調べれば判るかも?」と思えます。
由希緒/おっ? ……この時代に「ググレ」という感覚は無いんだな(笑) よし、一緒に調べ物をしよう! 乗りかかった船だし、俺の友達のリクが危ないとなったら協力する理由は充分だ。
夘月/良い人だ。ロリの言ってた信頼できる良い人だー!
まり/まだパパの方が好感度高いけど、この人に対しても好感度高いわー!
由希緒/普通、いきなり現れた女の子に悪い態度を取る男っていないでしょ?
GM/そうサラッと言えるのがイケメンなんだよ(笑)
由希緒/イケメンって何だろ、新手のポケモンとかデジモンかな?(笑)

『AF判定:モテる生活を送る or 見守る』
 ・使用能力値:【体力】【反射】
 ・難易度:40
 ・ラウンド制限:1ラウンド

※「由希緒が女性にモテてモテて仕方ない生活を送る or 見守ったり加わったりする」演出に成功すること。成功した場合、由希緒の周囲の状況が発覚する。
※協調行動OK。難易度:6

『AF判定:異端ルミエルコロイドの捜索』
 ・使用能力値:【知覚】【意志】
 ・難易度:30
 ・ラウンド制限:1ラウンド

※「1999年の世界にいるという異端ルミエルコロイドを探す」演出に成功すること。成功した場合、ルミエルコロイドの情報を得る。
※協調行動OK。難易度:8。

『AF判定:上峰リクとの交流』
 ・使用能力値:【理知】【幸運】
 ・難易度:20
 ・ラウンド制限:1ラウンド

※「上峰 リクと交流する」演出に成功すること。成功した場合、リクの話を聞くことができる。
※協調行動OK。難易度:10。


GM/由希緒くん、【知覚】か【幸運】判定で難易度12をしてみてください。
由希緒/(ころころ)達成値12で成功です。
GM/……今まで645人の女の子達に囲まれる生活をしていたけど、まりちゃんと夘月くんと出会ってから取り巻きが近づいてこなくなった気がする。
由希緒/おっ、なんか涼しいな? 一度に聞き分けなきゃいけない話の密度が3人だとラクだ。
夘月/この人、今までどんな生活を送ってきたんだろ……(笑)

 ミドルフェイズ前に『契約』をすることに。
 相談の結果、「由希緒がマスターで、サーヴァントがまり&夘月」という編成になった。


由希緒/何かあったら逃がしてあげられるように、俺がマスターになるね。
夘月/カッコイイー! 僕が【HP】回復の餅を作るから慌てず食べてね!
由希緒/蒟蒻ゼリーみたいに喉に詰まらせたら怖いからね。
夘月/そう、この頃にはまだクラッシュタイプは……うっ、頭が!(笑)


 ●ミドルフェイズ1/まり

まり/【幸運】判定で、まりが交流シーンを立てにいきまーす!
夘月/夘月が協調行動に参加します!(ころころ)成功、ぴょいんぴょいん! ……あ、公衆の面前で喋る兎は怪しまれるので、人間の姿に変身しておきます(笑)

『AF判定:上峰リクとの交流』
 ・使用能力値:【理知】【幸運】
 ・難易度:20
 ・ラウンド制限:1ラウンド

※「NPC1と交流する」演出に成功すること。
※協調行動OK。難易度:10。


夘月/交流シーンなら……この時代の遊びに連れて行ってほしいな!
由希緒/それならゲーセン行こっか? リクちゃんも誘ってさ。
まり/行きたいー! わーい!
由希緒/ゲーセンに向かっている途中でリクちゃんを見つけたことにしよう。なのでリクちゃん、シーンに登場してください。
GM/はーい。リクは女の子の調査をしていたのか片手に手帳を持って歩いているよ。645人分だから手帳が厚い。というより太い。
まり/辞典みたいな厚さだよ!?(笑)
由希緒/それだけで設定資料集として売れそうだよ……(笑)
GM/(リクになって)「あ、由希緒。また親戚の女の子が増えたのか? 一体何人攻略対象が増えるんだ?」
由希緒/こ、この子は親戚なんだ。適当な紹介をします。
まり/こんにちはー。上峰まり、9歳です!
夘月/こんにちはー。望月夘月です!
GM/「え? 上峰?」 リクはドキッとした顔をします。まさか同姓に会えるとは思わなかったのでしょう。2人に「よろしく」と握手をした後、一緒にゲーセンへ遊びに行ってくれます。
由希緒/今回は女の子のエスコート優先なので、クレーンゲームに連れて行きます。何か欲しい物はある? リクちゃんはUFOキャッチャーが得意なんだよ!
GM/「ええっ、そ、そうでもないよ!」と照れ笑いをするリク。
まり/リックンにこのぬいぐるみを取ってほしいわ! そのぬいぐるみを≪スポットライト≫で照らします!
GM/この時代はまだゆるキャラ文化が確立してない頃だね。今よりも女子向けのぬいぐるみは少なくて……たれぱんだが人気かな?
夘月/ほうほう。可愛いぬいぐるみがこっちにもあるぞって≪空間知識≫で探って知らせます!
まり/これが欲しいのー! 第六感で弱点を射貫く≪オグマ≫を使いつつ、頑張れって達成値上げの≪ミネルヴァ≫で応援します!
夘月/同じく頑張れ頑張れと≪躍動の呪歌≫を使います! これで行動済から未行動化に!
由希緒/百円をチャリーンって追加します(笑)
夘月/今度こそ取るんだ、≪逆転運命≫! このアーム、力が弱いんじゃないの? 店員さんに文句を言う≪異端審問≫!(笑)
GM/1回失敗したけど、再行動でもう一度チャレンジしたんだね(笑) じゃあ1D6振って偶数が出たら取れる、奇数が出たら取れなかったことにします。(ころころ)2、偶数だからぬいぐるみゲット!
由希緒/おおー、お見事!
まり/可愛いー! ぬいぐるみギュー!
GM/「良かったよ、ぬいぐるみがたった2回で取れて! そうだ、由希緒が得意な体感ゲームの方に行こうよ」
夘月/うん。あ、ダンスダンスレボリューションだ! PV画面がめっちゃカクカクしてる!(笑)
まり/ダンレボをやるなら、身体能力を高める≪トート≫を使って素早く動きます!
由希緒/頑張れ頑張れ、画面をよく見てー!
夘月/これ飲んで頑張って! ≪薬物調合≫+≪強力調合術≫で作ったスポーツドリンクをあげます。
まり/ごくごくっ、夏だからスポドリが美味い! そんな感じでダンレボをリクくんと並んでやりました。
GM/可愛いな。小学生の女の子がお兄さんと微笑ましく踊っている、周りもほんわかしちゃうね。演出に特技を10個使ったので『現在難易度:1』になったよ。
まり/【幸運】で判定します。(ころころ)はい、成功です!
由希緒/こうやってゆったりゲームするのは久々だな。
夘月/いつも645人に取り囲まれるからな(笑)
GM/リクは「みんなは由希緒の凄さに惹かれてやってくるんだよ」と笑顔で言います。「由希緒は女の子にモテるだけじゃなく、カッコイイから男子からだって絶賛されてるんだ。いつも格好良くて本当に羨ましいなー」
由希緒/いやいやそんなそんな……(笑)
GM/リクは由希緒を立てることを言います。由希緒に対して憧れを抱いているようで、どうやらリクは「由希緒のようになりたいんだな」というのがAF判定に成功したまりちゃんには伝わってきます。
まり/はぁー、憧れなんだねー。
夘月/リクお兄ちゃんも優しくて良い人なんだし、モテるんじゃないの?
GM/「いやー、オレは由希緒を真似るので精一杯さ」
由希緒/でもさ、俺はこんなにマメに人の記録を取れないよ。リクちゃんは慎重な性格だからクレーンゲームとか得意だし、俺にはできないことをやってるじゃん!
GM/リクは照れます。「オレさ……自分の外見とか、自分のこと自体が好きじゃないんだよね。だからプチ整形とか考えたこともあったんだ。由希緒みたいに……人生を充実させたいから」
由希緒/それだったら俺だってリクになりたいよ! 背が高いしカッコイイし落ち着いてるし! だから俺の友達なんだろ?
GM/「あ、ありがと……」 ぽろっと本音を話しちゃった彼は、ちょっと言い過ぎたと思ったのか口を噤みます。
まり/パパ、そんなこと考えていたんだ……。確かに一度はそう考えることもあるかもしれないわね! あたしのクラスメイトだって「二重だったら良かったのにー!」とかよく話するもん。でも個性があるのは良いことだと思うわ。
GM/「没個性なんて持っていてもいらないよ」
夘月/憧れの人と同じようになりたいっていう気持ちは判らないでもないけど、あんまり同一視しすぎちゃうと自分が自分でなくなっちゃうんじゃないかな。
GM/ムッとした顔をします。
まり/ほえっ?
GM/憧れの心を抱いて自分を変えたい、その願望を否定されてムッとします。でも相手は年下、自分が調子に乗って勝手に喋ったことなのでリクは怒り出したりはしません。では、AF判定に成功したシーンプレイヤーかPC2……どっちもまりちゃんだね。【意志】判定難易度10をどうぞ。
まり/(ころころ)おっ、達成値14で成功だ。
GM/まりちゃんは思います。「自分のお父さんはこんな人だったの? 違和感しかない。私の知っているお父さんと全然違うわ」
夘月/……あれ?
GM/もちろん17年前だからね、考えが変わることはあるだろう。でもあまりに印象が違うと思った。
まり/……もしかして、他人なのかもしれない?
夘月/ここにきて、まさかの!? でもこんなにコンプレックスの塊っぽいパパだったかねー?


 ●ミドルフェイズ2/由希緒

GM/この流れだとまだ遊ぶと思います。なのでモテモテの生活のシーンへいきましょう。
由希緒/【反射】で判定するぞー。協調行動参加、頼んだ!
まり/まりが協調行動をしまーす!(ころころ)達成値13、成功です! モテモテ王国が今、始まる!(笑)

『AF判定:モテる生活を送る or 見守る』
 ・使用能力値:【体力】【反射】
 ・難易度:40
 ・ラウンド制限:1ラウンド

※「PC1が女性にモテてモテて仕方ない生活を送る or 見守ったり加わったりする」演出に成功すること。
※協調行動OK。難易度:6


GM/イケイケな女の子達が「あっ、いるじゃん南ー! いっしょにプリ撮ろうよー!」ってキャッキャと誘ってきます。
由希緒/男の俺がプリクラスペース行ったらダメなんじゃないの?
夘月/(女子Jになって)「大丈夫だって! 女の子と一緒だったら入れるんだよ、知らないのー?」
GM/(女子Kになって)「カレシだったらトーゼン入れるんだよー!」
まり/凄い……彼の上にだけ≪スポットライト≫が当たっているわ。むしろここは彼のフィールド!? ≪マイガーデン≫!?(笑)
夘月/(女子Lになって)「ユッキー、今日はハウスオブザデッドのハイスコア更新しないの?」
GM/(女子Mになって)「あ、南くん! 今日もウチのゲーセンに遊びに来てくれたのねー。今日はメダル交換しないのー?」
まり/(女子Nになって)「ねえねえユキくん、こっち来てー!」
夘月/(女子Oになって)「なによっ! 由希緒くんは私と遊ぶの!」
由希緒/あっ……喧嘩になる空気を感じたので「これは良くないな」と≪精神緊縛術≫が発動します。女の子が泣く顔は見たくない! ……ねえ俺さ、ダンレボやるからみんな見ていてね!
GM/おお、それなら大勢が一斉に留まってくれるね。
由希緒/≪単一化≫で【意志】の能力値を下げたのは、泣いてる女の子が苦手だからです(笑) 高い【反射】でバーをシュッと飛び越える俺。
まり/か、カッコイイ! ≪オグマ≫+≪アポロン≫でその格好良さを強調しておこう!(笑) フィーバーの≪ヒーロータイム≫だ!
由希緒/あ、俺のスコアが更新されてる……。同じ曲でやろうっと、≪カウンター≫! 演出の必要も無いぐらいの≪狂舞≫+≪乱舞≫!
GM/その演出カッコイイな!(笑) ダンレボが好きな≪狂舞≫持ちのキャラクターって良いね。
まり/光り輝いてる! 彼の上には≪アメノウズメ≫様が見えるわ! 奇跡的な芸術力だから≪アメノウズメ2≫もね!(笑)
GM/645人が由希緒のショータイムに歓声を上げます。
夘月/それ、ライブビューイングとかにしない!?(笑)
由希緒/バンッと踊りきったところで、一歩及ばず。んー……もう一回やっていい? やっぱ俺はトップに立ちたいんだよね、≪失われた日々≫! ≪自己再生≫で追加コインちゃりーん。帰りのマック代は無くなるけどいっか、という≪特攻≫!
GM/おおお、良い演出。戦闘じゃない現代的なシーンで[狂戦士]の特技を使ってる(笑)
夘月/マック代ぐらい僕が奢ってあげたい! ……でも、僕らが持ってるお金ってこの時代に使えるのかな?
まり/平成27年って書いてある硬貨を使っていいのかしら?(笑) まりは≪ミネルヴァ≫で応援してますね!
GM/645人が「がぁーんばぁってえぇーっ!」
夘月/うるせぇ! 曲が聞こえない!(笑)
由希緒/演出に特技を16個使ったので、『現在難易度:8』。俺の【反射】は7あるのでイケる!(ころころ)達成値13で成功です! イェーイ、ギリギリスコア更新!
夘月/(女子Pになって)「キャーッ! ステキー! 由希緒くんカッコイイー!」
GM/人生の春だ。最高潮だ。体力的にもきっとこの技はこのときこの瞬間じゃなきゃ出せなかっただろう。ふぅーっと満足感を得られる時間。……まりちゃんと夘月くんの反応はどうかな?
夘月/わー! すごーい! あんなにパーフェクトって出るんだねー!
まり/だんだん好感度が上がってきました! 凄いわカッコイイわー!
由希緒/これでも最初の頃はいっぱいお金を使ったんだよ。俺だって練習したんだから!
GM/清々しい汗をかく由希緒くん、それに歓声を上げる2人。645人も盛り上がっている。さてここで、初歩的なことを言います。
まり/はい。
GM/まりちゃんと夘月くんは、思います。
夘月/はい。
GM/645人は多くね?
夘月/…………うん!(一同爆笑) さっきからずっと思ってたんだけど、多いよね!?
まり/なんていうか、1平方メートルあたりの人口密度がヤバイわ!(笑)
GM/由希緒くんは思います。
由希緒/はい。
GM/645人はおかしくね?
由希緒/うんっ!(笑) やっぱおかしいよね!? これって自覚していいんだよね!?
夘月/いつ突っ込もうかって思ってたけどここで言うね! 由希緒お兄ちゃん、おかしくない!?(笑)
GM/AF判定に成功した君達は、初期配布イベントキー『今世紀最大のモテ期』が削除できます。削除した途端、君達の周りにいた645人は光になって消滅します。
由希緒/うおっ!?
まり/おおっ!? ……い、異端がいたんだ!?
GM/残ったのは適正人数のギャラリー。10〜20人ぐらい、それでもパーフェクトを出した由希緒くんのプレイに歓声を上げる大人数です。
まり/適切な人口密度に戻った……(笑)
GM/君達は幻に包まれていたことに気付きます。そして由希緒くんは、幻影の中で毎日過ごしてきたことを自覚します。つまり君は、毎日何者か判らない者達に囲まれて生活してきた……?
由希緒/……怖っ!?
GM/【正気度】判定をお願いします。難易度は10。失敗するとバッドステータスの放心、加えて今回は「ショックが長続きする」という演出で、毒の2つが入ります。
由希緒/(ころころ)うわ、出目が1と2で失敗! 5も足りない!
まり/≪ミネルヴァ≫を使用します!(ころころ)……5、達成値にプラス5してください!
夘月/まり、さすがだぜ!(笑)
由希緒/さすがにゾワッと鳥肌が立った! けど……。
まり/むにゅっと抱きつく! た、楽しい夢を見ていたと思えばいいのよ!
由希緒/……あ、そっか。2人は夢じゃないんだな、良かった。……何か変だとは思っていたけど、本当に変だったとは。
まり/由希緒くん、純粋すぎよ!(笑)
由希緒/だって……怖い人に囲まれていたんじゃなくて、好意を持ってくれている人に囲まれていたら疑えないでしょ?
夘月/そうなんだけど、人数には疑問を持とうよ!(笑) ……これがもしや、異端ルミエルコロイドなのかな?
GM/調べてみる必要があるね。これからシーンプレイヤーになる夘月くんは「情報収集をしなきゃ」と思った。
夘月/良い流れだな!(笑)
由希緒/……ねえ。リクちゃんはどうしてる?
GM/リクは凄くビックリした顔で言葉を失った後に「……お、オレ、帰るよ」ってワタワタとこの場を離れようとします。
まり/あ、ちょっと待って! 追いかけま……。
GM/追いかけてくるなら「離せよ!」と乱暴に追い払います。
まり/ふえっ!? ……え、えぐっ……。
由希緒/ふ、振り払われたまりちゃんを庇います!
夘月/ま、まりに何をするんだよー!?
GM/彼はそのまま逃げるように去っていきます。
由希緒/あっ……。ま、また明日な!
GM/その声にはビクッと反応したけど、特別言葉を返す訳でもなく……リクは走り去っていきます。
由希緒/……ごめんな。悪い奴じゃないんだけどな。ほら……まだパパも若いんだし、許してやってくれよ。


 ●ミドルフェイズ3/夘月

夘月/不思議な経験をしたので、教会に行って調べ物をします! その前に≪薬物調合≫を使用したいです。
GM/難易度10の【幸運】判定に成功すれば、AF判定の前に追加でメジャーアクションを1つ行なえるようにしましょう。
夘月/ていっ!(ころころ)成功です。なので≪鎮静剤≫を入手します! AF判定は【知覚】で挑戦する予定です。
GM/1999年にエージェントとして活動している由希緒くんがいるので、教会の中にはするっと入れます。
由希緒/調べ物は苦手だけど場所なら教えることができるよ。だから協調行動をするよ!(ころころ)OK、成功!
夘月/手伝って、由希緒お兄ちゃん!

『AF判定:異端ルミエルコロイドの捜索』
 ・使用能力値:【知覚】【意志】
 ・難易度:30
 ・ラウンド制限:1ラウンド

※「1999年の世界にいるという異端ルミエルコロイドを探す」演出に成功すること。
※協調行動OK。難易度:8。


夘月/さっきゲーセンで遊んで疲れたので、≪薬物調合≫+≪強力調合術≫+≪血の媚薬≫+≪限定回復≫で作ったスポーツドリンクを飲んで回復します。
由希緒/いっぱいゴクゴク飲み始めた(笑) 何でも言ってよ、俺は若いから元気だし! ≪自己再生≫があることを伝えます。
夘月/あれだけ遊んでも大丈夫なんだね。……光を操る異端の資料ってどこにあるのかな? ≪空間知識≫で場所を把握しようとします。
由希緒/この前、俺が見たときはこっちにあったんだよなー……でも整理してたから移動されたかもなぁ、と≪失われた日々≫。とりあえず手あたり次第にこの辺だったと思うと≪乱舞≫しています。
夘月/それ違うよ、それも違うよと≪異端審問≫で指摘していきます。あっ、本を崩してしまった! けど≪黒水晶の盾≫+≪空と心のリング≫で【防御点】を上げてあるので痛くない!
由希緒/この兎、固い!(笑)
夘月/崩れていく本がまりに当たりそうになったのを、≪影の軍勢≫で庇う!
まり/うーちゃんナイスだわ!(笑)
夘月/あとはもう運任せだー! ≪禍福のさざなみ≫!
GM/ただし≪禍福のさざなみ≫は1D6を振って1が出ると自分にダメージが入る。
夘月/(ころころ)……4。大丈夫、成功! ヤマカンが当たった!(笑)
GM/そうして見つけた一つの資料……というところで、演出に特技を13個使って難易度が26減少。『現在難易度:4』です。
夘月/【知覚】で振ります。(ころころ)達成値11で成功! この資料だー!
GM/由希緒くんの記憶を辿りつつ、夘月くんは異端の資料を発見できました。異端ルミエルコロイドについての説明を読んでいきましょう。
まり/おー!
GM/ルミエルコロイドは、光の粒のような形状の、姿無き異端です。エーテル体がそのまま浮遊して活動します。ルミエルコロイドは獲物を選び、[感応力師]の≪夢の帝王≫を使って情報を読み取ります。そして読み取った情報を、一時的ではありますが『物理的に復元』することができるそうです。
由希緒/お、おおっ……?
GM/獲物から読み取った情報を元に変身したり、その人の願望を『局地的に再現』することも可能です。特技で言うと[世界遣い]の≪真の遣い手≫の応用です。

 ≪夢の帝王≫
 [感応力師]の副特技。人物の意識に潜り込み、記憶や思考を読み取る。
 常時【攻撃力】+1。

 ≪真の遣い手≫
 [世界遣い]の主特技。自らの強固な内的イメージに寄って構築された結界を張る。
 そのシーンの間、使用者の行なう全判定のクリティカル値を8にする。

GM/この異端は人間に変身し、獲物の願望を一部だけ叶える世界を創り出す能力を持っているようだね。
由希緒/俺、モテたかったのかなぁ……?(笑)
GM/どうして教会の中に資料があるのか。それは以前、ルミエルコロイドが事件を起こし、教会のエージェント達に討伐されたからです。……異端というものは人間の「苦しい、嫌だ」といった『負の感情』を好みます。特に、幸せの絶頂から絶望の底に突き落とされるような落差は大好物です。前回の被害者は自分の願い通りの世界で暮らし、最高潮の気分を味わいましたが、その後は散々な目に遭ったそうです。
夘月/なるほど、つまりご馳走のための下準備なんだね!
GM/ルミエルコロイドが張る結界は、街一つを覆うほど広範囲のものです。その能力が発動しているとき、たとえ夢物語のような出来事であっても人々は無意識に受け入れてしまいます。
まり/どんなにおかしくっても受け入れちゃったね……疑いようがなかった。
由希緒/だって「君はモテる」ってハンドアウトに書いてあるから信じるしかないもん!(笑)
GM/資料にはルミエルコロイドの結界の解除方法が記されています。『イベントキー:結界解除』を入手してください。このイベントキーを入手した夘月くんは、この街に張られている結界を解除できます。
夘月/じゃあ、早速結界を解除しようか。
GM/宣言のみで解除可能です。夘月くんは資料に書かれた結界解除の呪文をそのまま唱えます……結界は解除されます、と。由希緒くんも、まりちゃんも夘月くんも突如、吐き気と眩暈を感じます。
夘月/うにゃー!?
由希緒/ど、どうしたんだろ? スポドリを飲みます!
GM/まりちゃん。
まり/は、はい。
GM/君は思います。目の前にいる由希緒という少年は、パパだと。
まり/…………パパ?
由希緒/え。……なに!?
夘月/えっ? パパ?
まり/……ぱ、パパだ!
GM/ハッキリと思う。「リクと名乗る少年よりも、目の前にいる由希緒の方がよっぽど自分の父親という実感がわく」と。
まり/確かにずっとイケメンだわと思ってた。なにより……支えてくれたときの感覚が、パパといっしょだった!
GM/そして、申し訳ないが由希緒くん。……君は「南 由希緒」という名前ではなかった気がする。君の本名は、「上峰 由希緒」の筈だ。
由希緒/えっ!? ……ばっと生徒手帳を見ます!
GM/PC2と同じ名字です。
まり/パパだわ! ……パパァー! これがパパ! これがパパだぁー! 抱きつきます!
由希緒/うわぁっ!?(笑) く、くすぐったいよ!
まり/結婚しなきゃ! さわさわさわさわさわ!
夘月/やめなさい、それは9歳児の手つきではない! だからパパとは結婚できないと再三!(笑)
GM/教会の司書さんが「こら、上峰くん! いいかげん静かにしなさーい!」と怒ります。そのとき「南くん」と言われないのは、ルミエルコロイドの結界を解除したからでしょう。
由希緒/ごめんなさーい……って、あ……。
GM/PC達が『イベントキー:結界解除』を発動させたので、クライマックスフェイズに移行します。けどその前に、ちょっとしたマスターシーンを入れますね。

 ――それは、ここではない世界の出来事。
 ゲーセンで遊び、大勢の女子達に黄色い声援を送られ、これから夏真っ盛りの青春を楽しんでいた……『とある世界の由希緒』の話。

「やっぱ由希緒は凄い奴だよな」
「そんなことないって! ところで夏休みにどっか遊びに行かないか?」

 楽しい未来を思い描こうとする由希緒。
 しかしその後ろから、冷たい言葉を浴びせる者がいた。

「未来なんて、無いよ」
「えっ?」
「……『上峰』は、全部オレが貰うから」

 ドスッ。人生の最高潮だった由希緒の体を、光の剣が貫いた。
 襲い来る激痛。どうして友人が自分を殺したのか判らないといった絶望。凍りついた表情のまま、由希緒は死ぬ。
 ――そうして、とある少女の存在が消滅した。


GM/そんな他の世界もありました。ですがそれは、今の君達がいる世界ではない話……。


 ●クライマックスフェイズ

GM/いきなりですが教会の書庫光が無くなったように真っ暗になります。
まり/わあっ!?
GM/さっきの司書さんも「停電?」と慌てます。その瞬間、司書さんは光の銃弾に撃ち抜かれて戦闘不能になって倒れます。
夘月/うわぁっ! 一体何が!?
GM/まだ夏の空が見えていた筈だった。だが外は真っ暗になっている。まるで光という光が奪われてしまったような、異常事態が起きている。
由希緒/か、懐中電灯は……!?
まり/え、えーと……そうだ! ≪スポットライト≫!
GM/光で照らす特技だね。では、まりちゃんの光でその場を照らすことができます。光で照らしながら教会の外へ出ると、光の粒が人々を襲っているのが判ります。
夘月/異端だ! 早く異端を倒さないと被害者が増えちゃうよ……!
由希緒/異端を、1ターンで倒さないと!
まり/パパ。
由希緒/……い、言わずにいられなかったんだもん!(笑)
まり/判るわ。その血はあたしも受け継いでいるから!(笑)
GM/光の粒が君達の前に集まってくる。そして……ある姿を映し出す。上峰リクと名乗っていた少年の形へと変貌した。
夘月/お前がルミエルコロイドだな!?
GM/(リクになって)「ああ。そのような名で一度は教会に倒された者だ。……以前オレは倒されたが、なんとか逃亡した。オレは再び餌を求め……上峰 由希緒の最高潮を食べることで完全復活を目論んでいた」
由希緒/り、リクは、どうしちゃったんだ? キューンと落ち込んだ犬みたいな声で鳴きます……。
GM/「リク、そんなモノはいない。全部お前から奪うために形成した設定に過ぎないんだよ」
由希緒/……普通にショックで泣きそう!
夘月/ゆ、由希緒お兄ちゃんが泣いちゃったじゃん!(笑)
GM/「お前が今まで幸せな人生を送っていたのも、女の子からモテるという世界に改変したのも、全部オレが復活するためだったんだよ。645人は多すぎだと思うけど
由希緒/なんかごめん! 俺は悪くないけどごめん!(笑)
GM/全部こんなお題が悪い!
まり/お題のせいにした!(一同笑) そういやパパってライフパスって「平凡」だったよね?
GM/うん。ライフパスをそれに設定したと聞いたとき、GMはとても嬉しかったんです(笑) 「……現状、由希緒はショックを受けている。充分にオレの腹は満たせる状態だ。今からお前を殺して食べれば当初の目的通り……オレは復活できる」 リクの手に、光の剣が握られます。
由希緒/り、リク……。そのっ、まだ全然パパの実感なんて無いけれど……俺を助けに来てくれた子がいるんだ。俺も勇気を出して戦わないと!
まり/ぱ、パパぁ……!
GM/「……その清々しさ。それが羨ましかったんだ」 彼はボソッとそんな言葉をこぼし、戦闘を始めます。
まり/コンプレックスこじらせ系異端だ。好感度が高いな!(笑)
GM/姿無き異端だからね。
由希緒/だから、顔が欲しいのか……?

【戦闘マップ】
 エンゲージ1:由希緒、まり、夘月
(↑10メートル離れている↓)
 エンゲージ2:リク、光の粒A、光の粒

【行動値】
 リク:13
 由希緒:12
 まり:12
 夘月:6
 光の粒A&B:5


GM/第1ラウンドのセットアッププロセスです。ルミエルコロイドが≪真の遣い手≫を使用、全判定のクリティカル値を8にします。誰も疑うことができないほど強固な結界を張ります。
由希緒/うにゃあ!? クリティカル値8はキツイ!
GM/ですが、この結界は判定で解除が可能で巣。難易度18の【意志】判定に成功すると、≪真の遣い手≫を無効化できます。タイミングはオート、割り込みで今「その結界待ったー!」ができるよ。
まり/超強い結界だ……令呪を使う価値はある!
由希緒/俺の【意志】は低いから誰か任せた! 俺だってクリティカルが出れば……!(ころころ)うん、無理!
夘月/(ころころ)ダメ、失敗!
まり/(ころころ)達成値13……あと5足りない。まずは≪ミネルヴァ≫を使用します。(ころころ)……4! プラス4して、今の達成値は17!
由希緒/あと1点あれば!
夘月/≪ミネルヴァ≫で足りない分は≪血の媚薬≫で補うよ! 【HP】を4点払って、達成値にプラス1! 餅を投げます!
まり/そこは魔法少女っぽくカードをかざしましょうよ!(一同笑) ピッタリ達成値18になりました!
由希緒/凄い、俺だけだったら絶対解除できなかった! 一人じゃ結界が張られてるって判んない訳だー。
まり/見て、パパの子よ。認知してください!(一同笑)
GM/無事≪真の遣い手≫は解除できました。GMはクリティカル値8なら全部クリティカルする自信があるぐらい出目が高いので、解除してくれて助かりました(笑)
まり/これで普通の戦闘ができるよー!
由希緒/由希緒はセットアッププロセスで、≪突貫≫を使用! 敵のエンゲージに突っ込みます!
まり/あっ……待って、あたしの支援まで待って!
GM/2人の【行動値】は同値だし、相談して好きな方から動いていいよ。
由希緒/あ、そっか。なら先に支援してもらえる。椅子を持って駆け出すところで、踏みとどまります。
夘月/椅子を持って戦うところだったのか!?(笑)
由希緒/手近にある武器として教会の椅子を持ち上げます。調度品としてはめっちゃ高価っぽい、価格が≪巨大武器≫!(一同笑)
夘月/せっかくのアンティークが! 2016年にあの椅子が無いのはこのせい!?(笑)
由希緒/うん、揃いの椅子が1個だけ無くなってるの(笑)
まり/まりはセットアップで≪トート≫+≪アメノウズメ2≫+≪アポロン≫を使用します。範囲選択で味方全員の回避判定が3D6から2D6選択になります。
GM/3人とも支援を受けられたところで、由希緒くんが≪突貫≫しようか。
夘月/夘月はセットアップに≪空間知識≫を使用しまーす!
GM/全員セットアッププロセスが終わったね。次はメインプロセス、【行動値】最速のルミエルコロイドが一番先に動きます。……≪毒の魔弾≫+≪アンドショック≫+≪肉体共鳴≫で霊力ダメージを与えようとします。
由希緒/うわ、霊力ダメージだ! 頑張って避けていきます! 回避の≪アポロン≫ありがたいな。
GM/命中判定をします。リクの腕が光の剣になって、刺し込む!(ころころ)……あの結界が生きてたらクリティカルしてたんだけどなぁ、命中17です。
由希緒/余裕っすね。(ころころ)あぶねー、余裕じゃない! 3D6振って1・2・2……2と2を選択して、回避18で避けます!
夘月/慢心ダメゼッタイ!(笑)
由希緒/回避判定に成功したので、≪カウンター≫を使用します! ギリギリ避けて、攻撃!(ころころ)命中19!
GM/≪カウンター≫攻撃への回避判定にはマイナス4のペナルティが入ります。なので……(ころころ)回避14で失敗です。
由希緒/ダメージロール!(ころころ)≪特攻≫を……使ってもダメージが低いな。物理16点です。まだショックが大きくて本気が出せないようです。
GM/こちらのターンからの≪カウンター≫攻撃が終わりました。なので、次は由希緒くんのターンです。
由希緒/改めまして、≪乱舞≫+≪巨大武器≫で範囲攻撃します。(ころころ)命中16!
GM/(ころころ)うーん、結界があればクリティカル回避なんだけどな。敵3体全員回避失敗です。
由希緒/イェーイ、ダメージロール!(ころころ)≪特攻≫を使用して、物理ダメージ29点!
夘月/そのダメージロールに≪禍福のさざなみ≫を使います!(ころころ)1D6で、6! そのダメージにプラス20点です!
まり/≪ミネルヴァ≫を使います!(ころころ)1D6で4点追加。これに令呪ください、パパ!
由希緒/れ、令呪使用ー!
まり/それでダメージに24点追加してください!
由希緒/な、なんだこれ。合計で……73点の物理ダメージです!
GM/うわぁ、モブ2体は一気に吹き飛びました! ルミエルコロイドはまだ生きていますが、相当の大ダメージを受けています。血が流れるのではなく光の破片になって体が削れていきます。
由希緒/俺も代償で【HP】半減ぐらいはしてる(笑) ……リクちゃん、投降しない?
GM/優しいなぁ(笑) ルミエルコロイドは攻撃をやめないよ。次は、まりちゃんのターンだ。
まり/はーい。まずはマイナーアクションで戦闘移動して、敵のいるエンゲージに入ります。メジャーアクションで≪魔法剣≫、【防御点】無視の攻撃をします!(ころころ)命中15です。
GM/(ころころ)回避14、当たった。
まり/≪オグマ≫+≪心身置換≫を使用して、【HP】を15点削ってダメージロール+3D6します! パパ、令呪が欲しいな〜!
由希緒/じゃんじゃんいいよ! ……トイザらスにいるパパみたいに言っちゃう(笑)
まり/(ころころ)39点の【防御点】無視ダメージ!
由希緒/うわ、トイザらス強いな。
GM/次は、夘月くんのターンだ。
夘月/まず夘月はオートアクションで≪限定回復・MP≫を使用して(ころころ)【MP】を11点回復します。次にマイナーアクションで≪鎮静剤≫で全員の【HP】を回復します。その回復に令呪ください。
由希緒/バチーン!
夘月/イケメンのウインク!(笑・ころころ)全員の【HP】を31点回復します! それと、メジャーアクションで全員と同じエンゲージに入ります。
GM/全員同じエンゲージに入ったね。モブは由希緒くんの無事≪乱舞≫で一掃されたのでターンエンド。ですが、全員が行動済みになったときにルミエルコロイドが≪EP:二回行動≫を使用。
夘月/きゃー、来た!
GM/ルミエルコロイドが攻撃します。同じエンゲージに全員集まっているので、回復役の夘月を攻撃します。(ころころ)命中17!
夘月/(ころころ)回避15。……その命中判定に≪異端審問≫を使用、達成値マイナス2にします! 一瞬、兎の姿に戻って避けます!
まり/おおー、同値で回避だ! 凄いうーちゃんカッコイイよ、輝いてる!
夘月/落ち着いたところで人型に戻ります!(笑)

 続きまして、第2ラウンド目開始。
 セットアッププロセスに、夘月が≪空間知識≫を使用した。


GM/さて、最速のルミエルコロイドのターンだ。敵が全員射程内にいる訳だが。
由希緒/俺においで! 回避成功したら≪カウンター≫しちゃうけど(笑)
GM/……ルミエルコロイドは、由希緒に成り代わろうとしていた。餌である由希緒を狙うのは妥当だ。いやしかし、GMの私が「回避の高い由希緒より回復役を倒せよ」とうるさい。
夘月/ですよね!(笑)
由希緒/で、でも! ……由希緒を倒せば、結果的にまりちゃんと夘月くんは消滅するんですよ!
まり/あ、そうだ!
夘月/パパが死ねばまりも消えるし、まりが消えたら召喚された夘月も消えるから……。
GM/なるほど。ではルミエルコロイドは由希緒くんを狙います。(ころころ)命中19。≪真の遣い手≫が生きていればクリティカルしてた。
由希緒/(ころころ)回避21! ≪アポロン≫の3D6ありがてぇ!
まり/パパ、回避高いー! カッコイイー!
由希緒/はーい、回避成功したから≪カウンター≫します!(ころころ)命中20です。
GM/(ころころ)失敗です。≪真の遣い手≫が生きていればクリティカルして……。
由希緒/いつまでも過去の自分に捕らわれてるんじゃありません!(一同笑) ≪巨大武器≫のダメージロールをするよ!(ころころ)≪特攻≫+≪失われた日々≫を使います。……何を失ったんだ?
まり/……モテ期とか?(笑)
由希緒/かりそめのモテ期もですけど、俺は……親友だと思っていたリクがいなくなっちゃうのはとても寂しい。本当に悲しいんですよ。
GM/確かに、失われた友情だ。
由希緒/俺達親友だったよな……?(ころころ)というダメージが、35点です!
まり/ラスワンの≪ミネルヴァ≫を使います!(ころころ)よし、6!
由希緒/そこに令呪を使います! プラス26点だから……合計ダメージは、61点だ!
GM/……【HP】オーバー6点。ルミエルコロイドは戦闘不能になります。
夘月/おー、倒したー! そこに痺れる憧れるゥー!(笑)
GM/由希緒くんのカウンター攻撃を受けたルミエルコロイドは、リクの姿を消して微かな光になります。『とどめを刺す』宣言をしたならば、完全に光を消滅させることができるでしょう。
由希緒/…………。そんな……パパは【意志】が弱いんですよ。
まり/ぱ、パパ! ここでやらないとあたしが消滅する可能性があるんだよ!?
由希緒/そ、そっか……でも……。こ、更正の余地とか無いんですか!?
GM/彼が葛藤していたような、人間的な感情を持っていたようなというのは、どこかのシーンで見受けられたんじゃないのかな。更正の余地はあると言えるのでは? もちろん異端の彼は由希緒くんを殺そうとしていたのも事実。まりちゃんを絶対に救えるという確証が欲しいのなら、ここで消滅させるのが良いよ。
由希緒/……ここで消えたら、本当にお前は何にも無くなっちゃうよ。それでいいの?
GM/もう形としてはリクという人間はいません。その場に光があるというだけ。それでも由希緒くんは目を合わせてくれるのですか?
由希緒/うん、頑張ります。頑張ります!
GM/人の形をしていない相手で、生かしておけば未来の娘が死ぬかもしれなくても?
由希緒/……死なせません! パパは娘を守ります。
まり/ふぁぼ。
GM/ハートがピヨッて浮いた!(笑)
夘月/スクショ。
由希緒/言質を取られた!(笑)
GM/(リクになって)「……由希緒は……本当に凄い人だな。羨ましいよ。そういう人間になりたくて……上峰の名前を貰おうとしていたんだ……」 その言葉は恨み節ではなく、心の底から君を尊敬して憧れるように、光は言います。
由希緒/お、俺なんて全然凄くないから! 普通に宿題とか忘れるし! それに、本当に凄い奴だったら、ここでとどめを刺せてるよ……娘の前でみっともない姿を晒さないよ。
夘月/……でも、自分を殺そうとしていた相手を許すことも凄いことだよ。普通は許せなくて感情のままに殺しても仕方ない。けど、由希緒お兄ちゃんはしたくないんでしょ?
由希緒/したく……ないな。
まり/パパのそういうとこ、大好き! だから自信を持っていいと思う!
夘月/ルミエルコロイドも、そういうところに惹かれたんだよね。……だから由希緒お兄ちゃんの側で親友になってたんだ。じゃあ、側にいればいいじゃない?
まり/そうだよ! 今から親友になればいいでしょ!
由希緒/俺、今まで全然気付かなかったぐらいだしイケるって!(笑) ……ていうかリクちゃん、俺のお願いに弱いから頷いてくれる気がする。
GM/その一言に、「ブッ!」と笑ってしまう。そして、「……降参する」と言います。
由希緒/やった! ……き、教会の人! もう大丈夫だよぉー!
GM/ルミエルコロイドは教会の手によって捕縛されます。完全に投降した彼は、然るべき処罰を受けることでしょう。素直に事情聴取には応じ、謝罪の言葉も真摯に述べ、傷付けた司書さんや君達を気遣う態度を見せている。
由希緒/模範囚だ! ほら、あいつ良いヤツなんだって! ……俺はこれで良かったんだということにするよ。
GM/ろりんぽいん。処理に追われている現地人の由希緒くんが見てないところで、まりちゃんと夘月くんの前にロリが現れる。
まり/あ、ロリちゃんだー。
GM/(龍の聖剣になって)「上峰 まり。『もう事件は終わった』って実感あるでしょ? 貴方の体、ちっとも透けてないわ。……つまり、あの異端が上峰 由希緒を殺すことは今後一切なくなったってことよ」
夘月/あっ、そうだね! ならもう元の時代に戻っても大丈夫だ!
まり/そっか……ということは、もうお別れなんだ。
GM/「何言ってるの。貴方、パパと毎日会ってるじゃない。オープニングシーンで会わせなかったのはこういう意図よ。パパのキャラロールをされたら困るから!
由希緒/ですよね、変にキャラロールしちゃって「お父さんのキャラ変わりすぎ!」って言われる可能性もあったし(笑)
まり/なるほどねロリちゃん、さすがだわ!(笑)
夘月/ホットスタートすぎてどうしようかと思ったけどね!(笑) ……でも、ちゃんとお別れはしたいよね。この時代のパパにはここでしか会えないんだし。
GM/では、連れて行かれるルミエルコロイドを見送った由希緒くんに話し掛けようか。
まり/ぱ、パパー……!
由希緒/は、はい! パパ……だよ? 2人とも、ありがとな。俺、2人がいなかったら絶対死んでたと思う。頭をナデナデするよ。
まり/パパ! 絶対ママを見つけるんだよ! 悔しいけどママもあたしと同じぐらい良い女だから!
夘月/そのママに対する微妙なライバル心は何なの!?(笑) ママにパパをあげないとまりは産まれないんだからね、判ってる!?
まり/判ってるけどぉー! 心は複雑な女模様なんですぅー!
由希緒/が、頑張ってママと巡り合うから、その……まりちゃんも、頑張るんだぞ。夘月くんも、まりに素敵な旦那さんが現れるまで守ってあげてね。
夘月/目下の目標は、まりが道を誤らないように見張ることにします(笑)
まり/あたしはぁー! パパと結婚するぅー!
GM/まりにヤバい気配を察したので、「人生が変わる前に早く時間跳躍しなさい!」と強制送還します(笑)
夘月/まりが新たな異端になってしまう前に帰ります!(笑)
まり/うぉー! あたしはぁー! パパと結婚をぉー! うおおおおぉー!(笑)
由希緒/気を付けてなー!(笑) ウズマキに消えて行く2人に手を振ります。……まさに「未来で待ってる」ってやつだな。


 ●エンディングフェイズ

GM/翌日の土曜日。ルミエルコロイドは異端刑務所に送られました。午前中で授業が終わった由希緒くんは、645人に囲まれる生活ではない学校生活を送ります。それでもやっぱり良い人の由希緒くんのもとへ、何人かの女子達はやって来るでしょう。
夘月/(普通の女子になって)「上峰くん、ご飯いっしょに食べない?」
まり/(普通の女子になって)「ねぇねぇマック行こうよー!」
GM/男友達も話し掛けてきます。「昨日ゲーセン行ってたよな。じゃあ今日はボーリングでも行こうかー?」 その中には、リクの姿はありません。
由希緒/んー。……ごめん! 俺、帰るわ! 行きたいところがあるから。
まり/(普通の女子になって)「そっか、またねー」
夘月/(普通の女子になって)「また月曜日にねー」
由希緒/じゃあね。……ちょっと真面目な顔をして、教会に向かいます。
GM/ほう。
由希緒/すみません! 進路相談に来ました。……俺、エージェントになりたいんですけど、どうしたらいいですか!?
まり/おおお!?
GM/……そんな進路相談をした由希緒くんがどうなったのか、その答えは17年後にあるのでしょう。さて、2016年に戻ってきたまりちゃんと夘月くんは……ご実家の神社にいることに気付きます。
まり/ハッ! ここは!?
GM/パパ、シーンに登場して大丈夫ですよ。
由希緒/……ああっ! まりちゃん達、見つけたー! どうしたんだ、晩ご飯の時間なのにいないから探したよ!
まり/ぱ、パパだ……イマパパだぁー! パパ生きてるー! ぎゅうーっ!
由希緒/ど、どうした? いつものようによいしょっと抱き上げます。
まり/パパー! ママと出会ってるー!?
由希緒/出会ってるよ!? 何の質問!?(笑)
まり/ママのこと好き?
由希緒/そりゃもちろん。
まり/まりのこと好き?
由希緒/大好きだよ!
まり/わあぁーいっ!(笑)
GM/「……何をイチャついてるんだ?」 35歳の由希緒のすぐ側に……いきなり光がパアァッと集まって、男性が現れます。
夘月/……あっ!?
まり/き、貴様は……リックン!?(笑)
GM/まり達は知らない。でも由希緒くんは知っている。高校生の頃からずっと親友をしている彼のことを。……何故だろうね、そのように歴史が変わったのかな?
まり/り、リックーン! タックルします!
GM/タックルされたリックンは倒れて光になって消えます。
夘月/あああっ!?(笑) 消えちゃったー!?
GM/光が集結し、また成人男性の形へ戻っていきます(笑) 「何があったんだろうな?」とリクは親友の顔を見ます。
由希緒/何か変な夢でも見たんじゃないの? 今朝、リクちゃんが晩ご飯を食べに来るってパパ言ってたじゃんー。
まり/あ……あたし、今だったらリックンと結婚してもいいわよ!
GM/「……ど、どうした? いつもなら『パパと結婚する』以外言わないくせに」 どうやらリクがいる生活が普通になっている世界のようだ。「ともかく、夕飯になる前に帰ってきて良かったな」と言いながら、まるで家族の一人のように上峰家へとリクは入っていく。
由希緒/ほら、まりちゃんも早く手を洗いなさい。ママがね、流しそうめんといっしょにコロッケをいっぱい揚げてくれているよ。
夘月/コロッケを流すの!?(笑) 人参コロッケはある?
由希緒/うん、人参コロッケもいっぱい作ってたよ。
夘月/やったー!(笑) ママの手伝いをしにいきます! ……今日のことは、2人の秘密だね。
まり/そうね、内緒にしないとパパビックリしちゃうもん!


 アナザーワールドSRS・リプレイ
 〜 アトラクト・ミラージュ 〜




END

由希緒/パパだー! パパキャラができたぞー!(笑)
まり/最後にリックンが出てきてれたの、超嬉しかった!
GM/お疲れ様です。……実は記憶を改変されていたPC1。NPCはPC1に成り代わろうとしていたんだけど実はPC1のことが好きだった。だから名前を貰おうとしていた……というシナリオでした。近代タイムスリップものって楽しいね!
まり/はい。懐かしいネタの話をするのが面白かったです。
GM/良い人ロールって良いね、見るのもされるのも気持ち良い。あと[狂戦士]の特技をダンレボで表現するAF判定が凄かったよ。
夘月/ねー、マッチしてたよね。
由希緒/ありがとうございます。まりちゃんと夘月くんのコンボ技が強くて助かったよー。
まり/支援PCって楽しいですね! [アーティスト]楽しかったー。
GM/今後リクは「南 リク」という名前でエージェントとして活動させてください。きっと2016年の由希緒くんも高レベルエージェントとして活躍なさっているでしょう。
由希緒/俺、神社の人と結婚するんですね(笑) ……多分「南」っていう名字は、離婚した母親の旧姓なんだと思います。
GM/おお、それなら由希緒の記憶を読み取って付けさせた偽名というのも納得だ。あとですね、今回のシナリオ……GMは、PC1のオープニングがやれた時点でもう満足しています。
まり/マジ出オチでしたよね!?(笑)
夘月/ファンの数は645人にも及んだって、『ミリオンアーサー』かなって思いました!(笑)
由希緒/しかしそれはリックンの策略だったのだ!(笑) いやー、面白かった。笑った笑った!
GM/笑い死ぬぐらいのセッションにしてくれてありがとう。あと自分が用意した出オチで笑うGMはいけないと思いました。
まり/普通のクラスの描写を思い浮かべたらいきなりの645人で、叙述トリックもいいところですよ!(笑)




END