アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 『 突然の死2 』 3ページ ■
2017年8月5日/2018年1月13日/1月14日




 ●ミドルフェイズ4/邦樹

GM/判定する前に、始業式シーンを入れよう。始業式で軽く挨拶はするが、全校生徒の前で何かするということはない。教頭から「交換生徒が1週間皆さんと一緒に勉強をします」という軽い説明と、それぞれのホームルームで挨拶するくらいかな。
美森/なるほどなるほど。
GM/校長先生の話は普通。生徒達の顔も明るい。だが一つだけ違和感を挙げるなら、本日はとても激しい雨だ。
メフメト/雨ざーざー。
GM/校長先生の話も普通に「最近天候が激しくなっています。部活動は暫く縮小し……寮と校舎の移動も……外に出る際は雨や雷や雹や雪の注意を」とのこと。
メフメト/思いっきり異常じゃないか(笑)
美森/異常気象の影響がかなり出てきてますね……(笑)
邦樹/もう何がなんだかって感じだなぁ。
GM/「本校からも数名、別の学校に行っていますが、今年度は3名の……」などなど、君達の話をする。
美森/おっ、私達の話だ! 美森は心持ちキリッとします。
邦樹/きりりって顔しときます!
GM/マイクを振られることはないけど、座っている生徒達の前で起立して、全校生徒が拍手する。「1週間ですが皆さんと一緒に学ぶ方々です。どうぞよろしくお願いします」 拍手パチパチ。
邦樹/わぁ〜、ちょっと恥ずかしいね〜。
メフメト/(5D10ころころ)34人がパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ。
美森/1クラス分、拍手が多い!(一同笑)
GM/(普通の生徒になって)「なんか……拍手の音がうるさくない……?」
邦樹/(同じく生徒になって)「雨の音じゃない……?」(笑)
GM/こうして始業式はおしまい。次はホームルームだ。3年生のクラスに蓮花、2年生のクラスに美森、1年生のクラスに邦樹がいくことになるが……メフメトはどこにいく?
メフメト/妥当に男子につくかな。邦樹のクラスに行きます。
美森/弟を頼みます!
邦樹/きゃっきゃ、メフメトさんが来てくれるなら心強い! 高1クラスはきっと賑やかだろうな!
GM/うん、賑やかだ。マスクをしている子は多いが。
邦樹/風邪っぴきが多いなぁ。この滅茶苦茶な天候のせいか……お大事に!
GM/(担任の先生になって)「これから1週間みんなと一緒に勉強する、湯澤邦樹くんです」 念願の転校生アクションどうぞ。
邦樹/念願!(笑) えっと、湯澤です! 短い間ですが仲良くしてくれると嬉しいなぁ、なんて、へへ、よろしくお願いします! へにゃへにゃ猫背でぺこぺこします。
GM/生徒達は「よろしくお願いしまーす!」と元気に返事。
邦樹/みんな元気だなぁ〜。ようこそきょうあいぱーく!
メフメト/「君は交換生徒になるぐらい頭の良いフレンズなんだね!」ってクラスの学級委員長・鯖留ちゃんが言います。
GM/鯖留、だと……!?(一同笑) さて、シーンプレイヤーの邦樹と一緒にいるメフメトは【知覚】判定で難易度10をしてくれ。
邦樹/おおっ、何があるんだろう〜。(ころころ)達成値7、邦樹は判んなかったな。
メフメト/ (ころころ)達成値11で成功。
GM/成功したメフメトは「このクラスの委員長である鯖留が、自分を凝視していた」……気がした。
邦樹/貴様! 見てるなッ!?
メフメト/(5D10ころころ)29人のヒャッハー達がサーバルちゃんを取り囲みます。
美森/待って威圧感が凄いことに!?(一同爆笑)
メフメト/しかし一般人にはネオオスマン兵の姿は見えない筈だ! たとえ29人に囲まれても[霊媒師]でなければ鯖留はごく普通にホームルームは進める!
GM/え、えっ……学級代表の【意志】判定をしよう……。(ころころ)えっ、クリティカル!?
美森/サーバルちゃん、【意志】が強い!?(一同笑)
GM/「へへーん! 私は29人に取り囲まれても冷静沈着な演技ができるんだもんねー! 負けないもんー! かばんちゃん達とバレないようにしようって約束したもんねー!」とクリティカルで頑張っている鯖留の姿を目にした。
邦樹/かわいい!
メフメト/クリティカルとは?(一同笑) くっ、なんて冷静沈着な演技なんだ!? クリティカルだから完璧に我らが視えてない演技をされている、かばんちゃんという子と約束したなんて声しか聞こえないぜ……! こうすか。
GM/こうです。
邦樹/サーバルちゃんとヒャッハー達が凄く面白いやり取りを展開してるのに邦樹は知覚できてないんですよね!?(笑)
メフメト/見ていたメフメト本体が「だ、そうだ」と邦樹に直接言います。
GM/普通に伝えた!(笑)
邦樹/口頭で伝えてくれた! メフメトさん優しいー!(笑)

『AF判定:悪魔召喚の現場』
 ・使用能力値:【知覚】【理知】
 ・難易度:難易度:20→15※

※「悪魔召喚をした現場である竹林を調査する」演出に成功すること。

邦樹/とりあえずねーちゃんと合流したいな! 始業式だったなら半日で終わりそう。
GM/半日で授業は終わりでいいな。時刻は昼を過ぎた放課後になる。……なお、ホームルームが終わった後にサーバルは「うみゃみゃみゃみゃー」と素早く帰っていった。
邦樹/むむ、取り調べする間もなく去ってしまったか。
美森/初日だからクラスメイトときゃっきゃしておう。きゃっきゃしながら食堂に来て、大根カレーを注文して邦樹と合流します。
GM/また大根カレーを食べてる(笑)
邦樹/うわー、ねーちゃんもうファンクラブが出来たの!? すげ〜って言いながら大根パスタを摘むね。大根パスタで体力が回復しますぞ、≪肉体復元1・2≫。
美森/ファンクラブなんて大袈裟だな〜。満更でもない顔をしながらカレーパクパク。
GM/ファンクラブがありそうな姉弟だ。
メフメト/それ言うたら、蓮花もファンクラブがありそうだが。
美森/蓮花先輩は3年生のクラスで男子生徒をどよめかせていますよ。私は見ました。
邦樹/ねーちゃんを取りまくファン達がカレーにパクつく姉を見てうっとりと溜息を漏らします、≪愉悦の波≫。(生徒の1人になって)「はあ……美森様……お美しいわ……」
美森/カレーにパクついてるとこでいいのか!?(笑)
メフメト/(別の生徒になって)「あの一角、APPが高ぇな……」「おい購買部に飲料水1つもねーんだけど」
GM/昨日、略奪されたからな!(一同爆笑)
邦樹/そうだ購買部を襲っちゃったんだ!(笑) 近場で≪霊薬≫を調達できないな〜。教会にお急ぎ便で注文しとこう、≪物品調達≫。
GM/実際に≪物品調達≫を使うなら代償を払えばOKだ。2シーン後に入手できることにする。
邦樹/コストを払って≪霊薬≫を調達しようと思います! ご飯を食べながら朝のホームルームのことを情報共有しておこうね。
美森/ふむむ……もしかして、かばんちゃんも演技をしていたのだろうか。カレーもぐもぐ。
メフメト/(5D10ころころ)35人が現場再現をします。
美森/再現VTR!?(笑)
邦樹/かばんちゃんもメフメトさんが視えてそうな雰囲気だったしね……。今更ながらに2人に≪過去視≫してれば何か判ったのかなと思いました。
メフメト/それはともかく、現場も見ておかねばな。
美森/腹ごしらえは済んだ、現場にレッツらゴー!
邦樹/お腹も膨れたし、現場に行きましょう〜! 確か現場はこっちだった筈、と≪空間知識≫で記憶を辿りながら歩いていく。
美森/邦樹といると迷子になったことが無いなぁ……頼れる弟だ。頷きながらついて行きます。
邦樹/得意科目は地理! もしも逸れても≪ターニングセット≫ですぐ見つけられそう。姉弟的な勘! えへへ。
GM/現場の竹林は、学校の敷地内だからそれほど遠くないぞ。蓮花も一緒について行きながら「邦樹くんといると遠出しても安心なのよね」と言う。
邦樹/嬉しいなあ〜。元の学校ではGPSとかナビタイムとか言われてるよ!(笑) 『現在難易度:1』になったところで現場検証といきますか! 【理知】で振りまーす。(ころころ)達成値15で成功!
美森/出目高い! 凄いぞ邦樹!
メフメト/ひゃっほーい! ヒャッハー達が弟を胴上げ。
邦樹/ぎゃー!? 出目が高くて嬉しいけど他の判定で出してほしい!(笑)
GM/それでは、竹林で判ったことを公開しよう。

 『AF判定:悪魔召喚の現場』で判明したこと。
(1)竹林には、儀式の痕跡がそのままに残されている召喚儀式の魔法陣が残っている。多くの竹が倒れており,魔法陣が下敷きになっている。
 現場の状況から、調べた君は「竹が倒れてきたから危険から逃げることに必死で、魔法陣を隠蔽できなかったのでは?」という考えが浮かぶ。だとしたらこの魔法陣を描いた術者は、半人前だ。
(2)中途半端に残っている魔法陣の周辺には、異端の姿は無い。この辺りを探しても怪しいものは発見できないだろう(誰も見つからないで終わる)。
 また、先にこのAF判定を成功した場合、『AF判定:儀式の詳細』の難易度をマイナス5してもよい。


GM/先にこっちのAF判定をしていたら、メフメトがしたAF判定の難易度がマイナスになったされていたということだな。
メフメト/半人前……にわかか。
美森/魔法陣を作るときの場がどれだけ大事か判っていないって察します。私達もメフメトさんを召喚したときは魔法陣を色々、こう……頑張ったもんな!
邦樹/あれ時間が掛かるよね〜。儀式を試みたい人は人目につかない所で!(笑)

(3)よくよく調べてみると、魔法陣は『魔界へのゲイト』になっていることが判る。召喚されたモノをここに連れてくることができれば、このゲイトの先に押し還すことができそうだ。
 基本的に召喚されたものは、現界の理由を果たさなければor召喚主が死んだり魔力供給が途絶えなければ昇華されないが、物理的に悪魔を還すことは可能である。
(4)君達ほどの能力者であれば、中途半端に残った魔法陣(ゲイト)を消滅させることも可能だ。
『イベントキー:魔法陣消滅』を入手する。
(5)『イベントキー:魔法陣消滅』
 効果:竹林に消せずに残っている魔法陣を削除することができるイベントキー。
 【意志】判定難易度8に成功すれば、魔法陣を消去できる。


邦樹/おおっ、倒す方法が判った!
美森/悪魔をここに連れてきて、お帰りいただけば良いんだな?
邦樹/それほど強いってことか。頑張ってここまで連れてくる必要がある……。
GM/さてここで、【知覚】判定難易度10をしてくれ。成功したら、何かに気付く。
美森/了解です!(ころころ)達成値9、この場に悪魔はいないけど妖怪1たりないはいる……。
邦樹/その妖怪を魔法陣に突っ込もう!(ころころ)達成値10、成功。
メフメト/(ころころ)11で成功。ギバニャンが魔法陣に突っ込まれた。
GM/猫を突っ込むな(笑) では成功した邦樹とメフメトは……稚葉が隠れてみんなを伺っていることに気付く。だが、稚葉は逃げ出した!
メフメト/おう?
GM/逃げ出した稚葉に追いつくには、【体力】か【幸運】で難易度25に成功するか、別の方法を取るしかない。
美森/令呪を使うかクリティカルを出すしかない!? それとも!?
メフメト/……「別の方法」を取ろう。あれだ、『イベントキー:学級委員会』を使うんだ。
邦樹/ありましたね! そっか、オートタイミングでかばんちゃんやサーバルちゃんを呼び出せるんだ!

 『イベントキー:学級委員会』
 学級代表の集まる委員会を知っていることを表わすイベントキー。
 「タイミング:オート」で【MP】を2D6減少させることで、学級代表の一人に出会うイベントを突発的に発生させることができる。シーンに登場したいPC全員が減少させること。(どのシーンでもOK)


メフメト/これから供給する予定だ。全員で3D6点回復するのだから、ここで2D6点消費しても何も怖くない!
美森/ハッ、確かに! そう言われると消費が全然怖くなくなりました!(笑・ころころ)9点……こういうときに限って出目が走る、【MP】半減!
邦樹/あるある!(笑・ころころ)邦樹は5点消費。
メフメト/確定捕獲しよう。(ころころ)よっし、メフメトは5点減らします。
GM/全員振った……ということは、全員で稚葉を取り囲んだ。「わかば は にげだした しかしまわりこまれてしまった!」(笑)
邦樹/かばんちゃんは囲まれた! 逃げられない!(笑)
GM/「食べないでくださーい!」 言わずにいられないことを言う。
美森/食べないよ!?(笑)
メフメト/(5D10ころころ)かばんちゃんの周りに、24人のモヒカン肩パットのヒャッハー達を追加ね。
GM/「食べないでくださあああああーい!」(笑)
邦樹/これは食べられそうな迫力! 捕食される感はんぱない!(笑)
メフメト/そして……彼女も、24人の姿が視えてるな。
GM/視えてるね。モヒカン肩パット姿で竹林でもバイクを爆走する24人が怖いようだ。
メフメト/奇遇だ、みんな怖いさ。
美森/そりゃ怖いわ!(一同笑)
GM/稚葉は「あわわ」と慌てている。逃げ出したいのか怯えているような雰囲気だ。【理知】判定難易度13の交渉判定で成功すると、君達に好意的に接する。失敗すると、怯えて敵意を向けて協力的な態度は取らないようになる。
メフメト/GM、このシーンに蓮花がいたな。『イベントキー:蓮花の力』で交渉判定にプラスをする≪懺悔室≫を使えないか。
GM/ああ、OK。交渉達成値にプラス3だから……判りやすく「【理知】判定難易度10の交渉判定」に訂正しよう。
美森/ありがたい! 難易度10なら頑張れそうです、よしよしっ!(ころころ)8……妖怪2たりないが出てきた。
邦樹/(妖怪2足りないになって)「こんばんはー!」
美森/お帰りください! お帰りください!(笑)
邦樹/(ころころ)11、≪懺悔室≫の効果で成功! えーっと、落ち着いて落ち着いてぇ……とジュラシックパークみたいな格好をします。
美森/説明しよう! 湯澤家では毎週金曜ロードショーを観ているのだ!
メフメト/そして全員トトロで毎回泣くのだ。
GM/トトロで泣くとこなくね!?(笑)
邦樹/王は行間が読めるのです! 感性が豊かなのです!(笑) ……落ち着いてくれて良かった。とりあえず、なんで逃げようとしたのって一応訊いていいかな?
メフメト/(5D10ころころ)22人のヒャッハー達が邦樹のフォローに感激のあまり胴上げする。
邦樹/ウオオオオオ俺はかばんちゃんと会話ウオオオオオオオ!?(一同爆笑)
GM/胴上げされている邦樹と話して次第に落ち着いた稚葉は話し始めます。
メフメト/GMのそういう普通に流して進めるところ好きよ。
美森/もう……腹筋が痛い……(笑)
GM/(稚葉になって)「立ち入り禁止の場所に入っていた貴方達……魔法陣を見ていたよね……その、そういうの詳しい人?」
邦樹/えへへ、ちょっとね、ちょっとだけ人より詳しいよ。だから知ってることがあったら教えてほしいんだ。
美森/邦樹の横でうんうんそうだ邦樹は凄いんだぞ〜という自慢げな顔で力強く頷く姉です。
GM/「知ってること……というか、その魔法陣を設置したの、私達なんだ
邦樹/あいえええ!? 学級委員会が召喚したとは思ってたけど、まさかの本人! ……どんな経緯があって召喚に至ったの?
GM/「私は……学校のみんなが、興愛学園で良い生活をできるようにって思って学級委員会に入ったの。他の学級委員の子達もそう。みんな友達で、一から作っていく学校が大好きで……」
美森/真面目な顔で聞きます。
GM/「だけど『ついていけない』って言い出す子達が増え始めた。私達のやり方がスパルタだって。私達はただ、みんなが楽しい学校生活ができればいいって……勉強もできるようになって、たくさん行事で楽しめればいいって思ったのに……ショックだった」
メフメト/スパルタだったんだな。
GM/本人達にはスパルタな気は一切無かった。だが別のAF判定で出た生徒達の話が全てを物語っている。「だからコミュニケーション合宿を2週間前に開いたの。自主参加企画だったけど50人も参加してくれた。先生達には『学力向上のための勉強合宿』って説明したけど、実際はゲームで遊んだり炊き出しをしたり……」 稚葉の話から、下心なく良い学校生活を送ろうとしていることが伝わってくる。
邦樹/めちゃくちゃいい子だ……。けど、それがどうして召喚に繋がるの?
GM/「キャンプファイヤーをする予定だったの。……そのときに、みんなで『おまじない』をしたんだ。イギリスの探検家が記した本にね、『大勢を鼓舞させるための歌と踊り』があってね。レクリエーションにピッタリだと思って簡単なダンスをしたんだよ。チョークで模様を描いて、みんなで円になって、とある歌を唄って……」
美森/ほほう……お呪い。
メフメト/……そのイギリスの探検家、アレイスターという名か?
GM/アレイスター=クロウリーのウィキペディアにはこう書かれている。1875年10月12日〜1947年12月1日。イギリス(イングランド)のオカルティスト、儀式魔術師、著述家、登山家である。
邦樹/登山家、ドンピシャだ!? おまじないが実際の召喚に繋がったとか凄いな!?(笑)
GM/犯人は「みんなが頭良くなったらいいなって! みんなが仲良くなれたらいいなって! みんながそうなるおまじないがあるって言ったら! つい!」などと供述しており。
美森/ええと、そこの竹林でおまじないをして……そして?
GM/1回目はキャンプファイヤーで、みんなでおまじないをした。そして異端コロンゾンを召喚した。みんなの【理知】と【意志】が10〜20も上昇し、みんな頭が良くなって人当たりも良くなって帰ってきた。合宿は大成功だった。「……でも、その日から異常気象が起きたの。後々、あのダンスには代償があるって詳しく調べるうちに判って……。大気が異常な動きになったのは私達学級委員会がコロンゾンを呼んだからだと判った。だから8月29日、竹林で儀式を行なった。コロンゾンに『どうかお帰りください』ってお願いするために」
メフメト/そっか、儀式は2回あったんだっけ。
美森/そっかそっか。……2度目の儀式のときは、竜巻が起きてる。
邦樹/あ、そうだね! 竹林でキャンプファイヤーする訳ないよな。火事になるし。
メフメト/竹林ファイヤー。
美森/破竹の勢いで被害がヤバイことに。
邦樹/誰がうまいことを言えと!(笑)
GM/「コロンゾンは帰ってくれなかった。『私の分霊は、一度私から切り離したらこの世に現界し続ける。もう既にお前達を含めた50人の少年少女は、私の手足そのもの。お前達は永遠にコロンゾンだ』。【理知】と【意志】を上昇した際に……私達は自覚しないうちに異端コロンゾン50体になっていたの」
邦樹/コロンゾン50。ユニット結成しよう。50体もいるとすると数が多くて絶対倒せない……。
メフメト/異端だよ全員集合。
GM/異端コロンゾンが現界した代償が異常気象。現界する限り異常気象が起きる。50人の生徒がいる所に異常気象。50人は寮生なので寮の周りでのみ異常気象。そうして興愛学園周辺異常気象なう。
邦樹/50人に分霊が移っている限りは、異常気象が終わらない…!
GM/「私達50人はコロンゾンの分霊に憑依されて、異端の手足になった……。近いうちに、何か恐ろしいことが起きるかもしれない。そんな悪い予感がしてならないの。言うならば、自分の体の中に時限爆弾装置を抱えているようなものだから。近いうちに起爆するかもと思ったら、私怖くて……もう一度ここに様子を見に来たの」
美森/自分の体の中に時限爆弾装置……。思わずお腹押さえて、ウッて顔してしまう。
GM/『イベントキー:タイムリミット』を入手してください。なんとかしてコロンゾンを討伐するか、稚葉達生徒50人に憑依したコロンゾンの分霊を昇華する手段を得なければな……おそらく恐ろしいことになるだろう。キャラクターレベル3程度の[霊媒師]である稚葉は対処策など何も無い。エージェントじゃないし、そういった組織の知識も皆無である。
美森/なるほどタイムリミット、これでAF判定が解禁される! ……稚葉ちゃんの手をぎゅっと握る!
メフメト/ぎゅっ。
美森/大丈夫、私たちがきっと何とかしてみせる! こう見えて私達、専門家だからね。不敵に笑ってみせましょう。安心させてあげたい気持ち2000%!
GM/「わぁっ……!」 不敵に笑ってくれた。専門家だからねの一言は心強い。
邦樹/はいファンクラブ会員増えた! 増えたよ!(笑)
美森/その代わり、約束してね。貴方達が手を出した「おまじない」は魔術ってやつだ。魔術は中途半端な知識で行うと凄く大変なことになるんだ……もうしちゃダメだよ。優しく諭すように言います。
GM/彼女だって疑問はもちろん抱いてしまう。だがあまりの力強い言葉に、思わず「……こくっ!」と頷いた。優しく正しいことをハッキリと教えてくれた美森の手を、怯えながらもぎゅうっと掴み直す。
美森/もしこの先に何か魔術について知る必要が出てきた時とか、こういう不思議な事件で困ったことになったら、ここに連絡してね……と言って教会の連絡先とか渡しておこうかな! 気が早いアフターケアです。
邦樹/ねーちゃんさすが! しっかりしてるぅ! そして安心感!(笑) ねーちゃんは世界一かっこいいねーちゃんだなー!
美森/任せて! 私の味方は、みんな頼もしいからね! と胸を叩くよ!
メフメト/蓮花と邦樹の説得、美森の信頼。どれも満足のとても良いシーンだった。メフメト本体は竹林に玉座(パイプ椅子拝借)で座っている。
邦樹/竹林で座ってたんですかい!?(一同笑)

 一同はこのタイミングで『供給』を行なう。
 邦樹の≪愉悦の波≫の効果で全員4D6点回復し、ほぼほぼ全回復することができた。


 ●ミドルフェイズ6/美森

GM/美森のもとに≪物品調達≫で注文した≪興奮剤≫が届きます。
メフメト/よし、紅茶ゲットだぜ。

『AF判定:時限装置の調査』
 ・使用能力値:【反射】【理知】
 ・難易度:20

※「時限装置に関する調査をする」演出に成功すること。
※『イベントキー:タイムリミット』が無ければできない。


GM/さて、今までこうだったAF判定の表記が……。

『AF判定:時限装置の調査』
 ・使用能力値:【反射】【理知】
 ・難易度:20

※「稚葉達生徒50人の体の中に憑依している『異端コロンゾンの分霊』に関する調査をする」演出に成功すること。
※『イベントキー:タイムリミット』が無ければできない。


GM/こう変化します。より具体的になったぞ。
美森/でしたら順番的に美森のシーンをします! シュッシュッやるぞ〜! 気合に満ち満ちていますが、頭脳労働は弟やメフメトさんや知能派ヒャッハーさん達や蓮花先輩の役目……そう認識しているので、美森は足で情報を稼ぎます。ほぼ肉弾戦の戦い方をすることもあって足の頑丈さには自信があります、≪血と骨の武器≫。
邦樹/知能派ヒャッハーという言霊力(笑)
美森/寮へと戻ろうとしますが、悪天候もあって竹林が襲い掛かる! 危ない! かばんちゃんを≪影の軍勢≫で庇う!
邦樹/(突然、意思のある竹林になって)「かわいい女子を襲っちゃうぞぉ〜!」
美森/ふっ、竹林め。私を倒してから行くんだな……出来るものならな! ≪闇の勇姿≫で全員を庇いながら無事に寮まで辿り着きます。≪闇の勇姿≫はバステ:麻痺も付くから竹林はもう動けませんよ。ふふふ!
メフメト/意思を持った竹林との対決がやたらとカッコイイ(笑)
美森/寮に到着しました。みんなびしょ濡れなので、ひとまず着替えて再集合です。美森はかばんちゃんに≪最高調合術≫+≪強力成功術≫+≪鎮静剤≫相当のホットのコーンポタージュを手渡します。身体冷やさないようにね。
GM/「ありがとう」 あったかいコーンポタージュをいただこう。
美森/絶対に解決策は見つけられる。私達は似たような事件だって潜り抜けてきたんだもの。大事にはさせない、頑張ろう! みんなを鼓舞する≪封印の角≫。それぞれが寮の中で、合宿参加者50人を探して調査を始めます。
GM/学校行事の参加者だ、すぐに判るだろう。特技は7つ使ったのマイナス14されて、『現在難易度:6』だ。
美森/足で情報を稼ぐぞー、いきます!(ころころ)達成値16、よし! 熱いロールに出目が答えてくれた!(笑)
GM/成功だ。では判明する情報を公開しよう。

 『AF判定:時限装置の調査』で判明すること。
(1)『異端コロンゾンの分霊』の詳細が判明する。
(2)分霊は、現界した際に『何らかの対象』に憑依しなければならない。もし憑依していない状態が60秒以上続いた場合、大気異常の波が発生し、周囲1キロに10D6点の霊力ダメージを与える。
(3)憑依を抜くこと、入れること自体は一般的な魂の知識があれば可能である。(能力者でキャラクターレベル3以上であれば、宣言のみで自動成功するものとする)
(4)キャラクターレベル5以上であれば、複数の憑依を抜くこと、複数に憑依させることも可能である。(周囲1キロ以内にいる最大50体まで憑依をコントロールすることも可能。若干の判定あり)


邦樹/10D6点のダメージ……でかい。
美森/即死もありえる数値ですね……。
GM/ここで改めて説明させてもらうが、「生徒Aから分霊を引き抜くことは自動成功で可能」。しかし、「分霊を60秒以内に生徒Bなり誰か生きているモノ憑依させなければ、10D6のダメージロールが発生」する。稚葉はキャラクターレベル3の[霊媒師]なので、1体ぐらいなら憑依させることができるだろう。しかしAくんからBくんに憑依先を変更させたところで意味が無いからやろうとしない。
メフメト/……我々はキャラクターレベル5のPCだ。50体までの同時引き抜きは可能であると。
GM/うん、可能だ。ただし60秒以内に引き抜いたものをどこかに入れないと、10D6×50点のダメージを受ける。
邦樹/引き抜いた分霊を「1人の体」に複数入れることはできるのかな?
GM/基本的に「器には魂は1体まで、および2体が限界」とPC達は知識で判る。可能ではあるが、若干難しそうだ。

(5)分霊に憑依された生徒達を見て、君はこう感じる。
 「みんなとてもハイテンションだ。気持ちが昂揚している。……何か嫌な予感がする。2ラウンド終了時(ミドルフェイズ6終了以降)に何か起きてしまうかも?」


GM/次のシーンはミドルフェイズ6だ。それが終わったら、2ラウンドが終了する。
美森/ほああ……次までに何とかしないと!
邦樹/分霊を移すことに、『イベントキー:最大解放』を上手いこと使えないかな。……効果にある「本来の姿に戻す」って、具体的にどんな効果ですか?
GM/本来の姿とは「一番最適化の状態」のことだ。『魔力を流しこめば全て元通りになる』。もし腕がちぎれても、半身が無くなったとしても、召喚主やマスターが『復元』を命じれば、どんな状態でも召喚の際の姿に元通りになる」 英霊は腕が吹っ飛んだとしてもマスターが復元を命じれば元通りになれるんだ。
メフメト/……GM、分霊は10D6点の爆発をしたら昇華される?
GM/昇華される。10D6×50とかオンセやダイスアプリじゃないと実際できない。
邦樹/パソコンの画面が全部ダイスで埋まるね!(笑)
美森/爆発。それは浪漫。
メフメト/浪漫か(笑) あ、えーと……なんか思いついた。ヒャッハー達に分霊を移せない?
GM/可能です。
美森/それ! 私も気になっていました!
邦樹/爆発したヒャッハー達が『アルマゲドン』みたいに横並びに歩いて帰ってくるやつ!?(笑)
GM/ところで、ヒャッハー達は生きているカウントでいいんだよね?
メフメト/データ的にはスキルウェポンの演出ですが、これで生きていない設定にしてしまうと多くの使い魔系キャラクターの命を全否定することになるので、生きていることにしたいです。
美森/ヒャッハーさん達は生きてる! 生きてますよ! 美森的には! 生きてますよ!(笑)
メフメト/……ああ、そうだ、爆発させる必要は無いんだ。「ヒャッハーに異物が入る→マスターが解放を命じる→メフメトが元の姿(異物が入ってない状態)に戻る」から、最大解放した時点でコロンゾンの分霊は消えるんだ。
GM/正解だ。
メフメト/そのことを姉弟に話そう。分霊を複数操作……魂の操作は知識があるな。できそうか。いや、できるな?
邦樹/できる。いや、やるよ! やらなきゃ!
美森/できます! 邦樹と私の2人なら!
メフメト/(10D10ころころ)……ちょうどよく51、ズラリとその場に出てくる51人のヒャッハー達。
美森/ヒャッハーさん達……!
邦樹/むしろ残りの1人が気になる!(一同爆笑)
メフメト/50人の生徒達の体には時限爆弾が仕掛けられている。いつかのお前たちと同じくな。
美森/……いつかの事件を思い出して、お腹をさすります。
メフメト/おそらく近々あれらは爆発する。ならばそうなる前に除去するまでだ。思わぬ展開に焦った本体が顔を出すかもしれんぞ。……2人に最大解放をするよう頼む。

 『イベントキー:最大解放』
 効果:召喚主が英霊の扱いに関する知識がさらに長けたことを表わすイベントキー。
 【意志】判定難易度8に成功すれば、英霊を「本来の姿」に戻すことができる。美森・邦樹のみ使用可能。


邦樹/いずれにせよ被害が出るのなら食い止めなくちゃダメだよね。メフメトさん、力を貸してください! 俺もねーちゃんも精一杯頑張るから!
美森/今ならきっと爆発の前に食い止められる。だったらやります、悪魔が相手だったとしても好きにはさせない!
GM/蓮花も静かに頷く。彼女は稚葉に近づき、「少し離れていなさい」と距離を開けた。……まずは【意志】か【幸運】判定難易度6をしてくれ。それで分霊50体をヒャッハー達50体へ同時移動できるよ。
メフメト/(ころころ)あ、6と6でクリティカル。
邦樹/クリティカル!? そこで!?(一同笑)
メフメト/うめえ……(笑) 来い、王の命であるぞ。その一言で分霊全てをネオオスマン兵50体に移動させます!
GM/分霊が移動していく。60秒もかけずにネオオスマン兵の元へコロンゾンの手足は全て収納された。「バッドステータス:コロンゾン」になるヒャッハー達。
美森/バステ扱いなんだ!?(笑)
GM/このバステはご存知の通り、[感応力師]などのバステ回復特技を使っても治らない。治す方法は……。
メフメト/マスター!
GM/美森と邦樹は【意志】判定難易度8を。1人でも成功したらOKだけど、2人いっしょがいいかな(笑)
美森/はい!(ころころ) 13!
邦樹/(ころころ)13! 達成値が同じで仲が良い!(笑)
GM/ヒャッハー達は呻く。異物が体に入ってきたからだ……が、2人が魔力を英霊に送ることで彼らの異常を全て吹き飛んでいく。
メフメト/大爆発が起きたような衝撃がその場に走る! しかしそこに立っているのはバステから回復した姿のヒャッハー達の姿! 爆風の中からアルマゲドンのBGM流しながら現れる!
邦樹/ドワナクローズマイアァァァァー!(一同爆笑)
GM/派手だな!?(笑) だがその通り。2人が魔力を放った先には、異端に侵された英霊の姿など無かった。『イベントキー:分霊消滅』を入手してください。

 『イベントキー:分霊消滅』
 コロンゾンの分霊が消滅したことを表わすイベントキー。
 分霊はいなくなり、本体が姿を現す。クライマックスフェイズに突入する。


美森/おおおお、来たー……! メフメトさん最終再臨が見えるぞ、私には見える!(笑)
邦樹/一方その頃、湯澤家の宝物庫はQPがカラになっていた。でも再臨したメフメトさんはカッコイイから悔いはない! 聖杯もあげちゃう!(笑)
GM/「うううううううう!?」 突如、稚葉が呻き出す。
美森/かばんちゃん!?
邦樹/一体何が!?
GM/近くに居た蓮花がその体を抑えるが、振り解き、頭を抱える。その目は赤く染まり、「……手足が……こうもあっさり昇華されるとは……!?」と異質な声が発せられる。コロンゾン本体が稚葉の中にいた。合宿に参加した50人ではなく、合宿を主導した学級代表の稚葉の中に本体がいたんだ。
メフメト/かばんちゃんオルタ!(一同爆笑) ……その女から離れろ。いや、言うまでもなく引き抜いてやろう。
GM/(コロンゾンの声になって)「それはできん。分霊はともかく、私は儀式によって現界せしもの。そう簡単にはいかんよ」
邦樹/そっか、魔法陣までこいつを押し込まなきゃいけないのか……!
GM/そう、ここからはコロンゾンが入った稚葉との戦闘だ。魔法陣にこいつを押し込まなければならないクライマックス戦闘が始まる!


 ●クライマックスフェイズ

【戦闘ルール】
(1)「稚葉の体にいるコロンゾンを竹林にいる魔法陣に押し込み、悪魔をゲイトを通して還させる」ことが目的。
(2)スキルウェポンの射程内でメジャーアクションで【体力】か【意志】判定を行ない、コロンゾンを任意のエンゲージへ移動させることができる。このときの難易度は「200」とする。
 コロンゾンにダメージを与えると、難易度が「与えた実ダメージ点」減少する。もし実ダメージが20点入ったら、難易度は180まで減少する。
(3)稚葉は一定の難易度まで減少したとき、気絶し、救出することができる。
(4)コロンゾンを魔法陣のエンゲージに入れ、オートアクション(代償1D6MP)で【反射】か【幸運】判定達成値に成功すること。成功すればコロンゾンはゲイトに押し返されてこの世から消える。
 ★魔法陣エンゲージから20m以上離れた場所でオートアクションした場合:【反射】か【幸運】判定難易度18
 ★魔法陣エンゲージから離れた場所(20m以内)でオートアクションした場合:【反射】か【幸運】判定難易度14
 ★魔法陣エンゲージの中(至近)でオートアクションした場合:【反射】か【幸運】判定難易度10
 ★どの場所でもオートアクションではなく、メジャーアクションで試みた場合:難易度−3

【メフメトのみラウンド始めにできること】
 ラウンドの始め(セットアップ開始前)に【意志】判定難易度11。何かを思い出すかもしれない。


邦樹/おお、コロンゾンと押し相撲だ……。
メフメト/確かに相撲だ。殴って難易度を下げて、成功させて押し込めろというやつだな。射程もわりと重要だ。
邦樹/じりじりと魔法陣にみんなで寄ってくんですね!
美森/近くに居れば素値で成功しそうですね。令呪があれば遠くからでも成功できそう!

【戦闘マップ】
 エンゲージ1:美森、邦樹、メフメト
 (↑10メートル離れている↓)
 エンゲージ2:コロンゾン、モブA、モブB
 (↑40メートル離れている↓)
 エンゲージ3:魔法陣


GM/第1ラウンド、セットアッププロセス。まず最初にメフメトが【意志】を試みることができる。
メフメト/【意志】のボーナスは5ある。いきます。(ころころ)達成値13で成功。
GM/成功した。メフメトの脳裏にある光景が思い浮かぶ。それは、少女が爆発四散する光景だ。
メフメト/少女……?
GM/目の前で君達に立ち塞がっている少女、稚葉。彼女が破裂し、その爆撃に……君の愛する姉弟が血まみれになっている光景を見た。
メフメト/…………。デジャブ判定か。
GM/また、違う光景が脳裏に浮かぶ。今度は自分の胸が熱い。何者かが自分の中にいて、破裂した……君の愛する姉弟を巻き込んで。それは、いくつもの違う記憶だ。
美森/……う、うあぁぁ……。
メフメト/GM。「君の愛する姉弟」が恥ずかしい。
GM/違うの?(一同爆笑)
メフメト/違わないよ! でもモノローグで確定するな! 違わないのが恥ずかしいんだから!(笑) 悲惨なループを繰り返しいたのだというより、「あ〜そんなに余は2人のことが好きなのね〜」って自覚して言葉を失くすって感じになっただろうが!?(一同笑)
GM/……メフメトは、この難しい戦闘を幾度も繰り返したことを思い出す。思い出したことによって、メフメトはこの戦闘を有利に動くことができるようになった。

 『イベントキー:最大解放2』
 タイミング:オート  代償:1D6MP

 美森か邦樹が【意志】判定で難易度12に成功すれば、メフメトを「消費した1D6×5メートル」移動することができる。


美森/おおお……! メフメトさんが性能アップした!
邦樹/幕間クリアしたなって感じですね!(一同笑)
メフメト/幕間クリアからの強化クエストによるスキル開放か!(笑) ループしてたという要素的にも、移動を駆使したギミック戦闘的にもありがたい救済措置だ。
GM/さて、今度こそセットアップピロセス。一番最初はコロンゾンは≪魂装支援≫を使用。モブ2体はセットアップ特技は無いのスルーだ。
美森/美森はセットアップで≪惨劇:封印の角≫を使用! 命中+9、ダメージ+7します。
邦樹/≪惨劇≫はイイゾイイゾ! 邦樹はセットアップは≪空間知識≫使用します〜。
GM/ではメインプロセスに移行。トップバッターは【行動値】16のコロンゾン。その場で≪視えない腕≫+≪魔法剣≫で攻撃。対象はダイスで決めよう。(ころころ)……メフメトにする。
メフメト/はいきたー。
GM/メフメトに命中判定。(ころころ)命中22!
邦樹/高い高いだー!
メフメト/こいつ[魔術師]のデータ組みだ、命中値が高い!(ころころ)回避17……5も足りぬ。
美森/令呪ならありますが、もったいないかな……?
GM/あ。≪魔法剣≫を防御無視化する宣言、忘れた。

 ≪魔法剣≫
 魔法によって作られた武器で攻撃する[魔術師]のスキルウェポン。
 1シナリオに3回まで、命中判定直前に1D6MPを消費することで【防御点】無視ダメージを与えることができる。

メフメト/よし、これは運が良かったと思って当たるか(笑)
邦樹/わーい! ≪念動障壁≫を使いますね…。
美森/あっ、美森はメフメトさんに≪影の軍勢≫を使います! メフメトさんの【防御点】は3点だけど美森は10点ある上に、≪影の軍勢≫は実ダメージを1D6点軽減できるので!
メフメト/固い! 頼んだ!
GM/3回限りの防御無視……今度は忘れない……。(ころころ)14点の霊力ダメージだ。
美森/(1D6ころころ)10+4点軽減。あの……なんというか、自前で全カッキンでした。ありがとう≪黒水晶の盾3≫!
邦樹/≪念動障壁≫いらなかったな? カッチンカッチンやで(笑)
美森/次からマジで邦樹が頼り!(笑)
メフメト/今度から防御無視ダメージだから気を付けよう。……メフメトはマイナーアクションで18メートル移動。コロンゾンから8メートル、魔法陣から32メートル地点に移動しました。
邦樹/どうぞどうぞ!
メフメト/メジャーアクションで≪ヘル≫+≪ツールマスタリー≫で攻撃!(ころころ)命中は20、悪くない。
GM/たけーわ。(ころころ)回避は……17。
メフメト/うわこいつ結構回避高い! わりと避けるぞ! ≪インドラ≫を使用。(ころころ)39点の霊力ダメージ! ヒャッハー達の火炎放射!
GM/プレイヤーに計算してもらいやすくするため、コロンゾンには【防御点】は判りやすく設けていません。稚葉を攻撃しているようなもんだし。
美森/ありがたいなと思ったけど……そうだった……。
メフメト/そう言われると辛いな。かばんちゃんには優しく火炎放射……いや、水鉄砲にしとく。ピューッ。
邦樹/かわいい!(笑)
GM/次はモブ達の番。≪落下する光≫+≪EP:バステ付与・毒≫で攻撃だ。
美森/ひっ!
邦樹/ひええ!?
メフメト/うわ、≪空間知識≫してもらっていて良かった!

 ≪落下する光≫
 全体攻撃を繰り出す[世界遣い]のスキルウェポン。
 命中判定前に1D6を振り、1が出たらシーン内の味方全員に、2〜5が出たら敵全員に、6が出たら使用者のみに物理ダメージを与える。


GM/(1D6ころころ)あ、1。
メフメト/あ。
邦樹/あっ。……おこった? おこった?
GM/怒った!(一同爆笑) モブAは味方全員……コロンゾンとモブ2体に攻撃だ。なんで毒なんてしちゃったんだろ……(ころころ)命中19。回避は3体とも失敗。ダメージは10点ずつ受けました。
邦樹/毒の効果で毎ラウンド、ダメージが入りますね(笑)
GM/なんか嫌な予感してきた……モブBも≪落下する光≫で攻撃します。(1D6ころころ)えっ、6!?
美森/両極端!?
GM/命中(ころころ) 回避(ころころ) ダメージロール(ころころ)……早送りでお送りしました……。
美森/も、モブちゃん、お疲れ様……(笑) 美森はマイナーアクションでコロンゾンのいるエンゲージまで移動します。メジャーアクションで≪闇の勇姿≫+≪血と骨の武器≫でコロンゾンを攻撃します!(ころころ)命中22!
GM/(ころころ)回避12で失敗。当たった。
メフメト/ダメージロールに≪インドラ≫を使用! ダメージ17プラス!
美森/(ころころ)……禍福りますか!? 命中したときがリソースの切りどきですもんね。
邦樹/ダメージロールに≪禍福のさざなみ≫を使用! 専用BGMが流れます。
メフメト/弟パワーメイクアップ! シャーララー、セーラークニシゲェー! シャラララ!
邦樹/俺の方なんだ!?(一同爆笑) ねーちゃんの方メイクアップしようよ〜!(1D6ころころ)よし、5で成功してダメージ+20!
美森/はーい! 56点の霊力ダメージです!
GM/名状しがたいパンチを食らうコロンゾン。
メフメト/体に優しいパンチです。かばんちゃんにダメージのいかない自然オーガニック由来の優しさ溢れるパンチです。
美森/血と……骨の……自然オーガニック由来……?(笑)
GM/なんだそのパンチ!?(笑) 次は邦樹のメインプロセスです。
邦樹/はいはい、マイナーアクションでオーガニック由来の≪興奮剤≫を撒きます。(ころころ)5点デトックス回復してね!
メフメト/体がめっちゃリフレッシュする。
美森/ありがとう全回復!
邦樹/メジャーアクションは全力移動。魔法陣に30メートル近づきます!
GM/クリンナッププロセスになったな。コロンゾンが1D6点の毒ダメージを受ける。(ころころ)6……。
美森/最大値だ!?(笑) もうこれ、稚葉ちゃんの気持ちが何かに働きかけているとしか……。
メフメト/それだ!(笑) ……GM、まだお正月の時期だからお参りに行け。
邦樹/厄払いが必要なコロンゾンですね(笑)
GM/モブAの毒ダメージも1D6振ろう……。(ころころ)6。
美森/毒の猛威が凄い! 稚葉ちゃんの気持ちは無駄にしないー!(笑)
GM/モブBの毒ダメージも……。(ころころ)6。ちょっとおかしいだろぉ!?(一同爆笑)
美森/毒の猛威がすごい2018!(一同笑)
GM/稚葉が体に優しいオーガニックパンチを受けて、コロンゾンをデトックスしようと頑張っている。しかしコロンゾンが≪紅蓮の指≫を自身に使用……もう一回命中判定を、邦樹を狙っていきます。
メフメト/弟ー!?
GM/命中判定!(ころころ)命中22だ。回避お願いします。……あ、やべぇ。
美森/……もしや……(笑)
GM/また……≪魔法剣≫の防御無視宣言……忘れた。
メフメト/……GM、一回落ち着こう?(笑)
邦樹/大丈夫ですよ、GM! 弟の【防御点】は最初から0ですよ!
GM/マジか。今から本気出す!(ころころ)18!
邦樹/(ころころ)回避12で避けられません。
美森/姉の令呪が光る! 邦樹、避けろー!
メフメト/シャララー! セーラークニシゲー!
邦樹/だからなんでねーちゃんじゃないの!?(一同笑)

 第2ラウンド目のセットアッププロセスに移行。
 コロンゾンは≪魂装支援≫、美森は2回目の≪惨劇:封印の角≫、邦樹は≪空間知識≫を使用した。


GM/メインプロセスで、コロンゾンは、命中対象を(ころころ)美森に決めて……今度こそ、今度こそ! ≪魔法剣≫を防御無視にしました!
メフメト/コロンゾンが賢くなった。
邦樹/知性が高いコロンゾンだ
GM/コロンゾンの時代、来たる。(ころころ)命中18!
美森/唸れ、私のダイス!(ころころ)回避14……。
メフメト/≪異端審問≫を使用! コロンゾンの命中を16にする!
邦樹/≪叱咤激励≫を使用! ねーちゃんの回避を16にする!
美森/ああ〜!? 回避16になって、受動側優先! 避けます、ありがとうメフメトさん邦樹〜!
邦樹/よっしゃー! ハイタッチ!
メフメト/ナイスコンビネーション!(5D10ころころ)メフメト本体とハイタッチした後に32人のヒャッハー達がハイタッチ!
邦樹/ふええ手が腫れる〜!(笑)
美森/手を腫らして華麗に回避!(笑)
GM/特技を使ってピッタリ回避はカッコイイ。次はメフメトのターンだ。
メフメト/マイナーアクションで2メートルだけ移動。コロンゾン&美森から10メートル、魔法陣から30メートルの距離になる。メジャーアクションで≪ヘル≫+≪ツールマスタリー≫で攻撃だ。(ころころ)命中16……。
GM/コロンゾン回避。(ころころ)18で避けた。
邦樹/≪逆転運命≫でコロンゾンの命中判定を振り直しさせます!
GM/了解、振り直します。(ころころ)回避18……。
邦樹/なるほど変わらないじゃねーの!(笑)
美森/ああっ、出目が高い!
メフメト/次は2連続の≪落下する光≫と≪紅蓮の指≫の再攻撃が来るんだよな……。あ、あれ、≪+50カリスマ≫! ダイスロール+5! それを使って命中21にする!
GM/おっ、そういやOKしたやつ!
美森/≪英霊「ライダー」≫のやつですね! メフメトさんかっこいいー!(笑)
メフメト/ありがとう!(5D10ころころ)20人が特攻していく中、エクストラアタックでメフメト本人がサーベルで殴りに行く! ≪インドラ≫を使用してダメージロール!
美森/美森の令呪が光りメフメトさんパワーアップ!
メフメト/決める。(ころころ)……合計ダメージ、66点!
GM/いってぇ。……『難易度:23』まで下がりました。
邦樹/現実的な難易度になってきた!
GM/次はモブのターンだ。モブAの≪落下する光≫を……。
メフメト/……あ。『異端堕ち』でメフメトが【正気度】を2D6点減少させて、未行動化するのはどうだろう?
GM/【正気度】は平気?
メフメト/メフメトの【正気度】は9だ。
邦樹/一か八かですなぁ。
美森/……美森は、高速で首を横に振ります。戦術としてとてもアリだと思うんですけど、メフメトさんが異端落ちするの美森はイヤイヤします。
メフメト/……このまま特攻して死ぬ気でループを止めさせようと全力で突貫しようとサーベルを構えます。が、止める。嫌な光景は、もう充分の筈。
邦樹/みんな一緒に笑顔で帰ろう!
美森/みんな一緒に笑顔で帰りたい!
メフメト/ああ。迅速に終わらせようとしたが、馬鹿なことを言った。許してほしい。……提案を取り下げます。
GM/GMとしては良いドラマ見た気分。改めてモブ達が動きます!(1D6ころころ)1。……なんでだよ……。
美森/モブちゃん……モブちゃん、好き……(笑)
邦樹/にこにこしてしまう……(笑)
メフメト/GM、ありがとう……(笑)
GM/(ころころ)(ころころ)(ころころ)(ころころ)(ころころ)(ころころ)……はい、散々だ。2体目の≪落下する光≫……手酌つらい。
メフメト/今のGM、輝いてるよ。ガンバレ。
GM/(1D6ころころ)3。やったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!
メフメト/おめでとう、おめでとう! いっぱいちゅき!(一同笑)
GM/ありがとう! いっぱいちゅき、くらえ!
美森/おめでとうございます! 死を覚悟するちゅき!(笑)
GM/(ころころ)命中全員に18です!
邦樹/ふええ、ちゅきが重い……。(ころころ)邦樹、回避失敗!
メフメト/(ころころ)メフメトの回避15で失敗。
美森/(ころころ)美森も回避16で失敗です。
GM/全員回避失敗かな。やったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!(一同爆笑)
美森/美森はあのダメージを受けても立てます。美森は大丈夫です。
メフメト/力強い言葉だ。
邦樹/ねーちゃんかっこいい! 邦樹はダメージ次第かな? このままいきましょう!
GM/ダメージロールいくよ。初モブのダメージロール! ≪血潮の陣≫を使用!(ころころ)18点物理ダメージ! 物理ダメージで1点以上で毒を全員に攻撃。
美森/おあぁっ、追加ダメージ……!?
邦樹/なんと!? ≪念動障壁≫を使います!(ころころ)皆さん、9点弾いてくださいな〜。
美森/美森は【防御点】で全カッキンしました! ありがとう≪黒水晶の盾3≫! 邦樹ありがとう!
メフメト/姉はさすが固い。メフメトは6点だけ入ります。現在【HP】は16、バステ:毒にはなったが……まだまだいける。
邦樹/邦樹は9点だけダメージが入ります〜。みんな強い! 人類最強!
GM/では次は……邦樹のメインプロセス。
邦樹/邦樹はマイナーアクションで≪興奮剤≫を使用します!(ころころ)6点回復!
メフメト/人類最強の≪興奮剤≫!(笑)
邦樹/メジャーアクションで≪肉体復元≫を全員に使用しますね!(ころころ)全員【HP】を27点回復してくださいな〜。
美森/……んっ? あれ、あの、すみません……美森のターンを飛ばしてる……。
GM/あ、すみません。飛ばしてしまった。敵が間にいないので、一時的に邦樹のターンを保留させてください。巻き戻しをします。
邦樹/はーい。とりあえずこれは未来の事象ということで。
GM/これはGMの進行ミスなので……お詫びとして、美森は命中かダメージ+2してください。
美森/えっ!? いいんですか?
GM/GMがミスったとき、なるべくプレイヤーの味方をしようと思っているので……。
メフメト/詫び石だ。
邦樹/詫び達成値。
美森/詫び石なら受け取るしか!(笑) ありがとうございます! ≪惨劇:封印の牙≫+≪闇の勇姿≫+≪血と骨の武器≫で攻撃! ではコロンゾンに命中いきます!(ころころ)命中25。
GM/コロンゾン回避。(ころころ)こっちは低い! 12で失敗。
美森/詫び達成値はダメージに使わせていただきます〜! ダメージロール!(ころころ)詫び石つきで26点の霊力ダメージです!
GM/これで、難易度が……1になる。
美森/きましたね! 次のラウンドで決着が見えてきました、シュッシュッ!
GM/今度こそ邦樹のターンです。邦樹がさっきのダイスロール結果で良いならそのまま出目を採用します。
邦樹/ではそのままで!

 クリンナッププロセスに移行。毒のダメージにより、コロンゾンは5点、モブAは1点、モブBは4点のダメージを受け……。

GM/モブB、死にました。退場。
邦樹/ええええええ!?(笑)
美森/さようなら、君のことは忘れないよモブBちゃん……(笑)
邦樹/邦樹も毒ダメージを食らうよ!(ころころ)6点ダメージ、高いわ!
メフメト/メフメトも毒ダメージを受けます。(ころころ)3点。ヒャッハーが3体が「うーわ」「うーわ」「うーわぁ……」。
邦樹/3人の尊いヒャッハーが犠牲に!(笑)
GM/そして、クリンナッププロセスにコロンゾンは≪紅蓮の指≫を自身に使用、≪ヒュプノスの枝≫を使う!
メフメト/うわっ、振るダイスを減らす気だ!?
GM/(ころころ)メフメトに使用する。【意志】判定に失敗したらダイスが1D6減少するぞ。(ころころ)難易度は19。眠くなる攻撃だ。
メフメト/(ころころ)ぐっ、失敗……。膝をつきます。

 第3ラウンド、セットアッププロセスでコロンゾンは≪魂装支援≫を使用。美森は最後の≪惨劇:封印の角≫を、邦樹は≪空間知識≫を使用した。

GM/コロンゾンのメインプロセスで……≪ヒュプノスの枝≫を、今度は美森か邦樹に使いたい。偶数なら美森を、奇数なら邦樹を狙う。(ころころ)4なので美森。
邦樹/ねーちゃん!?
美森/こっちか……はい!
GM/【意志】判定で抵抗してください。(ころころ)……出目が1と1。ファンブルだ。
美森/あっ……あれ!? かばんちゃん! 好き!(笑)
GM/(突然、稚葉になって)「私! 負けない! ……美森ちゃん! 頑張って……!」
美森/頑張るっ!
メフメト/メフメト、【意志】判定をしてコロンゾンを魔法陣エンゲージに移動させます。(ころころ)12で成功。(5D10ころころ)……15人の、減りに減った15人のヒャッハー達が、第1話でもやったヒャッハータクシーだぜえええええええええええええ!
GM/コロンゾンが魔法陣まで移動します!
邦樹/初乗り料金発生します(一同笑)

【戦闘マップ】
 エンゲージ1:美森
 (↑10メートル離れている↓)
 エンゲージ2:メフメト
 (↑20メートル離れている↓)

 エンゲージ2:邦樹
 (↑10メートル離れている↓)

 エンゲージ3:魔法陣、コロンゾン


GM/焦ったコロンゾンは逃げようと稚葉の体から出てくる。
美森/おおっ、出た!?
メフメト/……蓮花! 女の確保を! おそらく戦闘に加わっていただろう蓮花に叫ぶ。
GM/おっ、そうだな。そのメフメトの声を聞いた蓮花が「まかせて!」と応じる。蓮花は[聖職者]の特技は全部使えるので、≪母の腕≫と≪特権階級≫で稚葉を救助したことにする。「美森ちゃん達、安心して!」
邦樹/やったー!
美森/私達の英霊と私達の先輩がこんなにカッコイイ!(笑) 押し込むのはオートアクション……邦樹、やってくれ!
邦樹/はい! オートアクションで押し込むね!
メフメト/邦樹! 頼んだ!

 ★魔法陣エンゲージから離れた場所(20m以内)でオートアクションした場合:【反射】か【幸運】判定難易度14

邦樹/【反射】で判定します!(ころころ)達成値は、8! 令呪ください!
メフメト/美森!
美森/いけーっ! 邦樹ー! 令呪をドン!
邦樹/達成値を28に変更! いっけえええええー!
GM/風吹き荒れる竹林の魔法陣。いきなり飛ばされて現れたコロンゾンはモガモガと暴れている。
邦樹/自分一人の力だけじゃダメだ……! 弱気になっていたところを、ねーちゃんの令呪とメフメトさんの喝をもらって……! 懇親の力で、押し入れる!
GM/「ぐおおおおおおお!?」 雄たけびを上げる悪魔。みるみるうちに魔法陣の中へ。
邦樹/終わらせて! みんなで! 笑顔で帰るんだー!
GM/邦樹の叫びが響く。そしてコロンゾンは異界へのゲイトの奥へ吸い込まれていき……荒れ狂っていた風が、やんだ。戦闘終了です。お疲れ様でした!
美森/お疲れ様でしたあああー!
邦樹/終わったー! お疲れ様でした!
メフメト/ナイスコンビネーション! ありがとう稚葉のファンブル、ありがとう蓮花の無力化、ありがとう姉の令呪とラストの邦樹アタック……合体技だった。
邦樹/凄かった! みんな強かった! みんなに支えられて戦い切った……!
美森/最後の全員の力で畳みかける感じ最高でした! ギミック戦闘、楽しかったです!
GM/熱い展開の戦闘だった。すげえ綺麗だった……残すはエンディングフェイズだ!


 ●エンディングフェイズ

GM/魔法陣に突っ込まれたコロンゾン。『AW』の召喚は、召喚の目的を達成したりまたは達成できないが確定されると昇華される。送り戻されたコロンゾンは、目的を達成できず、魔法陣も無意味になり、この世から消滅していく。竹林には凄まじい風が通った後、天災の傷痕を残して普通の竹林へと戻っていった。
邦樹/本当に終わったんだなぁ……。
美森/良かった……これでもう大丈夫だ。
メフメト/これで雪も降らなければ雹も降らないな。残暑らしい空になっていくだろう。
GM/確か今日は雨がざーざー降っていた筈だが、それは昼間にやみ、強風に変わっていた。そしてその強風も終わり。生徒達は元気になるだろう。
美森/体調不良に苦しんでいた子達も直に元気になる。よかったよかった。
GM/そこで、蓮花に抱えられていた稚葉が目を覚ます。
メフメト/起きたか。
GM/目を覚まして、残暑の天気に戻っていくのを確認。「あ……凄い……本当に、助けてくれたんだ……」と美森達を見た。
メフメト/何とかしてみせるとこいつらは言っていたのを覚えていないのか。言ったのだから、やるに決まっているだろう。
邦樹/そうそう、有言実行ってね。ニコニコと近寄ります。
美森/稚葉ちゃん……! 気分はどう? 駆け寄って心配そうに尋ねます。
GM/「まだお腹の中ぐるぐるしているけど平気……変なもの、いなくなった。みんなもきっと同じだと思う。大丈夫だよ。心配しないで……ありがとう」 心配してくれる邦樹と、ニコニコ近寄ってくれた美森に、恥ずかしそうにしながらも最後は笑う。
美森/そうか……良かった。君を助けることができて本当に。安心して美森も笑います。
GM/「ありがとう! 本当にありがとう……みんな、元気にまた学校生活送れるよ! それがとても嬉しい! 助けてくれてありがとう……!」 最後は泣きながら笑う。
邦樹/釣られながらちょっと泣いちゃうな〜。
メフメト/……結界技や情報隠蔽技を持っている蓮花に採集チェックしてもらおう。そして高坂に連絡してもらうんだ。
GM/蓮花はメフメトのその言葉に、言葉なくコクッと頷いてアイコンタクト。泣きながらお礼を言っている稚葉と言われている姉弟達には邪魔しない蓮花であった。
美森/蓮花先輩は連絡をしてくださっている!(笑) 感極まって涙ぐみながら稚葉ちゃんをぎゅーっとしてます。「どういたしまして」の気持ちをこめたぎゅーです。
GM/魔法陣は完全に消えており、コロンゾンの気配も無し。どんどん気温が普通の夏に戻っていく。……君達は、学園潜入エージェントではなく、本当の交換交流学生として興愛学園に戻ることができそうだ。
メフメト/(5D10ころころ)38人が竹林の倒れた竹を現場復旧にとワッセワッセと戻して立てます。
邦樹/現場復旧! やる気に溢れている!(笑)
メフメト/さぁ、ヒャッハーが現場復旧しているのでみんなは生徒に戻るのだ!
美森/ありがとう、ヒャッハー印の現場復旧委員会さん達!(笑)
GM/もうさ、メフメト……『現場復旧委員会』に入れよ(笑)
メフメト/余は2人のサーヴァントとして忙しい。断る。
GM/蓮花は「デレだ……」と思ったのだった。
美森/メフメトさんのデレの威力がPCを貫通してプレイヤーに届いて死にます。
メフメト/(5D10ころころ)22人の癒し系ヒャッハー達が、美森ではなくMUMAちゃんに心臓マッサージをしにいきます。
GM/プレイヤーへの直接攻撃!? 癒し系ヒャッハーって何!?(笑)
美森/癒し系ヒャッハー!?(笑) いや判る、判ります、魂で感じ取ります!

    ◆

GM/それから1週間、君達は交換学生として興愛学園で暮らした。生徒達は、本当に優しい生徒達ばかりで、たった1週間……実際は月曜から金曜の5日間の仲だというのに、なんと金曜日には煮芋会をしてくれました。
邦樹/芋煮!?(笑)
美森/まさかの煮芋会!? 準備も大変だっただろうに!?(笑)
メフメト/煮、芋……? それは、いいのか、どうなんだ!?(笑)
GM/最高だろ。今、GMが寒いから食べたいだけ。

 オンラインセッション『突然の死2』最終回、2018年1月14日・近年稀に見る大雪が降る真冬である。

メフメト/夏にセッションが終わっていたら絶対エンディングの演出、変わってただろ!(笑)
GM/前提条件:煮芋はみんなで美味しくて楽しいです。
メフメト/前提条件じゃ仕方ないな……(笑)
美森/芋煮、美味しい!(笑) レシピを教えてもらおう。
邦樹/これでいつでも芋煮が食べられる! うまうまだ!(笑)
GM/稚葉が主導で(ころころ)達成値12ぐらいの美味さを振る舞ってくれました。……そして最後。煮芋会が終わり、お別れの際に、おずおずと稚葉が蓮花に連れられてみんなの元に来る。
メフメト/最後の挨拶かな?
GM/(稚葉になって)「美森ちゃん、邦樹くん。ありがとうはいっぱい言い足りないけど、ありがとう」
美森/こちらこそありがとうだよ。こんなにおいしい芋煮をふるまってくれて、レシピまで……!
邦樹/ほんと、色んなことがあったけど凄い楽しかった。こちらこそありがとう。
GM/「それと、えっと……」 何かを言うのが恥ずかしいのか、稚葉はおずおずしている。
美森/なぁに? ニコニコしてます。
邦樹/何かなー? 首を傾げる。
GM/すーはーと、深呼吸。「教会でちゃんと勉強することにしました! ……召喚の!」
メフメト/ほう。
邦樹/え、えええええ!? めちゃくちゃビックリだ!
GM/「独学で召喚して、失敗してみんなに……美森ちゃん達に迷惑をかけたから! 今度は対処法を覚えなきゃって思って! ……復旧作業していた蓮花先輩にお話したら! これからは、教会でちゃんと勉強させていただきます!」
美森/偉い! しかも心が強い! なんて良い子なんだ……!(笑)
GM/「こんな私ですが……美森ちゃん達の後輩になるから、どうか、よろしくお願いします!」
メフメト/後輩が爆誕した。……なるほど、美森と邦樹は確かに「召喚の先輩」だ。
邦樹/頼もしい後輩ができちゃった……! なんだか照れるね、へへへ。
美森/あんなことがあった直後なのに、凄いね稚葉ちゃん。
GM/「バイバイ」ではなく「どうかこれからもよろしくお願いします」。そんな彼女の声で、このセッションは終わりにしたいと思います。
メフメト/(5D10ころころ)17人のヒャッハー達が稚葉を取り囲む。
GM/なにごと!?(一同笑)
メフメト/召喚したものと触れ合おうの洗礼だ。念願の胴上げをしよう。ばんざーい! ばんざーい! ばんざああああーい!
GM/迷惑!(一同爆笑) 稚葉は【正気度】判定をして泡を吹いて倒れます。
美森/稚葉ちゃあああーん!?(笑)
邦樹/あああああ!? 倒れちゃったー!?(笑)
メフメト/情けない。次は邦樹だ。ばんざーい! ばんざあああーい! ばんざああああああああーい!
邦樹/えっ!? あああーれえええー!(笑)
メフメト/ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい。最後は美森ロックオンだからな。
美森/美森わくわく待機マンですよ。
メフメト/おっ、さすがだ美森。姉を一番高く飛ばしてやろう。 ばんざあああああああああああああーい!
美森/やっほおおおおー!(笑)
GM/セッションを! 終わりに! します! お疲れ様でしたあああっ!(一同爆笑)


 アナザーワールドSRS・リプレイ
  〜 突然の死2 〜





END