アナザーワールドSRS・リプレイ・ワンダフルワールド
■ 『 越境ソドム 』 6ページ ■
2013年9月15日




 そうして移行する第3ラウンド。
 セットアッププロセスに行動をするキャラクターは無し。すぐさまメインプロセスに移った。


GM/まずやることと言ったら、ムーンビーストの≪法則拡大≫+≪這いよる混沌≫+≪魔導書≫。エンゲージは……同じ場所にいるさみどりちゃんと翼さんの2人を攻撃します。
明虎/≪這いよる混沌≫、怖いです……。
GM/(ころころ)命中18。「……面白い」
さみどり/……は、はい?
GM/ムーンビーストは、めっちゃ笑顔です。「今の状況、凄く面白い。こんなに苦戦し、苦悩している人間達を見るのは凄くゾクゾクする」
レニ/へ、変なことはやめましょうよ……(笑)
GM/しますよ。命中を振ってから(ころころ)さみどりちゃんの回避判定に、≪輪廻の扇≫を使用。
翼/……そこでぇ!?(笑)
レニ/ぎ、逆に考えるんだ! 8が出れば避けられるよ!
明虎/そうだよ……8! 8を出せー!
さみどり/は、はい!(ころころ)……うそ。7が出た。ファンブルだ。
レニ/そ、そこでまた7を出すとかおいしすぎるでしょう……。
翼/(ころころ)さ、さみどりちゃんに≪悔改めよ≫! もう一度回避判定を振り直して!
さみどり/う、うん……!(ころころ)あっ、8が出た! やったぁー!
明虎/よし、悔い改めた!(笑)
レニ/なんでここで7も8も出るかなぁ!?(笑)
翼/お前出来る子だよー!(笑)
さみどり/ありがとうありがとう!(笑) ところで翼さんは回避成功した!?
翼/無理だよ、回避はたったの8だったもん。
さみどり/≪血の媚薬≫で【HP】を40点消費するので達成値+10で避けてください。
翼/えっ。
GM/えっ。
さみどり/さみどりの【HP】は46点ありますし。どうせ当たったら死ぬんだ、使った方がいいです。
翼/マジで? ……行こう!(笑) 回避18になって避けます……さみどりちゃん強いよー!(一同笑)
さみどり/さみどりが残り【HP】6になったので≪地獄の兵具≫の効果が発動して最強タイムになります。
GM/なんだってぇ!?(一同爆笑)
レニ/な、なにそれ凄い!?(笑)

 ≪地獄の兵具≫
 血が熱くなるときこそ力を発揮する恐ろしい装備を持っていることを表わす[異端者]の副特技。
 【HP】が【幸運基本値】以下になった場合、【物理命中値】と【霊力命中値】に+5。
 【HP】が[【幸運基本値】÷2(切上)]以下になった場合、【物理命中値】と【霊力命中値】に+10。
 ちなみに、さみどりの【幸運基本値】は12。÷2をすると6。……ピッタリ、【命中値】+10である。

明虎/い、行こう! 頑張れー!(笑)
GM/ま、待て待て……まずは先に翼さんのターンだ! 最初にウズマキから武器を取り出すんだ。
翼/そ、そうだね、まずは小春くんに攻撃をするよ!(ころころ)取り出した武器は……チェーンソーでした!
レニ/ブルンブルンブルン!?(一同笑)
さみどり/す、ステキな武器ですね。いつもチェーンソーを使っている[処刑人]仲間のあの子の物にとっても似てる気がします!
GM/さみどりちゃんとまどかちゃんはお知り合いだったか。……電柱とバイクに比べれば一番武器っぽいやつが出たね(笑)
翼/では、マイナーアクションで≪興奮剤≫を使用して(ころころ)【MP】を3点回復。メジャーで命中判定!(ころころ)17で当てます!
GM/(ころころ)回避11で当たります。
翼/(ころころ)12点の物理ダメージです!
GM/うわぁ……オーバー2点で、小春は倒れます。
明虎/よっ……しゃあ……!
GM/小春が膝をついた瞬間、コンクリのダンジョンがグラグラユラユラと揺れます。
さみどり/お、おおっと!?
GM/「これは……!?」とムーンビーストが慌て始めます。魔力供給を任せていた召喚主が倒れました。これによって魔力で現界しているムーンビーストも自分の力の半分も出せなくなります。さっきまで強そうな人間の男の姿をしていたけど、それすら保てなくなった彼は……蛙のような姿になります。
翼/……えっ?
GM/ムーンビーストの外見は蛙です。だけどその蛙は人間の身の丈ほどの大きさね。顔からいくつもの触手がウニョウニョと出ているやつで、かなりグロテスクです。
明虎/う、うえっ……!(笑)
GM/「ゲゲゲ、ゲロゲロゲロ……!」と禍々しい鳴き声で呻きます。顔から生えた太い触手はいくつもの暴れています。……明らかに様子がおかしい。不安定な声しか上げていません。もしかして……いけるかもしれない。全員そう思います。
翼/……さみどりちゃんっ!
さみどり/……はいっ! マイナーアクションで、ムーンビーストに接敵。メジャーアクションで攻撃をします。≪巨大武器≫で命中判定!(ころころ)命中は……27です!
レニ/す、凄い固定値だね!?(笑)
明虎/よく判らない数字だ!(笑)
GM/さみどりちゃんは窮地に追い込まれると凄いボーナスがくるキャラだったねぇ……(ころころ)回避不可能、当たります。
さみどり/(ころころ)……19点の物理ダメージです!
GM/19点かぁ。
さみどり/ぼ、【防御点】でカッキンしてダメージ0ですか?
GM/いや。【HP】はたった15点だから倒れるよ。
明虎/
えっ。
さみどり/えっ。……お、落ちた……?
GM/うん。だってほら、これムーンビーストのデータなんだけど(プレイヤー達に管理シートを見せて)【HP】はたった15だって書いてあるよね?
明虎/ほ、ホントだ。……その隣に書いてある【MP】が1500とかトンデモナイ数字なんですけど?(笑)
GM/けどマスターである小春を失ったムーンビーストの【HP】は15です。だから、一撃で倒せました。使い魔の少女も、親玉であるムーンビーストが戦闘不能に陥ったことで消滅します。死屍累々の戦闘、終わりにします。おめでとう。
明虎/
……お、終わった……?
翼/……さ、さみどりちゃんの手で落としたね! すごーい!(笑)
レニ/しかも、フルスペックの状態で仕留めるとか……!(笑)
GM/さて、ムーンビーストが倒されたことにより次の処理が発生します。明虎くんとさみどりちゃんの【MP】を教えてください。
翼/そうだ、ムーンビーストを倒してもこの処理に勝たないと意味が無い……!
明虎/ええっと、明虎の現在【MP】は……18です。
さみどり/さみどりも同じ、18です。お揃いです!
GM/はー、そうですか。
さみどり/は、はい……。
GM/……もっと減ると思ったんだけどなぁ。
レニ/≪心身置換≫とか使っていたし、さみどりちゃんは≪血の媚薬≫以外の特技を使わないからね……。
翼/ど、どうですか……?
GM/設定した【MP】のラインは、15でした。こいつの【HP】と同じ、15です。【MP】が15以上であれば、君達は消滅しません!
翼/や、やったぁー!(笑)
さみどり/あ、あぶなーい!?(笑)
明虎/≪心身置換≫が無かったら死んでたよー!?(笑)
さみどり/わ、私もあと1回≪影の軍勢≫で庇っていたら死んでました! 案外設定値、高いですよー!?
GM/いや、でも≪興奮剤≫で令呪回復があればすぐに回復できる値だよ。……10だと余裕でクリアーしちゃいそうだったしね?
明虎/確かに……【MP】が10点残っているのはありそうですね。
GM/でも【MP】を20も残しておくのだとクリアー不可能でしょ?
さみどり/20は無理です無理です! 15が絶妙なラインです! ……よ、良かった……生き残れたんですね……(笑)
レニ/うん、良かった。ヤバイと思ってたから……最終ラウンドが劇的だったし(笑)
GM/さあ、全員生き残ったと確定したところで……エンディングフェイズにいきましょう!


 ●エンディングフェイズ 〜生還〜

GM/戦闘終了なので戦闘不能だった2人は【HP】1点で起き上がってください。明虎くんとさみどりちゃんは、二日酔いのような眩暈と息苦しさに襲われます。ぐらんぐらんとした意識でも……途切れることはなく、2人は立っていられます。
明虎/は、吐く……。でも、生きてる……。
さみどり/……みんなの顔を見る。
GM/みんな無事だよ。それと……さみどりちゃんのハサミでチョッキンされた蛙さんが上半身だけでズルズルと這って逃げようとしています。≪クリエイトゲイト≫を展開し、ウズマキの中へ……のっそのっそ、ゲロゲロ、のろのろと逃げて行こうとします。
さみどり/……近づきます。
GM/君なら追いつけます。
さみどり/蛙さんの上にハサミをズンと突き立てて、ブチンと切ります。……ありがとうございます。
GM/ザクリ。蛙の体は更に両断された。途端、ムーンビーストと呼ばれた凶悪な異端は、光になって消えていく。ここにあった恐ろしいものは全て消え失せます。
明虎/……終わった……。
GM/いつの間にかここはバカみたいに広かったコンクリダンジョンではなく、集落センターとして使われていた普通の建物、A市地区福祉会になっています。
翼/も、戻ってこられた……。
GM/うん。ただ……君達が戦っていたらしいホールに、グッチャグチャになるまで弄ばれたエージェント3名の肉塊があります。
翼/う、うわお……!
レニ/2003年のエージェントの遺体か……。
GM/その横に横たわるのは……翼さんに倒された小春くんだ。彼はPCと同じ戦闘不能になっていただけなので【HP】1点で目覚めます。
明虎/い、生きてる?
GM/生きてるよ。
明虎/……良かった。これで皐月のところに戻れるね!
GM/「も、戻れるって……? そ、そうだ!」 小春は傷を負った体を引きずりながら、とある部屋に向かいます。
翼/ど、どこへ……!?
レニ/……彼が大切にしていた君達の眠る場所じゃないかな?
明虎/あ。そっか、じゃあついて行き……。
レニ/ま、待って! 多分明虎くんとさみどりちゃんは行っちゃいけない!
さみどり/なんで?
GM/レニさん、よくご存知で。……小難しいSF理論は抜きにして、「本人同士が同じ時間の中で出会ったら、ありえない方が消滅する」っていうルールがあると思ってください。ここは2003年なので、2003年の明虎くんと2013年の明虎くんが出会ったらありえない2013年の明虎くんが消滅することになります。
明虎/そ、そしたら勝った意味がなくなるじゃん!?
GM/そこは安心して。あくまでこの消滅は「元の世界に戻る」ってだけだから。なので2013年の明虎くんは2003年の明虎くんと目が合った時点で、どんなにこのシーンでやりたいことがあったとしても一足先に10年後に帰っちゃいます。
翼/シーンでやりたいことがあるならタケトラくん達は隠れてろってことだな!(笑)
レニ/明虎くんとさみどりちゃんは、過去の自分自身に会っちゃダメなんだよね。僕らは大丈夫だから……明虎くん達には部屋の前で待ってもらって、僕と翼さんだけで小春くんを追おうか?
GM/それなら可能です。……翼さんとレニさんが小春を追いかけてとある部屋に入ると、ガラスケースの棺桶に入った少年少女達を発見しました。この棺桶はウズマキの技術を使った魔法の棺桶で、中に入れば時間が経過しないという代物です。教会に保管されている禁書の中でもトップクラスの技術が使われた物です。
翼/これで植物人間のタケトラくん達を殺さず守っていたんだね……。
明虎/中の様子は……?
GM/ガラスケースの中に眠る18歳の武田明虎と15歳の花井さみどりは、普通に眠っているように見える。今にも目覚めそうだ。
翼/……だ、大丈夫だ。
GM/何故なら「2013年の明虎とさみどりが生きている」という世界の決定が優先されたので、「2003年の明虎とさみどりは無事目覚める」ことになったからだ。ガラスケースの中の明虎くんが、うっすらと目を開ける。
翼/あっ……。
GM/……でも、「目の前に知らない人がいる。これは夢だ。寝よ」と再び目を閉じる。
明虎/スヤァ。
翼/お、お前ぇー!?(一同笑) ガラスケースばりーんってするぞぉ!?
GM/一方、ガラスケースの中のさみどりちゃんは「なにここ……?」と寝惚けまなこでカリカリとガラスを引っ掻いてる。
明虎/ハムスターか!?(笑)
レニ/うわー、その姿を間近で見てぇー!(笑)
GM/2人をガラスケースに入れた小春くんは、驚きながらを2人を起こします。(小春になって)「め、目覚めた……? そんな、ムーンビーストに願いを叶えてもらった訳でもないのに、奇跡が起きたっていうのか……?」
レニ/そこは奇跡を起こしてくれた大人の幼馴染に感謝しないとね。……そう言って、部屋の中に入れない2人の方を指差します。
GM/「……皆さんが、奇跡を起こしたんですね」
翼/努力すれば人は奇跡ぐらい起こせるって判ったね、少年?
GM/「……はい」 頷きます。
翼/その奇跡を起こすキッカケを作ったのは君だ。君の努力があっての、2人が目覚めるという奇跡だよ。……君が一生罪を背負って生きていかなきゃいけないのは判っている?
GM/コクリと頷きます。街で起きた猟奇殺人や、3人のエージェントの死は……彼が召喚してしまった異端ムーンビーストが起こしたこと。それは自分の罪という自覚がちゃんと小春にはあります。
翼/でも、その罪を背負って這いずってでも幸せになれよ。この世界ではな。
GM/……小春は頭を下げて、部屋の外に居た明虎くんとさみどりちゃんの元へ行きます。改めて面と向かって話をするのは初めてになるね。
さみどり/あっ、部屋の外に来てくれた。わ、私達は大丈夫でしたか……?
GM/「うん。……君達はちゃんとこれからも生きていくだろう。もう歪められることなく、神様が定めた平和に生きる寿命までずっと生きていく」
さみどり/……良かった。
明虎/……まずは、言わせてくれよ。俺達を生かそうとしてくれてありがとな。小春さんが生かそうとしてくれなきゃ俺達は死んでいたんだもの。
さみどり/そ、そうでした! ありがとうございますっ!
GM/「でも、俺は悪いことを……」
明虎/小春さんは悪いことをしたかもしれない。でも、俺にとっては悪い人じゃないんだ。せめて……皐月の前からいなくなったりしないでほしいな。
GM/「…………」 小春は言葉無くそれを聞きます。そして、自分より大きくなった明虎くんとさみどりちゃんを見て……決心したように言います。「……俺は、教会に行ってくる」
明虎/……うん。
GM/「たとえムーンビーストがやったことでも、奴を召喚してしまったのは俺だから。……10年後にまだ俺が生きていたら、会ってやってほしい」
さみどり/……はいっ!
GM/では、そろそろ……23歳の高坂さんと皐月ちゃんが戻ってきます。10年前の教会のエージェント達を連れてね。
さみどり/あ、若坂さん!(笑)
GM/NPC同士のやり取りになるから省略するけど、小春は高坂に「ムーンビーストという異端を召喚したのは自分であり、人々を殺めたのも自分だから自首する」と話します。高坂は小春を確保し、異端犯罪者として裁きを受けようという話をしました。
翼/いつかの時代で罪を償って異端刑務所から出られそうだ。勤勉な少年だし、大丈夫そうだな!
明虎/どこに時代でも、俺達が会いに行こうとすればすぐに会えるだろ?
さみどり/ええ、大丈夫です。一生刑務所の中ってことはないと思いますよ、この年頃なら!
GM/28歳の皐月がいる木ノ本家には「行方不明になった兄がいる」ということになってました。でもこの世界なら……「2013年では異端刑務所に行けば会える兄がいる」に世界が書き替わることでしょう。さて、【幸運】判定をしてください。一番高い人は誰かな?
レニ/【幸運】判定?
GM/ボーナス判定だよ。[世界遣い]の人は達成値にプラス2していい。
明虎/やったー。(ころころ)2を足して、達成値10だった。
翼/(ころころ)8です。
レニ/(ころころ)8でした。
さみどり/(ころころ)15です。……出目が高かった、ラッキーです(笑)
GM/さみどりちゃんが一番高いのか。ではみんなが高坂さんらと話をしているとき……さみどりちゃんは彼ら以外に人影がいるのに気付きます。
さみどり/ヒトカゲ。
GM/違います。
レニ/今、発音だけでちゃんとポケモンだって把握しましたね(笑)
GM/人影です(笑) さみどりちゃんだけが……108センチぐらいの身長で、金髪ツインテールゴシックロリータ服の女の子が「や、やっと……見つけた……!」とゼーハーと息を切らしているのを発見します。
さみどり/あっ。
翼/ろ、ロリだ!?
GM/どうやら凄い幽霊っぽい女の子はさみどりちゃんにホッとした笑みを浮かべながら……「貴方が……欺く神の眷属『月の獣皮』ムーンビーストを倒してくれたのね!」と問い掛けます。
さみどり/は、はい! 私がこのハサミでトドメを刺させていただきました!
明虎/うん、ちょうどさみどりちゃんが倒したよね(笑)
GM/「ありがとう!」
さみどり/え、ええっ……? あ、貴方は一体?
GM/「私は『龍の聖剣』と呼ばれる者。エンディングフェイズだから説明は省くけど、タイムパトロールみたいなことをしているロリよ!
レニ/わ、判りやすい! が!(一同笑)
さみどり/ど、『ドラえもん』であるアレですね、判りました!(笑)
GM/「私達は異端に殺された人達を救うため、世界を修正するために動いているの。ここには様々な時代から人々が異端によって攫われ連れてこられたわ。でも……欺く神の眷属であったあの男は『誰にも介入できない絶対の結界』を張った。だから私が介入できなかったの……」
翼/あっ……そっか!
レニ/それでロリが出てきてくれなかったのか!
GM/ええ、何故このシナリオではロリやルージィルが現れなかったか。それは『ロリ達よりも高位な者が作り出した、どんな者にも気付かれない結界』の中で事件が起きていたからです。
明虎/な、なるほどー!
GM/ロリ達は、異端によって歪められた人生を修正するべくPC達に力を貸す人達です。けど[魔術師]で[領域遣い]の小春が作った結界に、上位存在のムーンビーストが力を貸した形で、ロリ達ですら知覚できない空間を作り出してしまいました。彼女は「悪さをした異端はどこー? 異端に殺された人達はどこー?」とずっと探していましたが、君達が結界を破るそのときまで発見できずにいたんです。
翼/ロリ、困ってたんだ……(笑)
レニ/オロオロして困っているロリとは珍しい……(笑)
GM/「貴方達がこの事件を明るみにしてくれたおかげで……誘拐された別時代の10人を元の時代に帰すことができるようになったわ。本当にありがとう」
さみどり/良かったー……色んな時代から連れてこられた人達を元に帰してあげてください、私からもお願いしますー!
GM/「あと、ヘアピンは何回も使うと体がバラバラになるから気を付けた方がいいわよ
さみどり/ご、ご忠告ありがとうございます!?(一同笑)
GM/そんな忠告とお礼をさみどりちゃんに言うと、小さな彼女は姿を消していきます。きっと攫われた10人を元の世界へ返しに行ったんだろうね。
さみどり/た、タイムパトロール頑張ってー!(笑) では、体がズッタズタになる前に早めに戻りましょうか。
明虎/ズッタズタって怖い言い方をするなぁ!(笑)
さみどり/でも他に行きたい時代もないでしょう? 現在に戻るのが一番ですよ。
翼/今に満足してるしね!
明虎/う、うん、そうだな……じゃあ、帰ろうか。
レニ/…………。
さみどり/……レニさん、どうしました?
レニ/…………。僕のバイク……(一同爆笑) 後でバイクの修理代はきっちり請求させてもらうよ!
翼/えーと……。はい(笑)
GM/じゃあもう元の時代に戻るということで。監禁されていた少年少女は23歳の高坂が無事保護し、普通に過ごせるようにしてくれることでしょう。君達は安心してタイムスリップすることができます。
レニ/あ、ちょっとだけやりたい演出があるんですが。
GM/なにかな?
レニ/……ガラスケースに監禁されていた女の子に近寄っていいですか?
GM/OKだよ。ずっと眠り続けていたのでよろよろしてるけど、元気です。
レニ/その女の子の前に歩いて行きます。
GM/……これは、さみどりちゃんの中の人に15歳のさみどりちゃんのキャラロールをしてもらうとしよう。
さみどり/は、はい!(笑) ……いきなり現れた男の人を見て、びっくりします。
レニ/抱き寄せます。
さみどり/ひゃあっ!?(笑)
レニ/……無事で良かった……。
さみどり/ひゃ……ひゃっ、ひゃあっ……? あ、あのあのあの……!?(笑)
GM/元気そうで良かったね。10年前の彼女も今とあまり変わらずこんな感じだ。
レニ/……重たい声からヘラッとした声に戻して、頭を撫でる。君はとっても強い女の子だ、好きなように生きなよ。10年後に待っているから。
さみどり/…………。
レニ/それを言って去っていきますよ。
さみどり/ま……まだ目覚めたばっかでよく判っていませんが……。あ、あの……って声を掛けます。ま、待ってるんですか……10年後に待ってるんですか……?
レニ/……ニコッと笑っておくだけにしよう。
さみどり/……じゃあ、10年後に見つけに行きますね!
レニ/僕は結構フラフラするから探すのは大変だよー。手を振って、別れます。
GM/……『時をかける少女』か(笑)
翼/フゥー、若いっていいなー! あ、私も18歳の明虎くんに話しかけられるんだよね?
GM/うん。
翼/……タケトラー! お前さ! 大学受験の一問目をミスらなければもっと良い大学に行けるんだ、あの答えは「1」だからよく覚えておけよ!(一同笑)
GM/ほら、寝惚けまなこの彼にそんなことを叫ぶ翼さんがいるよ、18歳のタケトラくんよ(笑)
明虎/……それに対して18歳の明虎は「判った」って言っておきながら、きっと未来で間違えるよ。翼と同じ大学に行くためにね。
翼/くっそぉー、嬉しいことを言いがって!(笑) 帰るぞぉー!
GM/それでは、皐月ちゃんがヘアピンを使ってチチンプイプイ3・2・1ゴーっと呪文を唱えると、元の世界……2013年に戻ってくることができたのでした。あっという間に2013年に戻ってきます。レニさんとさみどりちゃんが10年前の過去に飛んだ……5秒後だね。
レニ/時計が進んでないなー(笑)
さみどり/空の色も何一つ変わってませんね。
GM/何も変わっちゃいないね。だけど、世界は変化をしています。……この世界ではムーンスローターの動画が配信される事件が起きていません。
レニ/そっか、惨殺事件が起きていないから……。
GM/攫われた人もロリの手で元の時代に帰されたからね。だから……ムーンスローターは6月初旬に事件を起こした犯人というだけになっていて、23歳の高坂が犯人に一時監禁されましたがなんとか逃げることができ、教会に駆け込めたことで犯人確保されたものになっています。未解決事件ではなくなっています。
明虎/最初の被害者が出て……エージェントが死んだところでムーンスローター事件が終わっているのか。
GM/ええ。レニさんとさみどりちゃんが掃除をしていた教会の書庫には、6月上旬の資料しか存在していません。それ以降の事件や調査が消滅していることでしょう。
レニ/ですよねー。どこからどこまで無くなっているやら。
明虎/……改めてここで、ありがとうございますと深々とレニさん達に頭を下げますね。
レニ/こちらこそ。無茶を言って戦わせてごめんね。ありがとう。
明虎/今も思い出して足が震えているぐらいですよ(笑)
さみどり/本当に頑張ってくださいました(笑)
GM/「……あれ? おーい、レニくんー! そんなところに居たかー!」と、通りがかった車から男性の声がします。33歳の高坂の声です。
レニ/あ、33歳の若くない高坂さん!(笑)
さみどり/老け坂さんですね、落ち着きます!(笑)
GM/その33歳の高坂だけど……明虎くん達にとっては、23歳の高坂さんのお兄さんに一瞬見てたますがすぐに10年後の高坂本人だと察せます。
明虎/わーお、マジかー!(笑)
レニ/高坂さんがドイツに行ったことはどうなっているんです?
GM/(高坂になって)「え? ドイツ旅行? ああ、10年ぐらい前の仕事で腹にグリッと踏みにじられたことがあってさ。消えない大きな傷だったから良い医者に診てもらってきたんだ」
翼/私がすみません!(一同爆笑) 高坂くんごめん! チョコレートいる!?
GM/「は? はいっ」 翼さんからのチョコを素直に受け取ります。
レニ/翼さん。今の高坂さん、年上だよ。
GM/でも……この世界では年下な翼くんに対して、「ありがとうございます。その……ジョナサンでも行きます?」と何故か敬語で話すんだろうね(笑)
翼/私も年下に話すように喋っちゃうんだろうなー(笑)
GM/ちなみに、高坂の車の助手席にはときわが居ます。
レニ/…………。
GM/(ときわになって)「なんですか、ミスター椚。僕がいるってGMが言った瞬間、変な顔をしましたよね?」
レニ/い、いや、嫌いとか苦手とかじゃなくて、君とは……やりにくいんだ(一同笑)
GM/「高坂さんがドイツ旅行で『世界について』の研究を聞いてきたそうです。面白そうなのでご一緒にティータイムはいかがでしょうか?」
レニ/わりと世界が書き替わっているんだなぁ……くそぉ、平和そうにしやがって(笑)
GM/「そういえば、ミスター達は急用があったから帰ったと他の人達から聞いていましたが。その用事は終わりましたか?」
さみどり/そ、そういや私達ってお掃除のバイトの途中でしたね……他の人が書庫の掃除をしてくれてるんですか?
GM/「イエス。眼鏡を掛けたメイドさんが引き継いでくれました」
翼/(『サークルビショップテラー』のまどかになって)「うわあああん私のチェーンソーがどこにも無いいいいー!?」(一同笑)
GM/「それと、眼鏡を掛けた読書好きの少年も引き継いでくれました」
さみどり/(『デイズフォールエス』の鳩介になって)「わあああここの本ってみんなすっごく面白いですね!」って鳩介は掃除しないでずっと読書しています!(笑)
GM/「眼鏡を掛けたサラリーマンがなんとかしてくれている筈です」
明虎/(『ラブアゲインシンドローム』の灯也になって)「ああっ!? どうしようこれ!?」 ……って、灯也に何とかできる空間じゃないよぉ!?(笑)
レニ/っていうか眼鏡率、高すぎだな!? そのキャラ配分だとひたすら灯也くんが辛そうだし!(笑)  そうだ高坂さーん。僕、高坂さんに奢ってもらわないと気が済まない件があるんですけどー? キレイサッパリ忘れやがってチクショー!
GM/(高坂になって)「れ、レニくん、何かな、なんでそんなに怒ってるのかなー?」
レニ/今後高坂さんからの仕事はぼったくろー!(笑)
翼/その愚痴ならジョナサンでいっぱい聞くよー。バイク代の請求の件で話し合おうかー(笑)
明虎/……そういや、俺とさみどりちゃんの関係も少しだけこの世界では書き替わっているんだよな。
さみどり/……なんか、不思議ですね。
GM/この世界では「明虎とさみどりは木ノ本小春を介した友人同士」のまま、教会に混乱した記憶を操作されず普通に生きていることになっています。なので、いつの間にか2人のアドレス帳にはお互いの名前があったりするような、「わりと仲良し」な世界になっているね。
明虎/なんだかさみどりちゃんの住んでいる木ノ本アパートの2か3だかの記憶が蘇ってきたぞ……(笑) そうだ、君の家ってめっちゃ怨霊いるよね、あれお祓いしなよ!
GM/まず記憶が戻ってそれかよ(笑)
さみどり/そりゃあいっぱい色んなモノを倒してきたから憑かれていそうですけど、私には何にも見えないから問題ないですよ?
明虎/いや! 幽霊視えなくても憑いてるんだから問題だよ!? これからも血まみれで戦っていくんだろうからお祓いは行こうよ!(笑)
さみどり/それなら、これからでもいいのでお祓いに一緒に行きます?
明虎/うっ。……じゃあ、それで!

 アナザーワールドSRS
   『 越境ソドム 』   END





GM/失っていた関係が戻ってきていて、新しい関係が築かれていて、あるべきだった世界に戻っていく……。というところで、『越境ソドム』終わりにしたいと思います。お疲れ様でした!
一同/お疲れ様でしたー!
さみどり/……さみどりの部屋にある日記帳の一番最初のページには、レニさんのことが書いてあると思います。
GM/あらやだステキ。
さみどり/目覚めてから日記を書き始めてもいいなって思いまして!
レニ/レニの記憶がおぼろげでもいいな(笑) ……いやぁ、凄く面白いシナリオでした! 複雑だったので理解するのに時間が掛かりましたが……。
GM/そうだね、小難しいシナリオだという自覚があります。お付き合いしてくださりありがとうございます。アフタープレイってことでちょっと設定をまとめましょうか。
翼/はい、お願いします!
GM/PC1明虎とPC3さみどりと小春は、仲良しでした。ある日、小春は悪ふざけで歩道橋から2人を突き落としてしまい……植物人間にしてしまいます。
さみどり/は、はい……。
GM/GMの想定では20歳前後のPCを考えていたので、「10歳くらいの子供が高い所で遊んでいたら突き落としちゃって、罪悪感に駆られたチビッコ小春お兄ちゃんがムーンビーストを召喚しちゃう」というストーリーでした。案外PCの年齢が高く、10年前でも高校生だったので「歩道橋で悪ふざけをしたら落としちゃった」という展開にしました。
さみどり/歩道橋の柵って、びっくりするほど低いところありますもんね。大人だと特に落ちやすいんですよね……。
GM/小春はおばあちゃんの家にあった魔導書を読みあさり、ムーンビーストを召喚します。ムーンビーストは楽しければ何でもしてくれる人なので、小春に殺人を強要します。ムーンビーストは小春を使っていくつか殺人を犯した後に、色んな時代の人達を誘拐。ロリにも見つからない結界の中で食事を楽しむ計画を練りました。
明虎/それがあのダンジョン……。
GM/ムーンビーストは10人の被害者を楽しく拷問した後、召喚してくれたマスターである小春の願いを叶えるため≪世界創造≫を使って、植物人間の明虎とさみどりを復活させました。復活した明虎とさみどりは、適当な6月の道路にポーンと置き去りにされました。その際に小春はムーンビーストに連れ去られたまま……用済みになったマスターということでウズマキの中で殺され、行方不明になります。これがスタート段階の設定です。
レニ/その状態だと明虎くんとさみどりちゃんは二重存在ですよね。どこかでループを断ち切らないと延々と続く拷問だ……。
GM/延々とループする永久機関になっていたんですが、ある世界で皐月ちゃんがメッセージを送れるようになります。何故なら……ループの中でも魂は成長するから。
レニ/……皐月ちゃんがレベルアップしちゃったんだ。
GM/そう。記憶継続が無くてもループを繰り返すたびに魂は強くなっていく。クラスレベルが高くなっていく。最初は何も力の無い彼女は、次第に「外へ発信できるほどの能力」を覚醒していきました。何回もムーンビーストが作り出した無限ループの中で殺されてレベルアップしていった結果、外へ……PC3さみどりとPC4レニの元へメッセージが運べるようになってしまったんです。
明虎/な、なるほど……。
翼/それにしてもさ、「違う時代から1人ずつ人間を誘拐してくれば大きな問題にならない」とか、ムーンビーストもよく考えたよね。頭が良いなー!(笑)
レニ/……なのに、ムーンビーストは自分の悪ふざけで殺されましたね(笑)
GM/うん、でも≪輪廻の扇≫は楽しかったからムーンビーストもきっと大満足だよ。
明虎/あいつそのうち復活しそうで怖いなー(笑) そうだ、GM。もし最終戦闘で【MP】が15以下だった場合、どうなったんですか?
GM/2人とも【MP】15以下だった場合、「10年後の明虎とさみどりがいない世界」へと書き替わります。ラストバトルに勝利すればムーンビーストの事件自体は無くなるので、「翼さんとレニの2人だけでムーンビーストを倒した」という世界になっていくんです。世界の強制力は強く、一緒に戦った翼とレニですら2人のことを思い出すことはできないでしょう。完全な「存在消滅エンド」です。
レニ/うわ、つらい……!
翼/生きていてくれて良かったわ……!
GM/そのエンディングになった場合は【意志】か【幸運】判定に成功してもらって、2人の面影があるものを見た瞬間に「あれ、隣に誰かがいたような……?」と消滅した存在を匂わす演出を入れたでしょうね。
レニ/それに、目覚めた少年少女を見て何故か困惑するんでしょうね……。
翼/全然知らない少年少女だけど、なんか知っているようなっていう……。
レニ/……もしそのエンドになったら、レニはさみどりちゃんがいないとかなり精神の安定を欠くので、15歳のさみどりちゃんと共に生きようと10年前に残る選択肢をしていただろうな。15歳のさみどりちゃんが歪まないように矯正しながら育てるっていう……。
翼/源氏物語計画だ!(笑)
さみどり/うわあ、レニさんありがとうございます……!(笑)
GM/そのエンディングも見たかったな(笑) 1人が消えて1人が残るというのもありえたよ。半々の確率で生き残れると思っての【MP】15以下という設定だったからね。
明虎/俺が早めに倒れて良かったね。生きて戦っていたら【MP】をガツガツ減らして戦っていたもんー!(一同笑)
GM/ともあれ、無事4人生還エンドで良かったです。PC分断プレイという特殊なセッションでしたが楽しくできました。皆さん、お疲れ様でしたー!




END