アナザーワールドSRS・リプレイ
■ 『 カミはバラバラになった 』 4ページ ■
2017年3月17日




 ●エンディングフェイズ1/綾斗&紅朱 〜再会〜

GM/じゃあ、エンディングフェイズを始めるぞー。
紅朱/はい。ああ、いよいよ……!
GM/……ちょ。ちょっと待って。(オンラインセッション中だが、暫く応答が無くなる)……冷蔵庫が反抗期になってる。
カゲ/冷蔵庫がストを起こしたの?(笑)
綾斗/反抗期の冷蔵庫。スリリングですね?
紅朱/さよなら冷蔵庫ですか?
GM/冷蔵庫とはもう少し仲良くしたい(笑) また家族に呼ばれるかもしれないけど、今はエンディングをやるぞー。
クレハ/はーい。
GM/……桜花は倒れた。怨霊達もいなくなった。しかし能力者である全員は、この街が世界から隔離されて出られない状況がまだ続いているのに気付く。『イベントキー:魔鏡の影響』を持っているのはカゲだったな?
カゲ/なのよー。
GM/カゲは、以下の判定を行なうことができる。

 『イベント:魔境の結界破壊』
  この判定は『イベントキー:魔鏡の影響』を手に入れたシーンプレイヤーのみが挑戦できる。
 【体力】か【意志】判定で難易度11に成功すれば、魔鏡のカケラによる結界が破壊される。破壊できれば街は元通りになり、外に出られるようになる上、周囲の一般人達は騒ぎがあったことすら認知しないように世界が書き換わる(「あれ? もう半日経ってる? なんで?」「ま、いっかー、正月だしのんびりしようー」程度の平和になる)。
 失敗した場合、【正気度】を1D6点消費することで再挑戦が可能。判定成功するまで【正気度】減少によるに挑戦できる。結界を破壊しなかった場合、N市を元通りにするために1ヶ月経過し市民は大混乱するだろう。


カゲ/わりと責任重大な判定だ! クレハだってトールを救う判定に成功したのよー。
クレハ/頑張れ、その意気だー!
紅朱/ふぁいと!
カゲ/やってみせるー!(ころころ)達成値16!
綾斗/たっか!
紅朱/おおおおおおお! すごーい!
カゲ/余裕でしっしっしました。結界はこれで解除なのよー!
GM/おめでとう、カゲは結界の解除に成功する。世界から異常が消えていく。魔鏡のカケラが「邪神の眷属が現れたなら、それを助長してあげよう」とした力がカットされた。人々はみるみるうちに戻っていく。
紅朱/戻っていく? 元の姿に?
GM/桜花が正気に戻った時点で元の姿に戻っていくけどね。包丁とか本とかハサミとかに変わっていた人々は、みんな道具にされていた期間の記憶は無く、ポカーンとしている。
綾斗/本当に一安心だな。
紅朱/良かった……本当に良かった。
カゲ/おかえりみんななのよー。正月ぼんやりゆっくりなのよー。
GM/桜花は『巨大な剣の邪神』の眷属。……正確には、『巨大な剣が現れた後、それを扱うために現れる邪神ドーマサキエル』の眷属。桜花がいっぱい悪行を働いた後、本命である邪神そのものが現れて世界を真っ二つになるところだった。けれど君達は「もう安全だ」と安心していい。綾斗が手に入れた『イベントキー:全員生還』を没収されていないので、街の被害者0人だ。
カゲ/そのイベントキーなら、アヤトが無事守り抜きましたー!
紅朱/綾斗にい、ありがとう……。
綾斗/みんなに守ってもらったおかげだ!
クレハ/被害者ゼロ、やったな!
GM/では……桜花はPC達が駆けつければ、すぐに目を覚ます。
紅朱/綾斗にいの姿を探しつつ、近付いていく……かな。
綾斗/べにの背中をポンと叩いて、隣に並びながらおっきーに近付く。
紅朱/おっきー……大丈夫? 側にしゃがみます。
GM/倒れているけど、ピクリと動く桜花。(桜花になって)「……紅朱。それと、綾斗」 今朝聞いたばかりの声とは違う、記憶の中のものだ。桜花は、少し苦しそうな顔を上げる。顔を上げて、久しぶりに2人を見て……無事なことを安心する。
紅朱/どこか痛いの?
GM/「ううん、痛くないよ。それよりも……僕は酷いことをしてしまった……。君達を、人でないものに変貌させるように世界を捻じ曲げるという、恐ろしい力を行使してしまった。でも……良かった。君達が生きていてくれて……とても嬉しい」
紅朱/……えへへ、私も、おっきーが生きていてくれて嬉しい。
綾斗/右に同じく。
GM/「なんだ……大きくなったのに、2人とも全然変わってないね。しゃべりも、雰囲気も」 苦しそうにしていたけど、笑う桜花。
紅朱/そ、ソンナコトナイヨ! 私、成長したと思うよ!? あわあわ!(笑)
綾斗/人間早々そんなに変わんねーですよ、外見はともかく。そういうあんたこそ、……今のあんたは昔とまったく同じだな?
GM/「…………。僕は異能を使って人を傷つけることをした。許されないことだ。……いっそ死んで詫びた方が」 そこまで言って、言葉を切る。
綾斗/あんたが死にたいなら俺は止めねーですよ。だが、謝罪を示すために死ぬなんて、誰も望んでないぜ。
紅朱/それに……誰も傷ついてないよ、大丈夫だよ。
GM/「……綾斗や紅朱たちが、傷ついた。傷つけた。傷つけてしまった。……それでも大丈夫と言ってくれるのか」
紅朱/そりゃあ、ビックリはしたけど……私は、傷ついてないよ。綾斗にいは……?
綾斗/見ての通り全快ですわ。かすり傷ひとつ付いてないぜ?
カゲ/たしかに全快だ(笑)
綾斗/それにな、傷ついたって、そんなん治せばいいだろうが。だから大丈夫だろ。
紅朱/そうだよ、おっきー言ってたよ。元に戻せるって。元に戻ったんだから、大丈夫だよ。
GM/「……なんだか、しゃべりも雰囲気も変わってないねって言ったけど、一回りも二回りも、二人は大人になっていた」
紅朱/えっへん! 得意気な顔をしちゃう!
GM/ほっと笑う桜花の目には涙。それは悲しいものではなく、成長に喜ぶあたたかい涙。彼が纏っていた悲しいものが、無くなる。とても明るく前向きなものへと変わっていくのを感じる。
綾斗/良かった良かった。
GM/彼は正気度喪失と戦っていく運命だろう。それからは逃れられない。だがそれは、他のキャラクターだって同じだ。怖いことがあれば咄嗟に酷いことをしてしまうこともある。間違いだって起こしてしまうときだってある。
クレハ/うん……。
GM/もし彼を君達が支えていく、一緒に生きていくというのなら、戦っていく運命でも良い人生になっていくだろう。支えていく人たちがいれば、きっと大丈夫だ。
紅朱/うん、痛いのも我慢できるようになったし、みんなで協力していけばきっと乗り越えていけるよ! 小さい頃の私ではないのだ!
GM/「本当に……べには大きくなったね」と笑う桜花。
紅朱/おっきーをぎゅーってすることもできるようになったよ!
GM/「わわっ」 ぎゅーされる(笑) 「僕も会いに来られて、また会えて、嬉しい」
紅朱/また会うときのために、頑張ってきたんだもん! また会えて嬉しい!
綾斗/くっ……同郷の連中が可愛すぎる件について(笑)
紅朱/綾斗にいも、ぎゅー!
綾斗/ぐわあっ! 俺もか!(笑)
GM/感染するぎゅー(笑)
綾斗/……ここまでの旅路がどうだったのか、後できちんと聞かせてくれよな? ぎゅーぎゅーしながら笑って満足します。
GM/「ああ、久々の長旅だったからね。……話すものなら、たくさんあるよ」
紅朱/これから3人で運び屋さん? 一緒に住むよね? おっきーのお話、楽しみ!
カゲ/話が早いな。
GM/いつの間にかそんな流れに!?(笑)
クレハ/答えは「はい」か「イエス」だ!
綾斗/おっと、これは引っ越しの手続きをせにゃいかんですな。エンゲル係数だけが不安だが……まあ、長旅の話でチャラにしてやりますよ。住むテイで話は進めておきますね!


 ●エンディングフェイズ2/カゲ&クレハ 〜決意〜

GM/ちょっと時間を進めて、1日経過した1月4日。透はクレハに救ってもらえたとはいえ、体を切断されるほどの大怪我を負っている。元通りになったN市の病院に担ぎ込まれ、即入院となった。なので病室で透とクレハとカゲの3人で話をしたい。
クレハ/いいぜー!
GM/場所はN市の病院。適切な治療のおかげで大事に至らず、お見舞いも可能の個室にクレハとカゲはやって来た。
カゲ/お見舞い品はどうするのよ、クレハー?
クレハ/そうだな……元気が出るように……肉!
GM/デスヨネー(笑)
カゲ/デスヨネー。そうして病室に漂うチキンの香り。
GM/(入院中の透になって)「さすがに病み上がりの患者にフライドチキンはどうかと思うけど……食べるけどね」 ぺろり。
綾斗/食べた!(笑)
カゲ/おっ、トールの強い女アピールなのよ!
クレハ/さすがトール! これ食って元気になれよー。
GM/「ありがとう。……そして、昨日の件はとても申し訳なく思っている。クレハに話はしたけれど……カゲの前でも話しておきたい」
カゲ/うん。
GM/「私は、彼の命を使って最強の武器を作ろうとしたわ。彼はそれでいいと言ってきたから突き進んできた。でも、やはり命は道具でない。彼には悲しむ心があった。なら後押しなんてしないで彼自身の心を大切にしてあげなきゃいけなかったのね。……ずっと入院中、そのことを考えていたわ」
カゲ/ふむ。……きっとクレハは「武器職人として頑張ったんだな!」的なことを昨日言ったとみえるのよ。布の勘がそう言っているのよ。
GM/布の勘、とは(笑)
クレハ/カゲは凄いな! なんでもお見通しだぜ。
カゲ/でもって、カゲ子も同じ意見かしら。ちゃんとした物を作りたいって、もっとより良い物を作りたいって目指して10年以上頑張ってきたんでしょ。そして反省してる。そもそもトールは全て良かれと思ってやった。苦しんでる子を救ってあげようと思って異能を使うぐらい、多くの人の命を救うために頑張ってきたトールを責めるのはちょっと嫌なのよー。
GM/病室のベッドで、しっかりとカゲの言葉を聞くトール。「……きちんと桜花には、計画の中断を申し出るわ。貴方の命を使っての武器は作るのはやめると、たとえ貴方が死を望んでそれを利用させてもらうという制約を結んだ後でも、やめましょうと話すわ」
カゲ/そうね、ちゃんと言葉で中断いっといたほうがいいのよ。……なんかもう、べには引っ越しさせる気満々だし、アヤトもなんだかんだでノリ気だし。
綾斗/そうなんですよね〜(笑)
紅朱/……良かった、透さんは良い人だった。誤解してた……。
GM/ちなみに、透は今回の件について特に罪には問われないだろう。クレハとカゲが「異端騒ぎの原因は透だ、もしくは桜花だ」と言い出さなければ。それはクレハ達に委ねられる。
クレハ/絶対言わない! だってトールもオッキーも悪くないだろ。誰も死んでないし!
カゲ/優しい世界なのよ。心が広くて許す子ばっかりよー。
クレハ/それに……命は道具じゃない、か。胸に刻んでおくぜ、トール!
GM/……同じ道を歩むクレハにも大事な言葉になったかもしれないな。
カゲ/カゲ子はそんな胸に刻むクレハを見てニヨニヨしてるのよー。ニヨニヨー。
クレハ/よせよ、照れるだろ!
カゲ/よーし、トールにお見舞いチキンを渡したことだし。今度は引っ越し祝いチキンを持っていくのよー。
クレハ/その辺は! もちろん抜かりねーぜ! さあ、おんぶだカゲ!
カゲ/ばっさー! おんぶライドオンなのよー!
クレハ/走って病室を飛び出すクレハとカゲ!
カゲ/疾走爆走クレハとカゲ! 完!(笑)


 ●エンディングフェイズ3/共通 〜新生活〜

カゲ/綾斗達に引っ越し祝いもそうだけど、おそらくピストルから戻ったであろう高坂にも快気祝いチキンを持っていくのよー。
綾斗/そうだ、高坂さんも無事戻ったんですよね!?(笑)
紅朱/あっ、高坂さん! 忘れていてごめんなさい!(笑) みかんとかもらった恩があったのに……!
GM/高坂なら「君達が無事で良かったよ。俺は心配ない」とか言っているから平気だ。
クレハ/高坂さんが無事で良かった!(笑)
GM/高坂がオープニングの『どうして紅朱と話している桜花を引き剥がしたか』の話だけど。高坂は[霊媒師]であり、≪霊的神経≫など霊的な判定にプラスがくる特技があるので「危険なもの・怪しいもの」を察知する能力に長けている。明らかに桜花がおかしい動きをしているオーラを察したので、親しい紅朱を守るために桜花に「離れろ」と言ったんだ。
紅朱/ふぁあああ、そうだったのか……!
クレハ/おおー、色々考えてた。さすが高坂さん!
カゲ/高坂は桜花のカヲルくん的キケンな香りを察したのね。無事で何よりなのよ。
GM/高坂なら「気にせずみかんはみんなでお食べー」とか言いそう。さて、PC1組のエンディングシーンでシメようと思うんだが……やっぱり引っ越しシーンか?(笑)
紅朱/引っ越し! 私の≪怪力無双≫の出番ですね!
クレハ/≪怪力無双≫大活躍!(笑)
カゲ/引っ越しの本気が見られるぞー!
綾斗/べにが居てくれると引っ越し楽だな……(笑)
GM/じゃあ、上手く桜花が同居人になれたかの判定をしよう。
カゲ/どんな判定だ。
GM/【体力】で判定してみて。べには≪怪力無双≫の効果をプラスしていい。綾斗も振るんだ。
綾斗/俺もですかい!? 同居人判定いきまーす。(ころころ)達成値8。
紅朱/(ころころ)達成値15。
カゲ/謎の判定要求。そして約2倍近い達成値の違い(笑)
紅朱/力仕事は任せてください!  対人系は綾斗にいにお願いします!(笑)
綾斗/……引っ越し先の隣の人に、引っ越しそばを振る舞って友好関係を築いていたということで(笑)
GM/紅朱は超頑張って引っ越し作業をした。綾斗も頑張って引っ越しをさせた。成功です。
紅朱/やったー!
カゲ/だから何の判定だ。
GM/そしてまた高坂から貰うみかん1箱。
カゲ/アンリミデッド・ミカン・ワークス。
綾斗/体はみかんでできている。
紅朱/みかん大好き!(笑) おっきーが笑顔なら紅朱も笑顔だよ。
GM/桜花は……実は「神社以外で、どこかと場所を決めて住む」のは、初めてだ。800年間同じ景色を見ていた、ここ10年間は旅をしていたし、どこかに居座る家も作らなかった。だから人並みの生活のように新生活を始めるという体験は、初めてのことだ。
紅朱/おっきーの初めてをもらいましたね!
綾斗/初めての引っ越しそば!
クレハ/初めてのこたつみかん!
カゲ/素晴らしき世界! いいことしてるじゃないのよー。
GM/(桜花になって)「綾斗は、何をして過ごしているんだっけ? 紅朱と一緒なのは何となく判ったけど……」 いつもやってることや仕事についてを尋ねてくるよ。
綾斗/ん? 教会のエージェントだけど……まあ具体的には運び屋ですよ。S市からA市あたりのエージェントに教会から支給した物品輸送したり? 2シーン後にはいつでも駆けつけます!
GM/「…………」 桜花は、自分はバイクに乗れるだろうか、そもそもバイクとは、どう手伝おうかという顔をしている。
紅朱/……おっきーも、綾斗にいの鞄の中に入る?
GM/「べには、荷物に同伴して運ばれた先で≪怪力無双≫でお手伝いして運ぶ仕事をしているんだね?」
紅朱/うん、そうなの。おっきーがバイクに乗れるようになったら、おっきーのお手伝いもできるね!
GM/「物に変わることも、自分で戻ることも可能だけど……。綾斗の真似をして、そのバイクってやつができるようになるのも面白そうだね」と笑う。
綾斗/ちょっと教習所行ってるおっきーとかじわじわくるな!?(笑) バイクに乗るおっきーは格好良くて反則だと思うんだなー。
カゲ/教習所に行く800歳……(笑)
クレハ/初めての教習所だ!(笑)
綾斗/むしろ、おっきーが高性能バイクになってそれにライドオンすれば?
GM/仮面ライダーアクセルか。
紅朱/ほんとだ、アクセルだ!(笑)
GM/「じゃあそれでいこう」
綾斗/おっきーって結構思い切りがいいよね!?(笑)
GM/「一回りも二回りも大きくなった2人に、追いつくようにしないとね。迷惑かけたくないからね」
カゲ/赤ジャンを着るんだ、アヤト! ……じゃあそろそろピンポンピンポン。引っ越し祝いのチキンのお届けなのよー!
クレハ/ケンタ食べようぜぇー!
カゲ/ダイナミックお邪魔しますメシテロなのよー!
GM/うるさい2人が入室してきた(笑)
紅朱/ケンタだー! やったー!
綾斗/おっ、来たな! チキン配達ご苦労さんですよーっと。
クレハ/昨日のケンタは鉛筆味になったからな! 今日は普通のケンタだぜ!
綾斗/皿、出すから皿! どこのダンボールだおい! とか探しまくるんですね(笑)
カゲ/引っ越しそばとみかんと鉛筆じゃないケンタを食べるのよー。お皿お皿出してー。
紅朱/あわあわ! 綾斗にいと一緒に探す!
GM/わいわいと桜花はベッドを運ぶ紅朱に分けてあげたり、ドリンクを綾斗にあげたり、些細なところから同居人として楽しみ始める。
カゲ/あらあら? おっきーったら1000年の寿命にちょっと絶望視していたみたいだったのに、これなら当分は楽しく生きられそうね?
GM/お、カゲがなんか超越的存在じみた台詞を。
カゲ/だってべにとアヤトがべそべそ泣いちゃうのはねー、ちょっと嫌なのよねー? 今が楽しいのがいいことなのよ。今を大事にしないとダメなのよー。
クレハ/カゲはいいこと言うな!
紅朱/うん、きっと大丈夫だよ。おっきーが死にたくなったら私が一緒に死ぬから大丈夫だよ!
GM/紅朱は色々と勢いが良すぎだよ!(笑)
綾斗/物騒は話するんじゃありません! あとカゲ! べにはともかく俺はいい年こいて泣かねーですよ!(笑)
GM/そうやってみんなでわいわいと、引っ越し後のご馳走を食べよう……ということで!


 アナザーワールドSRS・リプレイ
  〜 カミはバラバラに ならなかった 〜





END

GM/『アナザーワールドSRS〜カミはバラバラに ならなかった』、終わりにします。
紅朱/ならなかった!(笑)
綾斗/ならなかったー!(笑)
クレハ/ならなかった! お疲れ様です!
カゲ/ここで『ならなかった』ってタイトル変更! チェーンソーなど無かった!(笑)
紅朱/お疲れ様です、やったあー! ああ、凄く嬉しい!
GM/ハッピーエンドで終われました。1月から3月までの数ヶ月のオンラインセッション、お疲れさまでした。本格的なオンセで高レベル戦闘は初めてだったので緊張しました。
綾斗/もうそんなに経ってたんですね!? あっという間でした! 綺麗なハッピーエンドだったー……。
カゲ/
バッドエンドフラグが地味にいっぱいあって面白いシナリオだったね。
クレハ/はい、ハラハラしました〜。
GM/プレイヤーさん達、ご参加ありがとうございます。じゃあシナリオのフラグ解説していい?

 ネタ晴らし1つ目『透の生死』。

GM/透が死ぬと、シナリオの全容を話す解説役がいなくなります。暴走した桜花に仕掛けられた≪愉悦の波≫を止める人がいません。つまり、桜花が『闇の衝動』から抜け出せなくなります。桜花を殺してあげなきゃいけないということでバッドエンドが確定です。
紅朱/ヒエェ……。
GM/なので透を救えるAF判定に、振り直し特技が無い【体力】特化のクレハがするとなったとき……少しドキドキしてた。しかし成功、お見事!
カゲ/クレハお見事なのよー!
クレハ/クレハ、やる男だった!

 ネタ晴らし2つ目『思い出の使用』。

GM/紅朱が手に入れた『イベントキー:思い出』は、ちゃんと戦闘中に使えました。使うと大ダメージを与えられます。特に、『怨霊タワーじゃない桜花戦』ではこのデータが無いと勝てるか微妙なラインの強さで設定しています。
綾斗/けど、うまく桜花を救出できましたね。
紅朱/思い出を使うなら、一緒に≪爆散≫も使うつもりでした……。
GM/もしPCが「『イベントキー:思い出』を破棄する」と宣言した場合、桜花との思い出が無くなります。いわゆる記憶喪失化する予定でした。その結果、桜花は800年前に邪神の眷属になったことも、10年前に綾斗や紅朱達と遊んでいたことも、今日1日の暴走も忘れます。
クレハ/ほうほう。
GM/『AW』での記憶や能力は、魂に記録される。記憶が無くなるぐらいのダメージを与えるということは、魂に傷がつくということ。魂に傷がつくということは、能力自体にヒビが入るということ……という無理矢理なこじつけで『記憶が無くなることで邪神の眷属未満になる→下っ端の異端化→あまり苦しまなくなる』予定でした。
カゲ/ほう、魂の改竄か。桜花が記憶喪失になれば闇の衝動が無くなるんだ。……バッドではないけど、グッドじゃないね。
綾斗/うん……俺達のことを覚えていないのは、ちょっと寂しいですな。
GM/今の桜花は、苦しみながらも綾斗達と生きようしている。【正気度】が減少しても、みんなで回復していけば問題無いというハッピーエンドだ。一方で記憶を無くした桜花は、綾斗達のことは忘れるけど苦しみは無くなる……。「でも記憶が無くたって生きていけるよね? 再び作っていけばいいんだから」という前向きなグッドエンドになります。
紅朱/切なくも希望のある感じ……。
綾斗/前向きで希望があるエンディング、嬉しいですね……。

 ネタ晴らし3つ目『その他イベントキーの削除』。

GM/綾斗が手に入れた『イベントキー:全員生還』がなくなった場合、「人々に犠牲者が出る→桜花は罪の意識にとらわれる→事態を招いた透も(生きていれば)罪の意識がつきまとう→生き残ったみんなに感謝しながらも、合わせる顔が無いからとサヨナラする」エンディングでした。
カゲ/それは……悲しい。
GM/それでもPC達が事件を解決してるし、街は普段通りになれたのだからノーマルエンドかな。
綾斗/一人の犠牲も出ずに息災で良かったエンド。
クレハ/桜花も立ち去ったとはいえ、生きている。希望が残っている世界だ。
GM/最後に、カゲの『イベントキー:魔鏡の影響』が解除できなかった場合。N市大混乱でみんなにはブラック過労死働けエンド。
紅朱/え?(笑)
GM/引っ越しそばやみかんやチキンなんて食ってる暇はねえ! みんな働け! 復旧活動だ!」 わいわいとした引っ越しはできなかったな、どんちゃん騒ぎエンド。正月なんて無かった。
カゲ/面白そうじゃねえか(笑)
紅朱/おっきーにも復旧作業を手伝ってもらおう!(笑)
綾斗/引っ越しするよりも復旧作業に専念しなきゃ(笑)
クレハ/復旧が終わる頃にはバレンタインイベントが始まるやつですね。
カゲ/バレンタインの配送は忙しいぞ。ね、アヤト?
綾斗/うわ! リア充にチョコ届けるのしんどい!(一同笑)
GM/本当に長いキャンペーンでしたが、ありがとうございました。では……弟が冷蔵庫をバラし始めたので、この辺で終わりにします。
綾斗/冷蔵庫はバラバラになった。
クレハ/冷蔵庫はバラバラになった?
紅朱/冷蔵庫はバラバラになった!(笑)
カゲ/冷蔵庫はバラバラにならなかった、とはいかなかった……(笑)
GM/すみませんありがとでした!(一同爆笑)




END